【au】10/23 iPhone 12 / 12 Pro 発売!

ソフトバンクから格安SIM(シム)に変更ってどうなの?おすすめ会社や手順を紹介します

ゴリラ

いまソフトバンクで、格安SIMにしようかなと思ってるんだよね。何から手をつければいいんだ?

ソフトバンクには割引がたくさんありますが、やはり格安SIM(シム)の安さにはかないません。

しかしそもそも「格安SIMってわかりにくい」と感じているので、今までずっとソフトバンクのままだったのではないでしょうか。

僕も最初に格安SIMについて調べたときは「なにがなんだかわからない」という状態でした。

しかし長年格安SIMについて調べ、自分もたくさんの格安SIMを使ってきたので今はだいたいのことがわかるようになりました。

ということでこの記事では「ソフトバンクから格安SIMにするときに疑問に思うこと」を全てまとめていますので、気になる部分だけでも読んでみてくださいね。

ソフトバンクから格安SIMにすると毎月4,000〜5,000円の節約になるので、ぜひ参考にしてくださいね!

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、確実に安心して使いたいならmineo(マイネオ)、とにかく安い方がいいなら楽天モバイルにするといいかなと思います。

ちなみに…

楽天モバイルでは現在プラン料金(2,980円)が1年間無料になるキャンペーンを実施中です。

 

キャンペーンは300万人対象なので、新規・乗り換えで検討中の方は枠がなくなる前に契約しておきましょう。

 

\データ使い放題/
楽天モバイルを見てみる

 

契約時に紹介コードを入力すると2,000ポイントもらえます。

※コードが使えないときは、他のコードも試してみてください。

紹介コード①:2020030301194

紹介コード②:y8LzWUHc8Qgy

紹介コード③:cs7Na5amRZnS

 

 

関連:楽天モバイル(UN-LIMIT)の紹介コードを使って2,000円分お得に契約する方法

ソフトバンクから格安SIMにするメリット・デメリットは?

ソフトバンクから格安SIMにするメリットはシンプルに「安くなる」という点ですが、いったいどのくらい安くなるのか?を説明します。

それにプラスして「なんだかめんどくさい」と思われてる格安SIMですがどのようなデメリットがあるか?もサクっと紹介します。

ソフトバンクから格安SIMにするメリット→【安くなる】

ソフトバンクの基本料金は、だいたいの人がこういう感じです。

  • メリハリプラン (月に50GB使えて、SNSも無料 8,480円)
  • 家族2人/3人/4人で割引適用。-500円/-1,500円/-2,000円
  • ソフトバンク光を契約してると-1,000円
  • 半年おトク割で -1,000円

上記の割引が全て適用されてすごく安くなれば月額4,480円になりますが、ほとんどの人がだいたい5,000〜7,000円/月くらいは支払ってます。

これが格安SIMになると3,000円台に収まります。

だいたい毎月2,000円〜4,000円は安くなる計算になります。

もし50GB以上使っているならソフトバンクのままでいい

上記で紹介した「メリハリプラン 」は50GB使えるプランです。

もしあなたが毎月50GBをほぼ使い切ってるのなら、ソフトバンクのままでいいかもしれません。

月に50GBという大容量プランは格安SIMにはほとんどなく、あったとしても割高でお得感が少ないです。

しかしWi-Fiを利用したりして毎月10GB前後に抑えることができているなら、格安SIMをおすすめします。

格安SIMは10GB〜15GBから始めるのがよさげ

格安SIMには500円/月のような料金もありますが、それはデータ容量が少なすぎて不便することが多いです。

まずは10GB〜15GBくらいを契約して、1〜2ヶ月試してみるのをおすすめします。

10〜15GBプランは会社によって違いますが3,000円〜4,000円/月くらいです。

MEMO
1〜5GBプランで契約して、足りなければ追加で購入もできますが、結果的に割高になるのでおすすめしません。

ソフトバンクから格安SIMにするデメリット【自分で全てやる】

格安SIMにするデメリットは一言でいうと「自分で全てしないといけない」の一言につきます。

不具合もトラブルも全て、自分で検索して、解決法を探し、必要なら格安SIM会社にチャットや電話で問い合わせて解決します。

チャットや電話で問い合わせできるので、厳密には「自分で全て」ではないですが、いままでのように思考停止でソフトバンクショップに足を運べば全てやってくれた時代は終わると思ってください。

契約もろもろの手続きを自分でしないといけない

あなたが「ここと契約する!」と決めたら、その会社に自分でネット経由で申し込む必要があります。

知りたいことが全て見やすく書いているわけではないので、自分で検索する必要があるかもしれませんし、ひょっとしたら大事なことは小さい文字で書かれているかもしれません

サイト内にチャットサービスがあったり、家電量販店で手続きをお願いすることもできますが、基本的には「自分で全部ネットで調べる、自己責任」という心構えでいるとよいでしょう。

