このサイトについて

ワイモバイル「Libero 5G II」を正直レビュー|1円~でおサイフ・防水・指紋認証・5Gが使える良スマホ

ゴリラ

「Libero 5G II」ってどう?ワイモバイルで安く買えるみたいだし、良さそうかなと思って。

Libero 5G IIは、おサイフ・防水・指紋認証・5G対応の激安スマホです。ワイモバイルで割引コミで1円~で販売しています。

このスマホ、実は処理性能もそこそこ優秀です。このレベルのスマホがいよいよ1円から買えるようになっているのは、密かにスゴイことです。

本記事では、Libero 5G IIの特徴・スペック、弱点など詳しく解説していきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Libero 5G IIはおサイフ・防水・5G・指紋認証と機能充実で、1円から買えて普通に使えるスマホです。

 

「スマホは不便なく使えれば、どれも同じだよね」という人が、ワイモバイルでスマホを選ぶなら、一番おすすめです。

このスマホの評価
価格
(4.5)
スペック
(3.0)
カメラ
(2.5)
機能の充実ぶり
(4.0)
総合評価
(3.5)

ちなみに…

ワイモバイルで契約するならオンラインストアが圧倒的におすすめです!

  • 事務手数料が無料(3,300円おトク!)
  • 好きな時間に契約できる!
  • 自宅にスマホやSIMが届く!

手数料も送料も無料です

 


※2022/4/1から「PayPayボーナス」の名称は「PayPayポイント」に変更されました。本文中で「PayPayボーナス」と記載があるところは「PayPayポイント」に読み替えてご参照ください。

Libero 5G IIはこんなスマホ:おサイフ・防水・指紋認証・AnTuTu約30万点で「1円~」

Libero 5G IIは、「スマホは不便なく使えれば、どれも同じだよね」という人に、今、ワイモバイルで一番おすすめのスマホです。

おサイフケータイ・防水・指紋認証・十分な処理性能・5G対応と、押さえておきたいポイントをガッチリ網羅しています。

これが1円から買えるのは、正直、コスパは頭ひとつ抜けています

 Libero 5G II
メーカーZTE
サイズ幅:約78mm
縦:約169mm
厚み:約8.8mm
重さ約200g
バッテリー容量3,900mAh
CPUDimensity 700
OSAndroid 11
RAM / ROM4GB / 64GB
(microSDXC 最大1TB)
ディスプレイ約6.67インチ TFT液晶
2,400×1,080(フルHD+)
メインカメラメイン:約1,600万画素
超広角:約800万画素
被写界深度: 約200万画素
サブカメラ約800万画素
機能おサイフケータイ
防水
eSIM対応
5G対応
指紋認証

