auオンラインショップで22,000円引のキャンペーン中!

楽天モバイル(UN-LIMIT)の電波ってちゃんと繋がるのか解説します

ゴリラ

楽天モバイルの新しいやつ?UN-LIMIT?みたいなの気になってるんだけど、電波とか大丈夫かなぁ・・・?

2020年4月から楽天モバイルが「日本の第4のケータイキャリア」としてサービスを開始しています。

しかし新しいケータイ会社で「電波がちゃんと繋がるのかな?」と不安になってしまいます。

僕も不安でしたが、エイヤーで乗り換えてしまいました。

僕の体験談もふまえて、楽天モバイル(UN-LIMIT)の電波を信頼した理由を紹介します。

正直、いいことばかりを書きたい気持ちもあるのですが、ちゃんと心配なこと、不安材料も紹介するので、この記事を読んで総合的に判断して頂ければと思います。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、楽天モバイル(UN-LIMIT)の電波はau電波を使っているので安心です。

圧倒的な安さや将来性を考えても契約するのはアリかなと思います。

ちなみに…

楽天モバイルでは現在プラン料金(2,980円)が1年間無料になるキャンペーンを実施中です。

 

キャンペーンは300万人対象なので、新規・乗り換えで検討中の方は枠がなくなる前に契約しておきましょう。

 

\データ使い放題/
楽天モバイルを見てみる

 

契約時に紹介コードを入力すると2,000ポイントもらえます。

※コードが使えないときは、他のコードも試してみてください。

紹介コード①:2020030301194

紹介コード②:y8LzWUHc8Qgy

紹介コード③:cs7Na5amRZnS

 

 

関連:楽天モバイル(UN-LIMIT)の紹介コードを使って2,000円分お得に契約する方法

結論:楽天エリアは繋がらなくてもパートナーエリアは繋がる

楽天UN-LIMITの電波は「エリアとか電波の種類がわかりにくい」ので不安になりがちです。。

楽天UN-LIMITを契約すると2種類の電波に繋がります。(Wi-Fiは除く)

  • 楽天エリア
  • パートナーエリア

この2種類の電波を理解すれば、楽天UN-LIMITの電波関係はほぼ理解できます。

一言で解説すると楽天エリアは使い放題だけどエリアが少ない、パートナーエリアは広いけど月5GBまでです。

詳しく説明します。

楽天エリアは今まさに広がっているところ

楽天UN-LIMITはこの地図の濃いピンク色の部分を指します。

サイズの問題で日本の一部しか表示していませんが、詳しく見たい方は楽天モバイルのホームページより

楽天エリアには以下のような特徴があります。

  • 楽天が運営するエリアで、楽天UN-LIMIT契約者はこのエリア内で4G使い放題
  • まだまだエリアは少ない
  • しかし急速にエリアは広がっています。

東京23区こそカバーしつつありますが、それ以外では名古屋、大阪など都市圏しかカバーされていないことがわかります。

楽天UN-LIMITで4G回線使い放題ということで話題になりましたが、この濃いピンクのエリア内でだけ、使い放題なのです。

このエリア内に住んでいればお得ですし、仕事で楽天エリアに行く人はいいかもしれませんが、8割以上の人はこの濃いエリアの外で暮らしているでしょう。

では、楽天エリアの外に住んでいれば楽天UN-LIMITは関係ないのか?というとそうではありません。

ここでパートナーエリアがでてきます。

パートナーエリアはauのエリアとイコール

先ほどと同じ地図ですが、この地図の薄いピンクがパートナーエリアです。

ピンクのエリアは穴ぼこのように見えますが、人が住んでいる地域のほとんどはカバーしているauのエリアです。

パートナーエリアは文字通り楽天モバイルのパートナーという意味で使われており、その正体はauです。

パートナーエリアには以下のような特徴があります。

  • auと同じエリアなので人口カバー率99%以上
  • 楽天UN-LIMITプランでは5GB/月使える
  • 5GB/月を使い切っても「データ制限モード」で1Mbpsで使える

人口カバー率99%ということは日本に住んでいる99%以上の人がauの電波を使える、ということになります。

よっぽど人里離れた山奥か離島でない限り、auの電波は使える=楽天モバイルでも使えます

パートナーエリアでは月間5GB/月しか使えませんが、5GBを超えても「データ制限モード」を使えば1Mbpsで使えます。

制限時の速度
一般的にスマホの速度制限がかかるとめちゃくちゃ遅くなり、128kbpsくらいです。1Mbpsはその約8倍です。

1Mbpsの楽天モバイルの「データ制限モード」では、最低限のネット、SNSが閲覧できます。動画も低画質なら見られます。

実際はほとんどの人がパートナーエリアを利用します

結果的に、大多数の人が日常的にパートナーエリアを利用することになりそうです。

月に5GB使えればある程度の使い方はできるので、日常使いもこなせます。

楽天エリアはまだまだ小さいですが、今まさしく必死に基地局を増やしているので、ある日気づいたらあなたが住んでる地域も楽天エリアに入っているかもしれません。

ゴリラ

じゃぁ、楽天UN-LIMITの電波はほぼauの電波ってことだから、心配ないってこと?

