【特集】iPhone 13が発売!

「Xperia 5 III」を正直レビュー|ソニーの本格派カメラが使えるコンパクト版「1 III」

ゴリラ

Xperia 5 IIIが発売されるね!カメラとか良さそうだけど、実際どんな感じ?

Xperia 5 IIIが11月12日にドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアで発売されます。

Xperia 5 IIIは一言でいうと、7月に発売した「Xperia 1 III」をコンパクトにしたモデル。価格は4万円ほど安く、かなり手頃です。

サイズも、価格もちょうど良い一台ということで、買い替えの候補に検討している方も多いはず。

本記事では、Xperia 5 IIIのスペック・特徴を一挙に解説します。自分に合うスマホなのか、ぜひチェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Xperia 5 IIIはコンパクト版の「Xperia 1 III」。ソニーの一眼レフのような撮影機能が魅力で、カメラが楽しいスマホです。

 

手頃にソニーこだわりの本格派カメラを使いたい」「コンパクトなXperia 1 IIIが欲しかった」という方に特にオススメです。

 

ただしスペック上は1 IIIから削られている部分も多いので、購入前には知っておく必要があります。

このスマホの評価
価格
(3.5)
スペック
(4.0)
カメラ
(4.5)
コンパクトさ
(4.0)
総合評価
(4.0)

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

Xperia 5 IIIはコンパクトに凝縮した「1 III」

Xperia 5 IIIは、一言でいうと、2021年7月に発売のXperia 1 IIIをコンパクトに凝縮したモデルです。

サイズは6.1インチと最近のスマホとしては小さめで、スリム&縦長な形状も相まって片手でも握りやすくなっています。

厳密にいうと「5 III」が通常モデル、「1 III」がProモデルという感じで、少しスペック差はあります。

しかし最大の魅力であるカメラはほぼ共通で、5 IIIでもソニーのハイエンドスマホならではのカメラ体験が楽しめます。

スペックを一覧にすると以下の通り。1 IIIも比較して載せておきます。

↓左右にスクロールできます!

 Xperia 5 IIIXperia 1 III
サイズ横:約68mm
縦:約157mm
厚さ:約8.2mm
横:約71mm
縦:約165mm
厚さ:約8.2mm
重量 約168g 約188g
CPUSnapdragon 888Snapdragon 888
RAM+ROM8GB+128GB12GB+256GB
ディスプレイ約6.1インチ 有機EL
フルHD+
(2,520×1,080)
約6.5インチ 有機EL
4K HDR
(3,840×1,644)
リフレッシュレート最大120Hz最大120Hz
メインカメラ・超広角1,220万画素/f2.2
・標準1,220万画素/f1.7
・望遠1,220万画素/f2.3・2.8
・超広角1,220万画素/f2.2
・標準1,220万画素/f1.7
・望遠1,220万画素/f2.3・2.8
・3D iToFセンサー
サブカメラ800万画素/f2.0800万画素/f2.0
バッテリー容量
4,500mAh4,500mAh

Xperia 5 IIIの特徴を詳しく見ていきましょう。

Xperia 5 IIIの「カメラ」は1 IIIとほぼ共通

カメラのスペック・機能は、1 IIIとほぼ共通です。

Xperia 5 IIIもソニーのこだわりが詰まったカメラが最大の魅力となっています。

Xperia 5 IIIのカメラの特徴
  • Photography Pro」で一眼レフ「α」の使い勝手を再現
  • 可変式望遠レンズ」で2つの光学ズームに対応
  • ソニー独自の撮影機能(瞳AF・高速連写など)

カメラレンズの構成は以下。超広角、広角、望遠のトリプルレンズです。

▼Xperia 5 IIIのカメラの構成

  • 超広角:1,220万画素
  • 広角:1,220万画素
  • 望遠:1,220万画素(2.9倍&4.4倍の可変式)

Xperia 5 IIIでも「Photography Pro」が使える

Xperia 5 IIIでは、Xperia独自のカメラアプリ「Photography Pro」から、フォーカス、露出、ISO感度などの細かな調整が可能です。

ソニーの一眼レフカメラ「α」の使い勝手を再現しています。

いつも持ち歩くスマホでこれだけ本格的に写真が楽しめるのは、他のスマホにない魅力ですね。

▼ツイートはXperia 1 III

「可変式望遠レンズ」で2つの光学ズームに対応

望遠レンズは2つのレンズを瞬時に切り替えできる可変式です。実質、2つの望遠レンズを搭載しているのと同様です。

2.9倍4.4倍の光学ズームに対応し、その間の焦点距離はデジタルズームとなります。

可変式望遠レンズは1 IIIでは注目の機能でしたが、5 IIIでもバッチリ使えます。数十倍の超高倍率こそありませんが、5倍以内のズームでキレイに撮れるのは実用的ですね。

▼ツイートはXperia 1 III

ソニー独自の撮影機能も注目|瞳AF・高速連写など

そのほか、ソニー独自の撮影機能も注目です。

▼瞳AF

被写体の瞳を自動で検出し、正確にピントを合わせる

 

▼リアルタイム瞳AF

カメラキー半押しでリアルタイムに瞳をとらえ続ける

 

▼高速連写

メインレンズは1秒間に20コマの連写が可能

 

