このサイトについて

ソフトバンクスマホを家電量販店で買うべきか?損しない方法を解説

ゴリラ

家電量販店でソフトバンクスマホが安かったから買いたいんだけど、買ってもいいのかな?損しない?

フラッと入った家電量販店でソフトバンクのスマホが安いときって「お、買っちゃおかな?」って気になりますよね。

しかし「安い!」「セール!」「特価!」と言われると、逆に不安になるもの。本当に買っていいのか?損しないのか?自信が持てませんよね。

やはりソフトバンクショップの方が安いのか?あるいは最近増えてるオンラインショップ?と迷います。

この記事で、家電量販店を「ソフトバンクショップ」と「オンラインショップ」と比べ、どれがお得なのか?メリットが大きいのか、デメリットがあるのかを紹介していきます。

一度この区別ができていると、今後家電量販店やショップで迷わなくなるので、ぜひ興味がある部分だけでも読んでみてくださいね!

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、家電量販店は金銭的なメリットが少なく、一番安く買いたいならソフトバンクオンラインショップがおすすめです。

 

家電量販店にも「他社と比較できる」「ケースが買える」などのメリットがあるので、そのために買うのならOKです。

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,000円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

また、SoftBank on LINEへの乗り換えを考えている人も、いったんはソフトバンクで契約しておいた方が最大2万円ほどお得に契約できます!


関連記事:【お得ワザ】SoftBank on LINE への乗り換えはあり?ケース別の考え方をまとめました。  

 

オンライン限定キャンペーンあり!

 

\5〜22歳なら誰でもOK/



2021年春のソフトバンクの学割は2種類あり!
  • スマホデビュー→1年間は900円で2GB5分かけ放題
    +500円で4GBに増量可!)
  • メリハリプラン→2,580円×6ヶ月=15,480円割引

特にスマホデビューのお子さんは格安SIM並みに安くなります!


解説記事:【1,400円/4GB】2021年春「Softbank学割」はスマホデビューがアツい! │ 注意点やお得に使い倒すテクを解説

【前提】家電量販店ではプラン変更などはできない

そもそもですが、家電量販店とソフトバンクショップでは役割が大きく違います。

それぞれでできることをまとめておきます。

▼家電量販店でできること▼

  • 新規契約
  • 機種変更
  • MNP(乗り換え)

家電量販店でできるのは「スマホを買うこと」だけだと言い換えることもできます。

▼ソフトバンクショップでできること▼

  • プラン変更
  • 料金支払い
  • 解約
  • スマホの故障相談
  • その他ソフトバンクへの問い合わせ

逆に言うとこれらは「家電量販店ではできないこと」です。

家電量販店は基本的に「電器屋さん」なので、スマホ本体を買う場所です。プラン変更や料金の支払いなど、ソフトバンクの契約に関することは全てソフトバンクショップで行いましょう。

以前のようなキャッシュバックはもうなくなりつるある

家電量販店と聞くと「●万円キャッシュバック!」とか「本体0円!」のような高額のキャッシュバックを期待してしまう気持ちがありますが、それは昔の話と思っておいた方がよいです。

いまは総務省からの指導が何度もされ、キャッシュバック金額は大幅に減り、お得感は減っています。

むしろ以下で紹介するような家電量販店特有の料金がかかることで、ショップで買うのとほぼ変わらず、むしろオンラインショップの方が安く買えるのが現状です。

MEMO
過去ほどのキャッシュバックがないのは事実ですが、型落ち機種売れ残り機種が特価で販売されることは今もあるので、その点は家電量販店のメリットと言えます。

ソフトバンクを家電量販店で買うデメリット

ソフトバンクを家電量販店で買うデメリットを先に紹介します。

  • 事務手数料がかかる
  • 頭金がかかる
  • 必須オプションがある
  • キャンペーン内容にブレがある
  • うるさい場所で契約しないといけない

これらは全て店舗ごとに違うので一概には言えませんが、一般的な家電量販店のパターンを紹介します。

家電量販店では他よりも高くなることがほとんどですが、その賑やかな雰囲気で安い気がするので注意が必要です。

家電量販店のデメリット①頭金が3,000〜10,000円かかる

家電量販店でスマホを買うと「頭金」として3,000〜10,000円かかります。

ゴリラ

え!?頭金て、どこで買ってもかかるものじゃないの?

確かにソフトバンクショップで買うときも頭金はかかりますが、実はソフトバンクオンラインショップだと頭金は0円です。

オンラインでスマホを買う習慣は少ないかもしれませんが、3,000円はデカいので、この一点だけでもオンラインショップをおすすめできます。

家電量販店だと、3,000〜10,000円の頭金を0円にするには「オプションに入らなければいけない」などの謎ルールがあるので、この点も注意です。

MEMO
ちなみに「頭金」の本来の意味は「総額から先に払う分」なので、総額とは別に用意されている頭金は、本来の意味からもズレています。

デメリット②必須オプションがあることも

頭金を0円にするためには、月額300〜1,000円の有料オプションに複数入らないといけないことがあります。

それらのオプションは初月無料だったり、無料期間内に解約OKだったりしますが、かなりの割合で解約し忘れてしまいます。

もし300円のオプションを10個解約し忘れると、翌月以降、毎月3,000円もオプション代に払うことになってしまいます。

実際、そのくらい損してる人はけっこういるので、必須オプションには注意です。

「絶対に解約を忘れないようにカレンダーにメモする」「頭金を払ってしまう」などがおすすめです。

MEMO
このときにおすすめされるオプションのひとつひとつは良質なオプションだったり、普通に使えるものばかりです。ただ、頭金0円のために契約し、一度も使うことなく毎月お金がかかる状況は、いいはずがありません。

