【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

最強スペック「Wi-Fi STATION SH-54C」の口コミ・特徴・価格をサクッとチェック

ゴリラ

ドコモの最新ルーターのWi-Fi STATION SH-54Cってどう?

2023年1月16日、ドコモからWi-Fi STATION SH-54Cが発売されました。

10万円に迫るフルスペックの高級Wi-Fiルーターです。

本記事では、Wi-Fi STATION SH-54Cの特徴をサクッとまとめてお伝えします。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、SH-54Cは、5G SAで最大4.9Gbps、Wi-Fi 6で最大2.4Gbpsの通信速度に対応。全体にもスペックアップ。

 

ただし、5G SAもミリ波もエリアは限定的で、96,800円と高額なので、あくまで本格的なルーターが欲しい人向けです。

発売日:2023年1月16日
価格:ドコモ:96,800円

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

ちなみに…

 

 

ドコモを契約するなら、

  • 事務手数料(3,850円)なし
  • オプション・しつこい営業なし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ドコモオンラインショップがおすすめです。

 

手数料3,850円が無料

最新の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

ドコモの旧iPhoneが買いやすくなりました!いつでもカエドキプログラムの2年間の負担額が大幅に下げられています。在庫限りです。

 

また、iPhone 15(128GB)は乗り換えで4.4万円割引されます!

 

最新の在庫状況を見てみる 

Wi-Fi STATION SH-54Cの特徴

Wi-Fi STATION SH-54Cの特徴をまとめると以下のとおり。

Wi-Fi STATION SH-54Cの特徴
  • 5G SA対応でさらに高速!最大4.9Gbps
  • ミリ波にも対応
  • Wi-Fi 6は最大2.4Gbpsで接続
  • USBテザリングは最大4,250Mbpsで接続
  • 変換ケーブルで有線LANも使える
  • 本体は「かなりデカい」

5G SA対応でさらに高速!最大4.9Gbps

Wi-Fi STATION SH-54Cの最大の進化が、「真の5G」である5G SA(Stand alone)に対応したことです。

現在、広く普及が進められているのは、4Gの装置を流用したNSA(Non-Standalone)方式の5Gです。

これに対し5G SAでは、5G専用のコア装置と5G基地局を組み合わせたピュアな5Gで、5G本来の高速通信が可能とされています。

Wi-Fi STATION SH-54Cの通信速度は以下。

  • 5G SA
    受信最大4.9Gbps、送信最大1.1Gbps
  • 5G NSA
    受信最大4.9Gbps、送信最大480Mbps
  • 4G LTE
    受信最大1.7Gbps、送信最大131.3Mbps

NSAだった前モデルのWi-Fi STATION SH-52A(下り:最大4.2Gbps、上り:最大480Mbps)と比べると、SA対応により速度がアップしています。

口コミを探すと実測でも300~500Gbps程度出ています。理論値には及びませんが、光回線に近い水準と言えます。


なお、ドコモの5G SAの利用には月額550円のオプション料金がかかります。

ただし執筆時点では、キャンペーンでオプション料金が無料となっています(終了日未定)。

エリアには注意

2023年現在、5G SAのエリア(スポット)はごく限られています。この点はよく注意してください。

ミリ波にも対応

Wi-Fi STATION SH-52Aなどと同様に、ミリ波にも対応しています。

こちらも限られたスポットでしか利用できませんが、超高速通信が可能です。

Wi-Fi 6は最大2.4Gbpsで接続

Wi-Fiの規格は「Wi-Fi 6」に対応。

前モデルのSH-52AもWi-Fi 6に対応していましたが、今回は「Wi-Fi 6」の速度が最大1.2Gbps⇒最大2.4Gbpsにアップしています。

USBテザリングは最大4,250Mbpsで接続

Wi-Fi STATION SH-54Cは、USBテザリング対応です。

パソコンとUSB 3.0以上対応のUSBケーブルで接続すれば、安定した高速通信ができます。USBテザリングでは、送受信とも最大4,250Mbps(4.25Gbps)で接続が可能とのこと。

変換ケーブルで有線LANも使える

本体に付属の変換ケーブルを使えば、LANケーブルでパソコンにつなぐこともできます。

有線LANでは、1Gbpsに対応できるギガビット・イーサネット(有線LANなどの規格)での接続が可能です。

ちなみに、変換ケーブルにはUSB Type-Cの差込口もあり、給電しながらの利用も可能です。

本体は「かなりデカい」

購入した人の口コミを見ると、第一印象として「デカい!」と感じる人が多い模様です。

4,000mAhの大容量バッテリーを確保しながら、5G SA、ミリ波、Wi-Fi 6の全部盛りなので、これだけ大きくなってしまっているようです。

重量、サイズは以下のとおりです。

  • 重量:約282g
  • サイズ:84mm×157mm×16.0mm

あくまで本格的なルーターが欲しい人向けですね。

Wi-Fi STATION SH-54Cの価格は96,800円

Wi-Fi STATION SH-54Cの発売日、価格は以下。

  • 発売日:2023年1月16日
  • 価格:96,800円(2,688円×36回など)

やはり96,800円は、一般的なルーターと比べると高額です。

2023年5月現在は、コンパクトモデルのWi-Fi STATION SH-52Bの在庫もあります。こちらはコンパクトサイズで気軽に使えます。

プランは5Gデータプラス

タブレット・ルーター向けのプランは、「5Gデータプラス」があります。

5Gデータプラス

月額1,100円でスマホのプランのデータ容量をシェア

例えば、5Gギガホ プレミアだと30GBまでシェアできます。

維持費は3,788円

  • 5Gデータプラス:月額1,100円
  • 機種代金:毎月2,688円(36回払いの場合)
    ⇒維持費は月々3,788円

5Gデータプラス以外を選ぶとなると、スマホ向けのプランを契約することになるので、料金は高額になります。

ドコモユーザー以外は正直おすすめできません。

一方で、すでにドコモユーザーの人は、プランが格安なので、光回線など別のインターネットに比べると、料金は安く済みそうです(ただし、データ容量に上限があります)。

まとめ

Wi-Fi STATION SH-54Cは、96,800円と高額ですが、スペックは現行最高クラスです。

本格的なルーターが欲しい人にとっては、これ以上ない機種です。

「高い!」と思ったらWi-Fi STATION SH-52Bを検討ですね。目的に合わせて選んでくださいね。

ちなみに…約4,000円は必ず安くなるオンラインでの契約がおすすめです

 

  • 事務手数料なし(3,850円お得)!
  • お店独自の手数料なし最大1万円程度)!
  • オプション・しつこい営業なし!
  • 来店・待ち時間なし!

 

 

手数料3,850円が無料

商品の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

\無料で相談/
電話で質問してみる

ドコモオンラインショップセンター(受付:9時〜22時)
※パソコンの方は以下の番号から!

TEL:0120-610-728

お店に行く必要もなければ待ち時間もなく、よけいな営業を受けることもありません。

誰でも楽に節約できるので、ぜひ試してみてください〜!

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
ドコモでお得に機種変更する方法