【めちゃ便利】Kindleの読み上げを使ってオーディオブック化する方法

Kindleユーザーのみなさんこんにちは。

Kindleを使っていて、「目が疲れる」「車での通勤中や、満員電車の時間を有効活用したい」と思ったことはないでしょうか。僕はあります。

それを解決してくれるサービスがAudibleaudiobook.jp(旧FeBe)などのオーディオブックなのですが、便利なサービスは当然お金がかかるのですよね。

それだけの対価があるので料金を払って使っても良いのですが、KindleはKindleで読みたいので、どちらもお金がかかる…なんて問題にぶち当たるわけです。

なんかいい方法ないかなと探していたら、Kindleで「音声読み上げ機能」なるものを発見してしまいました。控え目に言ってめっちゃ便利です。

ということで今回はKindleユーザーでオーディオブックに興味ありそうな人向けに、Kindleの音声読み上げ機能について紹介します。

Kindleユーザーにはぜひ一回試してみて欲しいので読んでほしいです。

 

Kindleがオーディオブック化するメリット

Kindleがオーディオブック化することで、メリットが結構多いんですよ。

  • 電車や車の通勤中にも聞ける
  • 掃除などの家事をしながらでも聞ける
  • 目が疲れない
  • 倍速で聞ける
  • 読書に抵抗がある人でも本が読める

などなど。

要は隙間時間で「ながら」ができるわけです。

僕はもともと本を読むタイプでしたが、これを使ってから本を読むペースが倍増しました。

僕のごたくはこのくらいにしておいて、具体的なやり方を説明しますね。

iPhone版Kindleでのやり方

ざっくり言うと「iPhoneの設定で画面の読み上げをONにして、Kindle内で発動させる」。これだけです。

画像付きで詳しく解説していきますね。

①まずはiPhoneの【設定】【一般】【アクセシビリティ】へ進みます。

②アクセシビリティの「視聴サポート」の中の【スピーチ】をタップ

【画面の読み上げ】をONにしましょう。(緑になってたらONです)

事前の設定はこれでOKです!

④あとはKindleアプリを立ち上げて、二本指で画面上部から下にスワイプ!

スワイプする時は画面の一番上のフチから始めないと反応しないっぽいです。

そうすると、読みあげが始まり、以下のようなコントローラーがでてきます。

亀さんマークは「読み上げを遅く」、うさぎさんマークは「読み上げを速く」です。

はい、これで終了!めっちゃ簡単です。

 

アシスティブタッチでの読み上げもおすすめ

二本指スワイプができない時用にアシスティブタッチを用意しておくとさらに便利です。

二本指スワイプをする時ってどうしても片手じゃできないんですよね。

例えば歩きながら聞く時とか、片手でサクッと読み上げ開始したい時にはアシスティブタッチという機能を使いましょう。

アシスティブタッチとは、iPhoneに表示される丸ポチです。

この右下の丸ポチ

これを使うと、2ステップで読み上げまでできます。

  1. ホームボタンを3回押すとこの丸ポチが出てくる(iPhoneX以降は右の電源ボタン/サイドボタン)
  2. 丸ポチを2回タップすると音声読み上げがスタート

3秒くらいでできるので非常に便利ですね。

設定方法は以下です。

①まずはホームボタンのトリプルクリックでアシスティブタッチが出るようにします。

【設定】【一般】【アクセシビリティ】→一番下の【ショートカット】までどうぞ。

②一番上の【AssistiveTouch】にチェックを入れましょう。

これでトリプルタップでアシスティブタッチが呼び出せるようになりました。次はダブルタップで音声読み上げするように設定します。

【設定】【一般】【アクセシビリティ】→真ん中くらいにある【AssistiveTouch】をタップします。

④カスタムアクションの中の【ダブルタップ】をタップ。

⑤一番下の【画面の読み上げ】にチェックをつければ完了です!

お疲れ様でした。

これで、アシスティブタッチを使って片手でも読み上げ機能が使えるようになりました。

関連記事:【使い方】iPhoneのAssistive Touchがやや便利なんだけど、みんな使ってる?【応用編】

android版Kindleでのやり方

android版のKindleアプリでも読み上げ機能は利用可能です。

(僕がandroid端末を持っていないので文字のみの説明で失礼します…!)

