来春OPENのディズニー新エリア先行招待チケットがもらえる!

ワイモバイルとUQモバイルを徹底比較|プランはUQ、ショップ・キャッシュバックはワイモバ

ゴリラ

ワイモバイルとUQモバイルって、CMとかで良く見るけど、いまから契約するならどっちが良いのかな。少しでも良さそうな方で契約したいかも。

という人向けの記事です。

ワイモバイルとUQモバイルは、格安SIMの中だと知名度はもちろん、品質もトップクラスです。

料金は格安SIMとしてはちょっとだけ高めですが、安心して契約できるのが大きな魅力。ドコモ、au、ソフトバンクなどからの乗り換えでも違和感なく使えます。

しかしどちらかを選ぶとなると「実際どちらがお得なのか」は気になるところだと思います。

そこで本記事では、ワイモバイルとUQモバイルのどちらがお得かを徹底比較していきます。

先に結論を示すと以下の通り。

▼ワイモバイルとUQモバイルの比較

 

◆料金プラン

 ⇒UQモバイルの方が使いやすい

 

◆通信速度

 ⇒どちらもトップクラスで差がない

 

◆ショップの数

 ⇒ワイモバイルの方が圧倒的に多い

 

◆スマホ機種の品揃え

 ⇒UQモバイルの方がやや充実

 

◆キャッシュバック

 ⇒ワイモバイルの方がかなり多い

ワイモバイルとUQモバイルで強みが異なるので、自分の使い方に合わせて選んでいくのが良さそうです。

どちらが自分にピッタリなのか、チェックしていきましょう。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

\料金プランの相談も可能/
ヤングモバイルの公式サイト
【300×250】ヤングモバイル
ヤングモバイルの解説記事で詳細を説明してます

料金プランはUQモバイルの方が使いやすい

2019年10月1日からワイモバイルとUQモバイルのそれぞれで2年縛りなしの新料金プランがスタートしています。

▼UQモバイルの新プラン「スマホプラン」

SML
1,980円2,980円3,980円
3GB9GB14GB
通話料は20円/30秒

▼ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」

SML
2,680円3,680円4,680円
3GB9GB14GB
国内無料通話
(1回10分以内)

比較して見ていきましょう。

UQモバイルはかけ放題がオプション|オプション込みだと金額は変わらなくなる

プラン自体の料金が安いのはUQモバイルです。

ただし、ワイモバイルには10分までの通話し放題が付いているのがポイントです。

UQモバイルではかけ放題は有料オプションとなります。

▼UQモバイルの通話オプション

かけ放題(10分/回):月額700円

通話パック(60分/月):月額500円

「10分かけ放題」を付けると、ちょうどワイモバイルと同じ金額となります。ワイモバイルも割高な料金ではないということですね。

データ繰り越しはUQモバイルのみ

UQモバイルのみデータ繰り越しがあり、余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができます。

▼UQモバイルのデータ繰り越し

データ容量はSが3GB、Mが9GB、一番大きいサイズが14GBと、UQモバイル、ワイモバイルで同じになっています。

ただし、繰り越しがある分、実質使えるデータ容量はUQモバイルの方が少し多くなるかもです。

また、「高速通信」とデータ消費ゼロの「低速通信」の切り替えができるものUQモバイルだけです。

▼UQモバイルの節約モード

アプリからワンタッチで高速・低速の通信切り替えが可能。低速通信ならデータ消費ゼロ

データ増量キャンペーンの内容は、ほぼ同じ

ワイモバイル、UQモバイルともに1年間データ容量が増量されるキャンペーンを実施しています。

内容としては、どちらもほぼ同じで、それぞれ以下の増量が1年間適用されます。

▼ワイモバイル、UQモバイルのデータ増量

SML
3GB⇒4GB9GB⇒12GB14GB⇒17GB

「データ増量キャンペーンの内容は、ほぼ同じ」という感じです。

プラン全体としてはUQモバイルの方が融通が利く分、使いやすい

プラン全体としてみると、UQモバイルの方が少し融通が利いて使いやすいという印象です。

  • 「かけ放題を付けるか、付かないか」を選べる
  • データ繰り越しがある

といったあたりはUQモバイルならではのメリットです。

もちろん10分かけ放題での契約なら、料金は変わりませんが、いろいろな選択肢を選べる点では、UQモバイルのプランの方が使いやすいでしょう。

通信速度は互角:両社ともにトップクラス

ワイモバイルとUQモバイルの通信速度は、ほぼ互角です。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランド、UQモバイルはauのサブブランドということもあって、通信速度はどちらも格安SIMでトップクラスです。

