【特集】iPhone 13が発売!

iPhone 13にiPhone 12のケースは使える?おすすめのケース/カバー選びを紹介

ゴリラ

iPhone 13がついに発売されるな!ケースってどれがいいかな?

ついにiPhone 13が発表されました。「買う予定だけど、ケースはどうすればいいんだろ?」と思っている人もいるかもしれません。

iPhone 13とiPhone 12はサイズが近いので、iPhone 12のケースがそのまま使えるか?も気になります。

僕もiPhone 12を使っていてiPhone 13を検討しているので、気になります。

また、ケースってどこで買うのがお得なの?とかどんな種類があるの?など、ケースについての疑問を解消できればと思います。

この記事で、iPhone 13のケース/カバーについてまとめて紹介します。

新しいiPhoneのケースを選ぶ前にこの記事を読んでおくと、少しだけ得するかもしれないので、ぜひどうぞ。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、iPhone 12のケースは基本的にiPhone 13では使えませんが、一部使える可能性もあります。

手持ちのものをとりあえず試してみる価値はあります。

 

また、ケース/カバーは「本体との色の組み合わせ」を重視して選ぶと失敗しにくいです。

スマホの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし頭金なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

iPhone 13にiPhone 12のケースは基本使えない

iPhone 13にiPhone 12のケースは基本的に使えませんが、ひょっとしたら使えるかもしれません。

以下がiPhone 13シリーズとiPhone 12シリーズのサイズ感の詳細です。

▼iPhone 13/12シリーズのサイズの違い▼

  • iPhone 13はiPhone 12より0.25mm分厚い
  • iPhone 13 miniはiPhone 12 miniより0.25mm分厚い
  • iPhone 13 Pro MaxはiPhone 12 Pro Maxより0.25mm分厚い
  • iPhone 13とiPhone 13 Proは同じサイズ
  • iPhone 12とiPhone 12 Proは同じサイズ

なんだかゴチャゴチャしてしまいましたが、要するにiPhone 13シリーズは、全てiPhone 12の同じシリーズより0.25mm分厚いです。

miniもProもPro Maxも同じように、12→13では0.25mm厚くなりました。

これにより、基本的にiPhone 12のケース/カバーはiPhone 13には使えません

とはいえ、0.25mmということは1mmの4分の1なので(当たり前)、使えるものもあるのでは?と思います。特に、ソフトケースなどの柔軟性があるものは、無理矢理ねじこめば使える可能性はあります。

また以下のような「スリーブケース」の場合はiPhone 12で使っていたものをiPhone 13で使えます。

とはいえ、基本的にiPhone 12とiPhone 13はサイズが違うので、新しくケースを買うのをおすすめします。

無理矢理古いケースを使ってケースが故障したり、本体が外れて落下につながる可能性もあります。

iPhone 13のケース/カバーの選び方は?

