このサイトについて

UQモバイル「Xperia 8 Lite」は安いけどコスパは微妙かも?|デメリット・ユーザーの不満もチェック

ゴリラ

UQモバイルでXperia 8 Liteってスマホが発売されるね!安くて気になってるんだけど、どうなんだろう?

2020年12月11日にUQモバイルから「Xperia 8 Lite」が発売されます。

前年に発売したXpria 8と同スペックのモデルで、価格は2万円ほど安くなっています。

Xperiaのそこそこのスペックの機種が3万円前後で買える」ということで気になっていた人も多いはず。

ただ、このXperia 8 Liteですが、スペック一つずつ見ていくと「コスパは微妙かも…」というのが正直な印象です。すみません。

価格に対してスペックが見合わないところがいくつかあります。このあたりは、購入前にチェックしておきたいところ。

そこで本記事では、デメリットネガティブな評判にも触れながら、Xperia 8 Liteの特徴を詳しく解説していきます。

購入後に後悔のないように、Xperia 8の良い点・悪い点をチェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Xperia 8 Liteは、価格は安くなったけど、スペックは普段使いでも少し不便なレベル。

 

「デザインが好み」「とにかく安くXperiaが欲しい」という人以外は、他機種を含めて要検討です。

このスマホの評価
価格
(3.0)
スペック
(2.5)
カメラ
(3.0)
縦長ディスプレイの便利さ
(4.0)
総合評価
(3.0)

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

 

UQモバイルで契約するなら、オンラインショップがおすすめです。

 

オンラインショップからSIMのみで契約すると、

  • 乗り換え…10,000円キャッシュバック
  • 新規…3,000円キャッシュバック

がもらえます!

 

\速度は格安SIMトップレベル/

 

\学生も家族も最大20,856円割引/

 

5月末まで受付してるUQモバイルの学割が地味にめっちゃオトクです。

 

くりこしプランM・Lなら1,738円×12ヶ月も割引を受けられます(合計20,856円!15GBのMプランが1年間990円!)。

 

さらに、UQモバイルは学生の家族も学割を受けられます。これを機に、1年だけでも家族でUQモバイルを使っていいレベルかと!

 

関連:【2021】UQ学割は家族で契約がかなりおトク!そろって乗り換えもアリ

安くなったけどコスパは良くない

基本スペックは以下の通り。

スペックは「必要十分でコスパの良いミドルレンジというよりはスペック低めのエントリーモデルという感じです。

▼Xperia 8 Liteのスペック

 Xperia 8 LiteXperia 8
メーカーSony Mobile Communications
サイズ約W69×H158×D8.1mm(最厚部 9.7mm)
重量約170g
バッテリー容量2,870mAh2,760mAh
RAM4GB
ROM64GB
ディスプレイ約6.0インチ
液晶トリルミナスディスプレイ for mobile
OSAndroid™ 9 Pie
CPUSnapdragon 630
メインカメラ約1,200万画素
+約800万画素
サブカメラ約800万画素
ハイレゾDSEE HXは非対応対応
(DSEE HX、LDAC)
カラーブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
オレンジ
ブルー

スペックはXperia 8とほぼ同じ

スペックはXperia 8から、ほぼ変更なしです。

1年前の時点でスペックが低めだった「Xperia 8」から、スペックの向上がないのは実用的に少しキツいかも。

ちなみにバッテリーはソニーモバイル公式サイトによると「表記基準の見直しを行っていて、Xperia 8と同じバッテリーを使⽤している」とのこと。

なので、変更点としてはハイレゾが一部対応しなくなったという点だけです。

とくにCPUが物足りなすぎる

スペックを見ていくと、とくに微妙なのがCPUです。

「Snapdragon 630」は最近のスマホとしては最低限のスペックです。

とくに2020年は、ゲームもバリバリこなして価格も4~6万円というスマホが増えたので、Xperia 8 Liteは安いとはいえ、かなり物足りないと感じてしまいます。

