来春OPENのディズニー新エリア先行招待チケットがもらえる!

【ドコモ】2019年冬春モデルの新機種まとめて紹介

10/11にドコモの2019年冬春発売の新機種が発表されました。

2019年冬春の新機種は全7機種で、

  • スマホ:5機種
  • らくらくホン:1機種
  • キッズケータイ:1機種

というラインナップになっています。

これらの新機種をひと通り触ってきたので、新機種すべてのスペックや特徴を実際に触ってみた画像とともに紹介していきます!

ちなみに…

ドコモで契約するなら

  • 手数料(2,000~3,000円)なし
  • 頭金(3,000~10,000円)なし
  • 来店なし
  • 待ち時間なし

ドコモオンラインショップがおすすめです。

最大10,000円以上お得!

 

ドコモオンラインがお得な理由はこちら

新しいiPhone11 / 11 Pro / 11 Pro Maxが遂に発売開始しました!

スペックや評判、通常よりも安く買う方法を紹介しています!

ドコモ2019冬春のスマホ新機種は5種類

ドコモのスマートフォンは2つのモデルにわかれており、

  • 高価格帯で高性能の「ハイスペックモデル
  • 中価格帯で標準的な性能の「スタンダードモデル

という分類となっています。

今回発売されるスマホは、ハイスペックモデルから3機種、スタンダードモデルから2機種で詳しくは以下のとおりです。

ハイスペックモデルのスマホ一覧

  • Xperia 5 SO-01M
  • Galaxy Note10+ SC-01M
  • AQUOS zero2 SH-01M

スタンダードモデルのスマホ一覧

  • Galaxy A20 SC-02M
  • AQUOS sense3 SH-02M

それぞれ詳しく紹介していきます。

Xperia 5 SO-01M

  • メーカー:SONY
  • 発売日:2019年11月1日
  • 価格:87,912円(税込み)

Xperia5は2019年夏に発売されたXperia1とXperia Aceの中間に位置する性能の機種で、ドコモではハイスペックモデルに位置しています。

主な特徴は以下の通り。

Xperia 5の特徴

  • 6.1インチの大画面でも片手で操作しやすい細身のサイズ感
  • 映画と同じ比率の21:9のディスプレイで動画やゲームへの没入感と臨場感を実現
  • デジタル一眼レフの技術を注ぎ込んだトリプルレンズカメラ
  • 高速CPUで美しい3Dグラフィックのゲームがサクサク動く

詳細スペックは以下の通り。

Xperia 5のスペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)約158㎜×約68㎜×約8.2㎜
重量約164g
OSAndroid™ 9
CPUSnapdragon855
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 6GB / ROM 64GB
バッテリー容量3000mAh
アウトカメラトリプルレンズ
望遠:約1220万画素
標準:約1220万画素
広角:約1220万画素
インカメラ約800万画素
ディスプレイサイズ:約6.1インチ
解像度:Full HD+
種類:有機EL
アスペクト比:21:9
防水/防塵防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)

Xperia5は6.1インチの大画面でも片手で操作しやすい細身のサイズ感

Xperia5はXperia1に引き続き、アスペクト比21:9という映画で用いられるディスプレイサイズになっており、6.1インチの大画面での迫力ある映像体験が楽しめます。

そして、大画面でありながら、横幅を手にフィットする68㎜にすることで片手での操作がしやすくなっているのが特徴的です。

実際に持ってみた感じ、親指が画面端まで届き文字打ちがとても快適でした。

2019年夏に発売されたXperia1と並べてみたのが以下の写真です。

左がXperia1、右がXperia5で、横幅が1まわりほど、高さが割と違うことがわかります。

Xperia5は今回の新商品の中でももっとも横幅が小さいので、スマホの持ちやすさを重視する人には一番おすすめの機種です。

\ドコモ公式ショップで/
 Xperia 5を詳しく見る 

Galaxy Note10+ SC-01M

  • メーカー:SAMSUNG
  • 発売日:2019年10月18日
  • 価格:121,176円(税込み)

Galaxy Note10+はSペンという様々な機能をもつペンが付属しているのが特徴的なスマホで、ドコモではハイスペックモデルに位置しています。

主な特徴は以下の通り。

Galaxy Note10+の特徴

  • 進化したSペンでメモだけでなくスマホのリモート操作も可能に
  • クアッドカメラ搭載(トリプルカメラ+深度測位カメラ)
  • 3つのドコモのスマホ史上最大:「RAM12GB」&「約6.8インチのディスプレイ」&「4,300mAhのバッテリー容量」

詳細スペックは以下の通り。

Galaxy Note10+のスペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)約162㎜×約77㎜×約7.9㎜
重量約197g
OSAndroid™ 9
CPUSnapdragon855
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 12GB / ROM 256GB
バッテリー容量4300mAh
アウトカメラクアッドカメラ
広角:約1200万画素
超広角:約1600万画素
望遠:約1200万画素
深度測位(TOF)
インカメラ約1000万画素
ディスプレイサイズ:約6.8インチ
解像度:Quad HD+(1,440×3,040)
種類:有機EL
防水/防塵防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
その他Sペン(SC03)同梱

