このサイトについて

「Galaxy M23 5G」を正直レビュー|国内初のSIMフリーは4万円台!おサイフ・防水なしで見劣りする面も

ゴリラ

Galaxy M23 5Gが発売されたね!次に買うスマホにどうかな?

2022年4月21日、Galaxy国内初のSIMフリーモデルとして「Galaxy M23 5G」が発売しました。

「安物買いで損をするのは避けたいけど、高すぎる機種はいらない」という方が選びやすいバランス感に仕上がっています。

本記事では、Galaxy M23 5Gの注目ポイント6点を中心に、機種のスペック・特徴を紹介していきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Galaxy M23 5Gは、Galaxy国内初のSIMフリーモデルです。120Hzのリフレッシュレート、5000mAh大容量バッテリーなどが魅力です。

 

ただし、おサイフケータイ・防水に非対応など弱点もあり、OPPO Reno5 AMi 11 Lite 5Gなど競合に見劣りする面もあります。Galaxyの使用感が好きな人なら「買い」です。

このスマホの評価
価格
(4.0)
スペック
(3.5)
カメラ
(3.5)
バッテリー
(4.5)
総合評価
(4.0)

スマホの機種変更/乗り換え(MNP)は、頭金なし、来店なし、待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

Galaxy M23 5Gのスペック・特徴|注目ポイント6点

Galaxy M23 5Gは、Galaxy国内初のSIMフリーモデルです。

Amazonや家電量販店で購入でき、大手4キャリア全てで使用できます。

スクロールできます→

メーカーSamsung
端末サイズ約 165.5 × 7.7 × 8.4mm
重量197g
ディスプレイ約 6.6 インチ
FHD(1080x2408)
TFT液晶 120Hz駆動
CPUSnapdragon 750G 5G
RAM/ROM6 GB/128 GB
外部ストレージmicro SD(最大1TB)
バッテリー5,000 mAh
カメラ画素数広角:約5000万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
防水・防塵なし
おサイフなし
5G対応
SIMデュアル SIM+micro SDのスロット
生体認証顔認証
指紋認証(側面)

「激安スマホを避けつつ、それなりにスペックの良い機種を手頃に買いたい」と考えている方にピッタリですね。

ここからは、Galaxy M23 5Gの注目ポイント6点について見ていきましょう。

Galaxy M23 5Gの注目ポイント
  • ディスプレイは「最大120Hz」
  • CPUは「Snapdragon 750」を搭載
  • バッテリーは5,000mAhで電池は長持ち
  • カメラは「超広角」「マクロ」が使える
  • 背面は樹脂素材
  • 「デュアルSIM+microSDカード」スロットを搭載

ディスプレイは「最大120Hz」

Galaxy M23 5Gの目玉となるのが、高リフレッシュレートで滑らかに表示できるディスプレイです。

ディスプレイは約 6.6 インチのTFT液晶、リフレッシュレートは最大120Hzに対応しています。

1秒間に120回の画面書き換えが可能で、標準的なスマホと比べると、2倍のコマ数が表示できます。

Webページのスクロールも、動きのある映像もヌルヌル滑らかに表示してくれます。

▼画面の明るさは「かなり明るく感じる」という声もありますね。

 CPUは「Snapdragon 750」を搭載

CPUはミドルレンジの「Snapdragon 750G」を搭載。普段使いなら十分で、ゲームもそれなりにこなせる性能です。

AnTuTuスコアは32~34万点程度。

性能としては、Snapdragon 765Gと同等です(GPUは765Gが少し上、総合点では750Gが僅かに上回るようです)。

バッテリーは5,000mAh|電池は長持ち

バッテリーは5,000mAhの大容量を搭載。

バッテリーが大きい分、デカくて重たい系のスマホではありますが、電池はしっかり長持ちです。

▼使い方によっては、2日以上電池が持ちそうという声もありました。

カメラは「超広角」「マクロ」が使える

カメラは超広角マクロを加えたトリプルレンズ。メインカメラも5,000万画素と高画素です。

ハイエンドのキレキレの写真は期待できないものの、十分にキレイに撮れます。

超広角レンズでの引きの撮影、マクロレンズによる接写など、幅広い撮影に対応できるのはグッドです。

ただの記録用ではなく、しっかりキレイに残せる点は、2万円台のスマホとの大きな違いですね。

背面は樹脂素材

デザインも見ていきましょう。

背面は樹脂素材を採用しています。ディスプレイはフラットですが、側面はラウンドしているので手に馴染むようです。

インカメラの部分は、水滴型ノッチです。ベゼルは少し太めです。

カラーは、ディープグリーン、ライトブルーの2色です。

「デュアルSIM+microSDカード」スロットを搭載

SIMカード2枚microSDカードが挿せるスロットを搭載しています。

SDカードを使おうと考えている方も、SIMカードを2枚挿してデュアルSIMで使えます。

Galaxy M23の価格|Amazonなどで販売中

Galaxy M23は2022年4月21日から発売。Amazonや家電量販店で購入できます。

  • Amazon:40,975円
  • ヨドバシカメラ:45,080円(4,508ポイント還元)
  • ビックカメラ:45,080円(4,508ポイント還元)

※最新の価格情報は販売ページから直接ご確認ください

他社の「競合スマホ」もチェック|おサイフ・防水で3~4万円台

Galaxy M23 5Gとガッツリ競合するスマホを探すと、主なところでは以下の3機種があります。

▼Redmi Note 11 Pro 5G▼

  • 120Hzの有機ELディスプレイを搭載
  • 約1億800万画素を含むトリプルレンズカメラ

Amazonで見てみる
楽天モバイルで見てみる

▼Xiaomi Mi 11 Lite 5G▼

  • AnTuTuスコア50万点超のSnapdragon 780G
  • 6.55インチながら約159gで薄くて軽い

Amazonで見てみる
OCNモバイルONEで見てみる

▼OPPO Reno5 A▼

  • SIMフリーが3万円台から購入可能
  • 6,400万画素4眼カメラ、90Hzのディスプレイなど

Amazonで見てみる
OCNモバイルONEで見てみる

いずれも3~4万円台で、抜群のコストパフォーマンスを誇る機種です。

3機種ともにおサイフケータイ・防水・5Gに対応しています。

Galaxyにこだわらないなら、このあたりの機種も選択肢になります。特におサイフケータイ・防水が欲しい方は、むしろコッチがおすすめですね。

まとめ

Galaxy M23 5Gは、120Hzのリフレッシュレート、5,000mAhの長時間バッテリーなどが魅力の機種です。

全体的によくまとまっていて選びやすいモデルですが、おサイフケータイ・防水に非対応なのが弱点です。

この価格帯となると他社にも良い機種が多くあります。

最終的には、Galaxyが好きであれば、買いの機種です。ミドルレンジの手頃なGalaxyを探している方はぜひ検討ですね。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(来店・待ちなし)も大きておすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

2861