iPhone11が9/13(金)21時~予約開始!!

【不要】ソフトバンクの機種変更先取りプログラムは入る必要なし|明確な理由を紹介します

ゴリラ

ソフトバンクの機種変更先取りプログラムって必要なのかな?使わなければ返ってくるって聞いたし損しない気はするんだけども…実際どうなの?

と疑問に思っている人向けの記事です。

結論から言ってしまうとほとんどの場合で不要です。お得になる可能性は割と低めで、損する人も多いと思います。

この記事では、元携帯販売員の僕がなぜ機種変更先取りプログラムが不要なのか?またそもそも機種変更先取りプログラムってなんだっけ?ということを詳しく紹介していきます。

ソフトバンクを使っている人なら参考になると思うので、ぜひご一読ください。

ソフトバンクで契約するなら頭金なし待ち時間なし営業なしのオンラインショップがおすすめです!

 

\オンライン限定CPあり/
ソフトバンクオンラインショップ

 

iPhone11が遂に予約開始となりました!

発売日は9/20(金)です。予約してゲットしましょう!

ソフトバンクの機種変更先取りプログラムって何?

なぜ不要なのかの前に、機種変更先取りプログラムという複雑なオプションについて説明をします。(「もう知ってるから不要な理由を教えて!」という人は「機種変更先取りプログラムに加入しないべき理由」から読んでください。)

機種変更先取りプログラムはざっくり表すと以下のような感じ。

月額300円で加入しておくと、13ヶ月~25ヶ月目で機種変更しても端末代がお得になるオプション

です。多分伝わってないですよね…。もっとわかりやすく説明しますm(_ _)m

機種変更先取りプログラムの条件は以下4つ。

  1. 月額300円でオプションに加入する
  2. 対象のデータプランに加入している
  3. 端末を24分割で購入
  4. 機種変更時に端末を回収

以上の条件をみたすと、次に機種変更するタイミングに応じて「最大7ヶ月分の端末代が返ってくる特典」をもらえます。機種変更のタイミングによって以下のように変わってきます。

  • ~12ヶ月:利用不可
  • 13ヶ月~18ヶ月:前倒し手数料2,000円で7ヶ月分が無料に
  • 19ヶ月~25ヶ月:最大7ヶ月分の端末代が無料になる
  • 25ヶ月以降(最大48ヶ月):返金してもらえる

公式サイトの説明はこちら

~12ヶ月:利用不可

このオプションに加入して、12ヶ月以内に機種変更した場合はオプション自体を利用することもできないですし、今まで払っていた掛け金(300円*月数)も返ってくることはありません。

12ヶ月以内で機種変更するのは稀なケースなので大丈夫だとは思いますが、気をつけておきましょう。

13ヶ月~18ヶ月:前倒し手数料2,000円で最大7ヶ月分が無料になる

13ヶ月~18ヶ月の間に機種変更した場合は前倒し手数料が2,000円かかりますが、最大7ヶ月分の端末代金が無料になります。

最大7ヶ月分とは19ヶ月~25ヶ月目の端末代金という意味なので13~18ヶ月目の端末代金は戻ってきません

19ヶ月~25ヶ月目:最大7ヶ月分の端末代金が実質無料に

これが一番お得な期間です。なかでも19ヶ月目に機種変更するのが一番お得になります。

機種変更先取りオプションを使うなら、この期間をめがけて機種変更しましょう。

26ヶ月目以降~(最大48ヶ月):掛け金が返金される

26ヶ月目以降で機種変更する場合は、無料になる端末代金もないためいままで払った掛け金(300円*月数分)は返金されます。(最大48ヶ月まで)

また、13ヶ月以上使ったけど機種変更先取りプログラムを利用しなかった場合もプログラム料は返金されます。

ゴリラ

使わなかったら返金されるんだったら別に入ってても損はなくない?なんで入らない方が良いの?

