このサイトについて

楽天モバイルUN-LIMITとワイモバイル10項目で徹底比較【5分でわかる】

ゴリラ

楽天モバイルUN-LIMITとワイモバイル、お得な方に乗り換えたいけど、比べることが多くてわかりにくい…どっちに乗り換えればいいのか教えてほしい

このような要望にお応えします。

どこのスマホサービスもそうですが、何を基準に判断すればいいのかわかりにくいです。

そこでこの記事で、スマホ記事執筆歴1年以上の経験から楽天モバイルUN-LIMITとワイモバイルについて10項目で比較しました。

ぜひ判断の参考にしていただければと思います。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、今契約するなら楽天モバイルUN-LIMITの方が魅力的です。

なぜなら、楽天モバイルUN-LIMITの特典が大きく、料金が安く抑えられているわりに、通信速度などもすぐれているからです。

ただしスマホの用途や使う場面によっては必ずしも一概には言えないので、気になる部分だけでも参考にしてみてくださいね!

ちなみに…

楽天モバイルでは現在プラン料金(2,980円)が1年間無料になるキャンペーンを実施中です。

 

キャンペーンは300万人対象なので、新規・乗り換えで検討中の方は枠がなくなる前に契約しておきましょう。

 

\データ使い放題/
楽天モバイルを見てみる

 

契約時に紹介コードを入力すると2,000ポイントもらえます。

※コードが使えないときは、他のコードも試してみてください。

紹介コード①:2020030301194

紹介コード②:y8LzWUHc8Qgy

紹介コード③:cs7Na5amRZnS

 

 

関連:楽天モバイル(UN-LIMIT)の紹介コードを使って2,000円分お得に契約する方法

目次

そもそも楽天モバイルUN-LIMIT|ワイモバイルとは

楽天モバイルUN-LIMIT、ワイモバイルの特徴は、それぞれ以下の通りです。

【楽天モバイル UN-LIMITは2020年4月からの新プラン】

2020年4月8日から新しく始まった楽天のキャリア通信サービス。楽天回線エリアでのデータ使い放題、300万名限定の1年間基本料金無料、楽天ポイントの還元などがウリ。

楽天モバイルUN-LIMITは始まったばかりの新サービスで、ドコモ/au回線を使っていた旧楽天モバイルとは別ものです。

一部のエリアでは独自の楽天回線、それ以外のパートナー回線エリアではau回線で通信します。

2020年4月7日には旧楽天モバイルの新規受付は終了しており、当面は使えるものの、サービス自体は将来的には終了する見込みです。

楽天モバイルの山田社長の発言
4月8日以降もMVNOサービス*1を利用したいユーザーは、4月7日までに新規契約をすれば良い。ただし、「(ユーザーの)迷惑にならないように、どこかのタイミングで」(山田善久社長)、MNOサービス*2への切り替えは行われる。MVNOサービスを完全に終了するタイミングについては「移行のスピードにもよるため、明言できない」という。
(出典:ITmedia Mobile

