【au】10/23 iPhone 12 / 12 Pro 発売!

【どっちが買い?】「Galaxy S20+ 5G」と「S20」を正直比較レビュー!│価格差は8,000円

ゴリラ

Galaxy S20+とS20はどっちが買いなの?

2020年3月にドコモ、auからGalaxy S20が発売されました。さらに6月には上位機種のGalaxy S20+(ギャラクシー エストゥエンティプラス ファイブジー エスシージーゼロニ)が発売されます。

Galaxyの最新端末が欲しいけど、 「S20+とS20ではいったいどちらか『買い』なの?」と決めかねている方も多いことでしょう。

もちろん上位機種のGalaxy S20+の価格の方が高いので、S20にはない性能をその価格差で買うかどうか、という判断になります。

この記事ではGalaxy S20+のスペックをS20と比較しながら解説します。

どちらを買おうか迷っている人の参考になると嬉しいです!

正直な結論

Galaxy S20+とGalaxy S20との差額が実質8,000円ほどということを考えると、迷っているのならGalaxy S20+を買っておいた方が後々後悔しないでしょう。

両機種の主な違いは以下の4点。

  • 画面の大きさ(Galaxy S20+の方が1cm×0.5cm大きい)
  • バッテリー容量(Galaxy S20+の方が500mAh多い)
  • 深度測位カメラ(Galaxy S20+のみ付いている)
  • 5Gのミリ波(Galaxy S20+のみ対応)

 

このスマホの評価
価格
(4.0)
スペック
(4.5)
カメラ
(5.0)
ディスプレイ
(5.0)
総合評価
(4.5)

Galaxy S20+のスペックを見ていきましょう!

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

Galaxy S20+ 5Gは実質72,000円〜76,000円

 

Galaxy S20+は3月に発売されたS20の上位機種で、Galaxy S10+の後継機です。発売日は以下のとおり。

  • ドコモ:2020年6月18日
  • au:2020年6月4日

S20ファミリーには、さらに「Galaxy S20 Ultra」という機種が発表されているのですが、日本では発売の予定がありません。

なので、日本で買うことができるGalaxyシリーズの中では、Galaxy S20+が一番ハイスペックな機種です。

価格は以下のようになっています。

 Galaxy S20+Galaxy S20
ドコモ
スマホお返しプログラム適用
72,888円
(定価:109,340円)
64,968円
(定価:97,460円)
au
かえトクプログラム適用
76,475円
(定価:133,280円)
68,425円
(定価:117,480円)

ドコモ、auともに、Galaxy S20+とS20の差額は8,000円程度。この程度の差で上位機種が買えるのなら、Galaxy S20+を買っておいた方が、後々後悔しないかも、という絶妙な価格設定ですね。

Galaxy S20+のスペック

Galaxy S20+のスペックを、S20と比較して確認しておきましょう。

 Galaxy S20+Galaxy S20
サイズ
(2画面)
横:約74mm
縦:約162mm
厚さ:約7.8mm
横:約69mm
縦:約152mm
厚さ:約7.9mm
重量186g163g
CPUSnapdragon 865Snapdragon 865
RAM+ROM12GB+128GB12GB+128GB
ディスプレイ6.7インチ
Dynamic AMOLED
Quad HD+
6.2インチ
Dynamic AMOLED
Quad HD+
メインカメラ超広角 1,200万画素
広角 1,200万画素
望遠 6,400万画素
TOFカメラ
超広角 1,200万画素
広角 1,200万画素
望遠 6,400万画素
サブカメラ約1,000万画素約1,000万画素
バッテリー容量4,500mAh4,000mAh
OSAndroid™ 10Android™ 10
おサイフ・防水対応対応
カラーコスミックグレー
クラウドブルー
コスミックグレー
クラウドブルー
クラウドホワイト
5G帯域Sub6
ミリ波
Sub6

Galaxy S20との違いが出るのは、端末カラーディスプレイサイズメインカメラの機能(基本性能は同じ)、バッテリー容量、あと、対応している5Gの対応電波くらいですね。

この差を8,000円で買うかどうか、という判断になります。

ゴリラ

Galaxy S20 5Gは動画でもレビューしてるから参考にしてくれよな!

