【特集】iPhone 13が発売!

ソフトバンク「Lenovo TAB6」を正直レビュー|口コミ・評価・スペック・価格をくわしく紹介

ゴリラ

ソフトバンクの「Lenovo TAB6」ってどう?タブレット一つ持っておきたいかも

「Lenovo TAB6」がソフトバンクで発売中です。プラン・機種代コミコミで月額1,843円で使えます。

目立った最新機能こそありませんが、シンプルで使いやすく「タブレットらしいタブレット」なのが魅力です。

処理性能もグンと良くなり、使い勝手は一気によくなっています。

「手頃なタブレットが欲しい」ということで、気になっていた方も多いのでは。

本記事では、Lenovo TAB6のスペック・特徴口コミ・評判など紹介していきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Lenovo TAB6はシンプルで使いやすい「ザ・タブレット」という感じの端末です。

 

ソフトバンクならプラン・機種代コミコミで月額1,843円で使えるので、使い勝手の良いタブレットを一つ持っておきたい人におすすめです。

このスマホの評価
価格
(4.0)
スペック
(3.0)
カメラ
(2.0)
シンプルさ
(4.0)
総合評価
(3.5)

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,300円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

 

手数料3,300円が無料になりました

 

\次世代コスパモデル爆誕/


ふつうに使えて、洗えて、指紋認証もおサイフケータイもついてる万能スマホ。価格は2.7万円、 2年後に返せば1.3万円……安すぎる!


ソフトバンク arrows We 商品ページ


関連記事:arrows Weをソフトバンクで買った方がいい理由|スペックもさくっとレビュー

Lenovo TAB6はこんなタブレット

Lenovo TAB6はシンプルで使いやすいのが特徴。

そこそこの処理性能、持ち歩きやすいサイズ感、十分なバッテリー容量と、基本的なポイントを押さえています。

「手頃なタブレットが一つ欲しい」と考えているソフトバンクユーザーにとくにおすすめですね。

特徴をまとめると以下の通り。

Lenovo TAB6はこんなタブレット
  • 普段使いに十分な処理性能
  • 持ち歩きやすいサイズ感
  • 4G・5Gの通信に対応(外出先でも使える)
  • ストレージは64GBと控えめ(micro SDカードで追加可能)
  • 7,500mAhの大容量バッテリー。急速充電にも対応
  • DisplayPort出力でモニター・テレビに映せる

それぞれ見ていきましょう。

普段使いに十分な処理性能

CPUは「Snapdragon 690 5G」を搭載。

ハイエンド・ミドルレンジ・エントリーの3つのクラスでいうと、真ん中のミドルレンジのチップです。

Androidタブレットは、性能の良いものから操作感のモッサリしたものまでピンキリですが、Lenovo TAB6については普段使いに十分な処理性能を持っています。

