このサイトについて

ワイモバイルで「eSIM」を申し込む手順を解説|対象機種・対応プランも紹介

ゴリラ

ワイモバイルでもeSIMのサービスが始まったって聞いたけど、どんな感じなの?

eSIMなら、自宅に居ながらオンライン完結で、すぐにワイモバイルでの通信が始められます。

XS以降のiPhoneなどお持ちなら、eSIMの利用が可能です。

いろんなところでちょこちょこ「eSIM」を耳にするようになって、試してみようか考えていた方も多いはず。

本記事では、ワイモバイルのeSIMサービスの申し込み方法・対象機種などをまとめています。

申し込み前にサクッと目を通してみてくださいね。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、ワイモバイルのeSIMは、公式サイトから申し込み後、プロファイルをインストールして、初期設定まで済ませればすぐに利用できます。

 

最短1時間での開通も可能で、サクッと格安のワイモバイルを始められます。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

 
ワイモバイルで契約するならオンラインストアが圧倒的にお得です!

  • 事務手数料が無料(3,300円おトク!)
  • 好きな時間に契約できる!
  • 自宅にスマホやSIMが届く!

 
また、将来LINEMOへの乗り換えを考えている人も、いったんはワイモバイルで契約して、お得にスマホを買っておくのもいいと思います!
 
関連記事:【お得ワザ】LINEMO(ラインモ)への乗り換えはあり?ケース別の考え方をまとめました。
 

手数料も送料も無料です

 

そもそも「eSIM」って何?

ゴリラ

そもそも「eSIM」って何?便利なの?

eSIM」は、スマホの本体にあらかじめ埋め込まれた本体一体型の「SIM」のことです。

「SIM」は、契約先のキャリアの通信・通話を使うために必要となる身分証のようなものです。

通常はスマホに小さいカード(SIMカード)を挿し込みます。

これまでオンラインでの申し込みだと、SIMカードの郵送が必要なため、即日での開通はできませんでした。

一方でeSIMであれば、公式サイトの申し込み後に、「eSIMの書き換え」「初期設定」をすれば、最短即日でワイモバイルが使えます。

iPhoneだと、XS以降の機種がeSIMに対応しています。

まとめ

通信・通話を使うために「SIM」が必要。eSIMなら本体内蔵なので、情報の書き換えのみでOK。

  • SIMカード(従来タイプ)
    ⇒本体に挿し込んで使う。自宅で郵送で受け取る
  • eSIM(NEW)
    ⇒本体にあらかじめ入ってる。書き換えのみでOK

eSIMの申し込み方法

eSIMの申し込みはワイモバイル公式サイトから可能です。

手順として以下の3ステップです。

eSIMでの申し込み方法
  1. 公式サイトから申し込み(スマホから申し込む
  2. eSIMプロファイルのダウンロード
  3. APN設定

それぞれ見ていきましょう。

公式サイトから申し込み(スマホから申し込む)

まずは、ワイモバイル公式サイトのeSIMのページから申し込みを開始しましょう。

料金プラン、オプション、契約種別など選択していきます。

手続きの中で、スマホのカメラで「本人確認書類」「顔写真・動画」を撮影します。

本人確認書類は以下が利用可能です。

eSIMの本人確認で利用できる書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 在留カード(一般永住)
  • 特別永住者証明書

画面の指示に従って手続きを完了させましょう。

パソコンやタブレットからは申し込みできない

パソコンやタブレットからは、eSIMの申し込みはできません。必ず、スマホから申し込みを行いましょう。

▼タブレット・パソコンだと、途中で下記が表示され、先に進めなくなります。

eSIMプロファイルのダウンロード

続いてeSIMプロファイルのダウンロードです。

※eSIMを使うスマホのカメラで、表示されたQRコードを読み取る必要があるため、別端末から手続きを進めましょう

公式サイトでの申し込みが完了すると、ワイモバイルから、eSIMプロファイルダウンロードのためのメールが届きます。

記載のURLにアクセスし、申し込み時に登録した電話番号を入力すると、メールまたは電話で認証コードが届きます。

認証コードを手続きサイトで入力すると、eSIMプロファイルダウンロードのためのQRコードが表示されます。

eSIMを使うスマホのカメラで、表示されたQRコードを読み取りましょう。

APN設定

最後にAPN設定です。

iPhoneとAndroidでAPN設定の方法が異なります。

下記のリンクからそれぞれの説明へジャンプできます。

iPhoneのAPN設定

ワイモバイルで購入した iPhone 12・12 miniでは、構成プロファイルをインストールすることで、ワイモバイルで通信するための設定(APN設定)が完了します。

構成プロファイルのインストールはこちら(公式)

それ以外の端末は、iOS14.5以降にアップデートすることで、APN設定は不要になります。

iOSのアップデート方法

「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」から可能

OSを最新のバージョンに更新しても通信ができない場合は、キャリア設定のアップデートを試してみましょう。

キャリア設定をアップデートする方法

「設定」>「一般」>「情報」>「キャリア設定アップデート」から可能

以上でeSIMの申し込み・設定は完了です。お疲れ様でした。

AndroidのAPN設定

Androidについては、「設定」からAPNの登録をします。

AndroidのAPN設定の手順

※機種によって細かい表記の文言は異なります

  1. 「無線とネットワーク」>「モバイルネットワーク」
  2. 「アクセスポイント名」を選択
  3. 「新しいAPN」として下記のAPNの情報を登録

 

