【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

povo2.0は未成年でも13歳から契約できるが「本人確認書類」に要注意

ゴリラ

povo2.0って未成年でも契約できるの?

povoは2.0になったタイミングで、未成年でも契約できるようになりました。

「トッピングを使ってみたい」という学生、「子ども用に月額0円~はありがたい」という親御さんなど、povo2.0の未成年の契約に注目している人も多いはず。

本記事では、povo2.0を未成年が契約するために必要な知識を詳しく紹介していきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、povo2.0は13歳から契約可能です。

 

ただし本人確認書類は運転免許証、マイナンバーカード、在留カードのいずれかのみ。どれも用意できないなら「親名義で契約する」「au経由で契約する」などの方法を検討しましょう。

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

ちなみに…

 

使いたいときにサクッとトッピングできるpovo2.0、めちゃくちゃ便利です

 

すべてのスマホユーザーはサブ回線として契約しておいて損なし!0円で維持できます!

 

\手数料は無料・しばりもなし/

(au、UQモバイル、povo1.0からの移行はこちらから)

povo2.0は未成年でも「13歳から」契約できる

povo2.0は、13歳から契約が可能です。

povo1.0では未成年は契約不可でしたが、povo2.0で対応しました。

 

▼povo公式サイト よくある質問より▼

未成年者の名義で契約できますか?

はい、13歳以上の方であればご契約できます。
なお、お申し込みには親権者の同意が必要です。親権者同席のうえでお手続きください。

参照:povo公式サイト よくある質問

親権者と一緒に申し込みましょう。

未成年がpovo2.0に申し込む時に「必要なもの」

未成年がpovo2.0に申し込む時に必要なものは以下の2点。

  • クレジットカード(未成年は家族名義も可)
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、在留カードのいずれか)

クレジットカードは親名義もOK

未成年については、クレジットカードは家族名義のものでも可能です。

クレジットカードは以下のほとんどの国際ブランドが使えます。

▼povo2.0で使える国際ブランド▼

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • DINERS

【注意!】本人確認書類は運転免許・マイナンバーカード・在留カードのみ

少し厄介かもしれないのが本人確認書類です。

以下のいずれかの顔写真付き本人確認書類のみが認められています。

▼povo2.0に申し込む時の本人確認書類▼

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

「健康保険証」は認められていません

またマイナンバーカードの「通知カード」も、本人確認書類として使用できません。

つまり中学生、高校生は基本的に、マイナンバーカードの1択となります。

未成年で「本人確認書類がない時」の解決策

ゴリラ

マイナンバーカードも持ってないし、povoはやっぱり利用できないのかな?

所定の本人確認書類がない未成年者は、以下の方法を考えてみると良いでしょう。

未成年で本人確認書類がない時の解決策
  • 親名義で契約して未成年を利用者登録する
  • au経由でpovoを契約する

それぞれ解説していきます。

親名義で契約して未成年を利用者登録する

まず、契約の名義にこだわらないなら、親名義で契約してしまうのが手っ取り早いです。親名義の契約にして、未成年者を利用者として登録する形です。

本人確認書類が用意できない場合、基本はこの方法でOKです。

そもそもpovo2.0は名義人が誰か、ということは、あまり重要じゃありません。

なお、利用者の登録については、申し込み手続きの中で、「ご利用者の確認」という項目があります。

そこで画面の指示に従って利用者を入力すればOKです。

povo2.0を見てみる 
(au、UQモバイル、povo1.0からの移行はこちらから)

au経由でpovoを契約する

そのほか、未成年が本人名義で契約したいのであれば、抜け道的なやり方として、

  1. auをまず一度契約
  2. そこからpovo2.0に移行する

という手があります。

auの契約申し込みであれば、健康保険証なども本人確認書類として認められます。

また、auからpovo2.0への移行の際は本人確認書類は不要です。手数料などの費用も発生しません。

auへの申し込みの際の本人確認書類には以下が使えます。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(顔写真があるもの)
  • パスポート(日本国旅券)
  • 在留カード+外国発行パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 住民基本台帳カード※
  • 健康保険証
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳

※支払い方法がクレジットカード以外の場合は、公共料金領収証などの補助書類が必要

未成年がauを契約する際には、以下の追加書類も必要となります。忘れずに準備しておきましょう。

▼本人確認書類の他に必要なもの▼

契約はauショップで親同伴の上で行う必要あります。

オンラインショップでは未成年が本人名義で契約することはできませんので、auショップに足を運びましょう。

まとめ

povo2.0は13歳から契約が可能です。

ただし、本人確認書類が運転免許証、マイナンバーカード、在留カードのみ認められるので、ここがネックになるかもしれません。

解決策としては、親名義での契約、au経由での契約です。

povo2.0の場合、未成年が本人名義で契約するメリットは多くないので、正直スマホ的には親名義で契約してしまうのがおすすめです。

ぜひこの記事を参考にpovo2.0の契約を進めてみてくださいね。

povo2.0はアプリでサクッと契約できます

povoの契約は公式アプリ(au、UQモバイル、povo1.0からの移行はこちらから)から簡単に申し込めます。

事務手数料0円、縛りもなしで、まったく使わなければ維持費もかかりません

正直スマホ的には、全スマホユーザーがサブ回線(もちろん、メインでも)として契約しても良いと思ってます。

\手数料は無料・しばりもなし/

(au、UQモバイル、povo1.0からの移行はこちらから)

※povo2.0は端末が買えないので、au端末のみ購入するのがラクでおすすめです。

 

\Web限定セールあり/

 

こんな記事もおすすめ