iPhone、スマホのケース/カバーの選び方を紹介します。

基本的には気に入ったものを好みで選んでいいのですが、選び方の参考になればと思います。

  • 種類で選ぶ
  • 色で選ぶ

この2つを紹介しますが、もちろん「価格」や「レビュー」も大切な要素なので、各自で判断していただければと思います。

種類で選ぶ【自分の用途にあったものを】

iPhoneのケース/カバーにはいくつか種類があります。それぞれに特徴があるので、自分の用途にあったものを選びましょう。

  • 密着タイプ
  • 手帳タイプ
  • バンパーフレーム
  • スリーブタイプ

の4つを紹介します。

密着タイプ【一番ベーシックで手軽に使える】

https://amzn.to/3ktQgOX

本体の背面と側面を覆う、最もベーシックなケースです。

落下や衝突による傷を防止してくれ、最も基本的なケースの機能を果たしてくれます。

ただ、前面は覆ってくれないので、合わせてガラスフィルムを付けるのがおすすめです。

よくも悪くも最低限の「保護」の機能しかないので、価格は安いです。

素材は様々で、シリコンのようなソフトタイプや、プラスチック、ガラス風、メタル風などあるので好みの素材を選ぶとよいでしょう。

密着タイプのケースをAmazonで探す 

手帳型【ガラス面の保護&収納力】

https://amzn.to/3zshwBB

密着タイプに次いで人気なのが、この「手帳タイプ」です。

「ガラス面の完璧な保護」と「カードやお札を入れられる収納力」という2つの大きなメリットがあります。

人によっては、財布を持たずにiPhoneだけで外出できるように手帳タイプを使っている人もいます。

その反面、本体が分厚くなりかさ張るので、自宅で使う頻度が多い人には向いていません。

またカバンの中でもスペースを多くとるので、メリットとデメリットを天秤にかけながら選ぶ必要があります。

手帳型のケースをAmazonで探す 

バンパーフレーム【最低限の保護とクールなデザイン】

https://amzn.to/3AqCbYd

iPhoneのフチにバンパーのみをつけ、最低限保護をするタイプです。

iPhoneの本来の薄さを失わずに済む反面、全面、背面の保護に不安があります。

分厚い無骨なデザインのものや、密着タイプにバンパーがついたものなど、バンパーフレームでも様々な種類があります。

全体的にクールでメタリックなデザインになり、男性に人気です。iPhoneの本来の質感が気に入っている人におすすめです。

バンパーフレームのケースをAmazonで探す 

スリーブタイプ【本革製、布製、手作りなどバリエーション豊富】

https://amzn.to/3tXvxGq

スリーブタイプを使っている人はかなり少数派かと思いますが、外出時の安心感が高まります。

厳密なiPhoneのサイズを気にせず使えるので、ハンドメイドで布で作ったり、クラフトレザーで作るなどバリエーション豊富です。

とはいえ、実際に使っている間はカバーなしで使うことになるので、他のカバーとの併用も可能なタイプです。

個性的なケース/カバーを探していたり、気に入ったデザインのものがあればスリーブケースもアリです。

スリーブケースをAmazonで探す 

色で選ぶ【本体カラーとの組み合わせを考える】

実はiPhoneのケース選びで最も大事なのが色の組み合わせです。

どんなにかっこいいケースでも、iPhone本体の色との組み合わせが悪いと、落ち着かない印象になります。

基本的にはiPhone本体の色に合わせるのが無難です。

iPhone本体が赤や金などの個性的な色なら、できるだけその色を活かすケースにしましょう。

iPhone本体の色選びについてはこちらの記事に書いているので参考にしてくださいね。

iPhone 13のケース、カバーはどこで買うのがおすすめ?

iPhone 13のケース/カバーは、どこで買うのが一番おすすめでしょうか?

正直、iPhoneのケースは無限に近いくらいあり、どこでどれが買えるのか?ということを一律で紹介はできません。

だいたいの傾向として「買う場所によるメリット、デメリット」を紹介します。

  • Apple公式
  • ネットショップ
  • キャリアショップ
  • 家電量販店

これら4つを紹介します。

Apple公式【高品質で安心】

実はAppleの公式サイトでもiPhoneのケース/カバーは販売されています。

レザーのものやアート系のもの、プラスチック系など幅広いバリエーションが揃えられており、そのどれもが高品質で高価格です。

最安でも4,000円台〜7,000円台となっており、ネットショップと比べると2〜3倍の価格帯です。

その分、材質やサイズ感など一級品質で、特にレザーのモデルは経年による色の変化を感じられて人気が高いです。

ネットショップ【1,000円以下で買えるものも】

Amazonなどのネットショップは、幅広い価格帯の商品を比較でき、高品質商品もお手頃商品も買えます。

ネットショップの唯一の弱点は「実際に触ることができない」という点です。

他の商品もそうですが、特にiPhoneケースは「手触り」「持ち心地」が重要です。

「Apple公式」「キャリアショップ」「家電量販店」なら、店員さんにお願いすれば、手触りを確かめたり、自分のiPhoneに装着して試したりできます。

そのようにじっくりと選びたい場合はネットショップはおすすめできません。

MEMO
その代わり、ネットショップでは他の購入者のレビューを確認できるので失敗する可能性が下がります。

また、1,000円以下など低価格のケースは、ほとんどネットショップでしか見つかりません。

キャリアショップ【買ってその場で装着できる】

ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップなどでiPhone 13を買って、その場で購入するパターンです。

正直、キャリアショップは数が少なく、選択肢が限られるのでおすすめ度は低いです。

ただ、購入してそのまま装着できるので、帰り道に手を滑らせて買ったばかりのiPhoneに傷がつくという事態を防ぐことができます。

買ったその日に傷をつけるような最悪な事態を避ける意味ではおすすめの買い方です。

家電量販店【豊富な商品を実際に触って比較できる】

ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店でもiPhoneのケースは買えます。

キャリアショップよりも豊富なラインナップで、かつ実際に触り心地やつけ心地を確認できます

1,000円以下のお手頃価格の商品も、高品質なものもバリエーションが豊富に取り揃えられています。

ただ、品揃えの面ではネットショップには勝てないので、一度家電量販店に足を運び、欲しいものがなければネットショップで買うと良いでしょう。

iPhone 13のケースと一緒に買うといいもの

iPhone 13のケースを買うときに、一緒に買うといいものを2つ紹介します。

「ガラスフィルム」はかなりおすすめで、「スマホリング」は一度つけてみて自分に合うかどうかを確認するといいかと思います。

ガラスフィルム【ディスプレイ部分の衝撃を防ぐ】

https://amzn.to/2VYRPLl

ガラスフィルムは、iPhone本体のディスプレイ部分に貼り付けて保護します。ガラスでなくても、透明なシールのようなフィルムで守るものもあります。

手帳型以外のケースを使うとなると、前面のガラス部分の保護はできないので、保護フィルムの重要度は高いかと思います。

iPhoneの画面が割れた状態で使っていると、見た目はよくないし、操作中に指を切る恐れがあります。

ネットショップで買えば2枚で1,000円など手頃な価格なので、とりあえず貼っておいて画面割れ防止をしましょう。

スマホリング【指にひっかけて落下防止】

https://amzn.to/39sSW9a

スマホリングはiPhoneの背面につけて指を引っ掛けたり、指を通して使います。

ベッドで寝転がりながら使っているときに頭上のiPhoneが落下するのを防げますし、電車の中など片手で操作するときにも安定して重宝します。

また角度を変えて固定して、テーブル上で斜めにおいて、動画をみやすくしたりできます。

ただ、iPhoneの薄さが損なわれることや、机に置いたときにグラグラと安定しなくなるなどデメリットもあります。

ほとんどはシールでくっつけるタイプなので、一度試してみて「違うな」と思ったら外してしまうのがよいでしょう。

まとめ:iPhone 13にはiPhone 12のお下がりではなく、新しいケースを!

iPhone 13とiPhone 12は厚さが0.25mm違うので、ケースは新しいものを買いましょう!

ケースはそれほど高額でもないし、ファッションの一部とも言えるのでいろいろ試してみるのがいいかと思います。

この記事が、iPhoneのケース選びの参考になればうれしいです!

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(来店・待ちなし)も大きておすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

250