【ドコモ】Huawei P30 Proのスペック・評判、カメラ性能を正直レビュー【制裁緩和?】

圧倒的なカメラ性能を持つHUAWEIの最新機種「HUAWEI P30 Pro」がドコモから発売予定です。

「HUAWEIの最新スマホへの機種変更をしたい」ということで、気になっていた方も多いのではないでしょうか。

しかし、いざ機種変更となると

実際どれくらいの写真が撮れるの?

「カメラ以外の機能やスペックはどうなの?」

などチェックしておきたいという方もいるかと思います。ハイエンド機種とあって価格もそれなりなので慎重に決めたいところですよね。

そこで本記事では、

  • HUAWEI P30 Proではどんな写真が撮れるのか
  • HUAWEI P30 Proの機能やスペック

など購入を検討する上で気になるポイントを解説していきます。

HUAWEI P30 Proは「自分にとって買いなのか」を見ていきましょう。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

ドコモで契約するなら手数料(2,000円)不要来店不要待ち時間不要のドコモオンラインショップがおすすめです。

 

オンライン限定キャンペーン中!

ドコモオンラインがお得な理由はこちら

HUAWEI P30 Proの基本スペック

HUAWEI P30 Proの基本スペックは以下の通り。

 HUAWEI P30 Pro
メーカーHUAWEI
サイズ横:約73mm
縦:約168mm
厚さ:約8.6mm
重量約192g
CPUKirin 980
RAM6GB
ROM128GB
ディスプレイ約6.5インチ
Full HD+ 有機EL
メインカメラ約4000万画素(標準)
約2000万画素(広角)
約800万画素(望遠)
サブカメラ約3200万画素
バッテリー容量4100 mAh
OSAndroid™ 9 Pie
カラーブリージングクリスタル
ブラック

サイズ感はちょうどiPhone XS Maxと同じくらいです。

▼「HUAWEI P30 Pro」と「iPhone XS Max」とのサイズ比較

HUAWEI P30 Pro:約158mm×約73mm×厚さ8.6 mm(重さ 192g)

iPhone XS Max:約157.5mm×約77.4mm×厚さ7.7mm(重さ 208g)

外観は、流行りのフチなしの「ベゼルレス」に、インカメラの部分だけ切り込みの入った「ノッチ型」のデザインとなっています。

カラーはブリージングクリスタル、ブラックの2色です。

HUAWEI P30 Proの機能やスペックについて詳しく見ていきましょう。

HUAWEI P30 Proのカメラは圧倒的|「AI HDR+」「ハイブリッド10倍」「超広角」など

Huawei P30 Proは、なんといってもカメラ性能の高さが売りとなっています。カメラの機能や特徴としては以下の通り。

  • AI HDR+撮影機能
  • ハイブリッド10倍ズーム
  • 最大50倍のデジタルズーム
  • 2.5cmの近距離でのマクロ撮影
  • 超広角レンズ
  • 夜景モード

Huawei P30 Proのカメラはどの機能をとっても他社スマホと比べて頭一つ抜けている印象です。

Huawei P30 Proのカメラの機能・特徴を見ていきましょう。

「AI HDR+」で白飛び・黒つぶれの少ない写真が撮れる

Huawei P30 Proでは、AI HDR+技術で白飛びや黒つぶれの少ないクッキリした写真の撮影が可能です。

HDR自体は、ハイエンドモデルでは珍しい機能ではありませんが、Huawei P30 ProではAIと組み合わせているのが注目すべきところです。

AIが画角の中のいくつかのフレームを認識し、それぞれに適当な明るさを与えて、キレイな1枚の写真を作ることができます。

下記はHDR撮影の写真ですが、通常なら光が多くぼんやりと映る窓の周りなども、ハッキリと映っていますね。

AIについてはHDR以外でも色調の調整をしてくれますが、ときに色合いを強調しすぎてしまうこともあるようですね。

Huawei P30 Proでは、撮影画面の上部にAIのON/OFFのボタンがあり、簡単にAIをオフにすることもできます。自然な色合いで撮影したい場合にはオフにするなど、適時使い分けると良いですね。

