このサイトについて

楽天モバイルでテザリングをする方法と使ってみた感想を紹介!【快適】

ゴリラ

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITを契約して使ってるよ。楽天モバイルってテザリングできるのかな?

2020年4月に始まった楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」プランは、データ通信し放題で、国内通話もかけ放題。

しかも、300万名限定で最初の1年間が無料で使えるということで、契約した人も多いと思います。

中には「無制限で使えるなら、テザリングしてギガを節約できるんじゃない?」と考えた人もいるでしょう。そう、私もです

この記事では楽天モバイルのRakuten UN-LIMITでテザリングをする方法と、実際に使ってみた感想をお伝えします。

結論、最低でも5GBの高速通信が毎月タダでできるので、使わないとけっこう損です。

※この記事では楽天モバイルの動作保証外の内容も含まれています。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、

  • テザリングはタダでできるので、メリットしかありません
  • 楽天エリアなら無制限、au回線なら5GBまで高速でテザリングできます
  • 固定回線代わりにするのは不安ですが、ポケットWi-Fi代わりなら十分

ちなみに…

楽天モバイルでは現在プラン料金(2,980円)が1年間無料になるキャンペーンを実施中です。

 

キャンペーンは300万人対象なので、新規・乗り換えで検討中の方は枠がなくなる前に契約しておきましょう。

 

\データ使い放題/
楽天モバイルを見てみる

 

契約時に紹介コードを入力すると2,000ポイントもらえます。

※コードが使えないときは、他のコードも試してみてください。

紹介コード①:2020030301194

紹介コード②:y8LzWUHc8Qgy

紹介コード③:cs7Na5amRZnS

 

 

関連:楽天モバイル(UN-LIMIT)の紹介コードを使って2,000円分お得に契約する方法

【結論】楽天モバイルは無料でテザリングできる

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITプランでは、テザリングすることができます。

特にオプションの加入など必要なく無料です。

Rakuten UN-LIMITは最初の1年間は無料なので、対応しているスマホを持っている人は、本当に負担ゼロです。

楽天モバイルでテザリングするための条件は2つ。

  • 楽天回線、またはau回線エリアで通信できること
  • 楽天モバイル対応のスマホを持っていること

以上2点をクリアすれば、誰でもテザリングできます。

条件1:楽天回線、またはau回線エリアで通信できること

楽天モバイルは「楽天回線エリア」と「パートナー回線エリア」で通信できます。

楽天回線のエリアはこちらから確認できますが、まだ主要な都市が中心です。

それ以外のパートナー回線エリアはauの電波を掴みます。

なので、楽天モバイルはauの電波が入るエリアの人は使えます

条件2:楽天モバイル対応スマホを持っていること

楽天モバイルで使える端末は限られていて、他で買ったスマホは使えないことがあります。

楽天モバイル公式から、対応しているスマホを確認できます。

楽天モバイルで販売されている端末は、確実に使えます。

ちなみに、iPhoneは通信の保証がされていませんが、現時点では現時点ではiPhoneXR、XS以降の端末は使えます

iPhone X以前のモデルでは動作しないことが確認されています。

引用:APN情報を確認したい | よくあるご質問 | 楽天モバイル

また、古いスマホ(5年以上前の機種など)はテザリング機能が付いていないこともあります。

Androidの場合は「設定」>「ネットワークとインターネット」の中に

  • 「アクセスポイントとテザリング」
  • 「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」

などの項目があれば、テザリングが使えます。

楽天モバイルで通信できないときの設定方法

楽天モバイルで買ったスマホの場合は、SIMカードを入れれば、自動で通信ができます。

他で買ったスマホの場合、「APN設定」をすることで通信できるようになることがあります

※動作保証外なので、自己判断で行ってください…

【AndroidのAPN設定方法】

①「設定」>「無線とネットワーク」>「モバイルネットワーク」>「アクセスポイント名」で右上のメニューから「新しいAPN」を選択

※スマホによって項目名が違うことがあります。

②以下のAPN情報を入力して保存します

APN情報

・APN名:楽天(rakuten.jp)
・APN:rakuten.jp
・MCC:440
・MNC:11
・APNタイプ:default,supl,dun
・APNタイププロトコル:IPv4/IPv6
・APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6
・PDPタイプ:IPv4/IPv6

