このサイトについて

【評判◯】ヤングモバイルって本当に利用しても大丈夫?|キャッシュバック・申し込み方法を紹介

ゴリラ

ワイモバイルへの乗り換えのとき、ヤングモバイルって代理店を使うとキャッシュバックがもらえるって聞いたんだけど…怪しくない?使って大丈夫??

スマホやネットの回線の契約するとき、代理店を通して契約すると、もっとお得に申し込みをできる可能性があります。

ワイモバイルの場合は、ヤングモバイルから申し込みをすると「2万円のキャッシュバック」など、ワイモバイル公式よりもお得に申し込めます。

ただ、代理店からの乗り換えとなると「本当に大丈夫?デメリットはない?」など不安を感じる人も多いと思います。

そこで本記事では、

  • ヤングモバイルってどんな代理店?本当に大丈夫?
  • キャッシュバックの内容・条件はどうなってる?
  • ヤングモバイルからの申し込み方法は?

などヤングモバイルに興味がある人が気になる内容について詳しく解説しています。

ワイモバイルにお得に申し込みができる代理店「ヤングモバイル」のについて詳しく見ていきましょう。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、ヤングモバイルの運営元は実績のある会社で、怪しくありません。使って大丈夫です。

 

2020年7月現在、最大で20,000円のキャッシュバックがもらえます。乗り換えの場合は、公式や他の代理店よりもお得に契約できます。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ワイモバイルの契約(新規・乗り換え)はヤングモバイルがお得

 

ワイモバイル代理店「ヤングモバイル」なら、契約内容・料金は公式と一緒で、キャッシュバックがもらえるのでおすすめです。

 

現在、20,000円(通常キャッシュバック)+3,000円(生活応援キャンペーン)を行っていて、最もお得に契約できます!

 

\料金プランの相談も可能/
ヤングモバイルの公式サイトを見てみる
【300×250】ヤングモバイル
ヤングモバイルの解説記事で詳細を説明してます

【上記特典にプラスで3000円】

ワイモバイル契約者全員にPayPayの3,000円相当のポイントがもらえる
「どこでももらえる特典」というキャンペーンも開催中です。

ヤングモバイルとは

ヤングモバイルワイモバイルの正規代理店です。

ヤングモバイルを通してワイモバイルに申し込みをするだけで、キャッシュバックがもらえます。

もちろん契約内容、セット購入できるスマホ機種は同じです。

契約するのはあくまで「ワイモバイル」になるので、契約さえ済んでしまえば、まったく同じように使っていけます。

ヤングモバイルの運営元は「日本企業開発支援株式会社」

ヤングモバイルの運営元は「日本企業開発支援株式会社」というところです。

▼日本企業開発支援株式会社の概要

 

本社:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-13-6

設立:2010年4月

代表者:代表取締役社長 上村 陽介

資本金:2000万円

従業員数:30名

 

◆主要事業

  • 起業家支援サイト『独立支援.net』の企画・運営。
  • 起業家向け各種支援サービスの提供。
  • 求人広告の販売。
  • 各種情報通信商材の販売、代理店展開

ピンときづらいですが、ソフトバンク代理店で有名な「おとくケータイ.net」の運営元です。

「ヤングモバイル」は2019年8月にスタートしたばかりですが、「おとくケータイ.net」は創業8年目(2019年時点)で、すでに30万件以上の契約実績があります。

ネットの評判を見ていても「おとくケータイ.net」で乗り換えした人は、すでにたくさんいるようですね。

運営元や「おとくケータイ.net」での実績を見ても、「ヤングモバイル」も安心して利用できそうですね。

【怪しくない】キャッシュバックがもらえる理由はキャリアからの報奨金

「キャッシュバックが貰える」というのが、怪しいと感じる人もいるかもしれません。キャッシュバックの仕組みについて少し見ていきましょう。

代理店から申し込みをすると高額のキャッシュバックがもらえる理由は、キャリアからの報奨金(インセンティブ)です。

スマホ契約のWEB代理店は、乗り換えや新規契約の件数に応じて、契約先のキャリアから報奨として報奨金を受け取ります。

この報奨金の一部を、キャッシュバックとしてユーザーに還元しているというわけです。

ヤングモバイルも、ワイモバイルからの報奨金の一部をキャッシュバックとしてユーザーに還元していると考えられます。

キャッシュバックはスマホセット・SIMのみどちらでももらえる

ヤングモバイルの、キャッシュバックの内容は随時更新されます。

2020年7月20日時点でのキャッシュバックキャンペーンの内容は以下の通り。

▼現金キャッシュバックキャンペーン

 

【端末+SIMセット】
・au、ドコモ回線からのMNP(プランS):5,000円 
・au、ドコモ回線からのMNP(プランM):15,000円 
・au、ドコモ回線からのMNP(プランR):20,000円
・ソフトバンク回線からのMNP(プランS・M):5,000円 
・ソフトバンク回線からのMNP(プランR):10,000円
・新規契約(プランS):20,000円
・新規契約(プランM):20,000円
・新規契約(プランR):20,000円
【SIM単体契約】
・au、ドコモ回線からのMNP:5,000円
・ソフトバンク回線からのMNP:2,000円

スマホセットの契約なら誰でもキャッシュバックの対象になります。

なおキャッシュバックの金額については、申し込み時に交渉すると+5,000円程度上げてくれることもあるようです。

※SIMのみの場合、ヤフーモバイル(代理店)の方が条件がいいこともあります。

キャッシュバックは2週間後にすぐ振込してもらえる

ヤングモバイルのキャッシュバックの魅力は、2週間以内に振り込みをしてもらえるというところです。

ヤングモバイルのキャッシュバックの振込日

  • 1日~15日に契約完了⇒当月末日に振込み
  • 16日~31日に契約完了⇒翌月15日に振込み

※キャッシュバックの支払い期日が金融機関休業日の場合、その前営業日に振込み

スマホやネット回線のキャッシュバックの良くあるパターンとして「6か月後に届くメールから、キャッシュバック振込先を登録すると、キャッシュバックがもらえる」というのがあります。

