ワイモバイルでiPhone6sが540円で販売中!今あえてiPhone6sを使うメリットなど紹介

ワイモバイルでiPhone6sが540円から購入可能となっています。

「スマホはそれなりに使えれば十分!」という人には、ワイモバイルの月額1980円端末代540円のiPhone6sはこれ以上なくお得な組み合わせです。

ワイモバイルなら、月額料金も大幅に下がるし、しかもiPhoneが手に入るとあって気になっていた方も多いのではないでしょうか。

しかし一方で、いざ乗り換えや購入となると

「本当に540円で購入できるの?条件はある?」
「今、iPhone6sを使うのって実際どうなの?」

といったあたりは気になるところだと思います。

そこで本記事では、

  • ワイモバイルのiPhone6sの料金の詳細
  • 今あえてiPhone6sを使うメリット
  • 他社メルカリとiPhone6sの料金を比較

などについて詳しく解説します。

今回のワイモバイルのキャンペーンはiPhone6sが欲しいなら必見のものです。料金から順にチェックしていきましょう。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

\ 今なら5周年キャンペーンも!! /
ワイモバイル公式サイトを確認する

iPhone6sが今なら540円で購入可能

ワイモバイルでは32GBのiPhone6sが540円で購入可能です。

ワイモバイルでのiPhone6sの販売価格(税込)

32GB:540円

128GB:13,500円

対象は「新規契約」と「他社からの乗り換え」で、一括払いと分割払いどちらも可となっています。

今回のキャンペーンでは、機種変更は対象外で通常の販売価格となります。

機種変更でのiPhone6sの販売価格(税込)

32GB:32,292円

128GB:45252円

比べると、新規・乗り換えの540円がいかにお得かわかりますね。

月額料金も最安1,980円~

また、ワイモバイルでは月額料金の安さも大きな魅力です。ワイモバイルの料金プランは以下の通り。

▼ワイモバイルの料金プラン

ネット回線とのセット割(おうち割光セット)なしの場合ですと、月額1,980円からプランを契約することができます。どのプランにも10分までのかけ放題が付いているのもポイントですね。

大手キャリアから乗り換えすれば、月々のスマホ代の支払いは大幅に節約できるはずです。

分割払いも一括払いも540円で購入可能

分割払い、一括払いどちらを選んでも、実質の機種代金はどちらも540円で購入可能です。

分割払いの場合には頭金540円を支払った後は、月々の機種代金が全額割引になります。

つまり頭金の540円のみでiPhone6sを購入することができます。

▼分割払いの場合の月々の支払い

一方、一括払いの場合は、初めに機種代金32292円(税込)を支払い、そのあとは分割払いと同じ額の割引が適用されます。

実質的な支払い額は分割払いと同じ540円となります。

なお一括払いでは、分割払いとは異なり、月々の機種代金の支払いがないので、月々の支払いは815円となります。

▼一括払いの場合の月々の支払い

128GBも13500円で購入可能

540円で購入できるのは32GBの方のiPhone6sとなりますが、128GBも32GBと同自金額の割引が適用されます。

そのため、128GBも13,500円の格安価格で購入することができます。

128GBの方も「新規契約」または「乗換え」が割引の条件で、分割払い、一括払いどちらも可能となっています。

「32GBだと容量がちょっと足りないかな」という方は大容量の128GBの方を検討してみると良いでしょう。

今あえてiPhone6sを使うメリット

iPhone6sは2019年現在でも、3万円~5万円あたりのいわゆる格安スマホと比べると、かなり性能は高めです。

iPhone6sは、発売当時、画期的で超ハイスペックな機種だった機種だっただけに、今でも同じ価格帯のスマホと比べると、かなり優秀なスペックを持っています。

型落ちとなったiPhone6sを今あえて使うメリットは以下の4つです。

  • まだまだ優秀な処理性能
  • サイズがコンパクト
  • イヤホンジャックやホームボタンがある
  • 最新のiPhoneと比べると断然安い

それぞれ見ていきましょう。

まだまだ優秀な処理性能

iPhone6sは今でも処理性能はそこそこ高めで、最新ゲームをプレイすることも可能なレベルとなっています。

スマホの処理性能を示すAntutuスコアは15万点ほどで、これは3~5万円当たりの価格帯のスマホとしてはかなり高めです。

ちなみに3~5万円あたりの最新の格安スマホのスコアを見てみると以下の通りです。

▼Xperia Ace(ドコモ)

価格:48,600円(税込)

スコア:9万点弱

▼Galaxy A30(au)

価格:43,200円(税込)

スコア:10万点強

安いスマホが欲しいけど、最新ゲームもプレイしたいという方にはiPhone6sはおすすめですね。

ゴリラ

スコアとかはよくわからないけど、とにかく処理速度は普通に優秀ということだね!

