このサイトについて

【980円】ソフトバンクユーザーならタブレットはデータシェアがかなりおトク

ゴリラ

タブレットを買おうと思ってるんだ!スマホはソフトバンクだから、タブレットもソフトバンクで買った方がいいのかな?お得な買い方を教えて!

仕事でもプライベートでも、大画面のタブレットが1台あると、何かと便利ですよね。

タブレットを買うときに気になるのが、どこで買えばいいのかということ。「スマホとセットで契約すれば安くなる」と、なんとなく思っている人も多いでしょう。

そこで、今回はソフトバンクでタブレットを契約するときの端末料金や毎月の維持費を紹介します。

少しでもお得にタブレットを契約するためのキャンペーンも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、スマホで「メリハリプラン」などの大容量プランに入っているなら、ソフトバンクでタブレットを契約すると、最安980円とかなりお得に使えます。

 

また、トクするサポート+などの割引は、タブレットでも使えます。ソフトバンクならではのメリットを使いこなすのがポイント。

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,300円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

また、LINEMOへの乗り換えを考えている人も、いったんはソフトバンクで契約しておいた方が最大2万円ほどお得になります!

 

関連記事:【お得ワザ】LINEMO への乗り換えはあり?ケース別の考え方をまとめました。

 

 

オンライン限定キャンペーンあり!

 

\5〜22歳なら誰でもOK/



2021年春のソフトバンクの学割は2種類あり!
  • スマホデビュー→1年間は990円で2GB5分かけ放題
    +550円で4GBに増量可!)
  • メリハリ無制限→3,938円×6ヶ月=23,628円割引

特にスマホデビューのお子さんは格安SIM並みに安くなります!


解説記事:【1,540円/4GB】2021年春「Softbank学割」はスマホデビューがアツい!

ソフトバンクで買えるタブレット(2020年11月現在)

2020年8月現在、ソフトバンクで買えるタブレットはiPadが7種類、Androidタブレットが1種類のみ。iPadのランナップは以下のとおり。

↓スマホは左右にスクロールできます!

タブレット容量価格
(実質)
iPad Air(第4世代)64GB1,770円×48ヶ月
(42,480円)
256GB2,160円×48ヶ月
(51,840円)
iPad (第8世代)32GB1,140円×48ヶ月
(27,360円)
128GB1,365円×48ヶ月
(65,520円)
12.9インチ
iPad Pro(第5世代)
128GB3,285円×48ヶ月
(78,840円)
256GB3,555円×48ヶ月
(85,320円)
512GB4,095円×48ヶ月
(98,280円)
1TB5,160円×48ヶ月
(123,840円)
2TB6,240円×48ヶ月
(149,760円)
11インチ
iPad Pro(第3世代)
128GB2,505円×48ヶ月
(60,120円)
256GB2,775円×48ヶ月
(66,600円)
512GB3,315円×48ヶ月
(79,560円)
1TB4,380円×48ヶ月
(105,120円)
2TB5,460円×48ヶ月
(131,040円)
iPad (第7世代)32GB1,140円×48ヶ月
(36,720円)
128GB1,370円×48ヶ月
(42,240円)
iPad mini(第5世代)64GB1,390円×48ヶ月
(42,720円)
256GB1,770円×48ヶ月
(51,7840円)
iPad Air(第3世代)64GB1,515円×48ヶ月
(36,360円)
256GB1,875円×48ヶ月
(45,000円)

 

iPadの価格については、

  • Wi-Fi+Cellularモデルの価格
  • カッコ内の実質はトクするサポート+、トクするサポートを利用した際の実質負担額(トクするサポートプログラム利用料を含む)

で表記しています。

以前はAndroidタブレットもたくさん販売していたのですが、現在は1種類だけです。

ソフトバンクのタブレットの維持費

ソフトバンクでタブレットを契約する際の維持費は、上の端末代金にプラン料金を加えた金額です。

ソフトバンクのタブレットの維持費

  • 端末の分割代金
  • プラン料金

の合算額

ソフトバンクのタブレット用のプランは以下の3種類があります。

  • データシェアプラン(ソフトバンクのスマホとデータをシェア)
  • メリハリプラン for データ(タブレット単体の大容量プラン)
  • ミニフィットプラン for データ(タブレット単体の従量プラン)

