【特集】iPhone 13が発売!

ドコモ「U15はじめてスマホプラン」を解説|19歳まで5GB・5分かけ放題がめっちゃ安い

プランがパワーアップ!

料金はそのままで、

  • 3GB5GB
  • 16歳の誕生月まで19歳の誕生月まで

に改定されます!!

ゴリラ

U15はじめてスマホプランってどう?子どものスマホデビューに契約も考えてるけど

U15はじめてスマホプランは、月額1,078円から使える15歳以下向けの優遇プランです。

2021年7月から提供が始まっています。

使えるデータ量は「5GB」とスマホデビューに十分で、料金も最安クラスときているので、かなりおすすめです。

しかも15歳を過ぎても、19歳まで利用できます。16歳になると入れなくなるので、該当する人は今のうちに加入を検討することをおすすめします。

本記事では、U15はじめてスマホプランがどんなプランで、どのあたりに注意すべきか、分かりやすく解説します。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、「U15はじめてスマホプラン」は月額1,078円~で5GBが使える15歳以下向けの優遇プランです。

 

プラン自体はすごくお得で、19歳まで格安SIM並の料金で利用できます。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

ドコモで契約するなら、

  • 事務手数料(3,300円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ドコモオンラインショップがおすすめです。

 

ちなみに、他社からahamoへの乗り換えを考えている人は、いったんはドコモに乗り換えた方が、最大2.2万円お得に契約できる(スマホが買える)ので、わりとおすすめ!

 

送料も手数料も無料です

売れ筋端末はランキングページで確認できます!


 

\30歳以下の全ドコモユーザー必見/


データ使い放題の5Gギガホ プレミアが6ヶ月間、3,839円/月割引の3,476円で使えます!僕が30歳以下だったら、ahamoよりこっち選ぶと思います(悲)


ドコモ「U30ロング割」は3,000円台で使い放題|2021-22年の学割の条件・注意点を解説

U15はじめてスマホプランとは

「U15はじめてスマホプラン」の要点をまとめると、以下の通りです。

U15はじめてスマホプラン
  • 15歳以下の利用者が加入可
  • 月額料金は1,078円~
  • 毎月使えるデータ容量は5GB
    (19歳の誕生月を迎えるまで)
  • 5分までの通話かけ放題付き

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

15歳以下の利用者が加入可・月額料金は1,078円~

あとでもくわしく説明しますが、U15はじめてスマホプランは、申し込み時点で15歳以下の利用者が加入できるプランです。

各種割引で月額1,078円から利用できます。

▼料金の内訳▼

↓左右にスクロールできます!

項目月額料金
U15はじめてスマホプラン1,815円
U15はじめてスマホ割
(1年間適用)
-550円
dカードお支払割-187円
合計1,078円

まず1年間の期間限定割引として「U15はじめてスマホ割」が適用されます。

さらにドコモのクレジットカード「dカード」で支払いをすると、毎月187円割引になります。dカードは無料で発行可能です。

つまり1年目が月額1,078円〜、2年目以降は月額1,628円〜利用できるとなるわけです。

毎月使えるデータ容量は5GB(19歳の誕生月を迎えるまで)

19歳の誕生月を迎えるまでは、毎月5GBが使用できます

ドコモの調査によると15歳以下だと約8割が3GB未満しか使わないとのことで、「毎月5GB使える」というのは過不足ないデータ量です。

なお、19歳の誕生月以降は毎月使えるデータ量は「1GB」となります。

19歳以降もプラン自体は使えるのですが、1GBで1,628円〜と、あまりお得感のないプランに変わってしまいます。

ゴリラ

ドコモとしても「このタイミングで他の(上位の)プランに乗り換えてくれよな〜」ってところかな。
MEMO

当初は「3GB」「16歳の誕生月まで」でしたが、2021年12月から「5GB」に、22年1月からは「19歳の誕生月まで」に改良されました!

 

それ以前に加入した人も自動で変更されるので、安心してください。

5分までの通話かけ放題付き

U15はじめてスマホプランには、5分までの通話かけ放題が付いています。

5分までなら何度電話をかけても0円です。

ドコモは通常、「5分まで通話無料」は月額770円の有料オプションです。

U15はじめてスマホプランだと、この月額770円のオプションが無料で使えます。

なお、5分を超える通話は、通常どおり30秒ごとに22円の通話料がかかります。

U15はじめてスマホプランのまとめ
  • 5GB・5分かけ放題
  • 1年目:1,078円〜
  • 2年目以降:1,628円〜
  • 19歳の誕生月以降:5GB→1GBに減少

U15はじめてスマホプランの対象者

U15はじめてスマホプランの対象となるのは、申し込み時点で15歳以下で、かつ以下の契約をする方です。

▼U15はじめてスマホプランの対象▼

  1. 新規契約
  2. 契約変更(FOMA→Xi、FOMA→5G)
  3. Xiのフィーチャーフォンからの機種変更
  4. 他社フィーチャーフォンからのMNPポートイン
  5. 他社3G回線からのMNPポートイン

① 新規契約

ドコモで新たに電話番号を作って、新規でスマホデビューする子どもはもちろん対象となります。

② 契約変更(FOMA→Xi、FOMA→5G)