*1:格安SIMを提供している事業者のこと
*2:自社回線での通信サービスを提供している事業者のこと

【ワイモバイルは格安SIM業界トップクラスの通信速度】


ソフトバンクの子会社のワイモバイルが提供する格安スマホサービス。月々に使うデータ通信量から料金プランを選べ、格安スマホ業界の中でトップクラスの通信速度がウリ。

楽天モバイルUN-LIMITとワイモバイルを10項目で徹底比較

楽天モバイルUN-LIMIT、ワイモバイルとも、料金、エリア、データ通信量などが異なり、見るべき項目は10コあります。

それぞれについて一覧にまとめました。一気に比較しましょう。

比較のまとめ【10項目を比較】

以下、楽天モバイルUN-LIMITとワイモバイルを10項目で比較した結果をまとめた表です。

 楽天モバイルワイモバイル
プラン名Rakuten UN-LIMITスマホベーシックプラン(S,M,R)
料金(月額基本料)2,980円2,680円〜4,680円
データ通信量(月)・楽天回線:使い放題
・パートナー回線:5GBまで*3
・3GB〜14GB*4
(ソフトバンクWi-Fiスポットを無料で使える)
通話アプリ「Rakuten Link」を仕様した国内通話は無制限無料(IP通話)10分以内の国内通話無料(何回でも)
通信速度*1・下り53.7Mbps
・上り32.7Mbps
・下り42.4Mbps
・上り11.9Mbps
対応エリア
(回線ごと)
・楽天回線:東京、名古屋、大阪などに限定
・パートナー回線:全国のau回線エリア
全国のソフトバンク回線
還元ポイント・楽天ポイント、最大20,800pt
・楽天スーパーポイントアッププログラム +1倍
PayPayモール、Yahoo!ショッピング、LOHACOで最大10%還元
サポート体制・店舗数:580超
・スマホアプリでもサポート対応(一部有料)
・店舗数:1,000超
・スマホアプリでもサポート対応(一部有料)
対応機種楽天モバイル以外で購入したスマホは、動作保証対象外iPhoneをはじめ、多くの機種が対応
違約金*2
(2019年10月1日以降の新規契約者が対象)
最低利用期間なし、違約金なし最低利用期間なし、違約金なし
キャンペーン、割引など300万名対象で1年間無料キャンペーン(詳しくは【料金の比較】で解説)・新規、のりかえでデータ通信量が1GBプラスされるキャンペーンあり
・新規割、家族割引などで6ヶ月間、基本料金の最大1,200円割引あり

条件によってどちらがお得かがかなり異なりますし、表だけでは解説しきれないところもあります。

*1:全国各地での測定結果を確認できる「みんなのネット回線速度」https://minsoku.net/による(2020年4月13日確認)
*2:2019年9月以前に契約の場合は、契約解除料がかかります。詳細は、それぞれの公式サイトをご覧ください(楽天:https://mobile.rakuten.co.jp/fee/cancellation/、ワイモバイル:https://www.ymobile.jp/support/process/cancellation_fee/)。
*3:パートナー回線はau回線。エリア、速度ともauスマホ契約と同様。5GBを超えた場合、1Mbpsに速度制限。
*4:キャンペーンあり(詳細は記事で解説)

上記10項目のうち、さらに解説が必要な7項目について詳しく比較していきます。

料金の比較【エリアとデータ通信量も検討しよう!】

ここでは料金について、楽天モバイルとワイモバイルについて比べながら解説していきます。

2020年4月8日、楽天モバイルUN-LIMITが開始し、データ通信量、SIMの種類によって複数あった料金プランが1本化されました。

結果「2,980円でデータ使い放題」というプランのみになりました。

【楽天モバイルの料金プラン】

  • 月額2,980円/先着30万名は1年間無料
  • ごく一部の楽天回線エリアは使い放題、それ以外のパートナーエリアは5GB
  • データ使い切り後は1Mbpsに制限

また、先着300万名の月々2,980円の基本料金が1年間無料になるキャンペーンをしています。

300万名に達した時点でキャンペーンは終了になるので、迷っている方は早めに決めましょう

楽天回線エリア以外は「au回線/月々5GBまで」となり「使い放題」という楽天のメリットを受けられないので注意してください。

楽天回線エリアは2020年4月現在、3大都市圏などのごく一部のみで、ほとんどの方はの住む場所はエリア外です。

2020年4月現在、楽天モバイルUN-LIMITはサービス開始直後で、これから拡大していきます。
楽天回線エリア以外で利用する方にとっては、今後に期待ですね。

【ワイモバイルの料金プラン(スマホベーシックプラン)】

  • Sプラン:2,680円/月:3GB(4GB)
  • Mプラン:3,680円/月:9GB(12GB)
  • Rプラン:4,680円/月:14GB(17GB)

上記プランから新規割で6ヶ月-1,000円、おうち割光セットか家族割引サービスで-500円となります。

( )は、データ増量オプション(500円/月)に加入した場合のデータ通信容量。なお、新規、のりかえ、PHSから契約変更なら、こちらが1年間量になるキャンペーンはあります。

以下のポイントでどちらがお得かをチェックするのがいいでしょう。

  • スマホを使うエリアがどこか
  • 月に消費するデータ通信量はどのくらいか(ワイモバイルなら、ソフトバンクWi-Fiスポットを無料で使えるため、データ通信量の節約もできます)
  • おうち割光セット(A)、家族割引サービスの対象か