動画の視聴、アプリの操作などで不満を感じることは少ないでしょう。ただし重めの3Dゲームなどは厳しそうではあります。

持ち歩きやすいサイズ感

サイズ感は「大きすぎず、小さすぎず」というところ。

寸法は約158×244×8.3mmで、B5のノート(182×257mm)より、少し小さいくらい

10.2インチの無印iPadと比べても、少し小さいサイズです。

iPadと同等の10.3インチのそこそこの大画面で、持ち歩きしやすいサイズ感を両立しているのはグッドですね。

ちなみに重さはLenovo TAB6、iPad(第9世代)のWi-Fi+Cellularモデルともに498gで全く同じです。

4G・5Gの通信に対応|外出先でも使える

Lenovo TAB6は、Wi-Fi環境でインターネットに繋げるのはもちろん、4G・5Gの通信にも対応しています。

ソフトバンクのタブレット向けのプランを契約すれば、外出先でもインターネットに接続が可能です。

Wi-Fiしか使えないタブレットも多いので、この点はLenovo TAB6を選ぶ理由の一つになるでしょう。

なお、Lenovo TAB6はAndroidタブレットとしては国内初の5G対応機種です。

現状、5Gのエリアは都心部が中心で、全国どこでも使える状況には至っていませんが、いち早く5Gが使える点は魅力ですね。

ストレージは64GBと控えめ|micro SDカードで追加は可能

内部ストレージは64GBと少なめです。

アプリをたくさん入れたり、動画・写真をたくさん保存したりすると、容量不足の心配があります。

ただしmicro SDカードで最大2TBまで追加できます。「容量が足りない」という方はSDカードで適宜追加して使っていくと良さそうです。

iPadはSDカードが挿せないので、ここは比較したときのメリットの一つになるでしょう。

7,500mAhの大容量バッテリー|急速充電にも対応

バッテリーは7,500mAhと大容量です。約737時間の連続待受けが可能とのこと。

Lenovo TAB6は、ほどほどの処理性能で画面解像度もやや控えめというところで省エネ性も期待できるスペックとなっています。

なお充電については、USB Power Deliveryに対応し、急速充電も可能です。約3時間で満充電になります。

充電のストレスが少ないのも、地味にうれしいポイントですね。

DisplayPort出力でモニター・テレビに映せる

Lenovo TAB6は、ケーブルを用意すれば、DisplayPortに対応したモニター・テレビに写真などの出力が可能です。

旅行中にスマホで撮影した写真を映すなどの使い方ができます。これも便利ですね。

Lenovo TAB6の3つの機能

Lenovo TAB6ならではの機能には以下の3つがあります。

Lenovo TAB6の3つの機能
  • 「PCモード」で仕事・エンタメが捗る
  • 「キッズスペース」で子どもが一人で楽しめる
  • 「学習モード」で効率的に学習できる

「PCモード」で仕事・エンタメが捗る

PCモードでは、画面の分割表示による2つのアプリの同時立ち上げが可能です。

画面の下にはパソコンのデスクトップのような形で、タスクバーが配置され、起動中のアプリを一覧で確認できます。

仕事の調べものを効率的に進めたいときや、動画とSNSを同時に利用して楽しみたいときなど、幅広い用途で役立ちます。

「キッズスペース」で子どもが一人で楽しめる

キッズスペースでは「よむ」「あそぶ」「つくる」「みる」のコンテンツが用意されています。

子ども一人でもコンテンツを楽しむことができます。

なお、Googleの「ファミリーリンク」の機能で、子どもが閲覧するコンテンツの管理や利用時間の設定も可能です。

「学習モード」で効率的に学習できる

学習モードでは、学習に最適なアプリケーションや機能がプリセットされています。

授業動画などを見ながら、検索、スクリーンショット、メモを同時に使用できます。効率的に学習を進めることができるでしょう。

Lenovo TAB6の口コミ・評価

Lenovo TAB6の口コミ・評価を見ていきましょう。

口コミには「SDカードが挿せる」「処理性能がそこそこ良い」など評価している声が多く見られました

詳しく紹介していきます。

SDカードが挿せるのがグッド

「SDカードが挿せる」というところにメリットを感じているという声が多く見られました。

タブレット選びではコンテンツ・写真・動画などの保存を考えて、SDカードでストレージを拡張できるか気にする人は多いようですね。

処理性能が良い・ゲームが遊べる など

「処理性能が悪くない」「ゲームがちゃんと遊べた」という口コミもあります。

やはり「Snapdragon 690 5G」を搭載していると、処理性能はそこそこ期待できます。「安かろう悪かろう」のタブレットではないということですね。

Lenovo TAB6の価格は36,720円

Lenovo TAB6の価格は36,720円です。

▼Lenovo TAB6の価格

  • 本体総額:36,720円(月々765円× 48回)
  • 新トクするサポート適用時:18,360円(月々765円× 24回)