FOMAは3G回線、Xiは4G回線のことです。

3Gのケータイ・キッズケータイ・スマホ向けのプランから、4Gまたは5G向けのプランへ変更してスマホデビューする子どもも、U15はじめてスマホプランの対象です。

③ Xiのフィーチャーフォンからの機種変更

Xi(=4G回線)のガラケーを使っている子どもも、4Gまたは5Gのスマホに機種変更すれば、U15はじめてスマホプランが使えます。

Xi(=4G回線)のガラケーのプランは以下が対象です。古すぎるプランは対象外となっています。

  • ケータイプラン2
  • ケータイプラン
  • キッズケータイプラン2
  • カケホーダイプラン(ケ―タイ)
  • カケホーダイライトプラン(ケ―タイ)
  • シンプルプラン(ケータイ)

ちなみに、キッズケータイプラン(FOMA)はFOMAなので、② 契約変更(FOMA→Xi、FOMA→5G)の対象となります。

キッズケータイプラン2の一つ前のプランもOKということです。

④ 他社フィーチャーフォンからのMNPポートイン

「MNPポートイン」は電話番号を引き継いで他社からドコモに乗り換えることです。

他社でガラケーを使っていて、ドコモに乗り換えてスマホデビューをする子どもも、U15はじめてスマホプランの対象となります。

ちなみにドコモ公式サイトによると、ここで言う「他社フィーチャーフォン(=他社のガラケー)」にはキッズ向けの機種も含まれるとのことです。

auの「マモリーノ」とか、ソフトバンクの「キッズフォン」からの乗り換えもOKということですね。

⑤ 他社3G回線からのMNPポートイン

他社3G回線からドコモへの乗り換えも対象です。

3G回線からの乗り換えであれば、ガラケー以外でもU15はじめてスマホプランが使えます。

「U15はじめてスマホプランはお得?」⇒19歳までならOK

ゴリラ

U15はじめてスマホプランの料金って実際安いの?子どものスマホ、これで契約して良さそうかな?

結論、U15はじめてスマホプランは19歳までなら最安クラスです。

ただ19歳になると上限1GBになり、継続で使うのは厳しいので、ahamoなどへの乗り換えをおすすめします。

まず料金は、他社と比べても、最安クラスです。

↓左右にスクロールできます!

 月額料金データ量おまけ
ドコモ
「U15はじめてスマホプラン」
1,078円
(2年目〜1,628円)
5GB
(19歳〜1GB)
5分までかけ放題
au
「スマホスタートプラン
(フラット)」
990円
(13ヶ月目〜2,178円)
5GB
(13ヶ月目〜3GB)
5分までかけ放題
ソフトバンク
「スマホデビュープラン」
990円
(14ヶ月目〜2,178円)
5GB
(14ヶ月目〜3GB)
5分までかけ放題
LINEMO
「ミニプラン」
990円3GBLINEギガフリー
楽天モバイル
「Rakuten UN-LIMIT VI」
1,078円3GBRakuten Link
でかけ放題

au、ソフトバンクのデビュー系プランは、2年目から容量が減り、値上がりしますが、ドコモは値上げこそあるものの、19歳までずっと5GB使えるという強みがあります。

ただし、U15はじめてスマホプランについては、以下がデメリットです。

  • 19歳になると「1GBまで」になる(継続は厳しい)
  • 1年後に料金がちょっと上がる
  • dカードがないと少し高くなる

なので、19歳になるタイミング(もしくは、高校を卒業するタイミングくらい)で、ahamoなどへ乗り換えてしまうのが良さそうです。

ゴリラ

まぁ、でも少なくとも3年以上先のことだから、その時に考えればOKだね〜
ちなみに「ahamo」はこんなプラン

月額2,970円で20GBが使えるプラン

  • 5分の無料通話が付いてる
  • 5Gで通信ができる

子どもの「毎月の機種代」はこれぐらい|割引もあります

子どもの機種代金はどれくらいかかるのか、気になっている方も多いと思います。機種代金の一例は以下の通りです。

割引や購入サポートを適用できると、かなり安くできます。

▼「iPhone13 mini(128GB)」の場合

  • 機種代金:98,208円
    (月々2,146円×23回、24回目=48,840円)
  • いつでもカエドキプログラム
    ⇒最終支払い(48,840円)の支払いが不要
    ※端末の返却が必要です
  • 5G WELCOME割
    ⇒2万円分のポイント還元

2つのプログラムと割引を適用することで、負担額を3万円以下に抑えることができます。

また最近では、普段使いなら十分なスペックの安いスマホも多く登場しています。

端末代を抑えたい人は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

U15はじめてスマホプランは19歳までなら、最安クラスでお得に使えるプランです。

また19歳になると1GBしか使えなくなるので、そのときは他のプランへの乗り換えを検討すればOKです。

(現時点では、3年以上先のプランのことはわからないので、今は考えなくてもOK)

16歳になると入れなくなります。長期間、お得に使える権利をゲットしておきたい人は、早めの加入がおすすめです。

ちなみに:未成年のスマホを契約するときもオンラインショップが便利&お得!

未成年のスマホを契約するとき、おとなと同伴でショップに行くのってちょっと面倒ですよね……。

各社のオンラインショップなら、成人名義で契約、未成年を利用者に登録にすることで、スマホを契約できます!

それに加えて、以下のようなメリットがあります。

  1. 頭金(1万円程度)・事務手数料(3,000円程度)がかからない
    (auは事務手数料はかかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

楽ちんなだけでなく金銭的メリットも大きめです。各社、公式サイトなのも安心です。

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

1440