③「アクセスポイント名」に「楽天(rakuten.jp)」が追加されるので、選択

 

【iPhoneの設定方法】

「設定」>「モバイル通信」>「通話のオプション」>「音声通話とデータ」で「4G,VoLTEオン」を選ぶと、通信できるようになります(楽天モバイル公式の動作保証はありませ)。

楽天回線エリアなら無制限(1日10GB)、au回線エリアなら5GB/月まで

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITプランは、楽天回線エリアは無制限、パートナー回線エリアは月に5GBまで通信できます。

 楽天回線エリアパートナー回線エリア
(au回線)
データ容量
(テザリング含む)
無制限5GB/月
超過後の速度-1Mbps

例えばパートナー回線のときは、普通のスマホでの通信+テザリングの通信の合計で月に5GBまで使えます。

これ、わりと重要なんですが、容量を超えたあとでも1Mbpsの速度で通信できます

1Mbpsって遅いんじゃないの?と思うかもしれませんが、SNSやLINEなどのテキスト中心のサービスなら普通に使えます

ちなみに、楽天回線エリアの容量は無制限ですが、以下、公式に注意書きがあります。

公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことあり

引用:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

具体的にどれくらい使ったら制限がかかるのか、制限後はどれくらいのスピードになるのかは明言されていません。

しかし、口コミでは「1日で10GBで3Mbpsに制限される」という情報が多くあります。

ゲームや動画を1日楽しむような使い方をしなければ、10GBで十分ですね。

一方で、楽天モバイルを固定回線の代わりにして、重いデータをがんがんダウンロードするような使い方はおすすめできません。

楽天モバイルでテザリングをする方法

楽天モバイルでテザリングをする方法は3種類あります。

  • Wi-Fiテザリング
  • Bluetoothテザリング
  • USBテザリング

Wi-Fiテザリングは最も一般的なテザリングの方法なので、基本はこれを使えばOKです。

Bluetoothテザリングよりも速度が速いですが、バッテリーの消費は多めです。

Bluetoothテザリングはバッテリーの消耗が少ないのがメリット。

USBテザリングは最も速度が速く、充電しながら使えるのがメリットです。パソコンで使うのに便利ですね。

Wi-Fiテザリングの方法

今回はP20 Lite(HUAWEI)の画面で解説します。

機種によって画面は違いますが、同じような項目があるので参考にしてください。

STEP.1
設定から「無線とネットワーク」を選択

 

STEP.2
「テザリングとポータブルアクセス」を選択

STEP.3
「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」を選択

STEP.4
「アクセスポイントを設定」を選択
STEP.5
パスワードを設定する

必要に応じてアクセスポイント名も変えてください(ここの名前が子機でWi-Fiを探すときに表示されます)。

STEP.6
テザリングをオンにする

STEP.7
子機で接続する

テザリングで通信したい端末で、親機の名前のWi-Fiを探し、STEP5で設定したパスワードを入力すると、接続できます。

Bluetoothテザリングの方法

Bluetoothテザリングは上のSTEP3の「テザリングとポータブルアクセス」で、Bluetoothテザリングをオンにします。

子機でBluetooth設定から親機の名前を選ぶと、それぞれの端末にペアリングの要求が表示がされるので「ペアリング」を押します。

USBテザリングの方法

USB接続でテザリングする場合は、USBケーブルでパソコンなどと接続してから「テザリングとポータブルアクセス」で「USBテザリング」を選びます。

Window×Androidの組み合わせの場合は、特に設定すること通信できます。

Mac×Androidの場合は、ドライバのインストールが必要で面倒なので、Wi-Fiテザリングがおすすめ。

iPhoneのテザリングの方法(動作保証外)