Galaxy Note10+はSペンでメモやスマホの操作が可能

Galaxy Note10+の最大の特徴はSペンと呼ばれるタッチペンが付属していることです。

Sペンは本物の紙とペンのような書き心地を追及しており、筆圧も4000段階以上の細かさで検知可能となっています。

そのため、メモなどの文字を書くだけでなく、本格的なイラストを描くことも可能です。

Galaxy Note10+とSペンを使用して描かれた猫のイラスト

僕も実際にSペンで文字を書いてみましたが、普通のボールペンなどと比べてかなり細く、少し書くのが難しかったです。使っていくうちになれるのでしょうか?

また、Galaxy Note10+のSペンはペンとして使うだけでなく、スマホをリモートで操作するリモコンとしての機能も備えています。

あらかじめ設定したジェスチャーをSペンですることで、写真の撮影やカメラの各種操作などができます。

ドコモ史上最大のRAM&ディスプレイ&バッテリー容量

Galaxy Note10+は3つのドコモ史上最大のスペックをもっています。

Galaxy Note10+のドコモ史上最大のスペック3つ

  1. RAM12GB
  2. 約6.8インチのディスプレイ
  3. 4,300mAhのバッテリー容量

12GBのRAMがあれば、2019年現在どんな高負荷なゲームでもサクサク快適にプレイが可能でしょう。

また、そんな高負荷なアプリの使用も大容量のバッテリーがあれば安心してプレイできそうです。

バッテリー容量の参考としては、iPhone7が1,960mAhなので、そのくらいのスペックのスマホと比べると2倍以上長持ちするようになっています。

また、画面も6.8インチとドコモ史上最大のサイズで、以下の画像からもわかるようにスマホ前面のほぼ全面がディスプレイです。

画面サイズが大きい分、やはり重量はそこそこ重く感じました。

\ドコモ公式ショップで/
Galaxy Note10+を詳しく見る 

AQUOS zero2 SH-01M

  • メーカー:SHARP
  • 発売日:今冬発売予定
  • 価格:未定

AQUOSの他のハイスペック機種には、カメラ性能を売りにした「ビジュアルコミュニケーションフラグシップ」端末である、AQUOS Rシリーズがありますが、AQUOS zeroは、ゲームや動画視聴などのエンターテイメント要素を重視した「エンターテインメント・フラッグシップ」端末として位置づけられています。

10/12現在、実際の画面はまだ開発中ということで見ることはできませんでしたが、動画やゲームなどのエンタメに特化したモデルということで、発表された機能や特徴も画面の表示などに関連するものが多いです。

主な特徴は以下の通り。

AQUOS zero2の特徴

  • 140gの軽量ボディ―
  • 4倍速有機ELで激しい動きのゲームなどでも残像感ない画面表示
  • タッチパネルの反応高速化によってゲームの操作感向上
  • 10億色の表現力のディスプレイで映像の本来の美しさをそのまま表示

※ディスプレイにおいて、毎秒120回の表示更新が間に黒画面を挿入することで毎秒240回となり、映像がめっちゃ滑らかにくっきり見えるとのこと。4倍は従来機種のAQUOS sense2の毎秒60回と比べた数字。

詳細スペックは以下の通り。

AQUOS zero2のスペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)未定
重量140g台
OSAndroid™ 10
CPUSnapdragon855
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 8GB / ROM 256GB
バッテリー容量3,130mAh
アウトカメラデュアルカメラ
広角:約2,010万画素
標準:約1,220万画素
インカメラ約800万画素
ディスプレイサイズ:約6.4インチ
解像度:Full HD+(1,080×2,340)
種類:有機EL
防水/防塵防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)

AQUOS zero2は140gの超軽量ボディ―

AQUOS zero2は6.4インチの大画面にもかかわらず、重さが140gという超軽量のボディーになっており、実際に持ってみると偽物じゃないかと思うくらいの軽さで驚きました。

\ドコモ公式ショップで/
AQUOS zero2を詳しく見る 

Galaxy A20 SC-02M

  • メーカー:SAMSUNG
  • 発売日:2019年11月1日
  • 価格:21,384円(税込み)

スタンダードモデルとして販売されるGalaxy A20はスマホデビューにおすすめのエントリースマホで、一般的なエントリースマホよりも画面が大きくなっているのが特徴的です。

主な特徴は以下の通り。

Galaxy A20の特徴

  • 横幅がコンパクトだが画面が大きく使いやすいサイズ感
  • エントリースマホの中ではバッテリー容量が大きい
  • はじめてのスマホでも使いやすいシンプルな操作感と、機能性のバランス良