トラブルが起きても自分で対応しないといけない

上に同じく、トラブルが起きてもソフトバンクショップのような優しい店員さんがいるところはありません。

以下のようなトラブルが考えられます。

  • ネットも電話も繋がらない
  • スマホの電源が入らない
  • 保存したデータがどこにいったかわからない

とくに「ネットが繋がらない、電話がつながらない」という事態に陥ると、検索も問い合わせもできなくなるのでプチパニックになります。

トラブルの原因が「自分にあるのか」「大規模な障害なのか」の見極めをし、その時々で適切な対応をする必要があります。

「そんなことできないよ!トラブルのときはすぐに誰かに聞ける環境がいい!」という人は、ソフトバンクのままがいいでしょう。

MEMO
家族などの身内に、スマホやパソコンに詳しい人がいていつでも聞けるのであれば、頼ってしまうのもよいでしょう。そこから会話が生まれたりします。

電波の質はソフトバンクより少し落ちる

格安SIMのデメリットとして「電波の質が少し落ちる可能性」があります。

ソフトバンクブランドの格安SIMは、ソフトバンクから電波を「借りて」運営されています。

借りているという立場的に、利用する場所や時間帯によっては「遅い」「ネットが繋がらない」という状況になります。

  • 仕事で頻繁にスマホを使うし、わずかな遅れも許されない
  • 身内の安全の確認などで、ほんの少しでもネットができないとダメ
  • その他、あらゆる理由でネットの品質が最優先

のように「なにがなんでもネット障害は許さない!」という人は、ソフトバンクのままがいいと思います。(ソフトバンクでも100%いつでも繋がるわけではありませんが)

もちろん僕もネットが繋がらないとイライラしますが、ほとんどは一時的なことなのであまり気になりません。

注意
格安SIMはお昼休みの12時〜13時や、22時〜23時はネット速度が落ちる傾向があります。

ソフトバンクから乗り換えにおすすめの格安SIM4選!

格安SIMは「ドコモブランド」「auブランド」「ソフトバンクブランド」など、各社のブランド(利用している電波)があります。

数年前まではドコモとauにしか格安SIMはありませんでしたが、いまやソフトバンクブランドの格安SIMもかなり増えています

料金を全て書くとゴチャゴチャになってしまうので、それぞれ3つほど載せます。

また、以下で紹介する価格は全て「通話つきSIM」です。「データ通信のみのSIM」がもっと安いですが、電話ができないと不便なので通話付きSIMを選びましょう。

ワイモバイル【無難だがメリット少ない】

「ソフトバンクのサブブランド」という形で展開しており、街中やモールにショップをたくさん見かけます。

店舗で契約できるなど「格安SIM」とは言い難い部分もありますが、ソフトバンクよりかなり月額は安くなります。

しかし他の格安SIM会社と比べると少し割高かな、という印象です。

ワイモバイルの月額料金

  • Sプラン3GB 2,680円
  • Mプラン10GB 3,680円
  • Rプラン14GB 4,680円

上記にさらにデータ容量追加や限定の割引がありますが、ごちゃごちゃするので割愛します。それらを込みにしても他社よりは高いです。

メリット:ソフトバンクとおなじくらいネームバリューがあり、通信も安定してる

デメリット:若干高い

LINEモバイル【人気ありすぎて残念】

いまやスマホにダウンロードしてない人はいない「LINE」の会社が運営する格安SIMサービスです。

人気があったので僕も以前は使っていたんですが、人気がありすぎてネットが遅くなるという状態が何ヶ月も続いたので解約しました。

SNSフリーがあり、料金も安くて気に入っていただけに残念です。

LINEモバイルの月額料金

  • 3GB 1,480円
  • 6GB  2,200円
  • 12GB 3,200円

メリット:SNSフリープランがある。LINEの年齢認証ができる(他の格安SIMではできない)

デメリット:人気がありすぎて通信が遅くなりがち

mineo(マイネオ)【一番おすすめ】

ここまで読んでくれたあなたに、一番おすすめしたいのが「mineo(マイネオ)」です。

以前はドコモとauのみの展開でしたが、ソフトバンクのサービスも追加されました。

ドコモとauの頃から、mineo利用者は総じて満足度が高い印象で、mineoユーザー同士でデータ容量を分け合えるなど、ユーザーの方を向いたサービスをしている印象です。

LINEモバイルのように爆発的にユーザーが増えておらず、ジワジワと増えている印象で、障害の話も聞きません。

mineoの月額料金

  • 6GB 2,630円
  • 10GB 3,570円
  • 20GB  5,030円

メリット:安定した運営実績があり、十分に安い。

デメリット:ネームバリューがなくて若干不安?(業界では有名です)

楽天モバイル【ハイリスク・ハイリターン?】

楽天モバイルは以前は格安SIMサービスを展開していましたが、今は「楽天UN-LIMIT」というサービスで、ドコモ、au、ソフトバンクに並ぶ4つ目のキャリアとしてのサービスをスタートしています。

とはいえ、まだまだ規模感は格安SIMに近く、3大キャリアには及んでいないイメージです。

その分、「1年間利用料金無料」「ポイント大量バック」などのキャンペーンで盛り上がりを見せています。

しかしその一方、通信がつながらなかったり、サポートからの対応がよくなかったりと悪評もみられますが、それを新サービスを展開している成長痛と捉えられるのであれば、価格的には間違いなく一番お得です。

楽天UN-LIMITの月額料金

  • 5GB 2,980円(契約後、1年間は無料)

(楽天エリア内なら使い放題ですが、エリアは非常に小さいので実質5GBです。)

メリット:1年間無料、楽天エリア内は無制限、ポイント大量バック

デメリット:通信障害が見られる。サポートの評判がよくない。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える手順は?