▼APN情報

 入力する情報
名前Y!mobile APN
APNplus.acs.jp
ユーザー名ym
パスワードym
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP
MMSChttp://mms-s
MMSプロキシandmms.plusacs.ne.jp
MMSポート8080
APNタイプdefault,mms,supl,hipri

機種によっては、APNが端末に保存されているものもあります。その場合は、一覧からワイモバイルを選びましょう。

APN設定が済んだらブラウザを開き、インターネットに接続できるかを確認してみましょう。

以上でeSIMの申し込み・設定は完了です。お疲れ様でした。

eSIM対象機種|iPhone・Google Pixelなど

eSIMの対象機種についてもチェックしておきましょう。

2021年4月現在、ワイモバイルで公式に「動作確認済み機種一覧」として公表されているのは以下です。

eSIMの動作が確認されている機種
  • iPhone(XS以降)
  • iPad(Air(第3世代)以降)
  • Google Pixel(4以降)
  • その他の一部のSIMフリースマホ

上記以外のeSIM搭載スマホも、ワイモバイルで通信できる可能性はありますが、あくまで自己責任という形になります。

iPhoneGoogle Pixelについては音声通話、SMS、データ通信、テザリング、5Gの全てが確認済です。

iPadもデータ通信、テザリングのいずれも確認済です。

その他の一部のSIMフリースマホについては、機種によっては、音声通話、データ通信などの全てが可能なわけではないので、この点は注意してください。

  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPad Air (第4世代)
  • iPad (第8世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 11インチiPad Pro
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • Google Pixel 5
  • Google Pixel 4a (5G)
  • Google Pixel 4a
  • Google Pixel 4 XL
  • Google Pixel 4

音声通話、データ通信などの全てが可能なわけではないので、対象機種をお持ちの方もeSIMのページから事前に情報の確認をお願いします。

  • AQUOS sense4 lite
  • HUAWEI P40 Pro 5G
  • OPPO A73
  • Rakuten BIG
  • Rakuten Hand
  • Rakuten mini

eSIMで選べるプラン|月額2,178円~

eSIMのプランは「シンプルS/M/L」です。通常のSIMカードと同じワイモバイルのメインプランが選べます。

▼eSIMで選べるプラン「シンプルS/M/L」

 シンプルSシンプルMシンプルL
月額料金2,178円3,278円4,158円
家族割適用時
2回線目〜
990円2,090円2,970円
データ容量3GB15GB25GB
制限時最大300Kbps最大1Mbps
回線4G/5G
通話22円/30秒(無料通話なし)

3GBのプランなら、月額2,178円で利用可能です。大手キャリアに比べるとやはり価格は抑えられます。

さらに家族割がつくと月額990円~となります。ワイモバイルの家族割引は1,188円割引と格安SIMやサブブランドの中ではとくに強力ですね。

節約のためにeSIMで、サクッとワイモバイルを試してみるのは手軽でおすすめですね。

まとめ

eSIMを利用すれば、ワイモバイルでも最短1時間での開通が可能です。

公式サイトから申し込み後、eSIMプロファイルをインストールして、初期設定まで済ませればすぐに利用を開始できます。

大手キャリからワイモバイルに乗り換えれば、スマホ代を大幅に削れる可能性大です。

ぜひ手軽に使えるeSIMを利用して、ワイモバイルでの節約を実践してみてくださいね。

ちなみに:契約するならオンラインストアがめっちゃお得です

ワイモバイルを契約するなら、オンラインでの手続きがおすすめです。

  • 事務手数料が無料(3,300円おトク!)
  • 機種代の割引がある(最大18,000円!)
  • 好きな時間に契約できる
  • 自宅にスマホやSIMが届く

オンラインショップは、ワイモバイル公式オンラインストアヤフー店(代理店)の2種類があって、ちょっと複雑なんですが、

  • 機種変更→どっちでもほとんど変わらない
  • 新規・乗り換え(スマホを買う)→どっちでもほとんど変わらない
  • 新規・乗り換え(SIMだけ)→シンプルLを契約するならヤフー店(5の付く日・日曜日)

ざっくり、こんな感じです(ぶっちゃけ最近は、どっちでもあんまり変わらないくらい条件良きです^^)。

もっと詳しく知りたい人は、以下をご参考に。

↓左右にスクロールできます!

契約ワイモバイル
(公式)
ヤフー店
(代理店)
機種変更機種によって
端末割引あり
3,300円
端末セット新規最大18,000円
の端末割引
最大5,555円

端末割引あり
乗り換えau
ドコモ
楽天から
ソフトバンクから最大5,555円
SIMのみ新規ML:5,000円M:5,000円
L:7,000円
乗り換えau
ドコモ
楽天から
ソフトバンクから
事務手数料無料
さらにプラスで…↓↓
どこでももらえる特典3,000円相当
※PayPay

また、どちらで契約する場合も、どこでももらえる特典というクーポン(ヤフー店が発行)があるので、必ず使うようにしましょう!

手数料も送料も無料です

 

SIMのみなら最大10,000円キャッシュバック

 


もっともお得に契約する条件は解説記事で説明してます

こんな記事もおすすめ

81