このサイトについて

【画像あり】ソフトバンク2019秋冬の新商品一覧

10/17にソフトバンクの2019年秋冬発売の新機種が発表されました。

ソフトバンクの2019年秋冬の新機種は全6機種で、特に注目されているのが現在ソフトバンクからのみ発売されているGoogle Pixel 4とLG G8X ThinQです。

今回は、これら新機種すべてのスペックや特徴をわかりやすくまとめて画像とともに紹介していきます!

ちなみに…

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,000円)なし
  • 頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプション契約なし
  • 来店なし
  • 待ち時間なし

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

オンライン限定キャンペーンあり!

 

Google Pixel 4/4 XL

  • メーカー:Google
  • 発売日:2019年10月24日
  • 価格:87,840円

ソフトバンクの今回の目玉はなんといってもこのGoogle Pixel 4/4 XLでしょう。

「星空が撮れる」というAIカメラ、Soliレーダーによるジェスチャー操作など、Googleならではのソフトウェアの強みを盛り込んだスマホです。

4 XLはその名の通り4のサイズが大きいモデルです。

カメラにこだわる人や、最先端を体験したい人はぜひ購入を検討したい一台となっています。

日本では2019年11月現在ソフトバンクの独占販売となっています。

主な特徴は以下の通り。

Google Pixel 4の特徴

  • 星空がキレイに撮れる夜景モードなどを備えた高性能カメラ
  • ディスプレイ前で手を動かしスマホを操作できる「モーションセンス」機能
  • ボイスレコーダーからの文字起こし機能

詳細スペックは以下の通り。

 Google Pixel 4のスペックGoogle Pixel 4 XLのスペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)147.1㎜×68.8㎜×8.2㎜160.4㎜×75.1㎜×8.2㎜
バッテリー容量2,800mAh3,700mAh
OSAndroid™ 10Android™ 10
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 6GB / ROM 64GBまたは128GBRAM 6GB / ROM 64GBまたは128GB
CPUSnapdragon855Snapdragon855
ディスプレイサイズ:約5.7インチ
解像度:Full HD+
種類:有機EL
アスペクト比:19:9
サイズ:約6.3インチ
解像度:Full HD+
種類:有機EL
アスペクト比:19:9
アウトカメラデュアルレンズ
広角:約1,220万画素
望遠:約1,600万画素
デュアルレンズ
広角:約1,220万画素
望遠:約1,600万画素
防水/防塵IP68IP68
重量約162g約193g
インカメラ約800万画素約800万画素

以下の記事で詳しい特徴を紹介しているので興味のあるかたはぜひご覧ください。

LG G8X ThinQ

  • メーカー:LGエレクトロニクス
  • 発売日:2019年12月上旬以降
  • 価格:未定

このスマホはなかなか変わっており面白いスマホです。

LG G8X ThinQは購入時に付属するディスプレイ付きのケースを装着することで、上の画像のようにデュアルスクリーンのスマホとして使うことができます。

それにより、動画を見ながらSNSで発信するなど、2画面を使ってマルチタスクが可能になっています。

また、専用ケースを外せば本体だけ1画面での使用も可能です。

他にもカメラ性能も他のスマホとは違った特徴を持っており、なにかというと、インカメがすごいです。

通常インカメの画素数(一般的に大きくなるほどきれいな写真がとれる)は800万画素くらいで、カメラ性能が良いiPhone11でも1200万画素です。

しかし、LG G8X ThinQのインカメの画素数はなんと3200万画素という圧倒的な数値…!

「ポートレートモード」にも対応し、高画質の「自撮り」を楽しむことができます。

ということで、主な特徴は以下の通りです。

LG G8X ThinQの特徴

  • 専用ケースを装着してデュアルスクリーンスマホとして使用可能
  • 3200万画素の圧倒的なインカメラ性能
  • 4000mAhの大容量バッテリー

詳細スペックは以下の通り。

LG G8X ThinQのスペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)
約164㎜×166㎜×15.0㎜
(本体のみ:約76㎜×160㎜×8.4㎜)
重量
約331g(暫定値)
(本体のみ:約193g)
OSAndroid™ 9
CPUSnapdragon855
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 6GB / ROM 64GB
バッテリー容量4000mAh
アウトカメラデュアルレンズ
標準:約1200万画素
超広角:約1300万画素
インカメラ約3200万画素
ディスプレイ【本体】
サイズ:約6.4インチ
解像度:Full HD+
種類:有機EL
【LGデュアルスクリーン】
サイズ:約6.4インチ
解像度:Full HD+
種類:有機EL
防水/防塵防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)

\ソフトバンク公式ショップで/
LG G8X ThinQを詳しく見る 

Xperia 5

  • メーカー:SONY
  • 発売日:2019年10月25日
  • 価格:116,160円

Xperia5は2019年夏に発売されたXperia1とXperia Aceの中間に位置する性能の機種です。

 

主な特徴は以下の通り。

Xperia 5の特徴

  • 6.1インチの大画面でも片手で操作しやすい細身のサイズ感
  • 映画と同じ比率の21:9のディスプレイで動画やゲームへの没入感と臨場感を実現
  • デジタル一眼レフの技術を注ぎ込んだトリプルレンズカメラ
  • 高速CPUで美しい3Dグラフィックのゲームがサクサク動く

