このサイトについて

【これだけ知っておけばOK】ソフトバンクとワイモバイルをシンプルに比較!【料金or品質】

ゴリラ

「ソフトバンク」本家にするか、サブブランドの「ワイモバイル」にするか迷ってるんだよね。違いを簡潔に教えてほしい!

この記事では、ソフトバンクとワイモバイルを7つの項目で比較していきます。

  • どちらを契約すべきか悩んでいる方
  • ソフトバンク⇔ワイモバイルの乗り換えを検討中の方

は、ぜひ目を通してみてください。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、LINEMOとワイモバイルの違いをまとめると次のとおり。

 

はソフトバンク、はワイモバイルに関するメリット)

  • 料金プラン
    ワイモバイルが安い
  • 通信速度
    ソフトバンクが速い
  • スマホ
    ソフトバンクは王道ワイモバイルは格安が中心
  • 端末の保証
    →ワイモバイルでは持ち込みでも保証が付けられる
  • 特典・サービス
    ソフトバンクプレミアがアツい
  • キャンペーン
    →どちらにも端末割引がある
  • サポート
    ワイモバイルも頑張っている。ともに2,000店舗以上

料金が安いのはワイモバイル通信速度と優待特典で選ぶならソフトバンクです。

手数料3,300円が無料になりました

 

手数料も送料も無料です

 

料金を比較|ワイモバイルが安い

まずは料金プランを比較していきましょう。

▼ソフトバンクの料金プラン▼

スクロールできます→

プラン名料金特徴
メリハリ無制限7,238円・データ無制限の
大容量プラン
・テザリングは30GBまで
・月間3GB以下なら
さらに1,650円引き
ミニフィットプラン+〜1GB:3,278円〜
〜2GB:4,378円
〜3GB:5,478円
・使ったデータ量によって
3段階の料金
スマホデビュープラン+4GB:1,078円(1年目)
2年目以降は2,178円
20GB:2,728円(1年目)
2年目以降は3,916円
・初めてスマホを
持つ人のためのプラン
LINEMO3GB:990円
20GB:2,728円
・オンライン専用ブランド

関連 ソフトバンクの新料金プランはどうなってる?

▼ワイモバイルの料金プラン▼

スクロールできます→

 シンプルSシンプルMシンプルL
月額料金2,178円3,278円4,158円
家族割適用時
2回線目〜
990円2,090円2,970円
データ容量
(データ増量)
3GB
(+2GB)
15GB
(+5GB)
25GB
(+5GB)
制限時最大300Kbps最大1Mbps
回線4G/5G
通話22円/30秒(無料通話なし)

関連 【最新】ワイモバイルの料金プランを解説

安く使えるのは、もちろんワイモバイルです。

例えば、以下のようにソフトバンク⇒ワイモバイルへの乗り換えだと、毎月3,960円の節約が可能です。

  • ソフトバンク「メリハリ無制限」:7,238円
  • ワイモバイル「シンプルM(20GB)」:3,278円
    ⇒3,960円の節約

割引やプランによって、節約できる金額は変わりますが、2,000~5,000円ぐらいは節約できるケースが多いです。

「安さ」はワイモバイルを選ぶ最大のメリットですね。

ただし、ワイモバイルは使えるデータ量の上限が30GBです。

それ以上のデータ量が必要な方は、ソフトバンクを選びましょう。

家族割・セット割の違い|ソフトバンクが有利

どちらも「家族割」「光回線とのセット割」があります。

▼家族割▼

  • ソフトバンク「新みんな家族割
    ⇒家族全員が最大1,210円割引
  • ワイモバイル「家族割引サービス」
    ⇒2回線目以降は1,188円割引

▼光回線とのセット割▼

  • ソフトバンク「おうち割 光セット
    ⇒家族全員が最大1,100円割引
  • ワイモバイル「おうち割 光セット(A)」
    ⇒家族全員が1,188円割引

重要な違いは、以下の2点です。

  • ワイモバイルの家族割は2回線目からしか適用されない
  • ワイモバイルは上記の割引が併用できない
    (家族割orセット割、どちらかを選ぶ必要がある)