CPUは「Dimensity 700」を搭載。だから安い

CPUにMediaTek製の「Dimensity 700」を搭載しています。

少しマニアックですが、これが超安くても処理性能がそこそこ良い理由ですね。

Androidのスマホでは、Qualcomm(クアルコム)製のSnapdragonというチップが多く採用されています。ただ価格は少し高めです。

CPUをMediatek製に置き換えると、価格は安くなります。普通に使えるなら、安いに越したことはありません。

カメラは超広角・スーパーナイトモードが魅力

カメラは超広角と被写界深度を追加したトリプルレンズです。

  • メインカメラ:1,600万画素
  • 超広角カメラ:800万画素
  • 被写界深度カメラ:200万画素

多くの人にとって使用頻度の高い「超広角カメラ」が使えるのはグッドですね。

また撮影モードには以下があります。

▼Libero 5G IIの撮影モード▼

  • 背景ぼかし
  • スーパーナイトモード
  • モーションカメラ
  • 広角撮影

とくにスーパーナイトモードが注目ですね。暗い場所でも明るく補正して撮影できます。

ハイエンドのようなクッキリでキレキレな夜景撮影は期待できませんが、夜でも少し明るく撮れるのは便利ですね。

▼前モデルの「Libero 5G」でもスーパーナイトモードに対応していました

クイックスイッチアダプター同梱で「データ移行が簡単」

クイックスイッチアダプター同梱で、前のスマホからケーブルを介して直接データ移行ができます。

ちょっとしたことですが、データ移行を楽にしてくれるアイテムが無料使えるのは地味にうれしいポイントです。

ちなみにワイモバイルでのLibero 5G IIの同梱品は以下の通り。充電器は入っていません。

▼Libero 5G IIの同梱品▼

  • SIM取り出しツール
  • USB Type-C to 3.5㎜変換ケーブル
  • クイックスイッチアダプター

ディスプレイは「液晶」「フルHD+」

ディスプレイでまず注目なのが6.67インチの超大型の画面サイズです。「デカいは正義」という人にピッタリです。

また、画面のキメ細かさを表す解像度は「フルHD+(2,400×1,080)」で、標準以上のレベルです。


安いスマホだとコストカットで解像度が落とされがちですが、Libero 5G IIは妥協なしです。

表示形式は有機ELではなく液晶となります。色のメリハリは有機ELに劣ります。こっちはコストカットですね。

Libero 5G IIのイマイチな点はこのあたり

Libero 5G IIのイマイチな点としてはこのあたり。

全体的に良い意味で可もなく不可もなくなスマホですが、重量とストレージの少なさは少し気になるかも。

注意
  • 本体が約200gと重い
  • ストレージは64GBと少なめ

本体が約200gと重い

本体は約200gと、ちょっと重めです。

6.67インチの大型スマホではありますが、バッテリー容量が3,900mAhしかないことを考えると重ためな印象です。

ストレージは64GBと少なめ

Libero 5G IIのストレージは64GBと少なめです。

ただしSDカードで最大1TBまで追加はできるので、足りない人は検討ですね。

Libero 5G IIの価格|ワイモバイルへ乗り換えなら1円~

Libero 5G IIはワイモバイルで2021年12月に発売。

本体価格は21,960円で、他社からの乗り換え、ワイモバイルユーザーの機種変更では、それぞれ割引価格が適用されます。

▼Libero 5G IIの販売価格▼

↓左右にスクロールできます!

 販売価格
・ソフトバンク / LINEMO
・ソフトバンク回線MVNO
からの乗り換え
21,960円
ワイモバイルユーザー
の機種変更
11,160円
新規契約9,800円
他社からの乗り換え1円

他社からの乗り換えなら21,959円の割引が適用され、1円での購入が可能です(シンプルSの場合は3,600円)。

ただし、ソフトバンク・LINEMO・ソフトバンク回線MVNOからの乗り換えでは割引は適用されないので注意してください。

カラーはホワイト、ブラック、ピンクの3色です。

「Libero 5G II」と「Libero 5G」を比較|新モデルの方が安い

2021年4月に発売の前モデル「Libero 5G」とスペックを比較すると以下の通り。

↓左右にスクロールできます!

 Libero 5G IILibero 5G
メーカーZTEZTE
発売日2021年12月3日2021年4月8日発売
サイズ幅:約78mm
縦:約169mm
厚み:約8.8mm
幅:約77mm
縦:約166mm
厚み:約9.2mm
重さ約200g約201.7g
バッテリー容量3,900mAh3,900mAh
CPUDimensity 700Snapdragon 690 5G
OSAndroid 11Android 11
RAM / ROM4GB / 64GB
(microSDXC 最大1TB)
4GB / 64GB
(microSDXC 最大512GB)
ディスプレイ約6.67インチ TFT液晶
2,400×1,080(フルHD+)
約6.5インチ TFT液晶
2,340×1,080(フルHD+)
メインカメラメイン:約1,600万画素
超広角:約800万画素
被写界深度: 約200万画素
メイン:約1,600万画素
超広角:約800万画素
被写界深度: 約200万画素
サブカメラ約800万画素約800万画素
機能おサイフケータイ・防水
eSIM対応
5G対応
指紋認証
おサイフケータイ・防水
5G対応
指紋認証

スペックはほぼ同等ですね。サイズはLibero 5G IIの方が少し大きめ。

ただLibero 5G II発売時点の価格だと、新モデルの方が安いです。

今から下位モデルを購入するう理由はありませんね。

ワイモバイルで1円スマホを狙うなら「Redmi 9T」も注目

ワイモバイルで1円のスマホを狙うなら「Redmi 9T」も注目です。こちらも他社からの乗り換えなら1円で購入できます。

(2022年5月現在、オンラインショップでは取り扱いなし)