おうち割光セット(A)は、ソフトバンクAir、ソフトバンク光を引いている方、家族割サービスは家族や親戚でワイモバイルを使っている方が対象になります。(詳細は公式サイトをご覧ください)

速度の比較【楽天モバイルUN-LIMITの方が速いがそこまでの体感差はない】

全国の平均値をとると、楽天モバイルUN-LIMITの方が速いことがわかります。

※楽天モバイル(キャリア)とは、楽天モバイルUN-LIMITのことを意味します
(出典:みんなのネット回線速度

(出典:みんなのネット回線速度

楽天モバイルUN-LIMITの速度が、下り、上りともワイモバイルを上回っています。

ただし、下りが5MbpsあればYouTubeを高画質で視聴できますし、上りも10MbpsあればSNSの動画投稿、ライブ配信を快適に楽しめます。
一般的な用途なら、速度差の体感はそこまでないでしょう。

なお、みんなのネット回線速度では、キャリアやエリアごとに、その日に実測したネット速度を確認できるので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

対応エリアの比較【楽天回線エリアに該当しているかがポイント】

楽天モバイルUN-LIMIT、ワイモバイルとも、対応エリアはほぼ同じです。

上記画像は楽天モバイルのパートナー回線エリア(auエリア)です。ソフトバンク回線もほぼ同じように日本中の有人エリアを覆っています。

楽天モバイルについては、2020年4月現在、画像の通り東京、愛知、大阪など、1都2府6県の一部の地域で楽天回線を使えます。※画像の「関東~中国」の画像にある濃いピンク色の地域が楽天回線エリア

まだまだ楽天回線エリアは限定的ですが、東名阪地域を中心に順次拡大する予定で、該当エリアならデータ使い放題になります。

なお、楽天回線以外のエリアでは、データ通信量は1ヶ月5GBまでになるので注意してください(2GBでしたが、拡大されました)。

ポイントサービスの比較【使うポイントによってお得な方を選ぶのがいい】

あなたが、どのポイントのユーザーかによってどちらがお得かが変ります。

楽天モバイルUN-LIMITのポイント

  • 契約時:オンライン契約で3,000ポイント
  • 契約時:事務手数料還元で3,300ポイント
  • 契約時:対象製品購入で5,000〜14,500ポイント
  • 利用に応じて:楽天スーパーポイントアッププログラム+1倍

ワイモバイルのポイント

  • 利用に応じてPayPayモール、Yahoo!ショッピング、LOHACOでの買い物で最大10%還元(Tポイント、PayPayボーナスライトなど)

楽天ポイント:2020年4月30日までに契約(+1倍の特典は契約している限り継続、契約時期関係なし)ポイント特典を受けるには、以下のような条件があるので気を付けてください。

Tポイント、PayPayポイント:買い物金額の5%のポイント還元(500円/月のEnjoyパック加入で10%にアップ)

楽天ポイントユーザーなら楽天モバイルUN-LIMIT、TポイントやPayPayユーザーならワイモバイルを選ぶのがいいでしょう。

サポート体制の比較【ワイモバイルの方が、実店舗でのサポートを受けやすい】

実店舗でのサポートは、ワイモバイルの方が受けやすいでしょう。

店舗数はそれぞれ、楽天モバイルは580超、ワイモバイルは1,000超です。

ただし、いずれもサポート用の有料オプションに加入すれば、月額500円で電話でスマホ操作などについてアドバイスを受けることができます。

楽天モバイルなら、画面を共有しながらのチャットでもサポートを受けられます。

対応機種の比較【機種の多さならワイモバイル!iPhoneにも対応】

対応機種の種類で言えば、圧倒的にワイモバイルの方が多く、選びやすいでしょう。

楽天モバイルは、楽天回線での動作確認のされていないものが多く、公式としては「楽天モバイルで購入した楽天回線対応製品以外の動作保証はしていない」というスタンスです。

