このサイトについて

UQモバイルは未成年でも契約できる!?実際はどうなのか解説します。

ゴリラ

未成年でもUQモバイルの申し込みってできるかな?

未成年はUQモバイルの申込はできるでしょうか?

UQモバイルは料金も安く、未成年におすすめですが、何歳から契約できるのかは気になります。

できたら保護者の協力がなくても契約したいところです。

しかし実際には保護者同伴でないとダメな部分も多いので、この記事で未成年者の契約についてわかりやすく解説します。

2,3分で読める短い記事なので、サクッと内容を確認してみてくださいね。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、UQモバイルの契約は中学生以上でできますが、「保護者同伴」かつ「保護者の身分証明書」が必要なので、未成年者だけでは契約できません。

 

「本人名義のスマホを持つ」のは中学生以上で可能ですが、本人のみで契約できるのは20歳以上が条件です。

ちなみに…

 

UQモバイルで契約するなら、オンラインショップがおすすめです。

 

オンラインショップからSIMのみで契約すると、

  • 乗り換え…10,000円キャッシュバック
  • 新規…3,000円キャッシュバック

がもらえます!

 

\速度は格安SIMトップレベル/

 

\UQモバイルなら維持費も安い/

iPhone 12 パープル

 

UQモバイルでもiPhone12/12 miniが買えるようになりました!

 

UQなら毎月の維持費を押さえてiPhoneが使えます!

 

関連:【2021最新】iPhoneを安く買う方法を忖度なく正直に教えます

UQモバイルは中学生から申し込みOK

UQモバイルの未成年者の名義で契約はできますか?のページには

はい、中学生(進学2か月前)からご契約できます。

と書かれていますが、詳しくみてみると以下のようになります。

▼UQモバイルの未成者の契約について▼

  • 20歳以上→本人のみで契約可能
  • 中学生以上、20歳未満→本人の名義で契約できる(要来店)。親権者同伴、書類必要
  • 小学生以下→親権者名義での申し込み

要約すると「中学生以上で本人名義の契約ができます」という意味で、あくまで親権者の同伴が必要で、親権者の身分証明書も必要です。

未成年者は本人のみでUQモバイルの契約はできません。

正直、スマホの名義が本人であろうが親であろうが使う分には同じなので、20歳以上でないと本人だけでのは契約はできないと覚えておいた方がいいかと思います。

とはいえ、お子さん用のスマホとしてUQモバイルは適しています。「UQモバイルが子ども用スマホに向いている理由」については以下の記事をどうぞ。

中学進学2ヶ月前から対象

上記では「中学生以上」と記載しましたが、UQモバイルでは厳密には「中学進学2ヶ月前から」としています。

小学生の終わり2ヶ月は上記の「中学生以上」に分類されるので、「どうしても自分の名義のスマホを持ちたい!」という場合はこのタイミングをチェックしておきましょう。

分割払いは未成年でも可能(審査あり)

スマホの分割払いができると、高額なスマホを買うのがラクになります。

未成年名義でも、通常通り分割払いは可能です。

注意
未成年者でも端末の分割払いはできますが、普通と同じように審査があるので、審査の結果によっては分割払いはできません。審査の内容、詳細については公開されていません。

代理人は不可

未成年者に限らず、UQモバイルの契約では新規契約では代理人での契約はできません。

オンラインショップも未成年名義は不可

UQモバイルは「オンライン」「店舗」どちらも申し込みOKです。

しかしオンラインショップも20歳以上でないと本人名義で契約できません。

未成年名義で申し込もうとすると、以下のような表示が出ます。

上記で説明したように、未成年が本人名義でUQモバイルに申し込むには、親と同伴で来店するしか方法はありません。

MEMO

そもそもですが未成年の本人名義での契約にこだわる理由は少ないと思います。保護者名義でサクッとオンラインショップで契約してもらうのが、一番楽ちんかと思います。

UQモバイルの申し込みに必要な書類

未成年者がUQモバイルを申し込む時に必要な書類を紹介します。

まず、未成年者の場合は以下の書類が必要になります。

▼名義が未成年者の場合の必要書類▼

  • 未成年者の本人確認書類
  • 親権者同意書
  • 親権者の本人様確認書類

要するに「本人と保護者の本人確認書類」と「同意書」が必要です。

ここでいう「本人確認書類」は以下です。

▼本人確認書類▼

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障がい者手帳など
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード+外国発行パスポート
  • 健康保険証+補助書類

上記以外にも、支払い方法によっては「補助書類」が必要になることがあります。ここでいう「補助書類」は以下です。

▼補助書類▼

  • 公共料金領収証
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書
  • 行政機関発行の領収証

また契約者(未成年)と保護者の名字が違う場合、下記いずれかが必要になります。

  • 戸籍謄本(発行より3ヶ月以内)
  • 住民票(発行より3ヶ月以内)
  • 同性のパートナーシップを証明する書類(地方自治体で発行される証明書)

いずれの書類も、有効期限や現住所を確認しておきましょう!

まとめ:UQモバイルは中学生以上で自分名義のスマホが持てる

UQモバイルでは、中学生以上であれば「自分名義のスマホ」は持つことができます。

「中学生以上、20歳未満」であれば保護者同伴で契約できます。

自分一人だけで契約できるのは、20歳以上です。

正直、未成年者名義で契約するメリットはほとんどありません(将来、名義変更をしなくていいくらい)。

なんで、親などの保護者名義でオンラインショップを使ってサクッと契約してもらうのがおすすめです。

ちなみに:UQモバイルへの申込みはオンラインショップがおすすめ

UQモバイルはオンラインショップSIMのみで契約すると、キャッシュバックがもらえます!

  • 新規…3,000円
  • 他社からの乗り換え…10,000円 ※auからの乗り換えは対象外です…

条件はスマホプランに加入するだけと、ハードルも低め。

あと、ショップはキャンペーンの対象外なので気をつけてくださいね!

ぜひ、おとくなキャッシュバックをゲットしてください!

\最大10,000円キャッシュバック/

こんな記事もおすすめ

62