【設定】【ユーザー補助】の中に【TalkBack】という機能があるので、それをONにします。

常にONになっていると使いたくない時にも動作してしまう可能性があるので、音量ボタンのショートカットでON-OFFの操作ができるようです。

方法 1: 両方の音量ボタンを押す

  1. 音量大と音量小の両方のボタンを 3 秒間押し続けます。
  2. TalkBack がすぐにオンにならない場合は、もう一度両方の音量ボタンを 3 秒間押し続けます。

注:

設定ができたら、Kindleアプリ内で画面をタップ→画面が緑の枠で囲まれる→画面をダブルタップすると読み上げ開始します。

iPhoneと比べて読み上げ操作に少し癖があるようです。

 

Mac/PC版Kindleではできるけど、できない

残念ながら、MacやWindowsなどのPC版Kindleでは音声読み上げは利用できません

厳密に言うとできるのですが、対応している書籍がかなり限定されているんですね。

実は、PC版のKindleでは公式機能として「読み上げ機能」が備わっています。

しかし、まだ対応している書籍が圧倒的に少なく、公式では「英語の本がメイン」と書かれています。

日本語書籍も一部対応しているようなのですが、その数はまだまだ少なくほぼ見かけないのが現状です。

【ツール】の【読み上げ機能を開始】が利用できない

読み上げ機能はスマホから利用しましょう。

Kindle読み上げ機能の使い勝手はどうか?

実際に使ってみた感想は以下。

  • 音声が機械っぽいけどすぐに慣れる
  • 画面を消すとページ毎で止まってしまう
  • 速度を調整できるの神
  • 読書量は抜群に増える

音声が機械っぽいけどすぐに慣れる

誰かが読み上げてくれるわけではなく、機械の音声(Siriみたいな)なので、はじめは少し抵抗がありました。

が、すぐに慣れますね。個人的には1~2日使ってたらなんも感じなくなりました。

 

画面を消すとページ毎で止まってしまう

これは改善できると嬉しいなと思う部分です。

画面をスリープ状態にしてしまうと、現在読まれているページで止まってしまうんですよね。(Androidはそのまま読み続けてくれるという情報あり)

なので、基本的にポケットで付けっ放し。

歩きながら聞いてみましたが、今の所誤作動はないのでまぁ良いですが。

個人的にランニングしながら読書したかったのですが、それは厳しいのかなと思っています。(まだ試してない)

 

速度を調整できるの神

慣れないうちはゆっくりでいいんですが、慣れたら「速聴」したい願望がある僕としてはとても嬉しい機能でした。

速聴は脳を活性化させるとも言われていて、Youtube見る時とか、再生速度いじれる時には基本的には速くしています。

 

読書量が抜群に増える

スキマ時間が使えるようになるし、軽い気持ちで読書ができるので読書量はめちゃめちゃ増えました。

時間を有効に使いたい人や、読書に抵抗がある人には本当におすすめできますね。

 

プライムリーディングとの組み合わせがコスパ神

プライムリーディングとは、小説・ビジネス書・実用書・マンガ・雑誌・洋書などが読み放題になるサービスで、アマゾンプライム会員なら誰でも利用できるサービスです。

一度に端末にダウンロードできる書籍は10冊までですが、削除すればまたダウンロードできるので実質無制限ですね。

読める本のラインナップは2018年9月現在948冊あるようです。

ホリエモンや佐々木俊尚、その他有名な人の本もたくさんあります。

プライム会員なら無料で読めるので、読み上げ機能使って読み尽くしましょう。

ちなみにAmazonプライム会員は月額325円で以下の特典があります。

Amazonプライムの特典
  1. 通常配送料が無料になる
  2. お急ぎ便・当日お急ぎ便・お届け日指定便も無料
  3. prime nowが使える
  4. プライムビデオで映画・ドラマ・アニメが見れる
  5. Prime Readingで電子書籍が読み放題
  6. Prime Musicで音楽が聴き放題
  7. Amazonチャージでポイント還元アップ
  8. prime dayに参加できる
  9. 毎日開催のタイムセールに30分早く参加できる
  10. primeフォトで写真が保存できる
  11. Amazonダッシュボタンが使える
  12. Amazonパントリーで日用用品が買える
  13. Amazonファミリーでオムツが15%オフ
  14. Amazonフレッシュで生鮮食品が買える

かなりお得なので、まだ会員じゃない人にはゴリ押しでおすすめします笑

Amazonプライムを体験する
※30日間無料です

関連記事:【お得すぎ!】Amazonプライムの全特典と会費について詳しく説明する

おわり

どうでしょう。

Kindleの読み上げ機能、めっちゃ便利じゃないですかね?

Kindleユーザーはぜひ試してみてくださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です