「ハイブリッドズーム機能」でズームでもキレイに撮れる

HUAWEI P30 Proでは、デジタルズームと光学ズームを組み合わせることで、10倍ズームでも画質劣化が少ないハイブリッドズーム機能」を搭載しています。

他のスマホと比べるとその差は歴然ですね。

HUAWEI P30 Proでは、プリズムで光路を折り曲げる「プリスコープ構造」により光学での5倍ズームを実現しています。そのため、ハイブリッドズームでも劣化が非常に少ない撮影が可能です。

「最大50倍」で撮影可能

デジタルズームで最大50倍まで撮影が可能です。

50倍までくるとデジタルズーム特有の画質の粗さが目立ちますが、50倍まで取れること自体が貴重な存在です。他のスマホでは決して撮れない高倍率の写真が楽しめますね。

2.5cmの近距離での「マクロ撮影」が可能

HUAWEI P30 Proでは、2.5cmまで近づいてマクロ撮影が可能です。

接写でもイチゴの種の一粒一粒までキレイに撮れています。日常の風景を写真に残したい人も、マクロ撮影が加われば写真の幅が広がりますね。

「広角カメラ」で広い風景も1枚の写真におさめられる

広角カメラを利用すれば、通常より広い範囲を1枚の写真におさめることができます

他社のスマホでも、フラッグシップ機になると、超広角での撮影モードが搭載されることが多くなっていますが、HUAWEI P30 Proでもバッチリ超広角での撮影が可能となっています。

「夜景モード」もピカイチ

HUAWEI P20 Proに続き、「夜景モード」が強いのも魅力です。夜景モードを利用すれば、暗闇でも明るめの撮影が可能です。

他社のスマホでも最近のスマホには夜景モードが搭載していますが、それらと比べてもピカイチな印象です。

下記はGalaxy S10との比較で、右側がHUAWEI P30 Pro、左側がGalaxy S10です。Galaxy S10もかなりキレイに撮れていますが、HUAWEI P30 Proの方が明るく、くっきり見えている感じですね。

iPhone XSとの比較です。上側がHUAWEI P30 Pro、下側がiPhone XSとなります。iPhoneと比べると差は歴然です。

カメラ以外のスペック|他機種に劣る部分もあり

HUAWEI P30 Proの売りは圧倒的なカメラ性能ですが、そのほかの機能・スペックについてもフラッグシップ機ならではの充実ぶりです。

ただし、他社のハイエンドと比べると少し劣る部分もいくつかあります。HUAWEI P30 Proのカメラ以外のスペックについてもチェックしていきましょう。

CPUは最新ハイエンドにわずかに劣る

HUAWEI P30 ProのCPUは、Huaweiの最新チップ「Kirin980」を搭載しています。Antutuスコアは通常モードで28~29万点程度ハイパフォーマンスモードで30~31万点程度とハイスコアで、最新ゲームでも快適にプレイできます。

ただし、Snapdragon855搭載のGalaxy S10+や、A12 Bionicチップ搭載のiPhone XSと比べると若干見劣りします。Galaxy S10+やiPhone XSは36万点程度のAntutuスコアが出ています。

とはいえ、HUAWEI P30 Proも最新ゲームをやるにも十分すぎるスペックです。最新ゲームをガンガンやりたい人も特に問題なく利用できるでしょう。

ディスプレイは有機EL。ただし解像度は物足りない

HUAWEI P30 Proのディスプレイは、引き締まった色合いを表現できる「有機ELディスプレイ」です。液晶から乗り換えれば、色彩の美しさに驚くはずです。画面サイズも約6.5インチと大画面です。

ただし残念なのは、1080 × 2340ピクセルのFull HD+と解像度が少し物足りないことです。

▼他のスマホとの解像度の比較

HUAWEI P30 Pro1080 × 2340ピクセル(Full HD+)

Xperia 11644×3840ピクセル(4K)

Galaxy S10+1440×3040ピクセル(Quad HD+)

iPhone XS1,125×2,436ピクセル(Full HD+)

Xperia Ace1080×2160(Full HD+)