スペック全体としては、Xperiaを求めている人にも、中華スマホのようなコスパを求めている人にも、少しおすすめしにくい端末となっています。

Xperia 8 Liteの特徴をさらに詳しく見ていきましょう。

カメラはデュアルレンズ|撮影性能はそこそこ

カメラは1,200万画素の標準カメラに、800万画素の望遠カメラを加えたデュアルレンズカメラです。超広角撮影はできません。

昼間の撮影は、3万円前後のスマホながらそこそこキレイに撮れます。見たままに近い写真が撮れています。

▼ツイートはXperia 8。カメラは同性能です。

夜景の撮影については、明るく補正して、クッキリ撮れるタイプの「夜景モード」はありません。

暗いところは暗いまま撮れます。

▼ツイートはXperia 8。カメラは同性能です。

望遠カメラを搭載したことで「光学2倍ズーム」に対応しています。画質劣化なしで2倍までズームできます。

▼ツイートはXperia 8。カメラは同性能です。

カメラについては撮影性能はそこそこ。CPUなどに比べると大きな弱点にはなっていない感じです。

ディスプレイは縦長スリム|2画面が快適

Xperia 8 Liteはディスプレイも推されている部分です。

特徴は以下の2点。

  • 6.0インチ縦長ディスプレイ
  • 2,520×1,080(FHD+)と高解像度

縦横比が21:9の「縦長ディスプレイ」が大きな特徴。

縦長のデザインにより、アプリを2つ同時に開いての「マルチウィンドウ」の操作を快適に行うことができます。

普通のスマホだと2画面に分割すると画面がつぶれて見づらいですが、21:9の縦長ディスプレイなら、それぞれの画面をきれいに表示できます。

▼ツイートはXperia 8です

そのほか、ディスプレイの解像度が高めなのも魅力です。かなりキメ細かく表示できます。

有機ELではなく液晶ではありますが、画面映りのキレイさは期待できるでしょう。

動画やゲームで余白ができることもある

ディスプレイ形状が縦長すぎて、動画やゲームで画面の端が余って黒帯になってしまうことがあります。

同じ6.0インチのスマホと比べると、結果的に動画やゲームが小さく表示されることになります。

ここは購入前の注意点ですね。

おサイフケータイ・防水・イヤホンジャックに対応

Xperia 8 Liteはおサイフケータイ搭載、防水性ありです。ふだん使いとして便利な機能な一通り押さえています

本体上部にイヤホンジャックも搭載しています。イヤホンは有線派という人や、音ゲーをやる人には嬉しいところです。

ロック解除は「指紋認証」のみ

ロック解除は「指紋認証」のみです。顔認証には対応していません。

指紋認証センサーはスマホ側面にあります。電源ボタン一体型なので、電源オンとロック解除が同時に済みます。

最近のスマホでは価格の安いスマホでも「指紋認証+顔認証」がスタンダードになってきているので、指紋認証だけなのは少し残念なところですね。

電池持ちは良くない

Xperia 8 Liteのバッテリー容量は 2,760mAhです。

ほぼ同じサイズ感のXperia 5 IIが4,000mAhなので、それと比べるとバッテリー容量はかなり少なめです。

実際、同じバッテリー容量でスペックもほぼ同じの「Xperia 8」の評判を見ても「電池持ちはイマイチ」という声が多いです。

バッテリー容量が少ない機種は、重量が軽かったりするのですが、Xperia 8 Liteは170gと軽くないのが何とも微妙なところです。

UQモバイルでの価格は23,760円

UQモバイルの価格は23,760円(税込)です。

mineoは32,880円(税込)、IIJmioは26,800円(税込)、nuroモバイルは29,800円(税込)などと比較すると、割安な設定ではないでしょうか。

Xperia 8 Lite以外でおすすめの機種

「Xperia 8 Lite」はスペックの割に価格が高く、Xperiaにこだわりのある人やデザインが気に入った人以外は避けた方が良さそうです。

UQモバイルでXperia 8 LIte以外の機種を選ぶなら、

  • 安くてスペックも十分な「OPPO Reno3 A
  • ハイスペックで3万円台の「iPhone SE(第2世代)

のどちらかがおすすめです。

それぞれの機種のポイントを見ていきましょう。

「OPPO Reno3 A」が安くて性能も高い

同じくらいの価格帯で、スペックが十分な機種を選ぶなら「OPPO Reno3 A」がおすすめです。

OPPO Reno3 Aの特徴
  • 4,800万画素を含む4眼カメラで写真も◎
  • 6.44インチの有機ELディスプレイを搭載
  • バッテリー容量は4,025mAhと十分
  • CPUは普段使いならOKなレベル
  • おサイフ・防水・イヤホンジャックに対応

OPPO Reno3 Aは「普段使いしやすい」のが大きな特徴。コスパが良く、前モデルのReno Aに続き、人気の高い機種です。

おサイフ・防水に対応、CPUは必要十分、バッテリーも大容量と、普段使いとしては弱点なしです。

カメラは4,800万画素のメインカメラ搭載で、かなりキレイな写真が撮れます。

Androidで普段使いに困らないスマホを選ぶなら、UQモバイルだと「OPPO

 Reno3 A」が一番コスパの良い選択になりそうです。

▼Reno3 Aの価格(税込)|UQモバイルオンラインショップ

 価格(税込)
新規・乗換え23,760円
機種変更35,640円

「iPhone SE」はスペックが高く長く使える

iPhoneも候補になるなら、「iPhone SE(第2世代)」もおすすめです。こちらもUQモバイルで取り扱っています。

iPhone SEは、ハイエンドの「iPhone 11」と同じCPUを搭載しています。

処理性能は「Xperia 8 Lite」「OPPO Reno3 A」などと比べると、桁違いに高いです。

2年後、3年後でもスペック不足にならずに、サクサクの操作感を維持したまま、快適に使っていくことができます。

もちろん最新ゲームをばりばりプレイしたいという人も、iPhone SEをおすすめできます。

▼iPhone SEの価格(税込)|UQモバイルオンラインショップ

 64GBモデル128GBモデル
新規・乗換え35,640円47,520円
機種変更43,560円47,520円

まとめ:Xperia 8 Liteのコスパは微妙|デザインが好み以外なら他も含めて要検討

Xperia 8 Liteは、安いけどスペックはかなり低めです。

Xperiaらしくデザインがかっこよく、惹かれるところも多いですが、実用性にこだわるなら他機種も含めて検討したいところ。

UQモバイルで他の機種を選ぶなら、コスパの良い「OPPO Reno3 A」、スペックが抜群で長く使える「iPhone SE」がおすすめです。

ぜひ参考に機種選びを進めてみてください。

ちなみに:UQモバイルへの申込みはオンラインショップがおすすめ

UQモバイルはオンラインショップSIMのみで契約すると、キャッシュバックがもらえます!

  • 新規…3,000円
  • 他社からの乗り換え…10,000円 ※auからの乗り換えは対象外です…

条件はスマホプランに加入するだけと、ハードルも低め。

あと、ショップはキャンペーンの対象外なので気をつけてくださいね!

ぜひ、おとくなキャッシュバックをゲットしてください!

\最大10,000円キャッシュバック/

こんな記事もおすすめ

932