詳細スペックは以下の通り。

Xperia 5のスペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)約158㎜×約68㎜×約8.2㎜
重量約164g
OSAndroid™ 10
CPUSnapdragon855
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 6GB / ROM 64GB
バッテリー容量3000mAh
アウトカメラトリプルレンズ
望遠:約1220万画素
標準:約1220万画素
広角:約1220万画素
インカメラ約800万画素
ディスプレイサイズ:約6.1インチ
解像度:Full HD+
種類:有機EL
アスペクト比:21:9
防水/防塵防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)

Xperia5は6.1インチの大画面でも片手で操作しやすい細身のサイズ感

Xperia5はXperia1に引き続き、アスペクト比21:9という映画で用いられるディスプレイサイズになっており、6.1インチの大画面での迫力ある映像体験が楽しめます。

そして、大画面でありながら、横幅を手にフィットする68㎜にすることで片手での操作がしやすくなっているのが特徴的です。

2019年夏に発売されたXperia1と比べて横幅が1まわりほど小さくなっています。

Xperia5は、スマホの持ちやすさを重視する人には一番おすすめの機種です。

\ソフトバンク公式ショップで/
 Xperia 5を詳しく見る 

AQUOS zero2

  • メーカー:SHARP
  • 発売日:2020年1月下旬
  • 価格:未定

AQUOSの他のハイスペック機種には、カメラ性能を売りにした「ビジュアルコミュニケーションフラグシップ」端末である、AQUOS Rシリーズがありますが、AQUOS zeroは、ゲームや動画視聴などのエンターテイメント要素を重視した「エンターテインメント・フラッグシップ」端末として位置づけられています。

10/12現在、実際の画面はまだ開発中ということで見ることはできませんでしたが、動画やゲームなどのエンタメに特化したモデルということで、発表された機能や特徴も画面の表示などに関連するものが多いです。

主な特徴は以下の通り。

AQUOS zero2の特徴

  • 140gの軽量ボディ―
  • 4倍速有機ELで激しい動きのゲームなどでも残像感ない画面表示
  • タッチパネルの反応高速化によってゲームの操作感向上
  • 10億色の表現力のディスプレイで映像の本来の美しさをそのまま表示

※ディスプレイにおいて、毎秒120回の表示更新が間に黒画面を挿入することで毎秒240回となり、映像がめっちゃ滑らかにくっきり見えるとのこと。4倍は従来機種のAQUOS sense2の毎秒60回と比べた数字。

詳細スペックは以下の通り。

AQUOS zero2のスペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)未定
重量140g台
OSAndroid™ 10
CPUSnapdragon855
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 8GB / ROM 256GB
バッテリー容量3,130mAh
アウトカメラデュアルカメラ
広角:約2,010万画素
標準:約1,220万画素
インカメラ約800万画素
ディスプレイサイズ:約6.4インチ
解像度:Full HD+(1,080×2,340)
種類:有機EL
防水/防塵防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)

\ソフトバンク公式ショップで/
AQUOS zero2を詳しく見る 

AQUOS sense3 plus

  • メーカー:SHARP
  • 発売日:2019年12月上旬以降
  • 価格:未定

スタンダードモデルとして販売されるAQUOS sense3はAQUOS史上最長の電池持ちが特徴的です。

主な特徴は以下の通り。

AQUOS sense3の特徴

  • 大容量バッテリーと省エネディスプレイによるAQUOS史上最長の電池持ち※動画をHD再生して約20時間
  • スマホデビューにも使いやすいかんたん&安心設計

詳細スペックは以下の通り。

AQUOS sense3のスペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)約148㎜×約70㎜×約8.9㎜
重量約167g
OSAndroid™ 9
CPUSnapdragon™ 630
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 4GB / ROM 64GB
バッテリー容量4,000mAh
アウトカメラ標準:約1200万画素
広角:約1200万画素
インカメラ約800万画素
ディスプレイサイズ:約5.5インチ
解像度:Full HD+(1,080×2,160)
防水/防塵防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)

\ソフトバンク公式ショップで/
AQUOS sense3を詳しく見る 

キッズフォン2

 

  • メーカー:セイコーソリューションズ
  • 発売日:2019年12月上旬以降
  • 価格:未定

キッズフォンについてはあまり語ることはありませんが、従来のものよりも進化しているようです。

主な特徴は以下の通り。

キッズフォン2の特徴

  • 多彩な見守り機能を搭載
  • ディスプレイが頑丈に
  • カメラや顔認識スタンプ、学習アプリで楽しさアップ

\ソフトバンク公式ショップで/
キッズフォン2を詳しく見る 

まとめ

以上がソフトバンクの2019年秋冬の新商品です。

スマホ5種とキッズケータイが1種という内容でした。

個人的には、専用ケースで2画面になりインカメが超性能のLG G8X ThinQが気になります。

話題のGoogle Pixel 4/4 XLも販売されており、ソフトバンクの2019秋冬のラインナップはなかなか充実しているのではないでしょうか。

ということで、この記事がスマホ選びの参考になれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございます。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,000円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

精神的メリット(待ちなし、営業なし)だけでなく、金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいので普通にお得です。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

今なら手数料3,000円が無料

 

こんな記事もおすすめ

228