1080 × 2340となると、ハイエンド機種には見劣りするスペックで、ミドルレンジのXperia Aceと同程度の解像度となっています。

「画面の映りにこだわりたい」という方は、「Xperia 1」などの他機種を検討してみるのも良いでしょう。

ディスプレイ指紋認証&顔認証を搭載

HUAWEI P30 Proでは、顔認証に加え、ディスプレイ内での指紋認証を搭載しています。ディスプレイ内指紋認証は超音波を利用して、ディスプレイに触れるだけでロックを解除できる技術です。

ただし、ディスプレイ内の指紋認証は従来のものと比べると反応が良くないという声もあります。ただ実用上は顔認証と併用になるので、大きく問題はないでしょう。

Galaxy S10/S10+でも画面内指紋認証が採用されていますが、こちらと比べるとHUAWEI P30 Proの指紋認証の反応速度は良好なようです。

「ワイヤレス充電」「リバースチャージ」に対応

HUAWEI P30 Proはワイヤレス充電Qi対応です。ワイヤレス充電器からの充電が可能となっています。

さらに注目なのが、HUAWEI P30 Pro自体を充電台として利用できる「リバースチャージ機能」を搭載していることです。

ワイヤレス充電に対応したスマホなら、HUAWEI P30 Proからの給電が可能です

通常充電も40Wの急速充電で、30分で70%の充電が可能です。不意の充電切れでもすぐに復活させることができますね。

スピーカーはモノラル。イヤホンジャックはなし

HUAWEI P30 Proのスピーカーはモノラルスピーカーとなっています。P20 Proはステレオスピーカーだったのでここは少し残念なところです。

また、P20 Proに続いてイヤホンジャックは非搭載なので、音楽を聴く際はBluetoothイヤホンが必須ですね。

さらにHUAWEI P30 Proでは、通話スピーカーが省かれ、ディスプレイから音が出る「アコースティック・ディスプレイ」を採用しています。ディスプレイに耳を当てて直接音を聞く感じです。

この通話スピーカーについては、「聞きづらい」「ディスプレイに耳を当てるのが気持ち悪い」など好みが分かれるようですね。

HUAWEI P30 Proのドコモでの販売価格

HUAWEI P30 Proのドコモでの販売価格は以下の通り。

▼「HUAWEI P30 Pro」のドコモでの販売価格

現金販売価格/支払総額(税込):89,424円

スマホおかえしプログラム適用時(税込):59,616円

スマホおかえしプログラム適用すれば、3万円引きの約6万円で購入が可能です。

スマホお返しプログラム機種の回収を条件に機種代金が割引になるプログラムです。「スマホ返却」と「36回分割払い」を条件に25カ月目以降の機種代の支払いが免除となります。

機種変更後は古いスマホはいらないという方は、スマホお返しプログラムで購入すると良いですね。

関連記事:【結論】スマホおかえしプログラムはとりあえず入ってOK|実際どうか?を元販売員が解説

ドコモでは事前予約停止。再開は未定

HUAWEI P30 Proの発売日は、当初は2019年6月を予定していましたが、HUAWEIが米国の規制対象となったことに伴い、2019年7月現在では予約受付を停止、発売時期未定となっています。

すでに中国、欧州では発売済のHUAWEI P30 Proですが、日本での発売に関してはいまだ未定の状況が続いています。

6月29日のG20サミット後の米トランプ大統領の会見で、HUAWEIに対して禁輸措置を解除する考えを明らかになり、Googleからののアプリおよびサービス提供も復活する可能性が高まっています。

HUAWEI P30 Proについても発売に向け、今後動きを見せることになるかもしれません。

まとめ:カメラにこだわるなら「HUAWEI P30 Pro」は買い

HUAWEI P30 Proに特徴、スペックについて一挙に紹介しました。

HUAWEI P30 Proはカメラスペックについては圧倒的です。他のスマホでは撮れないような写真撮影も可能となっています。

一方で、そのほかのスペックについては、ハイエンドとして十分なスペックながら、他社のスマホと比べると少し劣る部分もあります

HUAWEI P30 Proは「何よりもカメラにこだわりたい」「カメラで遊びたい」という方なら買いの一台です。ぜひ機種選びの参考にしてみて下さいね。