このサイトについて

【W経済圏】ソフトバンクから楽天モバイルへの移行は乗り換えじゃなく「併用」がおすすめ

ゴリラ

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えても大丈夫かな?

楽天モバイルは他の大手3キャリアと比べたら圧倒的に安いですが、「ここは不便になるよ!」というポイントがあります。

それがあなたにとって我慢できることなのか、ちょっと厳しいことなのかは、事前に確認しておきたいところ。

この記事では、ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えのデメリットと、単純に乗り換えるよりも便利な方法を紹介します。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、楽天モバイルは、他の3キャリアに比べて「繋がりやすさ」が少し弱点。

 

当サイト的には「新規契約で追加」という方法がおすすめです

 

ソフトバンクと楽天モバイル、それぞれのメリットをお得に受けられます。

ちなみに…

 

楽天モバイルでは端末を買って最大2.4万ポイント還元の還元キャンペーンをやってます!
対象iPhone / 対象Android

 

\一度は契約しないと損/

 

iPhone 14

 

2022年11月、楽天モバイルのiPhone 14、iPhone 14 Plusが早くも値下げされました!

 

関連 今回も楽天モバイルのiPhone 14がお得でした

 

ちなみに最新の在庫、入荷待ち状況は在庫状況一覧ページで確認できます!

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えると後悔するかもしれないこと

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える場合、以下のデメリットです。

  • 屋内や地下で繋がりにくいことがある
  • ソフトバンクの家族割が使えなくなる
  • 50%還元のPayPayクーポンが使えなくなる

勢いで乗り換えて、「後悔した」という声も少なくはありません。

屋内や地下で繋がりにくいことがある

楽天モバイルは、屋内や地下で電波が繋がりづらいと言われています。

主な原因は、以下の2つが考えられます。

  • プラチナバンドの割り当てがない
  • パートナー回線の打ち切りが進められている

楽天モバイルには他の3社では使用されている、安定した通信をする上で重要なプラチナバンド」の電波が、割り当てられていません。

また楽天モバイルは、自社回線の拡大に伴い、auから借り受けていたパートナー回線を続々と終了しています。

自社回線が完全にカバーしきれていない場所で、パートナー回線の打ち切りが行われると「繋がりづらい場所」が出てきてしまうようです。

これは移行期ならではの課題です。

ソフトバンクの家族割が使えなくなる

楽天モバイルに乗り換えると、ソフトバンクに残された家族の「新みんな家族割」の頭数が足りなくなる可能性があります。

▼新みんな家族割(メリハリ無制限の場合)▼

  • 3人以上:1,210円割引
  • 2人:660円割引
  • 1人:割引なし

乗り換えた本人は安くなりますが、ソフトバンクに残った家族の料金が、今より高くなる可能性があります。

ちなみに、ソフトバンクの家族同士で利用できたいた無料通話もなくなります

50%還元のPayPayクーポンが使えなくなる

ソフトバンクには

などの特典があります。

ソフトバンクプレミアムは、色んなサービスでPayPayの還元が受けられる特典です。

最大50%還元のPayPayクーポンを楽しみにしているユーザーも多いです。

また、ソフトバンクユーザーは通常は月額508円の「Yahoo!プレミアム」も無料で使えます。

Yahoo!ショッピングでPayPayポイントが多めにもらえたり、雑誌が読み放題だったりと、色々特典がつきます。

ソフトバンクを解約すると、こうした優待特典は利用できなくなります。

MEMO

楽天モバイルに乗り換えて、引き続き優待を使いたい場合、ちょっとした裏技もあります。

 

関連 まだお得?ソフトバンク「データ通信専用3GBプラン」はYahoo!プレミアムなど特典あり

楽天モバイルは「追加」で使うのが賢い!

以上の通り、楽天モバイルをメイン回線にすると、3キャリアよりも多少のリスクやデメリットがあります。

そこでこのサイトとしておすすめしているのが「乗り換え」ではなく、新規で回線を「追加」するという方法です。

最近のスマホは多くの機種で、1つのスマホで2回線を契約する「デュアルSIM」が利用できます(後半で解説します)。

ソフトバンクと楽天モバイルの回線を併用すれば、不安を解消しつつ、それぞれのメリットを享受できます。

以下、楽天モバイルを「追加」で使うメリット5つをザっと見ていきましょう。

  • 回線を追加しても料金が下がる
  • iPhoneが安く買える
  • 新規契約でもキャンペーンが使える
  • 予備の電話・回線が持てる
  • 楽天経済圏でポイント倍率アップがある

