iPhone11が9/13(金)21時~予約開始!!

Spotifyプレミアムプランはオフライン再生可能!通信量を節約して音楽を楽しむ

ゴリラ

Spotifyって通信量が多そう。なんとか節約しながら音楽を楽しめないかな?

と疑問に思っている人向けの記事です。

「フリープランでも音楽を楽しめないの?」
「プレミアムプランのオフライン機能ってなに?」

Spotifyには、無料で音楽を聴けるが多くの制限があるフリープランと月額課金制で制限なく音楽を楽しめるプレミアムプランがあります。

フリープランがあるのならば、わざわざプレミアムプランに入るメリットはあるのでしょうか。
Spotifyプレミアムプランのヘビーユーザーが語る!フリープランとの違いや特徴とは」の記事で詳しく両プランの比較をしていますが、通信量に関わる制限としてオフライン再生の可否があります。

結論としては、Spotifyのプレミアムプランなら、通信量を気にせずに音楽を楽しむことが可能です。

そこで今回の記事では、Spotifyプレミアムプランを1年以上使っているヘビーユーザーの私が、プレミアムプランのオフライン機能を使って通信量を節約する方法をご紹介します。

 

Spotifyの通信量について気になっている人は、ひとまずご一読ください。

【忙しい人向けの結論】

Spotifyのプレミアムプランは、

  • オフライン機能で通信量を気にせず聴ける
  • インターネット接続をオフにできる
  • ポッドキャストもオフラインで再生できる

ので、フリープランよりもおすすめです。

\30日間無料/
Spotifyプレミアムプランを試す

Spotifyはストリーミング形式で膨大な通信量が発生する

Spotifyは音楽ストリーミングサービスであるため、音楽を再生すると多くの通信量が発生します。

ストリーミング形式は、音楽をデバイスにダウンロードせずにネット回線から直接リアルタイムに音楽データを参照する方法です。

常にネット回線を利用して通信することになるため、通信量もめちゃくちゃ多くなります。

ヘビーユーザーの私がSpotifyを使い始めた頃、出掛ける度に気にせず音楽を再生し続けたら、月末を待たずに数日で通信制限が掛かってしまう事態が起こりました。

「動画を再生しているわけではないから大丈夫だろう」と慢心して使い続けていたことが原因です。

長時間のストリーミング再生は、通信量を圧迫する行為であると覚えておくと良いでしょう。

特に格安SIMなどで、通信量の上限を低く設定している人は要注意です。

Spotifyで通信量を節約する方法

Spotifyをスマホで通信量を気にせずに使っていると、通信制限に掛かりやすくなってしまいますが、プラン変更などを上手く使いこなせば通信量を節約して音楽を楽しむことができます。

理由は以下のとおりです。

  • プレミアムプラン限定のオフライン機能を使う
  • WiFiの環境下で使う

プレミアムプラン限定のオフライン機能を使う

SpotifyはスマホやPCなどのデバイスに音楽をダウンロードして再生できるオフライン機能があります。

フリープランでは未対応で、月額課金制のプレミアムプラン限定です。

デバイスにダウンロードしておけば、ネット通信を行わずに通信量を節約したまま、音楽を再生して楽しめます。

プレイリスト丸ごとや曲単位でダウンロードできるため、自由に音楽を楽しめることがメリットです。

ただし、ダウンロードしていない音楽を再生すると、通常どおり通信量を消費するためご注意を。

事前に好みの音楽をダウンロードしておきましょう。

WiFiの環境下で使う

通信量を節約するならば、WiFiがある環境が最も安心です。

WiFi環境下では通信量は消費しないため、フリープランでも通信量を節約できて、WiFiでしかSpotifyを使わないならば、フリープランを使い続ける選択肢もあります。