という点について、これから説明していきましょう。

機種変更先取りプログラムに加入しないべき理由

機種変更先取りプログラムは一見すると損のないお得なオプションに見えますが、注意すべき点が結構多いのです。

  • 端末が回収されるので不便
  • 下取りの方がお得になる場合もある
  • 12ヶ月以内での機種変更の場合は利用不可
  • ソフトバンクを解約しにくくなる

端末が回収されるので不便

オプション加入時にしれっと説明されていることが多くて、知らない人も多い事実なのですが、機種変更先取りプログラムを利用する場合は端末を回収されます

機種変更時に回収されるので、データのバックアップも必要ですし、「Wi-Fi用端末として残しておく〜」ということももちろんできません。

不便ですし、残しておきたい人にはおすすめできないですね。

下取りの方がお得になる場合もある

端末が回収されるので、要は下取りと同じノリなんですよね。でもズバリ言ってしまうと、下取りの方が普通にお得になる可能性があります。

例えば、最新のiPhoneXS 64GBを例に試算してみます。

iPhoneXS 64GBの実質負担金は5,700円/月(2019年1月現在)

19ヶ月目に機種変更して最大7ヶ月の端末代が無料になると…5,700円*7ヶ月=39,900円。そこからオプションの実費(5,700円)が引かれて、最終的なお得額は34,200円になります!

とてもわかりにくいんですが、以下図にしてみました。

19ヶ月目で機種変更した場合は34,200円でそれより前でも後でもだんだんとお得額は下がっていくんですよ。

で、2019年現在の下取り価格を見てみると、iPhoneXで54,000円。iPhone 8 で23,760円です。

iPhone8でも1万円くらいしか変わらないし、iPhoneXに関しては下取りした方がお得ですよねw

もちろん時期によって下取り額は変わるので、その時の状況に応じてお得かそうでないかは変わります。

条件が微妙な割に、リターンが小さいんですよね。だったら普通に下取りしてしまった方がいいと思います。

ソフトバンクを解約しにくくなる

個人的にはこれが一番問題だと思っています。

機種変更先取りプログラムを使うと、ソフトバンクを解約しにくくなります。

なぜなら、損をしないためにはソフトバンクを継続しなければならないから。

機種変更先取りプログラムの返金条件は

  1. 26ヶ月目以降(最大48ヶ月)で機種変更する
  2. 13ヶ月目以降で機種変更するけどオプションを使わない

の2点でした。つまり、どちらも機種変更することが条件です。

解約してしまうと無料にもなりませんし、返金も受けられません。

※2019年1月に一部ルールが改定されて「機種変更後に機種変更先取りプログラムに継続加入しないと返金されない」という条件が撤廃されました。が、解約したら掛け金は戻ってこないという点はかわりません。

機種変更先取りプログラムの評判/口コミ

実際に使っているであろうユーザーの声を参考までにおいておきましょう。

https://twitter.com/tom021269301/status/1048244717941473281

肯定的な意見もありますが、否定的な意見の方が多いようです…!

 

元販売員的立ち位置からぶっちゃけで言うと、機種変更先取りキャンペーンでお得になる人ってほんと2~3割なんじゃないかと思います。

だって、こんなオプションに加入したことって覚えてないでしょ?覚えていたとしても、ルールは忘れていると思います。忘れているうちに19ヶ月以上経って、あまりお得じゃなくなる…というケースが大半なんじゃないかなぁと…。

こんな人にはおすすめできる(条件)

ゴリラ

逆にこんな人にはおすすめできるとかあるの?

あります!以下の条件に当てはまる人は加入しといておっけーだと思いますね。

  • 端末回収されてもOK
  • 今まで2年以内に機種変することが多かった
  • 端末代がそこそこ高い
  • 2年後も確実にソフトバンクを使っている

上記に当てはまらない人は加入しなくてOKです。

まとめ:機種変更先取りプログラムは加入しない方が良い

もちろんケースバイケースなので、加入してお得な人もいると思います。が、上述した通りほとんどの人は入っていても19ヶ月目に思い出して手続きしないですからね。

自信がある人以外は加入しないのが安パイだと思います。

複雑なオプションで難しいですが、少しずつ理解してお得な選択をしていきましょう。

ちなみに:機種変更するならソフトバンクオンラインショップがお得

ちなみにですが、機種変更をするなら店舗での契約よりもソフトバンクオンラインショップ(公式)がお得です。

というのもソフトバンクオンラインショップのメリットがそこそこ多い。

  • 頭金無料(最大10,000円くらい)
  • オプション加入なし
  • 待ち時間なし(10分くらい)
  • 店員から営業も受けない

頭金もオプションもないので、金銭的なメリットもありますし、待ち時間や営業もないので精神的なメリットも大きいです。

お得に機種変更したい人は使っておきましょう。

\公式なので安心/
ソフトバンクオンラインショップ

こんな記事もおすすめ

コメントを残す