▼オブジェクトトラッキング

被写体をタップするだけで自動追尾

このあたりの撮影機能も、基本的には1 IIIと共通です。

1 IIIでは「リアルタイムトラッキング」と呼ばれていた機能が、5 IIIでは「オブジェクトトラッキング」という名前で別機能扱いになっています。

5 IIIは被写体との距離を測る「3D iToFセンサー」が非搭載で、トラッキング精度は若干劣るのが理由となっているようです。

▼瞳AFは動物でももちろん反応してくれます

Xperia 5 IIIはゲーム機能も注目|「ゲームエンハンサー」が便利

カメラ以外で地味に注目なのが「ゲームエンハンサー」という機能です。ゲームを快適にプレイするために、様々な調整ができます。

機能をオンにすると、ゲーム画面に小さいアイコンが追加され、そこをタップすると設定画面が開きます。

「パフォーマンス優先」「省電力優先」などの選択ができるほか、リフレッシュレート、タッチ反応速度など調整が可能です。

そのほか「HSパワーコントロール」もゲームエンハンサーからオンにできます。これは充電時に直接電力供給して発熱を抑える機能です。

大々的に広告されている感じではないですが、ユーザーの間では、ちょこちょこ注目されています。

細かいところまで、ゲームする人のツボを押さえていますね。

▼HSコントロールは過去モデルでも搭載されています。ツイートはXperia 1 II

そのほかの注目ポイントをチェック

そのほかの注目ポイントをサクッと触れていきます。

▼Xperia 5 IIIのそのほかの注目ポイント

  • いたわり充電に対応
  • リフレッシュレートは120Hzに対応
  • イヤホンジャック・指紋認証に対応

リフレッシュレートは120Hzに対応

ディスプレイのリフレッシュレートは120Hzに対応。毎秒120コマの高速表示で、ヌルヌル滑らかに映像を表示できます。

ハイエンドのスマホでは当たり前になりつつありますが、ここにしっかり対応しているのはグッドですね。

いたわり充電に対応

Xperiaならではの「いたわり充電」はXperia 5 IIIでも搭載です。

就寝中などの充電時間を学習し、残量90%以上になったときの充電時間を短くして、バッテリー寿命を延ばしてくれます。

3年ほど後の持続時間に差が出てくるようです。長期での使用を考えている方にはありがたい機能ですね。

イヤホンジャック・指紋認証に対応

5 IIIは、端末上部にイヤホンジャックを搭載しています。最近のハイエンドスマホとしては貴重な存在ですね。

そのほか電源ボタン一体型で、指紋認証にも対応です。電源ボタンを触れるとロック解除してホーム画面まで一気に到達できます。

なお、Xperia 1 IIIと同様に顔認証には非対応です。

「Xperia 5 III」と「Xperia 1 III」の違い

「Xperia 5 III」はXperia 1 IIIからスペックが所々削られています。

単純にサイズだけ小さくしたモデルではないので、そこは注意が必要です。違いをまとめると以下の通り。

▼「Xperia 5 III」と「Xperia 1 III」の違い

  • 「ワイヤレス充電」は1 IIIのみ
  • 「4Kディスプレイ」は1 IIIのみ
  • カメラの「3D iToFセンサー」は1 IIIのみ
  • 6.5インチ⇒6.1インチとサイズダウン
  • メモリ・ストレージが少ない
  • ミリ波対応は1 IIIのみ
  • 1 IIIはフロントがGorilla Glass Victus、5 IIIはGorilla Glass 6

まず「ワイヤレス充電」がカットされています。今使っていて手放せないと感じているなら、Xperia 1 IIIを選ぶ方が良さそうです。

そのほか「4Kディスプレイ」にも非対応です。Xperia 1 IIIで目玉の機能だっただけに、ここは少し残念ですね。

メモリ・ストレージについては、1 IIIが12GB+256GBなのに対し、5 IIIは8GB+128GBです。

なおバッテリー持ちは、5 IIIの方が長持ちすることが予想されます。バッテリー容量は4,500mAhで共通で、サイズ・画面解像度が抑えられている分、5 IIIの方が省エネになるはずです。

Xperia 5 IIIの価格|ドコモで11.3万円など

Xperia 5 IIIの価格は以下。執筆時点ではドコモのみ価格が発表されています。

発売は各社とも11月12日を予定しています。

▼Xperia 5 IIIの販売価格

↓左右にスクロールできます!

 販売価格購入サポート適用時
ドコモ113,256円68,376円
au121,405円67,045円
ソフトバンク137,520円68,760円

各社とも2年後にスマホを返すプログラムを使うと約6.8万円の負担額で購入できます。

ちなみに、Xperia 1 IIIの価格は、ドコモで154,440円、auで178,000円、ソフトバンクで188,640円です。

例えばドコモ版同士で比較すると、Xperia 5 IIIの方が4万円ほど安く買えることになります。

スペックは多少削られていますが、その分、価格は確実に安くなっていますね。

Xperia 5 IIIのカラーはグリーン、フロストシルバー、フロストブラック、ピンクの4色。ソフトバンクではピンクは取り扱いなしです。

まとめ

Xperia 5 IIIはコンパクト版の「Xperia 1 III」で、手頃な価格とサイズで、一眼レフ「α」のようなカメラ体験ができます。

カメラ以外では、「ゲームエンハンサー」が地味に評判が良いので、このあたりが刺さる人も買い替えの候補に検討ですね。

なお、Xperia 1 IIIからスペックが削られているところはあるので、その点はよく確認しておきましょう。

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を考えているなら、オンラインショップがお得なので、最後にかんたんに説明しておきますね。

理由は以下3点です。

  1. 頭金・事務手数料がかからない
    (auは事務手数料はかかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリットだけでなく、精神的にも楽ちんで普通にお得です。

また、各社とも直営の公式オンラインショップなので安心して契約できます^^

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

807