【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

ahamoでeSIMを使う手順。物理SIMからの切り替えや再発行の方法も紹介

ゴリラ

ahamo使ってるんだけど、eSIMに切り替えたい。

ahamoはeSIMに対応しています。デュアルSIMなど、eSIMを契約したい、切り替えたい、という需要が増えています。

この記事ではahamoをeSIMで契約する方法、物理SIMからの切り替え方法などを解説します。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、ahamoでは無料でeSIMが使えます

 

物理SIMからの切り替えはiPhoneなら「eSIMクイック転送」、Androidはアプリから手続きできます。

 

乗り換えを含む新規契約の場合も、直接eSIMを契約できます。

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

ちなみに…

 

ahamo 2024年4月バナー

 

\手数料は無料・しばりもなし/

 

ahamoは20GBが2,970円(機種代金別途)。公式サイトでドコモのスマホをサクッと買えます^^

 

関連 【契約前に見て】ahamoへの乗り換えで知っておきたい6つのコト


■全体事項

ahamoでは一部利用できないサービスがあります。

 

■サポートについて

※ahamoは申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ドコモショップなどでのサポートを希望する場合は「ahamo Webお申し込みサポート※2」(税込3,300円)を利用ください。

なお、申込み時の端末操作は申込者自身で行うことになります。また、端末初期設定およびデータ移行などは、サポートの範囲外です。

端末初期設定およびデータ移行の補助を希望する場合は「初期設定サポート(有料)※3」を別途、申込みください。

※2 申込者の要望に基づき、ahamo公式サイトからの申し込みの補助を行うものです。

※3 申込者の要望に基づき、ahamoアプリおよびahamo公式サイトからの手続きの補助を行うものです。 

 

■オンライン手続きについて

※サイトメンテナンス中など、受付できないことがあります。

 

■月額料金について

※機種代金は別途かかります。

 

■国内通話料金について

※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

 

■海外パケット通信について

※15日を超えて海外で利用する場合は速度制限がかかります。国内料金と合わせての容量上限です。

 

■端末の契約について

※利用端末がドコモで提供している通信方式とは異なる通信方式のみに対応している機種の場合、また、SIMロック解除がなされていない場合については、ahamoを利用できません。利用中の機種が対応しているかはahamo公式サイトにて確認ください。

 

■SIMカードの契約について

※MNP予約番号を取得の上、ahamo公式サイトからMNPによる新規申込み手続きが必要です。

ahamoでeSIMは使える

ahamoはeSIMで契約でき、物理SIMと同じ料金で使えます。

eSIM(イーシム)とは、スマホ本体に組み込まれているSIMのことです。

物理SIMをオンラインで契約すると、自宅にSIMが郵送されていましたが、eSIMならオンラインのみで手続きが完結します。

eSIMのメリット① 短時間で開通する

eSIMの最大のメリットは最短1時間程度で契約→開通する点です。

物理SIMは自宅に届くまで数日待つ必要があります。

eSIMであれば、ahamoを申し込み、送られてくるメールに従って手続きをすれば良いだけ。

あくまで「最短」ですのでそれ以上に時間がかかることもありますが、郵送よりはずっと早く手続きが完了します。

eSIMのメリット② デュアルSIMが使える

デュアルSIM

「デュアルSIM」とは、1台のスマホで2社のスマホキャリアを利用することです。

デュアルSIMに対応しているスマホの多くは「物理SIM×eSIM」という組み合わせです。

「物理SIM×物理SIM」という組み合わせで使える端末もありますが、iPhoneや国内キャリアが販売するスマホは基本的に「物理SIM×eSIM」です。

eSIMを利用することで「物理SIM」のスロットが余るため、そちらに別の会社のSIMを挿入できます。

ゴリラ

なんでわざわざ2社も契約するの?

