このサイトについて

ワイモバイルのキャッシュバックを取りこぼしなく貰う方法を解説|公式1.4万円、代理店で最大2万円

ゴリラ

ワイモバイルって今だとキャッシュバックってやってる?

どうやって申し込みしたらもらえるの?

という人向けの記事です。

ワイモバイルでは現在、キャッシュバックを実施中です。

以下の通り、公式ストア、代理店サイトそれぞれでキャッシュバックを行っています。

▼現在実施中のキャッシュバック

 

◆公式オンラインストア

最大1.4万円キャッシュバック(端末代割引)

 

◆ワイモバイル正規代理店(ヤングモバイル)

最大2万円キャッシュバック

申し込み方法としては、基本的に公式オンラインストア、代理店の各サイトから申し込みを進めていけばOKです。せっかくなのでぜひゲットしましょう。

しかしいざ申し込みとなると、キャッシュバックの内容や、申し込み方法については詳しくチェックしておきたいところだと思います。

そこで本記事では、

  • 公式・代理店のキャッシュバックの内容
  • キャッシュバックで申し込みする方法

を分かりやすく解説していきます。

よりお得な方法で、とりこぼしなくキャッシュバックで申し込みする方法を見ていきましょう。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

\料金プランの相談も可能/

【300×250】ヤングモバイル
ヤングモバイルの解説記事で詳細を説明してます

キャッシュバック金額は、公式で1.4万円、代理店で最大2万円

ワイモバイルでは現在、公式オンラインストア、ワイモバイル正規代理店(ヤングモバイル)のそれぞれでキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

それぞれのキャッシュバック金額としては、以下の通り。

▼公式・代理店のキャッシュバック

割引などワイモバイル
(公式)
ヤングモバイル
(代理店)
【端末セット】
新規
au・ドコモからの乗り換え
14,500円15,000円
【端末セット】
ソフトバンクからの乗り換え
なし10,000円
【端末セット】
ワイモバイルから機種変更
7,200円取り扱いなし
【SIM単体】
au・ドコモからの乗り換え
なし5,000円
【SIM単体】
ソフトバンクからの乗り換え
なし2,000円
その他事務手数料(3,000円)無料キャッシュバックの振り込みが早い

どちらも端末セットが対象。SIM単体は対象外です。

金額的には、代理店の方がかなりお得ですね。

代理店を選ぶことで、公式より、5,000円~10,000円ほど多めにキャッシュバックがもらえます。

それぞれのメリットをまとめてい見ると以下の通り。

▼キャッシュバックのメリット比較|公式 vs 代理店

ワイモバイル
(公式)
ヤングモバイル
(代理店)
手続きが少し楽
機種変更でもキャッシュバック
キャッシュバックが多い
(+5,000円~10,000円)

新規契約・乗り換えでキャッシュバックを狙っているなら、基本的には代理店からの申し込みがおすすめですね。

代理店というと聞きなれないですが、ワイモバイルに申し込む点では、街中にある「ワイモバイルショップ」と同じです。

直営ではないという点で、家電量販店からの申し込みに近いイメージです。

より高額のキャッシュバックを狙うなら、公式と合わせて代理店のキャッシュバックもチェックしておくと良いでしょう。

ワイモバイルは他よりもキャッシュバックは多め

ワイモバイルのキャッシュバックは、他のキャッシュバックありの格安SIMと比べても、金額が大きめです。

キャッシュバックありの格安SIMとして有名どころとなると、ワイモバイルのほか、UQモバイルが挙げられます。

2社で比べると乗り換え元によっては、最大で1万円以上の差額があります。

▼キャッシュバック金額の比較

 キャッシュバック
ワイモバイル公式・最大18,000円(端末セット)
・6,000円(SIMのみ)
ワイモバイル代理店
ヤングモバイル
・最大15,000円+
3,000円(端末セット)
・最大10,000円(SIMのみ)
UQモバイル公式
最大10,000円
(SIMのみ)
UQモバイル代理店
リンクライフ