デメリット③キャンペーン内容にブレがある/雰囲気で選んでしまう

上で大幅なキャッシュバックはなくなったと紹介しましたが、家電量販店では今もたくさんのキャンペーン、セールが行われています。

  • 特定の機種が安い
  • 別のサービスと一緒に入会すると安い
  • 関連商品が安くなる

このようなセールは永遠になにかしら行われており、実際にお得になることも多いです。しかしそれほどお得じゃないことも多いです。

ちゃんと比較して、全容をわかった上での契約ならいいのですが、賑やかな雰囲気と店員さんのセールストークに踊らされて、不要なものまで買ってしまうのは残念です。

また、いつも同じキャンペーンではないので比較も難しいし、お得なキャンペーンを「また次回にしよう」と思っても次回には終わっているかもしれません。

よくも悪くも「そのときだけ」のキャンペーンなので、あまり踊らされないようにしましょう。

デメリット④うるさい場所で契約しないといけない

これは個人差がありますが、家電量販店はTVやスピーカーが鳴っていたり、館内放送だったり、呼び込みの声だったりで、いつもガヤガヤ賑わっています。

賑やかなのが好きな人はそれでもいいですが、そこでスマホを買うとなると、1〜2時間は居座ることになります。

周りがうるさくて店員さんの説明が聞きにくかったりと、デメリットは大きいです。

この点だけをみると、ソフトバンクショップは静かで落ち着いているので、静かな方がいい人はソフトバンクショップで契約しましょう。

ソフトバンクを家電量販店で買うメリット

ここまであえてデメリットを紹介しましたが、家電量販店でスマホを買うメリットももちろんあります。

  • ドコモ/auなどと比べられる
  • 待ち時間に買い物ができる
  • 家電量販店のポイントがもらえる
  • ケースの種類が豊富でその場で買える

正直言って、これらのメリットがデメリットを上回るかと言うと微妙ですが、これらに価値を感じるようであれば家電量販店でソフトバンクスマホを買うのはアリかと思います。

家電量販店のメリット①ドコモ/auなどと比べられる

家電量販店のソフトバンク売り場の隣には、ほぼ確実にドコモやauの売り場もあります。

「ソフトバンクのままがいいか、他社に乗り換えた方がいいか・・・?」と悩んでいる方にとっては、その場でドコモやauの担当者に話を聞ける最高の環境です。

また、大手キャリアだけでなく、UQモバイルやmineoのような格安SIMの担当もいることが多いので、話を聞きにいけば、その場で比較できてとても便利です。

ショップではこうはいかないので、家電量販店の大きなメリットと言えます。

MEMO
家電量販店で複数の会社の話を聞くだけ聞いて、契約はショップやオンラインで、というのも合理的でアリかと思います(店員さんには申し訳ないですが)。

メリット②待ち時間に買い物ができる

スマホを買うときは「開通作業」が発生するので、1〜2時間くらいの待ち時間がどうしても発生します。

家電量販店で買うと、その間にブラブラと店内を買い物できるので時間の有効活用になります。

ソフトバンクショップでも、モール内とかならブラブラできますが、郊外にあるショップだと1〜2時間ただボーっと椅子に座ってるようなこともあります。

「家族がヒマしないように」とか「家族の買い物とまとめて買える」というメリットもあります。

メリット③家電量販店のポイントがもらえる

家電量販店には「ポイント」があり、だいたい購入金額の1%です。

スマホは5〜10万円くらいなので、500〜1,000ポイントもらえる計算になります。

ただ、それ以上に頭金や有料オプションで出ていくお金が大きいので、この点はメリットとしては弱いかなと思います。

「家電量販店のポイントがなにより大事!」という人にはおすすめですが、ほとんどの人にはおすすめできません。

注意
家電量販店でスマホを買ってもポイント対象でない場合もあります。分割か一括によって変わったりするので、事前によく確認しましょう。

メリット④ケースの種類が豊富でその場で買える

地味なメリットですが、家電量販店はスマホのケース、カバーが豊富です。

カバーなんてあとでいいやと思っていても、スマホを買った帰り道に落として傷をつけるかもしれません

意地悪と思われるかもしれませんが、スマホを買い換えると、持ち心地が違ったり、ストラップがなかったりで以前よりも落とす率は上がります。

ケースやカバーはソフトバンクショップにもありますが、種類が少ないし、値段が高いものが多いです。

ネットでも買えますが、実物をみられないので心配な部分があります。

ケース・カバーをその場で買えるという点では家電量販店が一番よくて、待ち時間に見られると考えると家電量販店でスマホを買うのもアリかなという気がしてきます。

【結論】最安を求めるならオンラインショップ

家電量販店のメリットとデメリットを比較しましたが、やはり「頭金×有料オプション」のコンボがあるので、あまりおすすめできません。

「カバーが買える」「その場で他社と比較できる」あたりはメリットなので、そこを重視して家電量販店で買うのはアリかもしれません。

ショップとオンラインショップとも比較して、どういう人におすすめなのかは以下。

▼この記事の結論▼

  • 家電量販店:ケースやカバーを買いたい。他社と比較したい
  • ソフトバンクショップ:静かな場所で丁寧に説明してもらいたい
  • オンラインショップ:頭金0円で一番安い

家電量販店もソフトバンクショップも3,000〜10,000円の「頭金」はどうしてもかかるので、最安を求めるのであればオンラインショップが一番おすすめです。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,000円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

精神的メリット(待ちなし、営業なし)だけでなく、金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいので普通にお得です。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

今なら手数料3,000円が無料

 

こんな記事もおすすめ

 

124