  • ワイモバイル:ソフトバンクのサブブランド
  • UQモバイル:auのサブブランド

⇒通信速度は格安SIMトップクラス

通信速度は高いレベルで差がない感じなので、どちらを選んでも満足できるはずです。

格安SIMは速度が不安という人も安心して利用できるでしょう。

通信エリアの広さも大きな差はない

通信エリアも大きく差はありません。

ワイモバイルはソフトバンク回線、UQモバイルはau回線となります。

通信エリアもそれに準じて、ワイモバイルはソフトバンクのエリア、UQモバイルはauのエリアとなります。

▼「ワイモバイル」と「UQモバイル」の通信エリア

  • ワイモバイル:ソフトバンクの通信エリア
  • UQモバイル:auの通信エリア

どちらもカバー率99%超で日本中ほとんどのところで繋がります。

場所によっての電波の繋がりやすさは多少の差はありますが、通信エリアの広さは大きな差はないといえるでしょう。

ショップの数はワイモバイルが断然多い

街中の店舗の数はワイモバイルの方が断然多いです。

▼ワイモバイルとUQモバイルの店舗数

ワイモバイル:約1000店舗

UQモバイル:約180店舗

UQモバイルも格安SIMとしては店舗数が多い方ですが、ワイモバイルと比べるとかなり差があります。

最近だと楽天モバイルが500店舗を突破し、店舗数を伸ばしていますが、それと比べてもワイモバイルの方がまだまだ多です。

大手キャリアが2300店舗ほどなのでその半分ほどにはなりますが、ワイモバイルぐらい店舗数があれば、自宅や職場・学校の近くでもショップが見つけやすそうです。

スマホ機種の品揃えはUQモバイル

契約とセットで購入できるスマホ機種の品揃えについては、UQモバイルの方が少し充実しています。

ワイモバイルで購入できる機種はザックリ以下の通り。

古い機種を除き、実際に選択肢として選べるもので考えると、iPhone2機種を含め、およそ8機種ほど。

少し性能が良いものを選ぼうと思うと、現状、iPhone 7、HUAWEI P30 lite、Xperia 8の3択となります。

ワイモバイルで購入できる機種|2019年11月時点

  • iPhone 7、iPhone 6s
  • Libero S10
  • HUAWEI P30 lite
  • Xperia 8
  • 各種Android One(S7,S6,S5など)

一方でUQモバイルの品揃えとしては以下の通り。

UQモバイルで購入できる機種|2019年11月時点

  • iPhone 7、iPhone 6s
  • Galaxy A20
  • AQUOS sense3
  • OPPO A5 2020
  • Xperia 8
  • HUAWEI P30 lite
  • Galaxy A30
  • HUAWEI nova lite 3

ワイモバイルと候補として比べると選択肢は多めです。2019年に発売開始の新しめの機種が多いのも魅力。

どの機種も、ざっくりiPhone 6~iPhone 7に匹敵する性能があり、けっこう使える感じです。コスパの良い機種をそろえてくれています。

こうしてみていくと、スマホ機種の品揃えについてはUQモバイルの方が少し充実しています。

スマホセットで契約したい人は、このあたりもポイントとして見ていくと良いでしょう。

キャッシュバックを狙うならワイモバイル

乗り換え・新規契約時のキャッシュバックを狙うならワイモバイルがお得です。

UQモバイルもキャッシュバックがありますが、金額としてはワイモバイルの方が、かなり高めです。

乗り換え元のキャリアによっては1万円以上の差が出てきます。

▼キャッシュバック金額の比較

 キャッシュバック金額
ワイモバイル公式ドコモ、au:14,500円
ソフトバンク:なし
(端末セットのみ)
ワイモバイル代理店
ヤングモバイル
ドコモ、au:20,000円
ソフトバンク:10,000円
(端末セットのみ)
UQモバイル公式
6,000円
(SIM単体のみ)
UQモバイル代理店
リンクライフ
新規:3,000円
乗換え:6,000円
(SIM単体)