iPhoneのテザリングはAndroidよりもサクッとできます。

写真は4年前のiPhoneSE(iOS12.2)なので、ちょっと古めですが、ほぼ同じです。

STEP.1
設定から「インターネット共有」を選択
STEP.2
Wi-Fiのパスワードを設定して「インターネット共有」をオンにする

STEP.3
子機でWi-FiまたはBluetoothで接続する

テザリングで通信をする子機からWi-Fi、またはBluetoothで自分のiPhoneを探し、接続します。

Wi-Fiテザリングの場合は、STEP2で設定したパスワードを入力。

Bluetoothテザリングの場合は、Androidのときと同じように、親機、子機、それぞれで「テザリングの要求」でペアリングしてください。

iPhoneでパソコンとUSBテザリングをするには、iTunesのインストールが必要です。

MacならiTunesが入っていると思いますが、Windowの場合は入ってない人もいると思うので、Wi-FiかBluetoothテザリングがおすすめです。

楽天モバイルでテザリングを使ってみた→ポケットWi-Fiを解約できた

実際に楽天モバイルのRakuten UN-LIMITプランでテザリングをしてみました。

ちなみにパートナー回線エリアで、Android端末が親機です。

結果、あっさりとテザリングできました。

楽天モバイルでテザリングをした感想と結果です。

  • 移動しながらでも安定して通信できた
  • 電池の減りは早くなるがびっくりするほどでもない
  • 後日、ポケットWiFiを解約した
  • 後日、格安SIMのデータ専用SIMを解約した

今回、テザリングをしてradikoを聞きながらランニングをしたのですが、一回も途切れることはありませんでした。

テザリングをしたら、もちろんバッテリーの減りは早くなります。

バッテリーを気にする人はBluetoothかUSBテザリングを使いましょう。

楽天モバイルはポケットWiFiや格安SIMの代わりになる

これまで予備の回線として、ポケットWi-Fiと格安SIMのデータ専用SIMを契約していました。

しかし楽天モバイルでテザリングができるようになった結果、後日、両方とも解約しました

パートナー回線エリアですが、5GBもあれば十分ですし、仮に使い切ってしまっても1Mbpsの速度が出ます。

同じようにサブの回線を契約している人は、楽天モバイルでもその代わりになるかもしれません。

まとめ:楽天モバイルのテザリングはメリットしかない

楽天モバイルのテザリングは対応スマホなら無料で使えます。

楽天回線エリアは無制限、パートナー回線(au)エリアでも毎月5GBまで高速通信できます。

Rakuten UN-LIMITは300万名限定で1年間無料なので、メリットしかありません。

楽天モバイルをサブスマホとして契約してテザリングすれば、メインのスマホの通信を節約できます。

いきなり楽天モバイルに乗り換えるのはハードルが高いと思うので、まずは2台目のスマホとして契約するのがおすすめです。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です。

  1. プラン料金(2,980円)が1年間無料
  2. 最大26,300ポイント還元キャンペーン

①プラン料金1年間無料キャンペーン

300万人を対象に、1年間のプラン利用料金(2,980円)が無料になるキャンペーンです。

2,980円*12ヶ月=合計35,760円割引のお得なキャンペーンです。

楽天モバイルはまだまだ利用できるエリアが小さいですが、このキャンペーンを利用すればそもそも無料なので気にせず使えますね。

②最大28,300ポイント還元キャンペーン

  1. オンライン契約+Rakuten Link利用で3,000ポイント
  2. 事務手数料3,300ポイント還元
  3. 対象製品+プランセット購入で最大20,000ポイント

合計26,300ポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

ゴリラ

AQUOS sense3 liteOPPO A5 2020はポイント還元で実質無料(どころか黒字になる…!)でゲットできるで!今がチャンス!

キャンペーン終了は未定なので、検討中の人は早めのお申込みを!

詳細は公式サイトを参照ください。

\データ使い放題/
楽天モバイルを見てみる

1132