回線を追加しても料金が下がる

楽天モバイルは、データ量に応じて料金がステップアップしていく「従量課金」のプランです。

20GB以降は、月額3,278円でデータ使い放題です。

そこで、楽天モバイルを追加して、ソフトバンクを安いプランに切り替えることで、トータルの料金を安くできます。

▼ソフトバンクのみ▼

  • ソフトバンク「メリハリ無制限」:7,238円/使い放題

▼ソフトバンク+楽天モバイルを併用▼

「データ使い放題」を維持したまま、毎月682円、年間で8,184円の節約が可能です。

注意

パートナー回線にしか接続できない場合、データ量の上限は月間5GBです。

iPhoneが安く買える

楽天モバイルはソフトバンクよりiPhoneが安く買えます。

例えば、iPhone 14の価格は以下のとおり。

スクロールできます→

iPhone 14128GB256GB512GB
ドコモ138,930円
(69,690円)
161,480円
(81,680円)
201,740円
(102,140円)
au140,640円
(71,760円)
161,770円
(82,570円)
201,925円
(102,925円)
ソフトバンク140,400円
(70,200円)
161,280円
(80,640円)
201,600円
(100,800円)
楽天モバイル
※11/29値下げ
131,800円
(65,880円)

120,910円
(60,432円)
148,800円
(74,400円)

135,900円
(67,944円)
181,800円
(90,888円)

165,900円
(82,944円)
Apple119,800円
(79,866円)
134,800円
(89,866円)
164,800円
(109,866円)

関連 iPhoneを安く買う方法を忖度なくシンプルにお伝えします 

ソフトバンクより2万円くらい安いです。

「そろそろ機種変更のタイミングかも」という方は、楽天モバイルでセット購入すると、ガツっと費用が抑えられます。

さらに以下で紹介するポイント還元も加えると、4万円以上お得になることもあります。

新規契約でもキャンペーンが使える

楽天モバイルは、新規契約でもキャンペーンが使えます。

例えば、新規契約でiPhone 14シリーズを買えば、最大で2.4万ポイントの楽天ポイントがもらえます。

スクロールできます→

キャンペーン内容
①誰でも
3,000ポイント
3,000ポイント還元
②端末購入で
ポイント還元
最大16,000ポイント還元
対象iPhone
対象Android
③iPhone
購入プログラム加入で
5,000ポイント還元
④SIMのみ
契約でポイント還元
5,000ポイント還元
⑤楽天ひかりが
1年無料
最大6万円相当還元
解説記事

自分がもらえるポイント額をチェックする

予備の電話・回線が持てる

通信障害に備えて、予備の電話・通信回線が持てることも、楽天モバイルをあえて「追加」で契約するメリットです。

2022年の夏にはauで大規模な通信障害が発生しましたが、今後、ソフトバンクでも起こる可能性はゼロではありません。これはどこも同じです。

仕事やプライベートの利用で「通信障害があると困る!」という方は、安く維持できる予備回線を持っておくと安心です。

楽天経済圏でポイント倍率アップする

楽天には「SPU」というプログラムがあり、楽天サービスを使うごとに楽天市場でもらえるポイント倍率がアップします。

「楽天経済圏」と言われるやつは、この「SPU」が肝になります。

楽天モバイルを契約すると、最大3倍のポイント倍率アップがあります。

ソフトバンクと楽天モバイルをダブルで契約すれば、PayPayと楽天、それぞれの経済圏からメリットを得られます。

楽天モバイルを追加して使う方法【デュアルSIM】

ソフトバンクの契約を続けたまま、楽天モバイルを追加するには「デュアルSIM」を利用するのがおすすめ。

デュアルSIMは、1台のスマホに2つの通信回線を入れて持ち歩けるイメージ。

お手持ちのスマホには、ソフトバンクの回線の「SIMカード」が差し込まれているはずです。

ここにさらに楽天モバイルの「SIMカード」を追加します。

iPhoneでは「eSIM」を利用する|最短5分

iPhoneにはSIMカードは1枚しか差込めないのですが、eSIMを利用することで、デュアルSIMが利用できます。

eSIMとは

スマホに内蔵されたSIM。遠隔でデータを書き換えることで、物理的なSIMカードと同じ役割を果たす

2018年に発売したXS・XR以降のiPhoneは、eSIMに対応しています。

楽天モバイルでeSIMを利用する手続きはこれだけ。

  1. 楽天モバイルでeSIMを契約する
  2. 初期設定を行う

eSIMだと、遠隔でのSIMの書き換えだけなので、手続きは最短5分です。店頭の手続きと比べて、圧倒的なスピードで完了します。

MEMO

2021年5月11日以前にソフトバンクで購入したスマホには、SIMロックがかかっています。楽天モバイルで使用するためにはロック解除が必要です。

  • ドコモ
    My docomoから手続き
    My docomoにログイン>三本線のメニューから「サービス一覧」を選択>「SIMロック解除」>製造番号(IMEI)を入力>「SIMロック解除を申込む」「SIMロック解除の注意事項に同意する」をチェック>「手続きを完了する」
  • au
    My au(SIMロック解除のページ)から手続き
    My auにログイン>SIMロックを解除する端末のチェックボックスにチェックを入れ「次へ」>解除理由を選択して「この内容で申し込む」
  • ソフトバンク
    My SoftBank(SIMロック解除のページ)から手続き
    My SoftBankにログイン>製造番号(IMEI)を入力>「解除手続きをする」
  • ワイモバイル
    My Y!mobile(SIMロック解除のページ)から手続き
    My Y!mobileにログイン>製造番号(IMEI)を入力>「解除手続きをする」
  • UQモバイル
    my UQ mobileから手続き
    my UQ mobileにログイン>「契約確認・変更」タブ>「ご契約内容」欄の「詳細を確認・変更する」>「SIMロック解除」(下の方)>「ロックを解除する」

デュアルSIMスマホは楽天モバイルでも買えます

デュアルSIM対応のスマホは、楽天モバイルでも買えます。

先述のとおりiPhoneはもちろん、AndroidスマホにもデュアルSIMが使える端末が増えてきています

楽天モバイルの各製品ページで、デュアルSIMへの対応が確認できます。

例えば、以下のように「nano SIM(SIMカード)」と「eSIM」に対応しているものは、デュアルSIMで使えるということです。

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えする方法は?