詳細スペックは以下の通り。

Galaxy A20のスペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)約150㎜×約71㎜×約8.1㎜
重量約151g
OSAndroid™ 9
CPUExynos 7884B
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 3GB / ROM 32GB
バッテリー容量3,000mAh
アウトカメラ約800万画素
インカメラ約500万画素
ディスプレイサイズ:約5.8インチ
解像度:HD+(720×1,560)
防水/防塵防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)

\ドコモ公式ショップで/
Galaxy A20を詳しく見る 

AQUOS sense3 SH-02M

  • メーカー:SHARP
  • 発売日:2019年11月上旬発売予定
  • 価格:31,680円(税込み)

スタンダードモデルとして販売されるAQUOS sense3はAQUOS史上最長の電池持ちが特徴的です。

主な特徴は以下の通り。

AQUOS sense3の特徴

  • 大容量バッテリーと省エネディスプレイによるAQUOS史上最長の電池持ち※動画をHD再生して約20時間
  • スマホデビューにも使いやすいかんたん&安心設計

詳細スペックは以下の通り。

AQUOS sense3のスペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)約148㎜×約70㎜×約8.9㎜
重量約167g
OSAndroid™ 9
CPUSnapdragon™ 630
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 4GB / ROM 64GB
バッテリー容量4,000mAh
アウトカメラ標準:約1200万画素
広角:約1200万画素
インカメラ約800万画素
ディスプレイサイズ:約5.5インチ
解像度:Full HD+(1,080×2,160)
防水/防塵防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)

\ドコモ公式ショップで/
AQUOS sense3を詳しく見る 

らくらくホン F-01M

  • メーカー:富士通
  • 発売日:2019年11月下旬発売予定
  • 価格:未定

新商品のらくらくホンは、従来のらくらくホンとほとんど同じ見た目と操作性で作られており、現在従来のらくらくホンを使用している人でも安心して買い換えてもらえるようになっています。

主な特徴は以下の通り。

らくらくホン F-01Mの特徴

  • 従来のらくらくホンと変わらない使いやすさ
  • 全国防犯協会連合会認定モデルに選ばれており迷惑電話・メールに強い
  • 通話がさらに高品質に

実際に従来のらくらくホンと比べたのが以下の画像です。

左が従来のらくらくホン、右が最新のらくらくホン F-01M

ボタンの配置は全く同じ、よく見ると最新のらくらくホンのほうが文字や画面が若干大きくなっているのもわかります。

\ドコモ公式ショップで/
らくらくホン F-01Mを詳しく見る 

キッズケータイ SH-03M

  • メーカー:SHARP
  • 発売日:今冬発売予定
  • 価格:未定

新商品のキッズケータイは従来のキッズケータイより大画面の3.4インチディスプレイで、今までになかった機能もいくつか追加されています。

主な特徴は以下の通り。

キッズケータイ SH-03Mの特徴

  • 子どもの帰宅時の通知がWi-Fiにも対応
  • 漢字変換候補が学年に合わせて変わっていく機能搭載

また、ドコモでは、キッズケータイ向けにオリジナルデザインのケース・フィルム・ストラップのセットが8種類販売されます。

ディズニーキャラクターなどのキャラクターものやかわいい模様のデザインなどが用意されています。

キッズケータイのスペックや機能に関してはあまりいうことはありませんが、サイズ感は実際に持ってみた以下の画像をご覧ください。

\ドコモ公式ショップで/
キッズケータイ SH-03Mを詳しく見る 

まとめ

以上がドコモの2019年冬春の新商品です。

  • ハイスペックモデルスマホ:3機種
  • スタンダードモデルスマホ:2機種
  • らくらくホン:1機種
  • キッズケータイ:1機種

という内容でした。

個人的には、12GBのRAMを搭載したGalaxy Note10+が気になります。

auでは新商品として発表されたGalaxy Foldがドコモからは発売されないのが少し残念ですね。

ということで、この記事がスマホ選びの参考になれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございます。

ちなみに:契約するならドコモオンラインショップがお得です

ドコモで機種変更/新規/乗り換えを検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下4点です。

  1. 事務手数料なし(2,000~3,000円お得
  2. 頭金なし(3,000~10,000円お得
  3. 来店不要
  4. 待ち時間がない

同じ端末で同じ契約をするのでも、オンラインショップで手続きするだけで10,000円以上お得になるんですね。

また、お店に行く必要もなければ待ち時間もないので、かなり楽して契約できます。

しかもドコモ直営の公式オンラインショップなので安心できるのもいいすね。

デメリットがないので、最近は利用している人がかなり増えているようです。(多分将来的にデフォになるはず)

お得かつ楽に手続きしたい人はぜひオンラインショップを使ってみてください。

最大10,000円以上お得!

 

ドコモオンラインがお得な理由はこちら


こんな記事もおすすめ