以上の格安SIM会社から、「これだっ!」と思う会社を選んで契約する場合は、以下の手順を踏むことになります。

  1. ソフトバンクにMNP予約番号を発行してもらう
  2. 格安SIMの手続きをする
  3. 自宅にSIM(とスマホ)が届く
  4. 必要な設定を行う

どれもそれほど難しくないので、順番に説明していきます。

①ソフトバンクにMNP予約番号を発行してもらう

まずはソフトバンクから「MNP(エムエヌピー)予約番号」という10桁の番号をもらう必要があります。

この番号を新しく契約する格安SIM会社に伝えることで

  • 今までと同じ電話番号が使える
  • 契約と同時にソフトバンクが解約される

という役割があるのでとても重要です。

MNP予約番号を入手するには以下の2つの方法があります。

  • ソフトバンクケータイ電話から「151」にかける
  • マイページの「M ySoftbank」から申し込む
  • ソフトバンクショップに行って「MNP予約番号が欲しいです」と言う

いずれかの方法でMNP予約番号をゲットしたら、忘れずにメモしておきましょう。

注意
MNP予約番号には15日の使用期限がありますが、契約の際に「残り利用期限が1週間以上必要」と言われたりするので、格安SIM手続きの直前に入手しましょう。

②格安SIMの手続きをする

新しく契約したい格安SIM会社のホームページから申し込みをしましょう。

氏名や住所など、通常のスマホ申し込みと変わりません。

「MNP予約番号」の欄に、上で入手した番号を入力します。

③自宅にSIM(とスマホ)が届く

契約した会社から、自宅にSIMが届きます。

スマホセットで契約した場合はスマホもセットで届きます。

MEMO
ソフトバンクブランドの格安SIMであれば、それまでソフトバンクで使っていたスマホがそのまま使えます。

 

あるいは格安SIM会社の契約と同時に新しくスマホを購入するのもアリです。

自宅にSIMが届いたら、格安SIMデビューは目の前です!

④必要な設定を行う

スマホにSIMを差し込んで、「設定」アプリで必要な設定を行います。

注意
スマホのSIMスロット(SIMが入れられてる場所)の場所や開け方がわからない場合は、がんばって調べましょう。機種ごとに違いますが、本体の側面か、電池パックを開けた場所にあることがほとんどです。

「設定なんてわからないよー!」と思うかもしれませんが、格安SIM会社から届いた紙にやり方が書いているので、その通りに操作すればOKです。

正しく設定できれば、スマホに電波が到達し、ネットが開通します。おめでとうございます!

新しい会社が開通したのとほぼ同時にソフトバンクは自動的に解約されます。

まとめ:ソフトバンクから格安SIMは難しい!?

ソフトバンクから格安SIMにする場合は、とりあえずは「mineo(マイネオ)」を選んでおけば間違いありません。

ある程度のトラブルにも耐えられるのであれば「楽天UN-LIMIT」もいいでしょう。

手続に迷うこともあると思うので、身近な詳しい人に聞きながらひとつひとつ手続きを進めるのがよいでしょう。

めでたく格安SIMデビューすれば、ほとんど使い心地は変わらないのに、毎月4,000円ほど節約できるので、がんばってみてくださいね!

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です。

  1. プラン料金(2,980円)が1年間無料
  2. 最大26,300ポイント還元キャンペーン

①プラン料金1年間無料キャンペーン

300万人を対象に、1年間のプラン利用料金(2,980円)が無料になるキャンペーンです。

2,980円*12ヶ月=合計35,760円割引のお得なキャンペーンです。

楽天モバイルはまだまだ利用できるエリアが狭いですが、このキャンペーンを利用すればそもそも無料なので気にせず使えますね。

②最大26,300ポイント還元キャンペーン

  1. オンライン契約+Rakuten Link利用で3,000ポイント
  2. 事務手数料3,300ポイント還元
  3. 対象製品+プランセット購入で最大20,000ポイント

合計26,300ポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

ゴリラ

AQUOS sense3 liteOPPO A5 2020はポイント還元で実質無料(どころか黒字になる…!)でゲットできるで!今がチャンス!

キャンペーン終了は未定なので、検討中の人は早めのお申込みを!

詳細は公式サイトを参照ください。

\データ使い放題/
楽天モバイルを見てみる

125