このサイトについて

楽天モバイル「Rakuten BIG s」はコスパは微妙かも?|スペックに魅力もキャンペーンが弱め【正直レビュー】

ゴリラ

楽天モバイルに申し込みしようと思ってて、「Rakuten BIG s」にしようかなって思ってるんだけど、どうかな?

価格も性能もちょうど良いかも」というところで、Rakuten BIG sを検討中の方も多いのでは。

ただRakuten BIG sは「サイズが違う兄弟機のRakuten BIGが半額ほどで買える」ので、コスパが微妙に感じる面もあります。

Rakuten BIG sを検討するなら、そのデメリットや、別の選択肢も考えておきたいところです。

本記事では、Rakuten BIG sのスペック・機能について、デメリットにも触れながら解説していきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Rakuten BIG sはスペックと価格(実質4.6万円)を見ると、やはりコスパは微妙。

 

実質2.5万円のRakuten BIGも合わせて検討するか、キャンペーンの対象になったタイミングで買うのがおすすめ。

このスマホの評価
価格
(2.5)
スペック
(3.5)
カメラ
(3.5)
ディスプレイ
(3.0)
総合評価
(3.0)

ちなみに…

 

楽天モバイルでは現在プラン料金(最大3,278円)が3ヶ月無料になるキャンペーンをしています!

 

また、誰でも5,000ポイント&スマホを買って最大20,000ポイントの還元キャンペーンもやってます。

 

〜1GBならタダで維持できて、電話もかけ放題なんで、契約しない理由はないかと!

 

(当サイトのライターは全員、楽天モバイル契約してます^^)

 

\1GBまでならずっと無料/

 

\ついに!楽天モバイルでもiPhoneが買えるように/

iPhone 12 パープル

 

4月30日から、楽天モバイルでもiPhoneが買えるようになります!

 

iPhone 12とiPhone SEシリーズが発売。Rakuten UN-LIMIT Ⅵ契約との同時購入で、最大20,000ポイントの還元もあります!

 

4キャリアで最安。最新の価格は公式サイトでチェックしてみてください!

Rakuten BIG sはコスパは微妙かも

Rakuten BIG sの基本スペックは以下。

↓左右にスクロールできます!

 Rakuten BIG s
サイズ横:約79mm
縦:約160mm
厚さ:約9mm
重量約204g
CPUSnapdragon 765G
RAM/ROM6GB/128GB
ディスプレイ約6.0インチ 有機EL
FHD+(2,520×1,080)
メインカメラ超広角:約800万画素
広角:約4,800万画素
望遠:約800万画素
深度測位:約200万画素
サブカメラ約1,600万画素
バッテリー容量3,900mAh
生体認証指紋認証・顔認証
おサイフ/防水搭載/搭載
5GSub6・ミリ波に対応
イヤホンジャックあり

 