特徴はLibero 5G IIとかなり異なっていて、カメラ、バッテリーが強みとなっています。

▼Redmi 9Tの特徴▼

  • 4,800万画素を含む4眼レンズカメラ
  • 超大容量の6,000mAhバッテリー搭載
  • ブランド力のあるXiaomi製スマホ

とくにバッテリーは6,000mAhと超大容量です。

それでいて重量は198gに抑えているのが、超有名メーカーのXiaomiクオリティという感じです。

なお、こちらの機種はおサイフ・防水・5Gに非対応、CPU性能はやや低めなのでその点は注意してください。Libero 5G IIとキッチリ棲み分けができている感じです。

▼スペックを比較すると以下の通りです。参考までに。

↓左右にスクロールできます!

 Libero 5G IIRedmi 9T
メーカーZTEXiaomi
サイズ幅:約78mm
縦:約169mm
厚み:約8.8mm
幅:約77.3mm
縦:約162.3mm
厚み:約9.6mm
重さ約200g約198g
バッテリー容量3,900mAh 6,000mAh
CPUDimensity 700
(約30万点程度)
Snapdragon 662
(約18万点程度)
RAM / ROM4GB / 64GB
(microSDXC 最大1TB)
4GB / 64GB
(microSDXC 最大512GB)
ディスプレイ約6.67インチ TFT液晶
2,400×1,080(フルHD+)
約6.53インチ TFT液晶
2,340×1,080(フルHD+)
カメラメイン:約1,600万画素
超広角:約800万画素
被写界深度: 約200万画素
メイン:約4,800万画素
超広角:約800万画素
深度: 約200万画素
マクロ:約200万画素
機能おサイフケータイ・防水
eSIM対応
5G対応
指紋認証
指紋認証
家電リモコン

おサイフ・防水・5Gとかの機能性よりも、むしろカメラやバッテリーにこだわりたい人は、Redmi 9Tをぜひ検討ですね。

まとめ

Libero 5G IIなら、本体価格21,960円、他社からの乗り換えで1円での購入が可能です。

それでいて、おサイフ・防水・5Gに対応で、処理性能もそこそこ優秀となると、意外と貴重な存在だったりします。とくにワイモバイルのラインナップでおサイフ・防水が欲しいなら有力候補です。

格安で普通に使えるスマホが欲しい方は、ぜひ検討ですね。

ちなみに:ワイモバイルを契約するならオンラインがお得

ワイモバイルを契約するなら、オンラインでの手続きがおすすめです。

  • 事務手数料が無料(3,300円おトク!)
  • 機種代の割引がある(最大21,600円!)

オンラインショップは、公式オンラインストアヤフー店(代理店)の2種類があって、ちょっと複雑なんですが、

  • スマホを買う
    →どっちでもほとんど変わらない(欲しい端末がある方で買う)
  • SIMだけ(新規)
    →シンプルMLなら公式
  • SIMだけ(乗り換え)
    →MLならヤフー店

ざっくり、こんな感じです。

↓左右にスクロールできます!

契約ワイモバイル
(公式)
ヤフー店
(代理店)
機種変更機種によって
端末割引あり
端末セット新規最大約2.2万円
の端末割引
乗り換えau
ドコモ
楽天から
ソフトバンク
LINEMOから
SIMのみ新規ML:6,000円
ML:5,000円
乗り換えau
ドコモ
楽天から
S:3,000円
ML:10,000円
S:3,000円
ML:最大12,000円
ソフトバンク
LINEMOから
事務手数料無料
さらにプラスで…↓↓
新どこでももらえる特典ML:最大3,000円相当
最大S:500円相当

参考:ヤフーモバイル・ヤフー店って何なん?ワイモバイルと違うの?どっちがお得なのか単刀直入にお伝えします

またどちらで契約する場合も、新どこでももらえる特典という最大3,000円相当がもらえるキャンペーンもあるので、必ずエントリーしておきましょう!

新どこでももらえる特典のエントリー

 

ヤフー店と公式の違いは解説記事で説明してます

手数料も送料も無料です

 

こんな記事もおすすめ

19412