【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

auの利用者登録とは?申し込み方法とメリット・デメリット

ゴリラ

子どもにauのスマホを持たせるんだけど、利用者登録?ってのが、必要なんだっけ?

この記事ではauの利用者登録の仕方やメリットについて詳しく解説します。

家族などのスマホを契約する際に参考にしてください。

正直な結論
先に結論を伝えると、auでは契約者の家族を利用者に登録できます。手続きはauショップで行います。

 

  • 家族(子ども)のスマホをオンラインショップで買える
  • フィルタリングサービスが使える
  • 学割が適用できる

といったメリットがあります。

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

ちなみに…

 

 

auで契約するなら

  • 頭金(3,000~1万円)なし
  • オプション・しつこい営業なし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

auオンラインショップがおすすめです!

 

 

\Web限定セールあり/

 

最新の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

au GalaxyS22 2

 

どうした、au!スマホがどかっと安くなってて、すごい勢いで売れてます。早いもの勝ちです!

 

  • Pixel 8 128GB
    117,900円 → 93,600円実質47円/2年〜!)
  • Galaxy S22
    89,140円 → 58,400円実質47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3
    2年負担額38,295円 → 22,047円実質47円/2年〜!)
  • iPhone 14 128GB
    2年負担額41,860円 → 24,090円実質2,090円/2年〜!)
  • Xiaomi 13T74,800円 → 65,000円 など

 

\在庫限り・端末のみでも買える/

最新の価格・他の端末を見てみる

auの利用者登録の申し込み方法

auの「利用者登録制度」とは、契約者とは別に利用者の氏名や生年月日を登録しておける制度です。

auの利用者登録はオンラインではできず、契約者が直接、auショップで手続きする必要があります。

▼auの利用者登録に必要なもの▼

  • 契約者の確認書類(免許証、保険証など)
  • 利用者の確認書類(保険証、学生証など生年月日と住所がわかるもの)

auの利用者登録の条件・注意点

auの利用者登録をするための条件や注意点を紹介します。

登録できるのは「家族割プラス」対象者のみ

利用者として登録できるのはauの「家族割プラス」の対象範囲の人です。

auの「家族」の定義は少し厳しめで、同じ住所に住んでいることが条件となります。

ゴリラ

うん?ってことは、例えば、ひとり暮らしをしている大学生の子どもは、利用者登録できないってことか?

原則、そうなりますが、auでは「住所の異なるご家族の方もご加入いただけるキャンペーン」を実施中です。

キャンペーン名のとおり、2023年現在は異なる住所でも家族割プラスに加入できます。

スマホ利用の責任は全て契約者に

利用者登録は主に未成年者の契約で使われる制度で、その契約で起きたトラブルは、全て契約者の責任となります。

利用料金未払いスマホを使った悪質行為の責任は契約者の履歴として残り、他のキャリア等と共有されることもあります。

auの利用者登録のメリット・デメリット

ゴリラ

別にそんなめんどくさいことしなくてもよくない?これでどんなメリットがあるの?

▼利用者登録制度がある意味▼

  • 未成年でもオンラインショップが使える
  • 年齢に応じたフィルタリングサービスが使える
  • auかんたん決済に限度額が設定される
  • 学割が適用できる
  • povoにプラン変更できる

未成年でもオンラインショップが使える

auオンラインショップは未成年者は利用できません。

しかし、契約者が成人であれば、オンラインショップを利用して利用者(未成年者)のスマホを購入できます。

わざわざ機種変更のためにショップに行かなくても良くなるほか、オンラインショップ限定のキャンペーンを受けられたりと、メリットは大きいです。

年齢に応じたフィルタリングサービスが使える

未成年がスマホを持つ際は、有害サイトへのアクセスに注意を払う必要があります。

利用者登録することで、それらのサイトへのアクセスをブロックするフィルタリングサービスを利用できます。

MEMO
もしも、契約者も利用者も共に「フィルタリングサービスは不要である」という場合は、店頭で必要書類に記入することで、フィルタリングサービスを使わないこともできます。

auかんたん決済の利用限度額が設定される

利用者登録されたユーザーも、アプリ内の課金などをauのスマホ代と一緒に支払える「まとめてau支払い」「auかんたん決済」が使えます。

利用者登録することで、年齢に応じて利用上限額が決定されるため、子どもの使い過ぎを未然に防げます。

2018年よりauでは以下の金額までは利用できることになっています。

  • ~12歳  ~1,500円
  • 13~17歳 ~10,000円
  • 18~19歳 ~50,000円
  • 20歳以上 ~100,000円

学割が適用できる

auでは毎年、若年ユーザーが割引を受けられる学割キャンペーンが行われます。

キャンペーンの適用を受けるためには利用者登録の情報をもとにした、年齢の照合が行われます。

デメリット:契約者になる(利用者登録の解除)の際に手続きが必要なことくらい

利用者登録については、特にデメリットはありません。

強いて言うなら、子どもが成人したときなど、将来、利用者を契約者に変更しようとする際に、手続きが必要なことくらいです。

2023年現在は、元の契約者・新しい契約者がそろって来店する必要があります。

将来的にはWebで手続きできるようになる可能性もあります。

もちろん、利用者登録をしている回線を解約すれば、利用者登録は自動で解除されます。

ちなみに:契約するならauオンラインショップがお得です

契約するなら店舗よりもオンラインショップがお得なので、最後にそれだけお伝えしますね!

理由は以下4点です。

 

  • 頭金がかからない!(最大1万円くらいお得
  • 店員からの営業なし!
  • オプションに入らなくてOK!
  • 待ち時間ゼロ!24時間契約できる!

\1円でも初期費用を抑えるなら/

 

こんな記事もおすすめ