【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

楽天モバイルにしたらiPhoneが使えなくなるってマジ?実態を調べてみました

ゴリラ

楽天モバイルにすると「iPhoneが使えなくなる」みたいな情報が、ネット上にわんさかしていて不安だゾ!

楽天モバイルは2020年のサービス開始当初、iPhoneに対応していなかったこともあり、「楽天モバイルにすると、iPhoneが使えなくなる」という情報が錯綜(さくそう)しています。

そこで今回は、2023年最新の情報をもとに、実際、楽天モバイルでiPhoneは不便なく使えるのか、制限される機能はあるのか、はっきりさせておきます。

正直な結論
  • iPhone 12以降であれば楽天モバイルで何の不自由もなくiPhoneを利用できる

ゴリラ

今まさにiPhoneがつながらなくなって困ってる……!という人は、こっちの記事も参考にしてな!

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

ちなみに…

 

 

楽天モバイルでは端末を買って最大3.3万円還元のキャンペーンをやってます!
対象iPhone / 対象Android

 

\一度は契約しないと損/

料金シミュレーションもれなく100ポイントもらえます

楽天モバイル iPhone キャンペーン

 

2月21日、楽天モバイルのiPhone 15などが値下げされました!

 

さらに、SE以外のすべてのiPhoneが最大3.3万円還元されるキャンペーンもスタート!!!新規でも最大2.8万円還元!!

 

キャンペーンをくわしく見てみる 

2021年4月、楽天モバイルはiPhoneシリーズに正式に対応

冒頭でお伝えしたとおり、楽天モバイルはサービス開始当初から1年間はiPhoneを「動作保証対象外」としていました。

この間はiPhoneの取り扱いがなく、iPhoneでは利用が制限される機能がそこそこありました。

しかし2021年4月のキャリアアップデートにより、対象のiPhoneでは、楽天回線のすべての機能が利用できるようになっています。

楽天モバイル対応iPhone(公式サイト)

ネット上に「楽天モバイルにするとiPhoneが使えなくなる」という情報がいっぱいあるのは、古い情報が更新されないまま残っているからです。

ゴリラ

それが古い情報なのかどうかもわからないゾ……

という方も多いと思うんで、この記事で、バシッと「何ができないのか」をお伝えしていきますね。

【最新】楽天モバイルのiPhoneで実際に使えない機能

執筆時点では、楽天モバイルでiPhoneを利用する際、不便に感じることは、ほぼゼロと言っても良いでしょう。

関係ない人もいると思いますが、以下の3点はサクッと押さえておくことをおすすめします!

  • 型落ちモデルの回線自動切替え
  • Rakuten Linkを使ったSMS
  • Rakuten Linkの「SIMなし」の発着信(非公式)

型落ちモデルの回線自動切替え

2020年春に発売したiPhone SE(第2世代)を含む、それより前のiPhoneは、回線が自動で切り替わりません。

楽天モバイルは楽天回線(自社回線)とパートナー回線(au回線)で、つながりやすい方に、自動で接続されます。

基本的に最適な回線(安定している方)につながるようになっているのですが、古いiPhoneでは、自動で切り替えが行われません。

パートナー回線エリアから楽天回線エリアに移動しても、パートナー回線につながったまま変わらない。

パートナー回線よりも楽天回線の方が高速で通信できる傾向にあるため、楽天回線につながってくれることに越したことはありません。

もしiPhone SE(第2世代)、iPhone 11、もしくはそれよりも前のiPhoneを使っているなら、楽天への乗り換えのタイミングで安く端末をゲットするのがおすすめです。

Rakuten Linkを使ったSMS

2021年7月にRakuten Linkの仕様に変更があり、Rakuten Linkを使っていない相手とのSMSはiOS標準のメッセージアプリ(緑のアイコンのやつ)で送受信するようになりました。