また2020年4月現在、各種iPhoneは楽天回線対応機種に含まれておりません

以下のように、「楽天モバイルUN-LIMIT、iPhoneでもバージョンによっては使えるぞ!」という口コミもあるにはあります。

ただし、あくまで動作保証はされていませんので気を付けてください。

スマホ代を少しでも抑えたい方にとって、端末代金はかなり大きな要素ですね。今使っている機種が対応しているかどうかをよく確認して判断しましょう。

楽天モバイルUN-LIMIT対応端末確認ページ
ワイモバイル対応端末確認ページ

違約金の比較【どちらも2019年10月1日以降の新規契約者は最低契約期間なし&違約金なし】

2019年10月以降の新規契約は、楽天モバイルUN-LIMITもワイモバイルも最低契約期間なし、違約金なしになりました。

これは、2年縛りに大きな制限をかけた電気通信事業法の改正によるものです。

ただし、それ以前の契約の2年、3年縛りや違約金(契約解除料)は2019年10月以降においても、当時の契約内容のままとられてしまうので気を付けてください。

楽天モバイルUN-LIMITとワイモバイルはどのような人におすすめか

ここでは、解説してきた内容から、それぞれのおすすめなポイントについてまとめます。

【楽天モバイルUN-LIMIT】

  • すぐ契約で、大きな特典(300万名まで1年間基本料金無料、2020年4月30日まで最大20,800pt還元)
  • 楽天ポイントがもらえる
  • 東京、名古屋、大阪などの楽天回線エリアなら、データ使い放題
  • 上記のエリア以外でも、5GBまでデータ通信できる

【ワイモバイル】

  • ソフトバンクWi-Fiスポットを無料で使える
  • 3GB以下のプランなら楽天より安い
  • 実店舗でのサポートを受けやすい
  • Tポイント、PayPayユーザーがお得
  • iPhoneをはじめ、多くの機種に対応している
  • 新規割、家族割などで、さらにお得に使える

楽天モバイルUN-LIMITとワイモバイルへの乗り換え方法&退会方法

上でも説明した通り、2019年10月以降の契約からは「2年縛り」はほぼなくなっており、かなり乗り換えやすくなっています。

ここでは、楽天モバイルUN-LIMITとワイモバイルの退会方法と、他からの乗り換え方法について解説します。

楽天モバイルUN-LIMITとワイモバイルへの乗り換え方法

乗り換えまでの大きな流れはどちらも同じで、以下の通りです。

  1. MNP予約番号を現在の契約先から受け取る
  2. 申し込み(サイトor実店舗)→審査
  3. SIMカードなどの受け取り

MNP予約番号とは、電話番号そのままで別事業者に乗り換えるときに必要なもので、現在契約しているところから受け取ることになります。

MNP予約番号には期限があり、10日以上残っているものでないとMNP転出できないので、受け取ったらすぐに手続きをしましょう。

申し込みは、楽天モバイルUN-LIMIT、ワイモバイルともサイト、実店舗どちらからでも可能で、その際にMNP予約番号や、自動車免許証など必要書類を準備することになります。

申し込み後は、審査結果を待ち、送られてきたSIMを受け取り、開通されたら新しいSIMでスマホが使えるようになります。

楽天モバイルUN-LIMITとワイモバイルの退会方法

いずれも、すでに解説した通り2019年10月以降の契約なら、2年縛りなどの最低契約期間はなく、違約金(契約解除料)はかかりません

ただし、ワイモバイルは実店舗、サイトのどちらでも退会できるのに対し、楽天モバイルUN-LIMITは「my 楽天モバイル」というアプリ上でしか退会手続きができないので注意しましょう。

他社に乗り換える場合、上で説明した乗り換え方法の通り、MNP予約番号を受け取るなどの手続きが必要になりますが、これも同様です。

ワイモバイルは実店舗もしくはサイトで、楽天モバイルUN-LIMITはmy 楽天モバイルから、ということになります。

よくある質問にわかりやすく解説します!

ここでは、記事で解説しきれなかったさらに具体的なことについて、わかりやすく解説していきます!