ワイモバイルは元の料金が安い分、割引ではソフトバンクに分がありますが、それを加味しても、基本的にはワイモバイルの方が安く使えます。

通信速度を比較|ソフトバンクが上

通信速度は、ソフトバンクの方が速いようです。

「みんなのネット回線速度」による、ソフトバンク、ワイモバイルの通信速度は以下のとおり。

  • ソフトバンク:105.09Mbps
  • ワイモバイル: 66.07Mbps
  • (参考)mineo:41.01Mbps
  • (参考)IIJmio:50.02Mbps

※直近3ヶ月に計測された測定結果から平均値を計算(2022年10月時点)
※出典:みんなのネット回線速度

ソフトバンクはしっかりキャリアの水準で、100Mbpsを超える数値が出ています。

一方、ワイモバイルは「格安SIMと比べると少し上だが、大手キャリアには及ばない」というところ。

個別の環境では結果が変わる可能性はありますが、ソフトバンクの方が、より快適に使えます。

スマホを比較|ラインナップ・白ロム・プログラムの違い

スマホのラインナップ、白ロムの有無、購入プログラムの違いについて紹介していきます。

スマホの「ラインナップ」の違い

ソフトバンクは王道、ワイモバイル格安機が中心です。

ソフトバンクでは、iPhone、Pixel、Xperia、AQUOSの最新フラッグシップの取り扱いがあります。

超人気モデルが買えるのは、ソフトバンクならではです。

最新のソフトバンクの製品一覧

一方、ワイモバイルは格安機が中心のラインナップです。安いスマホを買うなら、ワイモバイルの方が選択肢が多いです。

ワイモバイルの製品一覧

ソフトバンクの機種が欲しければ「白ロムでOK」

ちなみに、ソフトバンクでは、回線契約なしでスマホだけ(白ロム)を購入することもできます(オンラインショップでも購入可)。

なんで、ワイモバイルを選ぶ人も、ソフトバンクのスマホが欲しければ、単体購入すればOK。「◯◯がほしいから、ソフトバンクにする」みたいなことは不要です。

ソフトバンクには「新トクするサポート」がある

ソフトバンクでは、「新トクするサポート」というプログラムがあります。

こちらは、48回払いで購入した対象機種を将来返却すると、最大24回分の端末代金の支払いが免除されるというものです。

要は半額で2年間使えるという「リース契約」のような仕組みです。

最近のスマホは15万円、20万円が当たり前になってきたので、こうしたプログラムも選択肢としてはアリ。

購入プログラムはワイモバイルにはありません。

端末の保証を比較

端末の保証サービスの違いを見ておきましょう。

  • 持込端末への保証⇒ワイモバイルだけ
  • 購入したスマホへの保証⇒どちらもつけられる

「持込端末保証」はワイモバイルだけ

「持込端末保証」は、ワイモバイルのみで提供されています。

他の店舗などで買ったスマホを持ち込み、回線契約のみ(SIM単体の契約)をする人向けに用意されている保証です。

iPhone、Androidのそれぞれで提供されています。

「スマホを壊してしまうことが多い」という方には、持込端末保証は魅力的です。

購入したスマホへの保証は「どちらも付けれる」

ソフトバンクとワイモバイル、どちらでも購入したスマホでは、保証サービスに入れます。

ソフトバンクはiPhone向け、Android向けの2種類。ワイモバイルは共通で1種類です。

▼ソフトバンク▼

▼ワイモバイル▼

中身はだいたい同じです

  • 自然故障の際の無償修理
  • 破損のときの修理費用の割引
  • 有料での交換サービス など

特典・サービスを比較

特典サービスの違いを見ていきましょう。

  • ソフトバンクプレミアムはソフトバンク限定
  • Yahoo!プレミアム、キャリアメールはどちらも使える

「ソフトバンクプレミアム」はソフトバンク限定

ソフトバンクユーザー限定の優待特典として「ソフトバンクプレミアム」があります。

いろんなところで、PayPay還元が受けられます。

  • 最大50%還元の「スーパーPayPayクーポン」
  • 毎年1,000ポイントがもらえる「長期継続特典」
  • 最大20%還元の「エンタメ特典」
  • TOHOシネマズのチケットが200円割引 など