S20よりも少し大きい6.7インチの圧倒的没入感

Galaxy S20+のディスプレイサイズは6.7インチ。S10が6.4インチだったので、ディスプレイサイズも大型化しました。

Galaxy S20+ 5G SC-52Aの画像

ベゼル部分も更に狭くなり、画面占有率は94%。前面はほぼ画面で、映像やゲームを圧倒的な没入感で楽しめます。もはや、テレビも要らないレベルです。

S20のディスプレイサイズは6.2インチ。S20よりも縦1cm、横は0.5cmくらい大きいです。

Galaxy S20+ vs S20
S20+が6.7インチ、S20が6.2インチで1cm×0.5cm大きい

120Hzディスプレイでなめらかなスクロール

リフレッシュレートとは1秒間に画面が何回切り替わるかを示した値です。

この数字が高くなるほど「ヌルヌル」の画面操作ができるようになります。Galaxy S20+ではリフレッシュレートを従来の60Hzと、その倍の120Hzから選ぶことができます。

https://twitter.com/GalaxyMobileJP/status/1244198802086486017

滑らか動くということは、スクロールの速さも上がるので、ゲームプレイでもその効果が期待できそうです。

ただし、120Hzモードにするとバッテリーの消費は大きくなるので、知っておいた方が良いですね。

あと、Galaxy S20+の表示解像度は、通常はQuad HD+なのですが、120HzモードにするとFull HD+に画質が下がります。バッテリーの消耗を少しでも抑えるためです。

画質が下がるといっても、普通の人ならばそこまで気になるレベルではないと思います。

Galaxy S20+ vs S20
どちらも120Hzモードが使える

S20+は四眼カメラを搭載│深度測位もあり

Galaxy S20+の最大の特徴がカメラの性能です。

とてもハイスペックなカメラの性能と、独自の機能を搭載しているのですが、基本的なスペックはS20と変わりません

4眼カメラを搭載

Galaxy S20+には超広角カメラ(1,200万画素)、広角カメラ(1,200万画素)、望遠カメラ(6,400万画素)に加えて、深度測位カメラの4つのカメラがついています。4つ目の深度測位カメラはGalaxy S20+にしか付いていません

一眼レフでの撮影のように、背景をぼかす演出ができます(ToF)。

ゴリラ

スマホのカメラで背景をぼかす技術って、正直、なんかうそっぽさがでるよね。大丈夫なの?

ToFカメラでの撮影は、これまでの複数のカメラを使った合成写真とは違い、一眼レフのボケ味感により近づいています

今後は「タピオカカメラ」と言われたようなカメラの数での競争から、ToFの技術の争いへと変わっていくことが予想されています。

ロスレス3倍ズームと最大30倍の超解像度ズーム

光学3倍ズームでは画質を劣化させることなく、ズームすることができます。

さらにAI技術によって強化された超高解像度ズームを使うと、最大30倍まで寄ることができます。これまでのスマホの撮影では体験することができなかった機能ですね。

暗いところでの撮影にも強い

イメージセンサーが大きくなったことで、暗いところでも明くて鮮明な写真を撮影することができます。

夜景や夜間の撮影、部屋の中での撮影で威力を発揮してくれそうです。

8K撮影で動画から3,300万画素の写真を切り出すことも

8K動画が再生できるディスプレイが限られている中で、8Kで撮れる意味はあるのか!というツッコミはさておき、Galaxy S20+は超高解像度な動画を撮影できます。

