このサイトについて

【2.5万円】「Rakuten BIG」は6.9インチ&内蔵インカメラの攻めたスマホ|注意点は3つある【レビュー】

ゴリラ

楽天モバイルの「Rakuten BIG」ってどう?キャンペーンですごい安くなるみたいだし、気になるかも。

Rakuten BIGは、6.9インチの大画面世界初のフロントカメラ内蔵(※おサイフ付で)など、インパクト抜群のスマホです。

これが実質24,800円で買えるとあって、注目していた方も多いはず。

ただ、意外とクセのある尖ったスマホなので、注意点は事前にチェックしておきたいところです。

そこで本記事では、Rakuten BIGの特徴と3つの注意点をそれぞれ解説していきます。

自分に合ったスマホなのか、確認していきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Rakuten BIGは超大画面フロントカメラ内蔵が魅力のスマホ。

 

「フロントカメラ部分の画面の色が違って見えることがある」「物理SIMが使えない・他社のVoLTEに非対応」などは注意です。

このスマホの評価
価格
(4.5)
スペック
(3.5)
カメラ
(3.5)
ディスプレイ
(4.0)
総合評価
(4.0)

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

 

楽天モバイルでは現在プラン料金(最大3,278円)が3ヶ月無料になるキャンペーンをしています!

 

また、誰でも5,000ポイント&スマホを買って最大20,000ポイントの還元キャンペーンもやってます。

 

〜1GBならタダで維持できて、電話もかけ放題なんで、契約しない理由はないかと!

 

(当サイトのライターは全員、楽天モバイル契約してます^^)

 

\1GBまでならずっと無料/

 

\ついに!楽天モバイルでもiPhoneが買えるように/

iPhone 12 パープル

 

2年後の買い替えで半額分の支払いが免除される「iPhoneアップグレードプログラム」がスタート!

 

さらに最大20,000ポイントの還元もあります!

 

4キャリアで最安。最新の価格は公式サイトでチェックしてみてください!

全部がディスプレイ|6.9インチでフロントカメラは内蔵

まず最大の特徴ともいえるのが、6.9インチの超大画面のディスプレイです。

フロントカメラはディスプレイの下に埋め込まれているため、端から端までディスプレイが覆いつくしています。

セルフィーの撮影は、必要な時だけディスプレイを透過して撮影できる仕組みです。

6.9インチの全面を広々使えるのは本当に快適ですね。

「ZTE AXON 20 5G」がベースとなっている模様

ちなみに、世界初のフロントカメラ内蔵ディスプレイは、ZTEの「AXON 20 5G」というスマホです。

フロントカメラ内蔵のスマホ自体が、AXON 20 5Gぐらいしかない上に、Rakuten BIGの製造元が「ZTE」であることから、こちらがベースでほぼ間違いないです。

▼左が「Rakuten BIG」、右が「AXON 20 5G」。並べてみるとよく似ていますね。どちらもおよそ6.9インチです。

▼説明書をみるとZTEが製造元であることが確認できます。

「4つのレンズ」で色んな写真が撮れる

カメラは6,400万画素を含む4眼カメラです。最高クラスではないものの、カメラもそこそこイケる感じです。

Rakuten BIGのカメラ

▼メインカメラ(外側)

  • 超広角:約800万画素 
  • 広角:約6,400万画素
  • 深度測位:約200万画素 
  • マクロ:約200万画素 

▼フロントカメラ(内側)

約3,200万画素

標準となる広角レンズのほか、超広角深度測位マクロレンズを搭載しています。幅広い撮影に対応可能です。

ユーザーの写真を見てみると、こんな感じ。

そのほか、カメラの特徴を詳しく見ていきましょう。

スーパーナイトモード搭載で夜景もOK

Rakuten BIGは「スーパーナイトモード(夜景モード)」搭載で、夜でもある程度は明るく補正してくれます。

ただし、ハイエンドスマホのようなキレキレの夜景撮影ではなく、あくまでミドルレンジのレベル。

マクロカメラ搭載で「接写」も可能

マクロカメラもあり、至近距離でもピントを合わせて撮影できます。小物をブツ撮りする時などに重宝しそうです。

▼電子部品の細部までしっかり捉えていますね

マクロカメラは200万画素と画素数は低めで過度に期待はできませんが、撮る楽しみは増えそうですね。

フロントカメラは少しボヤける

フロントカメラで撮影した写真については「ボヤけてしまう」という声が多いです。

ディスプレイ越しに撮影することになるため、やや曇った写真に印象になるようです。

「背景ぼかし」も良い感じ

背景ぼかしも良い感じに撮れます。深度測位カメラが、背景ぼかしのクオリティをアップしてくれます。

▼背景ぼかしの写真のツイート。撮影の操作は少しクセがあるようです。

CPUはサクサク使える「Snapdragon 765G」

CPUは「Snapdragon 765G」を搭載。いわゆるミドルハイと呼ばれるランクのちょっと良いCPUです。

普段使いでサクサクなのはもちろん、ゲームもこなせる性能をもっています。

大画面を活かして、ゲーム用にも活躍してくれそうです。

▼スマホの処理性能を示すAnTuTuベンチマークは約32万点と良いスコアです。

▼Rakuten BIGはタテ長なので、ゲームによっては余白ができることもあるようです

Rakuten BIGの3つの注意点|残念ポイントあり

Rakuten BIGは、他にない魅力も多い反面、いくつか見過ごせない注意点もあります。

このあたりは購入前に確認しておきたいところです。

Rakuten BIGの注意点
  • フロントカメラ部分の色が変わることもある
  • 物理SIMが使えない & 他社のVoLTEに非対応
  • 5Gでの通信はまだ期待できない