①データシェアプラン┃スマホとデータ通信をシェア

ソフトバンクのスマホで以下のプランを契約している人は、980円で「データシェアプラン」に加入できます。

  • データプランメリハリ
  • データプラン50GB+
  • データ定額 50GBプラス
  • データ定額ミニ 1GB/2GB
  • データ定額 5GB/20GB/30GB/50GB
  • パケットし放題フラット for 4G LTE
  • パケットし放題フラット for 4G

データシェアプランでは、スマホのデータ通信を分け合って使います

例えばスマホで「メリハリプラン」や「ウルトラギガモンスター+」を契約している人は、50GBをスマホとタブレットで分け合って利用できます。

また、メリハリプランで「ギガノーカウント」になるサービスは、タブレットでもデータ通信を消費しません。

これはかなりお得ですね。

注意
「ミニフィットプラン」などの使った分だけ支払うプランでは、データシェアには加入できません。

②メリハリプラン for データ(タブレット単体で契約)

ソフトバンクのスマホを契約していない人、スマホと通信量をシェアせずたっぷり使いたい人には、「メリハリプラン for データ」がおすすめ。

基本的にスマホの「メリハリプラン」と内容は同じです。

  • データ容量は50GB
  • 対象サービスは動画SNS放題
  • 月間の通信量が2GB以下なら1,500円引き

毎月の維持費をシミュレーションしてみました。

  • 端末分割代金:1,000円〜4,000円程度
  • データプランメリハリ:6,500円
  • 基本プラン(データ):980円
  • 半年おトク割(6ヶ月):−1,000円

だいたい、7,480円〜10,000円強で利用できます。

③ミニフィットプラン for データ┃1GB以上使うならおすすめできない

ソフトバンクのスマホを契約していない人で、最低限のデータ通信でいいなら、「ミニフィットプラン for データ」を検討してもいいでしょう。

ミニフィットプラン for データは、通信を使った分だけ支払うプランです。

  • 〜1GB:3,000円
  • 1〜2GB:5,000円
  • 2〜5GB:6,500円

毎月の維持費の例は以下のとおり。

  • 端末分割代金:1,000円〜4,000円程度
  • データプランミニフィット:3,000円〜6,500円
  • 基本プラン(データ):980円
  • 半年おトク割(6ヶ月):−1,000円

最安で3,980円くらいから利用できます。

しかし、例えば1〜2GB使う場合、「メリハリプラン for データ」と料金が同じになってしまいます。

「1GBまでの最低限しか使わない!」と言い切れる人なら契約してもいいんですが、タブレットを有効活用したいなら1GBでは足らないでしょう。

①データシェアプランか、②メリハリプラン for データの契約を強くおすすめします。

「メリハリプランでテザリング」はあまりおすすめしない

ゴリラ

わざわざSIMを契約しなくても、メリハリプランでテザリングで通信すればよくない?

ソフトバンクはテザリングが有料で500円かかります。テザリングでデータをシェアしてもいいのですが、もう500円支払えば「データシェアプラン」でSIMカードを追加できます。

テザリングはスイッチを入れたり、バッテリーを気にしたりと面倒なことが増えます。タブレット単体で通信できる便利さを考えると、データシェアプランの方がおすすめです。

ここまでまとめ
どのプランに入るか迷ったら、以下を参考にしてください。

 

  • スマホでメリハリプラン、ウルトラギガモンスター+などの大容量に入っている人→データシェアプラン(980円)
  • ソフトバンクのスマホを契約していない、スマホは「ミニフィットプラン」などの使った分だけのプランに入っている、スマホと合わせて50GBじゃ足りない、という人→メリハリプラン for データ(7,480円)
  • 1GB以下しか使わない、基本的にはWi-Fiで使う人→ミニフィットプラン for データ(3,980円)

iPadはソフトバンクとAppleどっちが安い?→購入時点では分からない

ゴリラ

AppleでiPadを買った方がお得になったりしない?

