このサイトについて

ThinkPad X1 Foldで「できること」|フォルダブルならではの使い方5つをレビュー【ソフトバンク】

ゴリラ

ThinkPad X1 Foldってどう?折りたためてスゴそうだけど、実際どんな使い方ができるかな?

ディスプレイが折り曲がるレノボの変態的な新端末「ThinkPad X1 Fold」がソフトバンクで販売中です。

手帳のようにコンパクトに持ち出せて、開けばノートパソコンのサイズ感で大きく使えるのが魅力

価格は40万円と高額ですが、他のノートパソコンにはない新たな使い方はロマンです。実用性は高そうです。

本記事では、ThinkPad X1 Foldで何ができるのかについて詳しくレビューしていきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、ThinkPad X1 Foldでできることは主に以下の5つ。

▼ThinkPad X1 Foldで「できること」

  • 手帳サイズで持ち歩ける
  • 13.3インチ大画面で使える
  • 9.6インチのミニノートでも使える
  • 紙の本みたいに「見開き」で読める
  • ペンで「イラスト」「ノート」も書ける
価格は5Gモデルで約40万円です。ソフトバンクのトクするサポート+を使えば、負担額は20万円になります。
実用性は非常に高いので、メリットが刺さって、かつ価格が許容できるなら「購入も検討」という感じです。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,300円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

また、LINEMOへの乗り換えを考えている人も、いったんはソフトバンクで契約しておいた方が最大2万円ほどお得になります!

 

関連記事:【お得ワザ】LINEMO への乗り換えはあり?ケース別の考え方をまとめました。

 

※LINEMOはオンラインでの契約となり、店頭での申込みはできません。

 

オンライン限定キャンペーンあり!

 

\ソフトバンクのiPhone 12は乗り換えでお得!/

iPhone 12 パープル

 

ソフトバンクのiPhoneは他社からの乗り換えで21,600円の割引が受けられます!

 

オンラインショップ限定ですが、iPhone以外もすべてのスマホが割引の対象です^^

ThinkPad X1 Foldで「できること」

ThinkPad X1 Foldでできることは、あらためて以下の5つ。

ThinkPad X1 Foldで「できること」
  • 手帳サイズで持ち歩ける
  • 13.3インチ大画面で使える
  • 9.6インチのミニノートでも使える
  • 紙の本みたいに「見開き」で読める
  • ペンで「イラスト」「ノート」も書ける

コンパクトに持ち歩けて、13.3インチの大画面が使えるのは魅力。9.6インチのミニノートとしても使えるのは注目ですね。

詳しく見ていきましょう。

手帳サイズで持ち歩ける

折りたたんだ時のサイズ感は大きめのビジネス手帳ぐらいです。

開けば、モバイルノートのサイズなのに、コンパクトに持ち出せるのが一つの大きな売りになっています。

小さなカバンでもスッポリ収まります。

▼背面はレザーと一体化しています。見た目と質感も手帳のようです

13.3インチ大画面で使える

開けば13.3インチの大画面になります。ノートパソコンとして、しっかりめに作業が可能です。

ディスプレイは4:3のアスペクト比で、多くのノートパソコンと比較するとより真四角に近い形です。

▼背面にはスタンドが付属していて、本体は自立が可能です。ディスプレイの角度は固定です。

9.6インチのミニノートでも使える

タテ折りにして、下半分のディスプレイ上にキーボードを重ねれば、9.6インチのミニノートパソコンとして使えます。

ミニノートにすれば、狭いスペースでも使用できます。膝の上でも作業できたりします。

がっつりパソコンを開くほどでもないけど、ちょこっと使いたい時に便利ですね。

なお、キーボードを重ねると、下半分のディスプレイが無効化され、ミニノートのための画面表示に切り替わります

ミニノートで使いたい時も面倒な設定はなく、サッと使えます。

▼タテ折りの状態での全画面表示も可能です

紙の本みたいに「見開き」で読める

少し折って使えば、紙の本のような見開きで書籍が読めます。

片手でもバランスよく持てて、見た目もスマートです。

大型サイズのタブレットでも見開き自体はできますが、本のように折って持てるのはX1 Foldならではです。

「寝っ転がりながら」などラフに使いたいシーンで、この少し折って使えるのが地味に便利に感じられそうです。

▼新聞を読むのにも便利に使えそう

ペンで「イラスト」「ノート」も書ける

付属のペンでイラストを描いたり、ノートやメモを取ったりもできます。

「パソコンとして持ち歩いて、ノートやメモもX1 Foldでまかなう」という便利な使い方ができます。

▼講義のノートも軽めのものであればイケそうですね

▼キーボードやペンの質感についてのツイート

ThinkPad X1 Foldのサイズ・デザイン

ThinkPad X1 Foldのサイズ・デザインを見ていきましょう。

開いたときのサイズは、ちょうどiPad Proの12.9インチに近いです。大型のタブレットという感じ。閉じるとほぼ半分になります。

背面はレザーになっています。高級感が魅力です。

背面から自立スタンドが引き出せます。スタンドの裏側はThinkPadのアクセントカラーである赤色です。

折りたたみ部分の裏側も赤色です。細かいところまでこだわりが感じられます。

ヒンジはベゼルごとシリコン素材で覆われています。三軸織物をヒントにした構造が採用されているとのこと。

ThinkPad X1 Foldの「価格」:ソフトバンクで20万円の負担で購入可

ThinkPad X1 Foldは、レノボ公式オンラインショッピングのほか、キャリアではソフトバンクで購入が可能です。価格は5Gモデルで約40万円。

レノボ公式オンラインショッピングの価格は以下の通り。価格は時期により変わるので参考までに。

▼レノボ公式オンラインショッピングでの価格(執筆時点)

  • ThinkPad X1 Fold WiFiモデル(カスタマイズモデル):341,440円(eクーポン適用後)
  • ThinkPad X1 Fold 5Gモデル(カスタマイズモデル):394,240円(eクーポン適用後)

ソフトバンクでの価格は以下の通り。5G対応のモデルのみの取り扱いで、WiFiモデルの販売はありません。

▼ソフトバンクでの価格

  • 本体価格:402,480円
  • トクするサポート+適用時の負担額:201,240円

トクするサポート+」は2年後の機種変更で古い方の機種(X1 Fold)を返却する代わりに、機種代金の半額分が割引になるプログラムです。

トクするサポート+

「ThinkPad X1 Fold」はノートパソコンではありますが、スマホと同様にトクするサポート+が利用できます。

2年間ガッツリ使った後に半額分(約20万円)で下取りしてもらえると考えると、コレはかなり好条件です。

ThinkPad X1 Foldを買うなら、トクするサポート+の利用はぜひ検討してみると良さそうです。

まとめ

ThinkPad X1 Foldは、コンパクトに持ち歩けて、13.3インチで大きく使えるのが魅力。

「ミニノートでも使える」「紙の本のように見開きで読む」など目新しいだけでなく、実際かなり実用的です。

ただし40万円の価格に見合うかとなると、やはり人を選びそうです。

購入するのであれば、ソフトバンクの「トクするサポート+」で負担額20万円で購入するのがおすすめ。ガッツリ2年使って、返却するのがコスパが良さそうですね。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,300円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいのですが、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)も無視できず、普通にオススメです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

手数料3,300円が無料になりました

 

こんな記事もおすすめ

86