なお、UQモバイルはSIM単体が対象で、ワイモバイルは端末セットが対象です。

UQモバイルで端末セット、ワイモバイルでSIM単体の場合には、基本「キャッシュバックはなし」なので注意が必要です。

▼キャッシュバックの適用条件の違い

  • UQモバイル⇒SIMのみが対象
  • ワイモバイル⇒端末セットが対象

「どうせなら高額のキャッシュバックをゲットしたい」という人は、ワイモバイルを選ぶのが良いでしょう。

端末セットの契約は「品揃えはUQモバイル、キャッシュバックはワイモバイル」

端末セットの契約については、品揃えで選ぶならUQモバイル、キャッシュバックで選ぶならワイモバイルという感じになりそうです。

▼UQモバイル、ワイモバイルの端末セット

「品揃えが多い方がいい」⇒UQモバイル

「キャッシュバックが多い方が嬉しい」⇒ワイモバイル

品揃え的にはUQモバイルの方が少し充実しています。ぴったりの機種が見つかる可能性は高いでしょう。

一方で「スマホにこだわりがない」「ワイモバイルで気に入ったスマホがある」という人は、キャッシュバックが強いワイモバイルがおすすめですね。

もとのキャリアによっては最大2万円のキャッシュバックがゲットできます。

まとめ

「比較のまとめ」をあらためて示すと、以下の通り。

▼ワイモバイルとUQモバイルの比較

 

◆料金プラン

 ⇒UQモバイルの方が使いやすい

 

◆通信速度

 ⇒どちらもトップクラスで差がない

 

◆ショップの数

 ⇒ワイモバイルの方が圧倒的に多い

 

◆スマホ機種の品揃え

 ⇒UQモバイルの方がやや充実

 

◆キャッシュバック

 ⇒ワイモバイルの方がかなり多い

UQモバイルとワイモバイルで強みが異なります。自分に合った方を選ぶと良いでしょう。

UQモバイルがおすすめな人、ワイモバイルがおすすめな人をまとめてみると、以下のような感じです。

▼UQモバイルがおすすめな人

  • かけ放題なしで安くしたい
  • 「データ繰り越し」は欲しい

▼ワイモバイルがおすすめな人

  • ショップの数が多い方が安心
  • キャッシュバックでお得に契約したい

UQモバイルはかけ放題なし、データ繰り越しができるなどプランが使いやすいところがメリットです。

一方、ワイモバイルの大きな強みはやはりキャッシュバックです。UQモバイルより1万円以上お得になることもあります。より金額的にお得な方を選ぶならワイモバイルになるでしょう。

ぜひ参考にどちらを選ぶか検討してみて下さい。

ちなみに:契約するならオンラインがお得です

ワイモバイルを契約するなら、オンラインでの手続きがお得おすすめです。

ワイモバイルのオンラインショップは

と分かれていて、まとめると以下のキャッシュバックがもらえます。

割引などワイモバイル
(公式)
ヤングモバイル
(代理店)
【端末セット】
新規
au・ドコモからの乗り換え
14,500円20,000円
【端末セット】
ソフトバンクからの乗り換え
なし10,000円
【端末セット】
ワイモバイルから機種変更
7,200円取り扱いなし
【SIM単体】
転出元問わず
なしなし
その他事務手数料(3,000円)無料キャッシュバックの振り込みが早い

ということで、機種変更の人以外はヤングモバイルの方がお得です。

\料金プランの相談も可能/
ヤングモバイルの公式サイト
【300×250】ヤングモバイル
ヤングモバイルの解説記事で詳細を説明してます

オンライン手続きは最初抵抗はありますが、契約する窓口が違うだけでお得になるので有効活用してみてくださいね!

こんな記事もおすすめ