さらに、8K動画から一部を切り出して、3,300万画素の写真として保存する機能もあります。

写真撮影で絶対に失敗したくないときは、動画で撮影をして、後から好きな部分を切り出す、という使い方ができます。

Galaxy S20+ vs S20
S20+には深度測位カメラを搭載がある

その他のパワフルな機能

カメラに注目が集まりがちですが、その他の性能もモリモリの一台です。

  • メモリは12GB
  • バッテリーは6日持つ
  • ミリ波にも対応

RAMはS20と同じ12GBでモリモリ

RAMは12GBを搭載しています。前身のGalaxy S10+は8GBだったので、さらにパワーアップしています。ここまでくるとミドルスペックのPC並です。

RAMが大きくなると、スマホが一度に処理することができるデータ量が大きくなり、サクサクと動きます。

特に大きな処理能力が必要なゲームプレイでは、その威力を最大限に発揮してくれますね。

ちなみにGalaxy S20もRAMは12GBを積んでいます。

Galaxy S20+ vs S20
どちらもROM12GB搭載

バッテリーは丸6日持つ

Galaxy S20+は4,500mAhのバッテリーを搭載しています。Galaxy S10+から500mAhアップしました。

通信状況にもよるのですが、待受時間は4GLTEエリアで約145時間。スペック上では丸6日以上、充電無しで使うことができます。

Galaxy S20+ vs S20
S20+は4,500mAh、S20は4,000mAh

リバース充電機能に対応

これまでにも、スマホがモバイルバッテリーの代わりになる機種はありましたが、Galaxy シリーズの強みが、このリバース充電機能です。

Galaxy S20+自体がワイヤレス充電器になり、例えば他のスマホやワイヤレスイヤホンなど、ワイヤレス充電に対応した端末を接地することで、充電ができます。もう、モバイルバッテリーを持ち歩かなくても良くなるかもしれませんね。

5G帯はミリ波にも対応で長く使える

Galaxy S20+は5Gの電波のうち、Sub6だけでなくミリ波にも対応しています。Galaxy S20はSub6にしか対応していません。

そもそも、5Gの電波には使われる帯域によって、2種類あります。

  • Sub6:6GHz未満の低い帯域を使います。比較的広いエリアでの通信が可能
  • ミリ波:おおよそ30GHz〜300GHzの帯域を使用。直進性が強く、回り込むことが苦手。混雑しているところで、スポット的にカバーすることが得意

Galaxy S20+にはこの2種類の5G電波に対応しています。

しかし、当面、5GはSub6を中心にエリアを拡大していく予定です。

つまり、次のスマホの買い替えまでの今後の数年間で、ミリ波の恩恵を受けられるかはすごく微妙なところです。

間違いなく、今後はSub6とミリ波の両対応のスマホが主流になってくると思うので、ミリ波に対応しているGalaxy S20+を買って長く使うというのも選択肢としてはアリです。

ちなみに、2020年夏以降、5Gは最大4Gbpsの通信にアップデートする予定です。スマホで4Gbpsの通信ができるのは楽しみですね。

Galaxy S20+ vs S20
S20+はSub6に加えてミリ波にも対応

まとめ:約8,000円の差額ならGalaxy S20+もあり

Galaxy S20+の性能について、主にGalaxy S20と比較をしながら説明しました。

Galaxy S20+はGalaxy S20と比較して、

  • 画面サイズが大きい
  • バッテリー容量も大きい
  • 深度測位カメラがついている
  • 5Gのミリ波に対応している

といった違いがあります。

これらのメリットが8,000円の差額で買えると考えるのなら、Galaxy S20+を選んでおいた方が後悔しないかもしれませんね。

  • 一眼カメラなどを持ち歩きたくない。カメラはスマホだけで済ませたい
  • これから数年間は長く使っていきたい

という人はGalaxy S20+一択でOKです。

総合的に見ても、コストパフォマンス面ではGalaxy S20+の方が高いと言えるでしょう。

ドコモなら72,893円、auなら76,475円の実質負担で購入できます。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料がかからない(ドコモ)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

精神的メリット(来店なし・待ちなし)だけでなく、金銭的メリットも大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくドコモ・au・ソフトバンク直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

25083