中でも最大50%還元の「スーパーPayPayクーポン」が目玉です。PayPayアプリで高還元率のクーポンがもらえます。

以前と比べ、スーパーPayPayクーポンの特典内容はしぶくなりましたが、まだまだ使い道はあります。

「Yahoo!プレミアム」はどちらも無料で使える

「Yahoo!プレミアム」は、通常だと月額508円がかかる有料サービスです。

ソフトバンクとワイモバイルのユーザーはともに、無料で利用できます。

  • Yahoo!ショッピング、LOHACOが2%還元
  • 国内バスケの試合が見放題の「バスケットLIVE」
  • パ・リーグ全試合配信の「ベースボールLIVE」
  • 雑誌110誌以上が読める「読み放題プレミアム」

ワイモバイルの方は「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」という名称ですが、中身は全く同じ。

キャリアメールもどちらも使える

ソフトバンクもワイモバイルも、キャリアメールが使えます。

  • SoftBankメール(@i.softbank.jp)
  • Y!mobile メール(@yahoo.ne.jp)

キャンペーンを比較

キャンペーンも比較していきましょう。

  • どちらも2万円超のスマホの割引あり
  • ワイモバイルは「SIM単体」で1万円超の特典あり

どちらも「2万円超」のスマホの割引あり

どちらも他社からの乗り換えの場合、スマホ代の割引があります。

ワイモバイルは端末ごとに割引額が異なり、新規契約でも割引を受けられることがあります。

ワイモバイルは「SIM単体」で1万円超の特典あり

ワイモバイルは、SIMカード単体の契約であっても、1万円超のPayPayポイント還元が受けられます。

サポートを比較

スクロールできます→

 ソフトバンクワイモバイル
店舗数2000店舗以上ソフトバンクでの
取扱い店を含め
2000店舗以上
問い合わせ店頭スマホサポート店頭スマホサポート
(定額プランはなし)
初心者サポートケータイ
なんでもサポート
(550円/月)
ワイド
サポート
(550円/月)
問い合わせ店舗、電話、チャット
店頭での修理受付ソフトバンクショップ
から可能
ワイモバイルショップ
から可能(約900店舗)

ゴリラ

ワイモバイルは安い分、サポートが手薄だからなぁ

と思われがちですが、実はソフトバンクに近いレベルのサポートが受けられます。

ソフトバンクショップでのワイモバイルの取り扱い(併売)が始まり、一気にサポートが手厚くなっています。

通信費を安くしたいけど、店舗のサポートは必要という方には、ワイモバイルは最適解になりそうです。

ソフトバンク⇔ワイモバイルの乗り換えは「超簡単」

この記事の読者さんの中にはソフトバンク⇔ワイモバイルで乗り換えを考えている方も多いと思います。

ソフトバンク⇔ワイモバイルの乗り換えは、プラン変更に近い簡単な手続きで完了します。

  • MNP予約番号は不要
  • 契約者情報を引き継げる
  • SIMロックは自動で解除される
  • 乗り換え費用は0円

なので、迷っているならとりあえず乗り換えしてしまうのがおすすめです。

合わなかったら出戻りすればよいだけです。

ワイモバイル⇒ソフトバンクでは豪華特典あり

ちなみに、ワイモバイル⇒ソフトバンクでは、かなり大きな特典があります。

  • メリハリ無制限が1年間割引(最大36,960円
  • オンライン限定の「web割」(最大21,600円

諸々の特典を併用すると、最大で8万円超の特典をもらうこともできます。詳しくは以下の記事でガッツリ解説しています。

まとめ

ソフトバンクとワイモバイルの違いをまとめると、以下のとおりです。

  • 料金プラン
    ワイモバイルが安い
  • 通信速度
    ソフトバンクが速い
  • スマホ
    ソフトバンクは王道ワイモバイルは格安が中心
  • 端末の保証
    →ワイモバイルでは持ち込みでも保証が付けられる
  • 特典・サービス
    ソフトバンクプレミアがアツい
  • キャンペーン
    →どちらにも端末割引がある
  • サポート
    ワイモバイルも頑張っている。ともに2,000店舗以上

料金を安くしたいならワイモバイル、「通信速度」「大容量」「ソフトバンクプレミア」あたりが気になるならソフトバンクと、そこまで迷うことはないでしょう。

また、両者間の乗り換えを考えている方も、いったん使ってみた方が、いろんなメリット・デメリットが見えてくるはずです。

出戻りもできますし、デメリットはありません。

手数料3,300円が無料になりました

 

手数料も送料も無料です

 

333