ただ、プレミアムプランならば、WiFiがあればその場でデバイスにダウンロードしたあと、オフラインで再生できます。

たとえば、事前のダウンロードを忘れていても、WiFiが使えるカフェなどでデバイスに音楽をダウンロードして、それから出発することも可能。

また、WiFiの通信が不安定な場合もあるため、オフライン再生できるようにダウンロードしておくことが確実な手段です。

プレミアムプランのオフライン機能を使うメリット

プレミアムプランのオフライン機能には、通信量を節約できる様々なメリットがあります。
メリットは以下にまとめます。

  1. オフライン機能でデバイス内に曲を保存できる
  2. インターネット接続をオフにできる
  3. ポッドキャストも再生できる

それでは、オフライン機能について解説していきます。

オフライン機能でデバイス内に曲を保存できる

Spotifyはパソコンやスマホはもちろん、タブレットやPS4などネットに繋がるデバイスならば幅広く対応しています。

その各デバイスで通信を必要とせずに再生できるのが魅力です。

スマホの場合は、通信量の節約が大きなメリットですが、他のデバイスでも電波がない状態やネットに繋げない場所などでも音楽を楽しめる機能となります。

デバイスごとに再ダウンロードする必要はなく、一つのデバイスでダウンロードすれば、他のデバイスを起動したときにネット環境があれば、自動的にダウンロードが始まります。

つまり、使いたいデバイスを事前にネットに繋げておくことは必要です。

インターネット接続をオフにできる

オフラインモードにすると、ダウンロードした音楽のみ再生できるようになって、Spotifyのインターネット接続をオフにできるのです。

通常のオフライン再生は、全ての音楽が対象ではなく自身でダウンロード設定を行った音楽だけとなります。

もし、それ以外の曲を再生すると自動的にオンライン再生となり、通信量を消費しまうため、その対策ができます。

ただし、常にオフにしておくことができずに、曲情報の更新などにより、30日に1度はオンラインにする必要があります。

30日以上オフラインに設定するとダウンロードした曲が聞けなくなってしまう点は注意です。

ポッドキャストも再生できる

ラジオや番組などの長時間聴いてしまいがちなポッドキャストもオフライン再生ができます。

事前にダウンロードして再生すれば、通信量を消費しません。

うっかりオンラインでポッドキャストを聴き続けて「いつ間にか通信制限に…」といった事態も防げます。

番組もコメディからニュースまで幅広く対応しているのも魅力。

注意点として、iPadではポッドキャストを利用できません。
いつか対応してくれることを待ちましょう。

オフライン機能の注意点

便利なオフライン機能ですが、注意点もいくつかあります。

  • 同時に3つのデバイスまで
  • デバイス自体の容量を圧迫する

同時に3つのデバイスまで

オフライン機能の曲ダウンロードは、同時に3つのデバイスまでしか登録できません。

4つ目のデバイスを登録するには、既存のデバイスを削除する必要があります。

基本的に、3つのデバイスを超えて登録する場面は少ないと思います。

その場合も、ブラウザから対応デバイスを削除して入れ替えるだけなので簡単です。

デバイス自体の容量を圧迫する

曲をダウンロードしてオフライン再生できるなら、あらゆる曲をダウンロードしておけば良いでしょ?

と思われるかもしれませんが、デバイスの容量を消費するため限界があります。

曲をダウンロードしすぎると、そのデバイスの容量を圧迫して他の機能に影響を及ぼします。

スマホの場合は、写真の撮影可能枚数が減ったり、アプリをダウンロードできなくなったり、不便が多いです。

おすすめの対策は、当日聴くプレイリストやよく聴く曲だけダウンロードしておくこと。

新しい音楽などは、WiFi環境で探してみましょう。

まとめ:Spotifyをオフラインで楽しむならプレミアムプランがベスト

さて、今回の記事をまとめます。

Spotifyプレミアムプランのオフライン機能を使うメリット

  • デバイス内に曲を保存できる
  • インターネット接続をオフにできる
  • ポッドキャストも再生できる

Spotifyは無料のフリープランでも音楽を楽しめますが、オンライン再生しか対応していないため、通信量を消費したり、ネット環境が必須です。

月額課金制のプレミアムプランは、デバイス内に音楽をダウンロードしてオフライン再生ができる機能が付いています。
デバイスの通信制限に引っかかって、追加でGBを購入するよりもお手頃です。

Spotifyのプレミアムプランは、30日間無料でお試しができるため、フリープランの方は乗り換えを検討してみることをおすすめします。

\30日間無料/
Spotifyプレミアムプランを試す

コメントを残す