半年後とか、登録が必要とかなると、もらい忘れる人がたくさんいるようです。

2週間後に追加の手続き不要で振込してもらえるヤングモバイルは、かなり良心的ですね。

キャッシュバックの適用条件

ヤングモバイルの、2020年7月20日時点でのキャッシュバックの条件は以下の通り。

▼現金キャッシュバックキャンペーン適用条件

  • au、ドコモ、ソフトバンク、MVNOから乗り換え or 新規契約
  • 申し込み当月中に利用開始

特別な条件はありません。

\料金プランの相談も可能/
ヤングモバイルの公式サイトを見てみる
【300×250】ヤングモバイル
ヤングモバイルの解説記事で詳細を説明してます

【注意】ヤングモバイルは事務手数料3,300円がかかる

ゴリラ

事務手数料はどうなってるの?

ヤングモバイルで契約する場合、事務手数料3,300円がかかります。ちなみに、ワイモバイルオンラインストア(公式)は事務手数料が無料です。

キャンペーンの内容を比較するときは、事務手数料も含めて検討してくださいね。

ヤングモバイルの申し込み手順

 

申し込みはヤングモバイル公式サイトから可能です。

なお、ヤングモバイルはオンライン専門の代理店なので、店舗からの契約はありません。

ヤングモバイルの申し込み手順は以下の通り。

ヤングモバイルの申し込み手順

  1. MNP予約番号を取得
  2. 公式ページから申し込み手続きを開始
  3. 「利用者情報の登録」&「各種書類の提出」
  4. 「開通」のための電話をいれる

それぞれ見ていきましょう。

ステップ1:MNP予約番号を取得

まずは、いま契約しているキャリアのMNP予約番号を取得しましょう。

MNP予約番号は、電話番号を変えずに乗り換えをするために必要な番号です。

MNP予約番号の取得は、各社のマイページ(My docomo、My au、My SoftBank)から可能です。

なお、マイページでの手続きが面倒な人は、電話でサクッと取得する方法もあります。

MNP予約番号取得の受付窓口

 

auの受付窓口:0077-75470

docomoの受付窓口:0120-800-000

Softbankの受付窓口:0800-100-5533

※受付時間は9時~20時

MNP予約番号の有効期限は予約当日を含め15日間です。期限を切れると再取得が必要になるので早めに申し込みを済ませましょう。

電話でMNP予約番号を取得する場合には、割引や安いプランを提示されたりして引き留めに合うことがあります。

それでも、料金的にはワイモバイルへの乗り換えがお得なので、しっかりと乗り換えの意思を伝えましょう。

【補足】SIMロック解除は乗り換え前に済ませる

乗り換え前のキャリアで使っていたスマホをワイモバイルでも使う場合は、SIMロックの解除が必要です。

SIMロックの解除は各社のマイページ(My docomo、My au、My SoftBank)から可能です。手数料は無料です。

マイページのほか、店頭でもSIMロックを解除できますが、こちらは手数料3,000円がかかかります。

お金も手間もかからないマイページからのSIMロック解除がおすすめです。

ステップ2:公式ページから申し込み手続きを開始

MNP予約番号を取得できたら、ヤングモバイル公式ページの「お問い合わせ・お申込み」から申し込みを開始しましょう。

お名前、電話番号、メールアドレスなどの必要項目を入力して確認ボタンをタップ。

申し込み内容の確認画面が表示されるので「送信」をタップして申し込みは完了です。

ステップ3:「利用者情報の登録」&「各種書類の提出」

公式ページからのお問い合わせ・申し込みを送信すると、入力したメールアドレス宛にヤングモバイルからメールが届きます。

メールには、キャッシュバックキャンペーンの詳細、申し込みの流れなどが記載されています。

「ヤングモバイルから申し込みをしたい」という旨を返信し、手続きを進めましょう。

返信後は、

  • 登録フォームから利用者情報の登録
  • 本人確認書類のアップロードフォームから、本人確認書類を提出
  • 自宅に届く契約書類に記入・捺印後、返送

の3つを行い、手続きは完了となります。

ヤングモバイル側で「利用者情報」や「契約書類」の確認が完了すると、SIMカードと端末などが自宅へ発送されます。

ステップ4:「開通」のための電話をいれる

SIMカードと端末が届いたら、開通作業を行いましょう。

SIMカードと端末が届いた時点では、まだ乗り換え前のキャリアの回線が使える状態です

商品到着後に、電話を一本入れると、無事ワイモバイルの回線が開通します。

なお他社からの乗換えではなく、新規契約の場合には、開通作業は不要で、スマホとSIMが届いたらそのまま利用できます。

まとめ:ヤングモバイルは怪しくなく使わないと損

ワイモバイル正規代理店の「ヤングモバイル」を紹介しました。

ヤングモバイルの運営元は全く怪しくなく、忖度なしでおすすめできる代理店です。キャッシュバックの原資もワイモバイルからの報奨金なので、心置きなくもらっておきましょう。

ワイモバイルへの申し込みを考えているなら、ヤングモバイルの利用を考えてみるといいですね。

\料金プランの相談も可能/
ヤングモバイルの公式サイトを見てみる
【300×250】ヤングモバイル
ヤングモバイルの解説記事で詳細を説明してます

2449