それぞれ見ていきましょう。

フロントカメラ部分の色が変わって見えることも

フロントカメラのところのディスプレイの色が、他と少し違うように見えることがあります。

光が当たったり、角度を変えて見たりすると、うっすら違いが分かってしまう感じです。

▼写真でもハッキリ違いが見えます。

フロントカメラ内蔵ディスプレイは先進的な技術ゆえに、現状は完璧ではないことを覚悟しておく必要があるでしょう。

物理SIMが使えない & 他社のVoLTEに非対応⇒ほぼ楽天モバイルにしか対応していない

Rakuten BIGは、eSIM専用でかつ各キャリアのVoLTEに非対応のため、ほぼ楽天モバイルにしか対応していません。

分かりにくいところですが、順を追って説明していきます。

Rakuten BIGは「eSIM」でしか使えない

Rakuten BIGはeSIM専用の端末です。物理SIMのスロットがなく、SIMカードは一切使用できません。

現状、ドコモ、au、ソフトバンクでは、オンライン専用プランを除き、eSIMに対応していません。

また格安SIMもほとんどは物理SIMのみの対応となります。

eSIM専用の時点で、使えるキャリアがかなり限定されてしまうことになります。

Rakuten BIGは「他社のVoLTEに非対応」

詳しい方だと「povoなどのeSIM対応サービスならRakuten BIGが使えるのでは?」と考えるかもしれません。

ただ、

  • Rakuten BIGは、他社のVoLTEに非対応
  • povoなどはVoLTEがないと通話できない

要するに、SIMロックこそありませんが、楽天モバイルにしかほぼ対応していないということです。

ちなみにネット上ではLINEMOのVoLTEが使えたという声もあります。非対応としつつ、対応している可能性はあるようです。

ただ、公式の情報に基づくと対応の保証はなく、あくまで自己責任にはなってしまうようですね。

5Gでの通信はまだ期待できない

Rakuten BIGは、楽天モバイルでは数少ない5G対応スマホです。

2021年4月現在では、 Rakuten BIG、AQUOS R5Gの2機種のみが5Gでの通信に対応しています。

▼Rakuten BIGの商品ページでも「5G対応」がアピールされています。

ただ、肝心の5Gのエリアが、楽天モバイルは本当に少ないです。

超ピンポイントで各都道府県に点在しています。

▼北海道
札幌市白石区南郷通15丁目南付近

 

▼埼玉県
さいたま市大宮区桜木町1丁目付近
さいたま市中央区新都心付近

 

▼東京都
世田谷区瀬田1・2・3・4丁目付近
世田谷区上野毛1・2・3・4丁目付近
世田谷区玉川1・2丁目付近
世田谷区中町1丁目付近
世田谷区野毛2・3丁目付近
板橋区板橋3丁目付近

 

▼神奈川県
横浜市西区浅間台付近

 

▼大阪府
大阪市北区堂山町付近
大阪市北区曾根崎1丁目付近

 

▼兵庫県
神戸市兵庫区御崎町1丁目付近

東京については世田谷に集中していますが、これは楽天モバイル本社付近のお膝元なためです。

現状、「5Gでの通信はほぼ使えない」と思っておいた方が良さそうです。

Rakuten BIGの価格は実質24,800円

Rakuten BIGの価格は以下。キャンペーンで半額まで還元されます。

Rakuten BIGの価格

本体価格49,800円

ポイント還元で実質24,800円最大2.5万円分の還元)※2021/04/06現在

本体価格は3月に64,980円⇒49,800円と値下げされました。

さらにキャンペーンで、最大25,000円相当のポイントがつき(2021/04/06現在)、実質24,800円で購入が可能です。

ミドルスペックのスマホとしては最安クラスです。

なお、楽天モバイルでは~1GBまでならプラン料金は無料です。Rakuten BIG目当てのサブ回線での契約もアリですね。

まとめ

Rakuten BIGは、6.9インチの超大画面に加え、フロントカメラ内蔵でディスプレイ全面が使えるのが魅力。

ただし、フロントカメラ部分の色が違って見えたり、eSIMしか使えなかったりなど、攻めた端末ゆえの弱点もあります。

全体としては、実質24,800円でコスパは抜群で、他にない魅力も多いので、注意点がありつつもかなりオススメです。

ぜひこの記事を参考に、Rakuten BIGを検討してみてくださいね。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

①プラン料金3ヶ月無料

Rakuten UN-LIMIT Ⅵのプラン料金が3ヶ月間、無料になります。

最大3,278円*3ヶ月=合計9,834円割引の超おトクなキャンペーンです。

②誰でも5,000ポイント還元

Rakuten UN-LIMIT Ⅵへの申込みで、誰でも5,000ポイントが還元されます。

③iPhoneが最大2.2万円割引

他社からの乗り換えでiPhoneを買うと、2.2万円割引されます。新規でも1.5万円割引を受けられます。

④Androidスマホセットで最大20,000ポイント還元

契約とセットでAndroidスマホを買うと、端末によって最大で20,000ポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

ゴリラ

OPPO Reno3 Aなど人気スマホが最大20,000ポイント還元!AQUOS sense4 liteOPPO A73 実質1円で買えるゾ〜!!

⑤乗り換えならSIMのみでも15,000ポイント還元

SIMのみの契約でも、他社からの乗り換えなら15,000ポイント還元。②のキャンペーンと併せて20,000ポイントがもらえます。


事務手数料も無料、〜1GBならタダで維持できるんで、本当に契約しない理由がないレベルかと!

詳細は公式サイトを確認してみてくださいね!

\本当に契約しておかないと割と損/

こんな記事もおすすめ

505