サイズがコンパクト

最新の機種と比べるとサイズがコンパクトなのも魅力の一つです。

今のスマホは6インチ以上の大画面ディスプレイで、サイズも大きめにするのがトレンドですが、手軽に扱える小さめサイズのスマホが好きいう方も実はたくさんいるかと思います。

大きめのスマホは「画面が見やすい」「広い範囲を一度に見れる」といった利点がある反面、「片手では操作しづらい」「ポケットに収まらない」などのデメリットがあります。

そんな中、iPhone6sは4.7インチで、軽量・コンパクトな扱いやすいサイズ感です。

片手で簡単に扱えて、ポケットにすっぽり収まる手軽さは最新のスマホにはない魅力と言えます。

イヤホンジャックやホームボタンがある

iPhone6sが少し古めの機種とあって、イヤホンジャックやホームボタンが使えるのもポイントですね。

iPhoneでは、iPhone7以降でイヤホンジャックが廃止され、iPhone8以降でホームボタンもなくなりました。

イヤホンジャックやホームボタンで少しアナログな方が使いやすいという方にはちょっと残念なアップデートとなっていますね。

iPhone6sであればイヤホンジャックもホームボタンも両方あります。このあたりの機能は残っていてほしいという人は、新しめの機種ではなく、iPhone6sを選ぶのもアリでしょう。

最新のiPhoneと比べると断然安い

AndroidよりもiPhone派だけど、最新のiPhoneはとにかく高いと感じている方は、今あえてiPhone6sを選ぶのも選択肢の一つです。

iPhoneの最新機種となると今では10万円を超えていて、ちょっとしたパソコンを買うぐらいの金額になっています。

iPhoneを使いたいけど、最新で超ハイスペックな機種が欲しいわけではないという方も実は多いかと思います。

540円からiPhoneが買えるというのであれば、最新機種ではなくあえてiPhone6sを選ぶのも候補の一つとして考えてもよさそうですね。

他社やメルカリとiPhone6sの料金を比較

ゴリラ

ワイモバイル以外でも、他の格安SIMや、大手キャリア、あるいはメルカリや中古ショップなどでも、かなり安い価格でiPhone6sが購入できるのでは?

と考えている方も多いと思います。

たしかに他のところでもiPhone6sはかなり安い価格で購入できるようになってきていますが、540円ほどの価格で購入できるところは、現状ワイモバイルのみとなっています。

他社やメルカリなどでのiPhone6sの販売価格についてもチェックしていきましょう。

UQモバイルでは10476円で購入可能

UQモバイルからもiPhone6sが販売されています。

UQモバイルでのiPhone6sの機種代金は以下の通り。ワイモバイルと同様に分割でも一括でも実質の機種代金は変わりません。

▼UQモバイルでiPhone6sを購入した時の機種代金(税込)

32GB:10476円

128GB:23436円

UQモバイルもiPhone6sが1万円強で買えるとなるとかなり安いですが、それでもワイモバイルの方が断然お得です。

ちなみに、UQモバイルとワイモバイルだと、プランも同じぐらいの金額と内容になります。

▼UQモバイルの料金プラン

▼ワイモバイルの料金プラン

プランが同じでiPhoneはワイモバイルの方が安いので、iPhone6sを購入しつつ、格安SIMへ乗り換えを考えているならワイモバイルを選ぶのが良さそうですね。

楽天モバイルは販売終了

楽天モバイルでは以前はiPhone6sの取り扱いがありましたが、現在は販売なしとなっています。

楽天モバイルで購入できるiPhoneは「iPhoneSE」のみとなっています。

マイネオ、LINEモバイルは値引きなし

マイネオ、LINEモバイルでiPhone 6sの取り扱いがあります。

ただし値引きなしの価格設定となっていてかなり高額です。

マイネオやLINEモバイルへの乗り換えで節約を考えているのであれば、別の機種を購入するか、機種を持ち込みするかを考えた方が良いでしょう。

マイネオ、LINEモバイルのiPhone6sの販売価格(税込)