ちなみに、新トクするサポートを適用すると、18,360円の負担額で購入が可能です。

新トクするサポートは、2年後に端末を返却することを条件に、半額の負担額でスマホ・タブレットを購入できるプログラムです。

とくにLenovo TAB6は2年後には値崩れして中古で売るにもかなり安くなることが予想されるので、半額で下取りしてもらえるのは好条件です。

毎月765円で2年間使い、2年後には買い替えや返却ができるのは、メリットが大きいですね。

タブレット向けのプランは「データシェアプラン」

ソフトバンクのタブレット向けプランは「データシェアプラン」です。スマホのプランのデータ容量をタブレットでシェアして使えます。

▼データシェアプラン

  • 月額1,078円
  • スマホのデータ容量をタブレットでシェアして使える

関連記事:ソフトバンクでiPhoneとiPadの2台持ちは1,078円〜の「データシェア」が超コスパ◎

料金は月額1,078円と格安です。機種代の分割払いと合わせても月額1,843円で済みます。

とくにメリハリ無制限で契約中なら、テザリング・データシェアで合計30GBまで使えます。

2千円以内で30GBの大容量が使えるタブレットが一つ手に入ると考えると、お得感は強いですね。

LINEMOで運用するのもあり|非ソフトバンクユーザーにおすすめ

ソフトバンクグループのオンライン専用プラン「LINEMO」で使うのもありです。

▼LINEMOのプラン▼

  • ミニプラン:990円(3GB)
  • スマホプラン:2,728円(20GB)

特にソフトバンクのスマホを使っていない人にはおすすめの方法です。

  1. ソフトバンクオンラインショップでLenovo TAB6を購入
    (新トクするサポートを使うには48回払いで購入)
  2. 契約は「データ通信専用3GBプラン」を選ぶ(3ヶ月無料)
  3. 無料期間内に解約してLINEMOを契約

というような流れがスムーズです。

ちなみに新トクするサポートの権利はLINEMOにも引き継ぐことができます。2年後にソフトバンクへ端末を返せば、765円× 24回(18,360円)の支払いは免除されます。

スペック一覧|Lenovo TAB5と比較

Lenovo TAB6のスペック一覧は以下。参考にLenovo TAB5も比較として載せています。参考までに。

↓左右にスクロールできます!

 Lenovo TAB6Lenovo TAB5
メーカーレノボ・ジャパン株式会社
発売日2021年10月22日2019年9月5日
サイズ縦:約244mm
横:約158mm
厚み:約8.3mm
縦:約242mm
横:約167mm
厚み:約8.1mm
重さ約498g約540g
接続端子USB Type-CUSB Type-C
バッテリー容量7500mAh7000mAh
OSAndroid 11Android 9
CPUSnapdragon 690 5GSnapdragon 480
RAM/ROM4GB/64GB3GB/32GB
外部メモリ容量最大2TB
(microSDXC)
最大512GB
(microSDXC)
ディスプレイ約10.3インチ TFT液晶
ワイドUXGA(1920×1200ドット)
約10.3インチ IPS-TFT液晶
WUXGA(1,920×1,200ドット)
メインカメラ約800万画素約800万画素
サブカメラ約800万画素約800万画素
その他機能IPX3の生活防水/IP5Xの防塵設計
顔認証
5G対応
IPX3の生活防水/IP5Xの防塵設計
顔認証
フルセグ・ワンセグ対応
36,720円36,000円

処理性能アップ、5G対応などが主なアップデート。フルセグ・ワンセグはTAB6では非対応になりました。

Lenovo TAB6のカラーはアビスブルー、ムーンホワイトの2色です。

まとめ

Lenovo TAB6はクセがなくシンプルに使えるタブレット。

処理性能アップでモッサリ感がなくなり、一気に使いやすくなりました。

ソフトバンクユーザーなら、コミコミで月額1,843円と格安で使えるので、気軽にタブレットを持ちたい方に特におすすめです。

ぜひ購入検討の参考にして頂ければ幸いです。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,300円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいのですが、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)も無視できず、普通にオススメです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

手数料3,300円が無料になりました

 

こんな記事もおすすめ

693