UQモバイルも、以前は最大13,000円の高額キャッシュバックを実施していましたが、いまは公式、代理店ともに5,000円~6,000円ほどとなっています。

▼UQモバイル公式オンラインストアのキャッシュバック

いま高額キャッシュバックを狙うのであれば、ワイモバイルがおすすめですね。

公式キャッシュバックは「オンラインストア」から普通に申し込めばOK

公式オンラインストアのキャッシュバックは、特別な手続きは不要で、ふつうに申し込みすれば適用されます。

この手のキャッシュバックは、「キャンペーン専用ページからの申し込みが必須」というのも多いですが、ワイモバイルでは、公式サイトからふつうに申し込めばOKです。

新規・乗り換えなら、どの人も、キャッシュバック(機種代金の割引)が適用されます。

▼ワイモバイルオンラインストアのキャッシュバック

ワイモバイルの申し込み手順は、ざっくり以下の通り。

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 自宅にSIMカードとスマホが届く
  3. 初期設定(APN設定、回線切替)

乗り換えの場合には、事前に以下の準備が必要です。

  • MNP予約番号の取得、
  • 持ち込みするスマホのSIMロックの解除

MNP予約番号は電話番号そのままに乗り換えするために。必要となる番号です。申し込み時に入力が必要です。

またSIMロック解除も事前にしておきましょう。SIMロックの解除は各社のマイページ(My docomo、My au、My SoftBank)から可能です。手数料は無料です。

このあたりを事前に準備したうえで、公式サイトから申し込みを開始しましょう。

表示価格はキャッシュバック込みの価格

ワイモバイルのオンラインストアの端末価格はすべてキャッシュバック(機種代金の割引)込みの価格です。

オンラインストアをよく読むと、たしかに「表示される端末価格は値引き後の価格」と書いてあります。

表示の価格からさらにキャッシュバック分の割引があるわけではないので注意が必要です。

代理店キャッシュバックは「ヤングモバイル」から申し込みすればOK

正規代理店からの申し込み方法は、「ヤングモバイル」公式サイトから順に申し込みを進めていけばOKです。

基本的な流れは、以下の通り。

▼ヤングモバイルからの申し込みの流れ

まずは、ヤングモバイル公式ページに進み、「お問い合わせ・お申込み」から申し込みを開始しましょう。

申し込み内容を送信すると、入力したメールアドレス宛にヤングモバイルからメールが届きます。

「ヤングモバイルから申し込みをしたい」という旨を返信し、手続きを進めていきましょう。

代理店契約は、書類の郵送が必要なのが少し手間ですが、公式の+5,000円~+10,000円ほどのキャッシュバックがあるのが魅力です。やってみる価値は十分にあります。

よりお得に乗り換えしたい人はトライしてみると良いでしょう。

関連記事:【評判◯】ヤングモバイルって本当に利用しても大丈夫?|キャッシュバック・申し込み方法を紹介

キャッシュバックは最短2週間で振込み

ヤングモバイルのキャッシュバックは最短2週間で受け取りできます。

ヤングモバイルのキャッシュバックの振込日

  • 1日~15日に契約完了⇒当月末日に振込み
  • 16日~31日に契約完了⇒翌月15日に振込み

※キャッシュバックの支払い期日が金融機関休業日の場合、その前営業日に振込み

スマホ契約やネット回線のキャッシュバックとなると、貰えるのが半年後ということがけっこうあります。

「半年後に届くメールから受け取り用の口座の登録が必要で、登録を忘れるとキャッシュバックが無効になる」というタイプのキャッシュバックもよくあります。

もらい損ねた経験がある人も少なくないはず。

ヤングモバイルについては、最短2週間で振込みされるので、このあたりは安心ですね。確実に最大2万円のキャッシュバックをゲットしましょう。

キャッシュバックの適用条件

ヤングモバイルの、キャッシュバックの適用条件は以下の通り。

▼現金キャッシュバックキャンペーン適用条件

  • スマホセットの契約で申し込み(SIM単体の契約は対象外)
  • 申し込み当月中に利用開始
  • au、ドコモ、ソフトバンク、MVNOから乗り換え or 新規契約
  • スマホベーシックプランRで利用を開始する

「スマホベーシックプランR」での契約が条件となっています。「R」はデータ容量が一番大きいプランです。

▼ワイモバイルの料金プラン

SMRシンプル20
2,680円3,680円4,680円4,480円
3GB10GB14GB20GB
国内無料通話
(1回10分以内)

ちなみに1か月間は「スマホベーシックプランR」を利用すれば、その後はプラン変更してもキャッシュバックが受け取れるようです。

以下、ヤングモバイルからのメールの、キャッシュバック条件の部分の引用です。

2019年10月の法改正により、キャッシュバック等の還元の利用期間を縛ることができないのですが、1ヵ月後にプランRを利用頂いていることでYモバイルから販売店にお金が入り、そのお金をキャッシュバックにて還元しております。1ヶ月はプランRでご利用頂けますと幸いです