楽天モバイルUN-LIMITは使い放題ですが速度制限がかかります

パートナー回線では5GBを超過した場合、以降1Mbpsに速度制限されますが、使い放題の楽天回線エリアにおいても一度に大量の通信を行った場合、速度制限がかかることがあります。

この通信制限は「0時」に解除されますし、制限がかかっても1Mbpsなので、YouTubeなどの視聴は問題ありません(高画質では厳しいですが)。

一般的なスマホの使い方なら、そこまで困ることはないでしょう。

楽天モバイルUN-LIMITの先着300万名の特典はまだ間に合いそうです

2020年4月現在、まだ間に合う状況です。

ただし、あとどのくらいの枠があるかは教えてもらえませんでした。

旧楽天モバイルの契約回線数が「2019年10月時点で220万」であり、すぐに全員が契約をUN-LIMITに移すとは考えづらく、他のキャリアから楽天に流れたという報道も見ないので、「まだ空きはある」とは思います。

しかし、いつ打ち切られてもおかしくないキャンペーンなので、迷っているなら今決めるのがおすすめです。

まとめ:キャンペーンが強い楽天|安定のワイモバ

この記事では、楽天モバイルUN-LIMITとワイモバイルを比較しながら、それぞれのメリット、特徴などについて解説してきました。

 楽天モバイルワイモバイル
プラン名Rakuten UN-LIMITスマホベーシックプラン(S,M,R)
料金(月額基本料)2,980円2,680円〜4,680円
データ通信量(月)・楽天回線:使い放題
・パートナー回線:5GBまで*3
・3GB〜14GB*4
(ソフトバンクWi-Fiスポットを無料で使える)
通話アプリ「Rakuten Link」を仕様した国内通話は無制限無料(IP通話)10分以内の国内通話無料(何回でも)
通信速度*1・下り53.7Mbps
・上り32.7Mbps
・下り42.4Mbps
・上り11.9Mbps
対応エリア
(回線ごと)
・楽天回線:東京、名古屋、大阪などに限定
・パートナー回線:全国のau回線エリア
全国のソフトバンク回線
還元ポイント・楽天ポイント、最大20,800pt
・楽天スーパーポイントアッププログラム +1倍
PayPayモール、Yahoo!ショッピング、LOHACOで最大10%還元
サポート体制・店舗数:580超
・スマホアプリでもサポート対応(一部有料)
・店舗数:1,000超
・スマホアプリでもサポート対応(一部有料)
対応機種楽天モバイル以外で購入したスマホは、動作保証対象外iPhoneをはじめ、多くの機種が対応
違約金*2
(2019年10月1日以降の新規契約者が対象)
最低利用期間なし、違約金なし最低利用期間なし、違約金なし
キャンペーン、割引など300万名対象で1年間無料キャンペーン(詳しくは【料金の比較】で解説)・新規、のりかえでデータ通信量が1GBプラスされるキャンペーンあり
・新規割、家族割引などで6ヶ月間、基本料金の最大1,200円割引あり
ただし、スマホの用途や使用環境は、人によって異なると思います。今後のサービス拡大も含めると、個人的には楽天モバイルUN-LIMITの方が魅力的に感じました。

長期的に見れば値段はそこまで大きくは変りませんし、今契約すれば、1年間無料、楽天ポイント還元などの大きな特典を受けられるからです。

この記事が、あなたのスマホ選びのお役に立てば幸いです。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です。

  1. プラン料金(2,980円)が1年間無料
  2. 最大26,300ポイント還元キャンペーン

①プラン料金1年間無料キャンペーン

300万人を対象に、1年間のプラン利用料金(2,980円)が無料になるキャンペーンです。

2,980円*12ヶ月=合計35,760円割引のお得なキャンペーンです。

楽天モバイルはまだまだ利用できるエリアが小さいですが、このキャンペーンを利用すればそもそも無料なので気にせず使えますね。

②最大28,300ポイント還元キャンペーン

  1. オンライン契約+Rakuten Link利用で3,000ポイント
  2. 事務手数料3,300ポイント還元
  3. 対象製品+プランセット購入で最大20,000ポイント

合計26,300ポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

ゴリラ

AQUOS sense3 liteOPPO A5 2020はポイント還元で実質無料(どころか黒字になる…!)でゲットできるで!今がチャンス!

キャンペーン終了は未定なので、検討中の人は早めのお申込みを!

詳細は公式サイトを参照ください。

\データ使い放題/
楽天モバイルを見てみる

235