Rakuten LinkによるSMSの送信は無料でしたが、iPhone標準のメッセージアプリからの送信は有料(3.3円/70文字)になります。

しかし、Rakuten Link同士であれば、引き続き、無料で送受信ができますし、iPhone同士なら自動で無料の「iMessage」で送信されます。

SIMを抜いたiPhoneで着信

2023年現在、一部のAndroidスマホでは、一度、楽天モバイルのSIMを使ってRakuten Linkを設定すると、楽天モバイルのSIMを抜いた状態でも発着信ができます(楽天モバイルはこの方法を公式に認めていません)。

iPhoneでは2021年7月以降、Rakuten Links以外からの着信はiOS標準の電話で着信するようになりました。

これに伴い、iPhoneで着信するにはSIMが入っていること(もしくはeSIMを設定していること)が必須になりました。

とは言え、「SIMを入れずに着信をしたい」という需要はそこまで高くないと思うので、ほとんどの人は気にしなくても良いと思います。

【誤情報に注意】楽天モバイルのiPhoneで使える機能

繰り返しになりますが、楽天モバイルはiPhoneへの対応が遅れたこともあり、「楽天モバイルにすると、iPhoneで使えなくなる機能がある」といった情報を目にすることがあります。

以下で紹介する機能などは、一部で「使えない」という情報も出回っていますが、2023年現在は使えるので安心してください。

  • Rakuten Linkを使った折返しの電話
  • パートナー回線(au回線)でのSMSの送受信
  • 緊急地震速報や津波警報などの受信(ETWS)

先述のとおり、2021年7月から楽天モバイルのiPhoneは標準の「電話アプリ」で着信するようになりました。

着信に折り返し電話をするときは、履歴の「 i 」のマーク→「発信」→「Link」を選択することで、Rakuten Linkから折返しの電話ができます

iPhoneの「110/118/119通報ができない」問題(解消すみ)

ちなみに、2021年9月、iPhoneで一定の条件下では緊急通報(110番、118番、119番)ができなくなることが判明し、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルなどから注意喚起されました。

この「一定の条件」とは

  • SIMカードとeSIMを使ってデュアルSIM運用をしている
  • 「モバイルデータ通信用」の回線に音声通話ができない「データ通信SIM」を使っている

という2点でした。

これはiPhoneの仕様の問題であり、楽天モバイルに限定されたものではありません。

この問題は2021年12月に公開された「iOS15.2」にアップデートすることで、解消されることが確認されています。

まとめ:最新のiPhoneなら不便なく使える

楽天モバイルにするとiPhoneの機能が制限されるという情報は、2023年の今もなお、出回っています。

結論、iPhone 12以降のモデルであれば、不便なく利用することができます。

もし、それ以前のiPhoneを使っているなら、楽天モバイルのiPhoneのキャンペーンが行われているうちに、新しいiPhoneを購入しても良いかと思います。

ただ、楽天モバイルの回線が他のキャリアよりもつながりづらいことは否めません。

個人的には楽天モバイルの回線はサブ回線として契約するか、もう1種類、他のSIMを保険として契約しておくことをおすすめします。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

↓左右にスクロールできます!

キャンペーン乗り換え契約新規契約
①楽天モバイル
を初めて契約
1.3万ポイント2,000ポイント
②対象端末購入iPhone:最大6,000ポイント
Android:最大6,000ポイント
対象iPhone
対象Android
③iPhone購入で2万円・2万ポイント還元
端末詳細
④誰かから
紹介を受けると
解説記事
最大1.3万ポイント還元
①との併用は不可
最大6,000ポイント還元
①②との併用は不可
合計最大3.3万円還元最大2.8万円還元

ゴリラ

今らな、30秒くらいの料金シミュレーションするだけで、全員100ポイントもらえるゾ!

最新の価格や在庫は公式サイトを確認してみてくださいね!

 

\一度は契約しないと損/

料金シミュレーションもれなく100ポイントもらえます

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
iPhoneを安く買う方法