デュアルSIMには以下のような活用方法があります。

▼デュアルSIMの有効な活用方法▼

  • 通話用SIMとデータ通信用SIMを分けて使う
  • 仕事用とプライベート用を分ける
  • キャンペーンなどを手軽に活用できる

若干中級者向けですが、お得に賢くスマホを使っている人の多くは、デュアルSIM運用しています。

eSIMのデメリット:eSIM対応機種のみが使える

eSIMには、唯一のデメリットとして対応機種が限られているという点があります。

eSIMに対応していないスマホでは、物理SIMしか使えません。

  • iPhone:iPhone XS/XRより新しいiPhone対応
  • Android:端末による

Androidスマホの場合は、メーカーサイトなどのスペック表を確認し、eSIMに対応しているかチェックしましょう。

例えば以下の端末はnanoSIM(物理SIM)とeSIMが利用できます。

逆に言うと、手持ちの機種がeSIMに対応していれば、デメリットはほとんどありません。

強いて挙げるなら、複数の端末を使っている人には、物理SIMの方が差し替えが簡単だったりしますが、一部の人しか該当しないでしょう。

ちなみに、ahamoがeSIMの動作を確認をしている対応機種は以下で確認できます。

ahamoをeSIMで新規契約、乗り換え契約する方法

現在、ahamo(ドコモ、irumoを含む)を利用していないユーザーが新規でeSIMを契約する方法を紹介します。

まずはahamoのホームページにアクセスし、画面上部の「申し込み」を選択します。

次の画面でeSIMのみを購入を選択します。

ahamo esim

「他者からの乗り換え(MNP)」または「新規契約」を選択の上、画面に従って手続きを進めます。

eSIMの契約はオンラインのみで完結し、最短1時間でahamoが利用できるようになります。

ahamoで物理SIMからeSIMに切り替える方法

ゴリラ

すでにahamoを契約してて、eSIMに変更したいんだが

既にahamoを物理SIMで利用しているユーザーがeSIMに変更する方法は、「使っている端末」と「手続きの内容」によって手順が微妙に変わるため、自分が該当する部分を参考にしてください。

iPhoneは「eSIMクイック転送」を活用

使っている端末が「iPhone 11」かつ「iOS 16」以降であれば「eSIMクイック転送」という機能が使えます。

eSIMクイック転送には以下の2つの機能があります。

  1. 本体に挿入されている物理SIMをeSIMに変換する
  2. 旧iPhoneの物理SIM or eSIMを新iPhoneのeSIMに変換する

2つとも、ケータイキャリア自体が対応している必要がありますが、ahamoはどちらも対応しています。

以下で2つの手順をより詳しく解説します。

iPhoneで物理SIMからeSIMに変換する方法

  • iPhoneの「設定」
  • 「モバイル通信」
  • 「ahamo」を選ぶ
  • 画面最下部の「eSIMに変更」を選択

この操作はWi-Fiに接続された状態で行う必要があります。

一度、物理SIMをeSIMに変換すると、iPhoneだけでは物理SIMに戻せません。やり直しができないため操作は慎重に行いましょう。

eSIM利用のiPhoneを機種変更した場合

iPhoneからiPhoneに機種変更した場合「eSIMクイック転送」を使えば、ahamoで手続きをせずとも、旧iPhoneから新iPhoneに契約情報を送ることができます。

  • 新しいiPhoneで「設定」「モバイル通信」「モバイル通信プランを追加(なければ「eSIMを追加」)」の順に選択
  • 別のiPhoneから転送するモバイルプランを選択
  • 旧iPhoneの画面の指示に従い転送処理
  • 新しいiPhoneで新しい通信プランがアクティベートされる

eSIM再発行の手順

ahamoを利用する中でeSIMを再発行したいケースが出てきます。

▼eSIMを再発行するシチュエーション▼

  • スマホを紛失・故障したとき
  • iPhone↔Android、Android→Androidで機種変更したとき
  • eSIMを誤って削除してしまったとき

特に気をつけたいのは「eSIM情報を削除してしまったとき」です。

スマホの「設定」アプリ内で操作をすると、eSIM情報はカンタンに削除できてしまいます。

▼eSIM再発行の手順▼

  1. ahamoアプリを開く
  2. dアカウントでログイン
  3. 左上の三本線のメニューを選び「その他の手続き」
  4. 「eSIM再発行・再発行のお手続き」
  5. eSIM情報を入力し、注文を完了
  6. さらにeSIM開通の手順のページより手続きを進める

 

ahamo(アハモ)

ahamo(アハモ)
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ

 

ちなみにeSIMの再発行は上記手順でオンラインで行えば無料でできます。

ドコモショップでは2,200円の手数料がかかるため、オンラインでの手続きがおすすめです。

まとめ

ahamoのeSIMについて解説しました。

まとめると以下のようになります。

  • ahamoでeSIMにしても、使い心地が変わることはない
  • 最短1時間程度で契約が完了するデュアルSIMで使えるなどのメリットがある
  • eSIM対応機種でないと使えない
  • iPhone利用なら「eSIMクイック転送」が便利

eSIMにはデメリットがほぼないため、対応機種を持っているなら、一度試してみてもよいでしょう。

ちなみに:ahamoで大量ポイント還元・割引を実施中

ahamoを新規・乗り換え契約で端末を購入すると、大量のポイント還元が行われています!

またahamoを契約する際はドコモオンラインショップで端末をお得に購入することもできます。

ゴリラ

キャンペーン次第では、いったんドコモでスマホを買ってから、ahamoにプラン変更してもいい

手数料3,850円が無料

商品の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

こんな記事もおすすめ