キャッシュバックされる理由はキャリアからの報奨金

代理店からの申し込みに興味はあるけど、公式よりお得なだけに、逆にあやしくと感じる人もいるかもしれません。

そこで、代理店のキャッシュバックの仕組みを少し見ておきましょう。

スマホの契約で代理店から申し込みをすると、高額のキャッシュバックがもらえる理由は、キャリアからの報奨金(インセンティブ)です。

スマホ契約のWEB代理店は、乗り換えや新規契約の件数に応じて、契約先のキャリアから報奨として報奨金を受け取ります。

この報奨金の一部を、キャッシュバックとしてユーザーに還元しているわけです。

ヤングモバイルも、ワイモバイルからの支援金の一部をキャッシュバックとしてユーザーに還元していると考えられます。

発送は公式より少しだけ遅い

発送については代理店の方がやや時間がかかります。

公式オンラインストアでは、17時までに不備なく本人確認書類を受領した場合、最短翌日発送・翌々日到着で発送されます。

一方、代理店(ワイモバイル)では、商品の発送は申込みしてから4日~7日ほどとなります。

もしキャッシュバックの金額はやや減りますが、とにかく急ぎであるなら公式オンラインストアから申し込みをすると良いでしょう。

まとめ:より高額なキャッシュバックを狙うなら代理店がおすすめ

公式、代理店それぞれのキャッシュバックを解説しました。

より高額なキャッシュバックを狙うなら、代理店契約がおすすめです。

書類の郵送など少し手続きが増える点がデメリットですが、それだけの違いで、キャッシュバックが5,000円~10,000円アップするのはやはり魅力です。

ただし、「少しでも面倒なく申し込みしたい」という人は公式オンラインストアがおすすめです。発送も代理店よりは少し早めです。

より高額のキャッシュバックを狙うなら代理店、少しでも楽に申し込むなら公式オンラインストアをそれぞれ検討してみると良いでしょう。

少しでも楽に申し込みしたい⇒公式オンラインストア

高額のキャッシュバックを狙いたい⇒ヤングモバイル

ちなみに:契約するならオンラインがお得です

ワイモバイルを契約するなら、オンラインでの手続きがおすすめです。

ワイモバイルのオンラインショップは

と分かれていて、まとめると以下のキャッシュバックがもらえます。

↓スマホは左右にスクロールできます!

割引などワイモバイル
(公式)
ヤフーモバイル
(代理店)
ヤングモバイル
(代理店)
【機種変更】最大3,300円
【新規・乗り換え(端末あり)】
(au・ドコモ・楽天から)
最大18,000円
※端末割引
最大5,555円
(別に最大15,840円
の端末割引あり)
最大18,000円
【新規・乗り換え(SIMのみ)】
(au・ドコモ・楽天から)
6,000円相当
※PayPay
3,300〜
11,000円相当

※PayPay
最大10,000円
【乗り換え(端末あり)】
(ソフトバンクから)
最大5,555円
最大10,000円
【乗り換え(SIMのみ)】
(ソフトバンクから)
3,000円
どこでももらえる特典3,000円相当
※PayPay
事務手数料無料3,300円3,300円

 
ということで、事務手数料まで含めて考えると、

  1. 機種変更→ワイモバイル(公式)・ヤフーモバイル(代理店)
    ※機種によってお得な方が変わります
  2. 新規・乗り換えでSIMのみヤフーモバイル(代理店)
  3. 新規・乗り換えでセットスマホを買う→ヤングモバイル(代理店)
    ※一部の機種はワイモバイル(公式)の方が安くなる場合もあり
  4. ソフトバンクからの乗り換えでSIMのみ→ワイモバイル(公式)

最もお得に契約できます。

\料金プランの相談も可能/

 

【300×250】ヤングモバイル
ヤングモバイルの解説記事で詳細を説明してます

 
新規・乗り換えの場合、15,000円(通常キャッシュバック)+3,000円(生活応援キャンペーン)を行っているヤングモバイルが、最もお得に契約できます!
※一部の機種はワイモバイル(公式)の方が安くなる場合もあり

【上記特典にプラスで3000円】

ワイモバイル契約者全員にPayPayの3,000円相当のポイントがもらえるどこでももらえる特典というキャンペーンも開催中です。

オンライン手続きは最初抵抗はありますが、契約する窓口が違うだけでお得になるので有効活用してみてくださいね!

こんな記事もおすすめ

273