その通り!「楽天モバイル=新しいサービスだから不安」という気持ちはわかりますが、最初はauにサポートしてもらいながら運営してるってことですね。

auの電波を利用していると思えば安心して利用できるのではないでしょうか。

正直な楽天モバイルの現状は「傷だらけで進んでいる」感じ

楽天モバイルは2020年4月に「UN-LIMIT」サービスをスタートし、ドコモ・au・ソフトバンクに続く第4のケータイ会社としてスタートしました。

それまでにも格安SIM会社はたくさんありましたが、正式に周波数と基地局を保有し、大手3社に挑戦し始めて話題になりました。

しかし現状は「傷だらけで進んでいる」という印象が強いです。

ゴリラ

傷だらけ?どういうこと?怖いんだけど。

楽天UN-LIMITはサービス開始したときに「300万人限定で1年間無料!」と大々的にスタートしました。

しかし2ヶ月経っても「限定」の300万人には達しておらず、キャンペーンは続いています。

端末の周波数を勝手に変更するなどして信頼が下がっている面も

2020年6月12日、楽天モバイルから出荷されたスマホの周波数帯が勝手に変更されていたとして、総務省から注意を受けています。

関連リンク→楽天スマホ、周波数「無断変更」の衝撃 なぜキャリアにとって周波数は重要なのか?

加えて、SNSで検索をすると

  • 楽天モバイルの対応が悪い
  • 楽天モバイルは信用できない
  • 迷走している

と言われることも目につきます。

このように信頼が落ちつつある楽天モバイルに対してはまだまだスタート段階だから仕方ないのでは。リスクを許容できる人だけ契約すればいいのでは。と思います。

ドコモ・au・ソフトバンクはもう何十年もケータイ電話サービスを提供していて、ノウハウも設備も十分にあります。

そこに楽天モバイルが「ケータイ代を安くしたい」と言って突っ込んでいるので、多少のことには目をつぶってもいいのかなと思います。

1年間無料サービスはどう考えても安い

楽天モバイルのUN-LIMITには多くのメリットがあります。

  • 2,980円の料金が1年間無料
  • スマホ本体代よりも高額なポイント還元
  • 事務手数料もポイント還元

このように非常に攻めたプランを用意して、3社に食い込もうとサービスを提供してくれています。

今の段階では大赤字でしょうが、数年、数十年を見越して勝負をかけているところかと思われます。

楽天モバイルが勝負をかけて赤字を被っているところなので、いち消費者である我々は、素直に1年間無料を受けるのは賢い選択かと思います。

僕はとても快適に繋がっています

僕も2020年5月に楽天UN-LIMITに変更しました。

神奈川県のパートナーエリアに住んでいますが、不便を感じることなく快適に使えています。

なお、使用している端末はiPhoneXです。

回線が快適に繋がるかどうかは時間帯、場所、人口密度などによって変わりますが、au回線は格安SIMよりもずっと安定しています。

参考になれば嬉しいです。

楽天エリアは今後も広がる可能性あり

楽天エリアは上で紹介したようにまだまだ都市圏だけですが、急ピッチで工事が進められているようです。

SNSでも「楽天の基地局ができた」という投稿が頻繁に見つかり、必死にエリアを広げていることがわかります。

もちろんお住まいの地域によって違うのですが、2,3年で半分以上の人はカバーされ、5年もすればauと同じ99%のカバー率になるかもしれません。

まとめ:楽天UN-LIITはほぼau電波なので契約はアリ

この記事をまとめると以下のようになります。

  • 楽天UN-LIMITではほぼau電波を利用することになる
  • auの電波は人口カバー率99%で安心
  • 今後の成長などを考えると契約は普通にアリ

楽天UN-LIMITは総合的には「安心安全のスマホライフを求める人にはおすすめできない。ある程度のリスクを許容できて、トラブルも自分で対応できる人にはおすすめ」です。

上では「300万人にはまだ達していない模様」と紹介しましたが、契約数は公開されていません。

ひょっとしたらいま299万人で、契約しようと迷っている間に1年間無料を受けられなくなるかもしれません。

僕も楽天UN-LIMITにして1年間無料なので、ぜひ迷っている人の参考になれば嬉しいです。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です。

  1. プラン料金(2,980円)が1年間無料
  2. 最大28,300ポイント還元キャンペーン

①プラン料金1年間無料キャンペーン

300万人を対象に、1年間のプラン利用料金(2,980円)が無料になるキャンペーンです。

2,980円*12ヶ月=合計35,760円割引のお得なキャンペーンです。

楽天モバイルはまだまだ利用できるエリアが小さいですが、このキャンペーンを利用すればそもそも無料なので気にせず使えますね。

②最大28,300ポイント還元キャンペーン

  1. オンライン契約+Rakuten Link利用で3,000ポイント
  2. 事務手数料3,300ポイント還元
  3. 対象製品+プランセット購入で最大22,000ポイント

合計28,300ポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

ゴリラ

AQUOS sense3 liteOPPO A5 2020はポイント還元で実質無料(どころか黒字になる…!)でゲットできるで!今がチャンス!

キャンペーン終了は未定なので、検討中の人は早めのお申込みを!

詳細は公式サイトを参照ください。

\データ使い放題/
楽天モバイルを見てみる

186