▼マイネオ

iPhone6s(64GB):64,152円

 

▼LINEモバイル

iPhone6s(32GB):36,504円

iPhone6s(128GB):47,304円

キャリアではドコモオンラインショップのみ販売中

ドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアのオンラインショップでは、ドコモオンラインショップのみ取扱いがあります

マイネオ、LINEモバイルのiPhone6sの販売価格(税込)

▼ドコモ

iPhone6s(32GB):42,768 円

 

▼au

販売終了

 

▼ソフトバンク

販売終了

au、ソフトバンクでも実店舗であれば、在庫がある可能性もありますが、安く買えるわけではないので、探してまで買う意味はないでしょう。

キャリアで買うなら新しめのiPhoneを購入する方が良さそうですね。

メルカリや中古ショップと比較

「今らなメルカリや中古ショップでも、iPhone6sがかなり安く買えるのでは?」と考えている人もいるかもしれません。

実際どれくらいの価格で売られているのか見ていきましょう。

2019年8月現在で、メルカリで「iPhone6s 32GB、新品」で購入された出品を新しい順に並べると以下ようになりました。

メルカリのiPhone6s 32GBの売り切れ商品の価格

▼iPhone6s シルバー(SIMロック解除済)

24,000円

 

▼iPhone6s ローズゴールド(SIMロック解除済)

23,000円

 

▼iPhone6s ローズゴールド(SIMロック解除済)

25,000円

 

▼iPhone6s 32GB シルバー(SIMロック解除済)

19,000円

19,000円~25,000円といったあたりの価格帯で取引されていますね。たしかにかなり安くなっていますが、それでも2万円前後の価格は維持しています。

一方、中古ショップだと料金は以下の通り。

中古ショップでのiPhone6sの料金の一例

じゃんぱら

iPhone 6s 32GB ゴールド【SIMロック解除済】新品28,800円(税込)

 

イオシス

iPhone6s 64GB ローズゴールド 【香港版 SIMフリー】中古品Bランク19,800円(税込)

iPhone6sも発売からかなり日が経っているので、中古ショップでも在庫が少なくなっている印象です。価格も2万円~3万円ほどです。

ワイモバイルの価格は540円なので、もちろんメルカリや中古で購入するよりも断然安くなります。

価格比較の結論:他社やメルカリよりも断然安い

調べた範囲ではiPhone6sの料金はざっと以下のような感じになります。

iPhone6sの料金ランキング

1位 ワイモバイル:540円

2位 UQモバイル:10476円

3位 メルカリ:19,000円~25,000円ほど

540円となると、最安になるのは当然ですが、同じような価格で購入できる格安SIMやキャリアは現状ほかにはないことが分かりました。

とくに格安SIMへの乗り換えと同時にiPhone6sを手に入れたいという人は、ワイモバイル一択ですね。

キャリアからワイモバイルへの乗り換えで4000円以上の節約も可能

iPhone6sを540円で購入するには、新規契約または乗換えが必須条件となります。

現在スマホをキャリアなどで契約している人がほとんどで、実質的には「乗り換え」で540円の購入を狙う方が多いと思います。

キャリアからワイモバイルへの乗り換えでどれくらい料金が安くなるかを試算してみましょう。

例えばソフトバンクの料金と比較すると、以下の通り。

ソフトバンク ミニモンスター:月額6,458円(税込)

※1年おトク割適用終了後で2GB以内を使用した場合の料金

 

ワイモバイル Sプラン:月額2138円(税込)

iPhone6sが安く購入できるだけでなく、月々の支払いも4000円以上お得になります

iPhone6sの購入と合わせて、月々のスマホ代も見直したいという人はワイモバイルへの乗り換えを検討してみるとよいでしょう。

まとめ

ワイモバイルのiPhone6sの料金や、iPhone6sを使うメリットなどにについて解説しました。

iPhone6sは今でも格安の機種と比べるとかなり優秀な性能を持ったスマホです。スマホは格安の機種でも十分と考えている人なら、今からiPhone6sを選ぶのも良い選択のひとつです。

ワイモバイルに乗り換えとともに購入すれば、540円でiPhone6sが入手できます。月額料金も大手キャリアから乗り換えればかなり節約できるはずです。

iPhone6sを買うなら合わせてワイモバイルへの乗り換えを検討してみると良いですね。

\ 今なら5周年キャンペーンも!! /
ワイモバイル公式サイトを確認する