「新規で追加」ではなく、ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える手順もサクッと紹介していきます。

STEP.1
ソフトバンクでMNP予約番号を取得する

今の電話番号を引き継ぐためには、MNP予約番号が必要です。

My SoftBank または 電話窓口で取得できます。

  • My SoftBankから手続き(9時~20時 年中無休)
    「設定・申込」>「契約者情報の変更」>「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」>「番号ポータビリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」
  • 電話窓口:0800-100-5533(9時~20時 年中無休)
    ソフトバンク携帯電話からは*5533
STEP.2
SIMロック解除

ソフトバンクで購入したスマホを楽天モバイルに持ち込む場合は、SIMロックを解除しておきましょう。

My SoftBank(SIMロック解除のページ)から手続き
My SoftBankにログイン>製造番号(IMEI)を入力>「解除手続きをする」

STEP.3
楽天モバイルに申し込む

楽天モバイルに申し込みます。

STEP.4
MNP開通手続き

申し込み完了から最短2日で、SIMカードが(セット購入の場合はスマホも)届きます。

その後「my楽天モバイル」にアクセスして、MNP開通手続きをします(手続きの方法はこちら)。

STEP.5
初期設定

同封のスタートガイドに沿って初期設定を進めましょう(ガイドは公式サイトでも確認できます)。

STEP.6
データ移行

機種変更をした場合は、データ移行をおこないましょう。以下の記事でそれぞれ解説しています。

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えで知っておきたいこと

最後に、ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えよるときに、よくぶち当たること、知っておきたいことをお伝えします。

乗り換えのタイミングはいつがベスト?

新規契約は月初、乗り換えは「締日の直前」がおすすめ。

楽天モバイルは日割りがないので、新規契約は月初がお得です。

また乗り換えの場合、ソフトバンクの解約月も日割りはありません

ただし、ソフトバンクはユーザーによって「10日」「20日」「月末」と、締日が3通りあります。

いずれにせよ、締日ギリギリまで使ってから、楽天モバイルに乗り換えることで、もっともムダなく移行できます(月末締めの人が若干有利)。

MEMO

自分の締日はMy Softbankの「料金・支払い管理」から確認できます。

機種代が残ってるけどどうなる?

機種代の残債がある場合、楽天モバイルに乗り換えた後も、引き続き、分割払いが継続されます。

ちなみに、残債額の確認、一括清算は以下の方法で可能です。

▼残債の確認方法▼

  1. こちらのリンクからMy SoftBankへログイン
  2. 「支払回数」「支払残金額」などを確認

▼残債を一括清算する方法▼

  • ソフトバンクショップで手続き(本人確認書類が必要)
  • または チャットサポートで問い合わせ

乗り換えで違約金はかかる?

ソフトバンクの違約金は、2022年2月1日に全プランで廃止されています。

いつ解約しても違約金は0円です。

また、その他の手数料も一切かかりません。

  • ソフトバンクの違約金⇒0円
  • ソフトバンクのMNP転出手数料⇒0円
  • 楽天モバイルの新規契約手数料⇒0円

ソフトバンクのメールは使えなくなる?

ソフトバンクでは2021年12月から「メールアドレス持ち運び」がスタートしています。

こちらを利用すると、ソフトバンク解約後もソフトバンクのメールが使えます。

ただし、こちらは月額330円(または年額3,300円)の有料サービスです。

まとめ

「楽天モバイルで節約したいけど、やっぱり不安」という方は、新規で追加がおすすめです。

楽天モバイルは契約手数料も違約金も0円なので、まずは試してみるのが一番良いかと。

使ってみて良さそうなら、メインのソフトバンク回線を乗り換えても良いですし、そのまま2回線を併用しても良いですね。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

↓左右にスクロールできます!

キャンペーン内容
①誰でも
3,000ポイント
3,000ポイント還元
②端末購入で
ポイント還元
最大16,000ポイント還元
対象iPhone
対象Android
③iPhone
購入プログラム加入で
5,000ポイント還元
④SIMのみ
契約でポイント還元
5,000ポイント還元
⑤楽天ひかりが
1年無料
最大6万円相当還元
解説記事

自分がもらえるポイント数をチェックする

ゴリラ

iPhone 14、キャリアの中では最安で、ポイント還元もあるんだ!最大2.4万ポイントは猛烈〜!!

最新の価格や在庫は公式サイトを確認してみてくださいね!

\一度は契約しないと損/

 

こんな記事もおすすめ

273