ここで気になるのが、iPadをソフトバンクとAppleで買ったとき、どちらがお得になるのか、ということ。

iPadのWi-Fi+Cellularモデルを、ソフトバンクとAppleで買ったときの違いは以下のとおり。

 ソフトバンクApple
定価同じ
実質負担額30〜50%オフ定価
分割回数48回24回
2年後の端末トクするサポート
利用で端末はなくなる
端末は手元に残る

大きな違いは、ソフトバンクでiPadを買った場合、トクするサポート(プラス)が利用できること。

トクするサポート(プラス)は

  • 端末を48回分割で購入する
  • 2年後に24回分を払ったあとに端末を返却する
  • 新しい端末を購入する

という条件で、最大で24回分の支払いが免除されるプログラムです。つまり、2年後に端末はなくなるけど半額で使える、というものです。

ゴリラ

結局どっちがお得なの?

結論、今の時点で、どちらがお得なのか、その答えは出せません。

もしかしたら、Appleで一括で購入して、2年後に売却した方が、実質の負担は少なくなるかもしれません。

  • 端末の購入も契約も一括でまとめたいならソフトバンク
  • 少しでもお得になる可能性に懸けるならApple

でいいと思います。

ただ、AppleでWi-Fi+Cellularモデルを買っても、モバイル通信をしたいなら、別途SIMのみの契約をしなくてはいけません。

面倒な人は、始めからソフトバンクで端末も買ってしまった方が楽ちんです。

ソフトバンクでタブレットを契約するときに使えるキャンペーン

ソフトバンクでタブレットを契約するときに使えるキャンペーンや割引は以下のとおり。

  1. トクするサポート+/トクするサポート
  2. 下取りプログラム(タブレット)
  3. 半年おトク割

①トクするサポート+/トクするサポート┃端末が最大50%オフ

先に紹介しましたが、端末を48回分割払いにして2年後に買い換えると、最大で24回分の支払いが免除されます。つまり、最大で50%オフでタブレットが買えます。

トクするサポートには+(プラス)が付いているものと、付いていないものの2種類あります。

 トクするサポート
+(プラス)
トクするサポート
対象2020年3月27日(木)
以前に発売された機種
2020年3月26日(木)
以前に発売された機種
プログラム利用料無料390円×24ヶ月
返却のみPayPayボーナス
を付与
利用できない

端末の発売日が2020年3月27日より前か後かで、使える方が決まります。

無印の「トクするサポート」は毎月390円×24回=9,360円のプログラム利用料がかかります。

また、トクするサポート+の方は、端末を買い換えずに返却だけしてもPayPayボーナスがもらえます

②下取りプログラム(タブレット)┃他社で買ったiPadでもOK

タブレットを契約する際に、それまで使っていたタブレットを下取りに出すと、PayPayボーナス、または購入機種代金が割引されます。

他社で購入したiPadのWi-Fi+Cellularモデルも下取り対象です。最大で23,040円の割引があります。

対象機種は公式サイトを確認してください。

注意
下取りプログラムの下取り額はWi-Fi+CellularモデルもWi-Fiモデルも同じです。

 

普通であればWi-Fi+Cellularモデルの方が高額で買い取ってもらえることが多いです。町の買取店やフリマアプリで売却した方がお得になるかもしれません。

③半年おトク割┃6ヶ月間1,000円割引

「メリハリプラン for データ」、「ミニフィットプラン for データ」を契約すると、1,000円×6ヶ月間の割引を受けられます。

「データシェアプラン」を契約の場合は、割引はありません。

ちなみに:タブレットずーっと割は終了

ソフトバンクには2015年から2019年まで、「タブレットずーっと割」というかなりお得な割引がありました。

これはいわゆる「毎月割」で、契約している限り、ずーっと定額の割引を受けられるものでしたが、終了してしまいました。(この割引のおかげで、iPadが実質タダで手に入ることもありました。)

まとめ

ソフトバンクでメリハリプランやウルトラギガモンスター+など大容量プランに入っているなら、端末代金と+980円でタブレットが維持できます。

ソフトバンクユーザーでタブレットの購入を考えているなら、普通に「アリ」な選択肢です。トクするするサポート+などの、ソフトバンクならではの割引も使えるので、検討してみる価値はあります。

もし、iPhoneとiPadの2台持ちを考えているなら、以下の記事もおすすめです!

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,300円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいのですが、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)も無視できず、普通にオススメです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

手数料3,300円が無料になりました

 

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

15025