価格は50,980円で、5,000円分のポイントバックを含めると、実質4.6万円で購入できます(2021/05/16現在)。

Rakuten BIG sがやや割高に感じる理由として大きいのが「Rakuten BIG」が実質2.5万円で買えてしまうということ。

サイズの違いはあれど、ほぼ同スペックで価格がこれだけ違うとさすがに割高感があります。

なお、製造元のメーカーは中国の「宇龍計算機通信科技」というところで、ややマイナーなメーカーです。

マイナーメーカーの機種だと安く買えることも多いですが、Rakuten BIG sはそうでもありません。

スペックは、いわゆるミドルレンジです。「超高スペックではないけど、不満なく使える」というところ。

カメラもCPUもそこそこ良い感じではあります。

【サイズ感】Rakuten BIGよりタテに短い

サイズ感としては、Rakuten BIGと幅はほぼ同じで、タテに短くなっています。

  • Rakuten BIG:約174 x 約80 x 約9mm
  • Rakuten BIG s:約160 x 約79 x 約9mm

ディスプレイサイズで言うと、Rakuten BIGは6.9インチ、Rakuten BIG sは6.4インチです。

ちなみに重量は以下の通り。

  • Rakuten BIG:約227g
  • Rakuten BIG s:約204g

重量も20g軽くなっていますね。

ただしどっちも大型サイズであることは間違いありません。LとLLという感じ。

6.0インチ以下のコンパクト寄りのスマホから乗り換えると、やはり大きく感じるはずなので、この点は注意しましょう。

カメラは4眼カメラ|超広角・望遠ありの本格派

Rakuten BIG sのカメラの構成は以下。

▼Rakuten BIG sのカメラ構成

  • 超広角:約800万画素
  • 広角:約4,800万画素
  • 望遠:約800万画素
  • 深度測位:約200万画素

超広角、望遠など使用頻度の高いカメラを搭載していて、レンズの構成は本格派です。

超広角カメラ」を使えば、画角を広げての撮影が可能です。風景の撮影、集合写真、大きな建物を撮る時など重宝します。

望遠カメラ」は光学2倍ズームに対応。2倍なら画像劣化なくズームインできます。

また「深度測位カメラ」により、背景ボカしの撮影(ポートレート)のクオリティも向上しています。

様々なシーンでの撮影に対応できるのは、グッドですね。

ディスプレイは6.4インチの有機EL

ディスプレイは、6.4インチの有機ELです。

液晶ディスプレイのスマホに比べると、黒が「真っ黒」に表示でき、色のメリハリが強いのが特徴です。

解像度はフルHD+(2,340 × 1,080)と十分なスペックです。

「おサイフ・防水」「顔認証・指紋認証」に対応

機能面では、おサイフケータイ防水など購入のチェックポイントになるところを一通り網羅しています。

Rakuten BIG s
  • おサイフケータイ
  • 防水・防塵(IPX7 / IP6X)
  • 指紋認証・顔認証
  • イヤホンジャック

おサイフケータイは背面に配置しています。

指紋認証は、ディスプレイ上で認証する方式です。マスクをしていても生体認証でロック解除できます。

また、顔認証もあります。指紋と顔の両方でロック解除できるのはやはり便利ですね。

そのほかイヤホンジャックもあります。本体上部に配置しています。

Rakuten BIGの方にはイヤホンジャックはないので、ここは一つ差別化のポイントです。

5Gに対応|エリアはまだ狭い

Rakuten BIG sは5Gに対応しています。

5Gの電波は以下の2種類。Sub6のみ対応の端末も多いですが、Rakuten BIG sは両方に対応しています。

  • Sub6:4Gの延長で使える電波
  • ミリ波:超高速の通信が可能。実用化に時間がかかる

▼楽天モバイルの5Gエリアは、まだ都心部のかなり限定されたところです。下の地図だと、黄色が5G(Sub6)、青色が5G(ミリ波)のエリアとなります。

東京近辺の5Gエリア(2021年5月確認時点)

Sub6に接続すると数百Mbpsなどの速度が出ます。自宅で光回線にWiFiで繋いだぐらいの速度ですね。

ちなみにミリ波に接続すると、1Gbpsを超える速度が出ることもあるようです。こちらも期待ですね。

価格は実質4.6万円|5,000円分のポイント還元あり

あらためてRakuten BIG sの機種代金は以下の通り。

▼Rakuten BIG sの機種代金

  • 一括払い:50,980円
  • 48回払い(楽天カード限定):1,062円/月
  • 24回払い:2,124円/月

初めて申し込みならキャンペーンで、5,000円分の楽天ポイントがもらえます。

Rakuten Link」アプリで通話10秒以上・メッセージを1回以上送信することがポイント獲得の条件です。

キャンペーンを適用すると、実質4.6万円でRakuten BIG sが購入できます。

カラーはクリムゾンレッド、ホワイト、ブラックの3色です。

MEMO

過去の楽天モバイルのオリジナル端末は、「1円、実質0円、最大2.5万円還元」など、いずれも大きな割引がありました。

 

おそらくどこかのタイミングでRakuten BIG sも安くなると思われるので、そこを狙うのもいいかと思います。

【注意点】物理SIMが使えない & 他社のVoLTEに非対応

Rakuten BIG sの注意点としては、eSIM専用でかつ各キャリアのVoLTEに非対応ということ。

つまり、ほぼ楽天モバイルでしか使えません。

分かりにくいところですが、順を追って説明していきます。

Rakuten BIG sは「eSIM」でしか使えない

Rakuten BIG sはeSIM専用の端末です。物理SIMのスロットがなく、SIMカードは一切使用できません。

現状、ドコモ、au、ソフトバンクでは、オンライン専用プランを除き、eSIMに対応していません。

また格安SIMもほとんどは物理SIMのみ提供しています。

eSIM専用の時点で、使えるキャリアがかなり限定されてしまうことになります。

Rakuten BIG sは「他社のVoLTEに非対応」

詳しい方だと「povoなどのeSIM対応サービスならRakuten BIGが使えるのでは?」と考えるかもしれません。

ただ、

  • Rakuten BIG sは、他社のVoLTEに非対応
  • povoなどはVoLTEがないと通話できない

要するに、SIMロックこそありませんが、楽天モバイルにしかほぼ対応していないということです。

ネット上ではLINEMOのVoLTEが使えたという声もあり、非対応としつつも使える可能性はあるようです。

ただ、公式の情報に基づくと対応の保証はなく、あくまで自己責任になってしまいます。

コスパを求めるなら「Rakuten BIG」がおすすめ

楽天モバイルで安くてそこそこ性能の良いスマホが欲しいなら「Rakuten BIG」がおすすめです。

こちらはキャンペーンで2.5万円分のポイント還元が付き、実質価格が24,800円になります。

Rakuten BIGの主な特徴は以下の3点。

Rakuten BIGの特徴
  • 6.9インチの大画面
  • 世界初のフロントカメラ内蔵ディスプレイ
  • 4眼カメラ・Snapdragon 765Gと十分なスペック

フロントカメラはディスプレイの下に内蔵されているため、正真正銘の全画面です。6.9インチの大画面を余すことなく使えます。

6,400万画素を含む4眼カメラなどもいい感じです。スペックはかなり魅力があります。

サイズが許容できるなら、こっちがおすすめですね。

ちなみにコンパクトな機種が欲しいなら「iPhone SE(第二世代)」あたりも選択肢です。

楽天モバイルでもiPhoneの取り扱いをスタートしていて、2.5万円分のポイント還元が付くので約3.5万円で購入できます。

まとめ

Rakuten BIG sは、カメラ、ディスプレイ、CPUともにスペックは十分です。

ただし価格に目を向けるとコスパは微妙で、キャンペーンで安く買える機種があるだけに割高に感じるのが正直なところ。

おすすめは実質2.5万円で買える「Rakuten BIG」です。

ただ今後、Rakuten BIG sが大きく割引される可能性は高く、そのタイミングで買うのならアリという感じです。

ぜひキャンペーンも加味しつつ、自分に合った機種を選んでいきましょう。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

①プラン料金3ヶ月無料

Rakuten UN-LIMIT Ⅵのプラン料金が3ヶ月間、無料になります。

最大3,278円*3ヶ月=合計9,834円割引の超おトクなキャンペーンです。

②誰でも5,000ポイント還元

Rakuten UN-LIMIT Ⅵへの申込みで、誰でも5,000ポイントが還元されます。

③スマホセットで最大20,000ポイント還元

契約とセットでスマホを買うと、端末によって最大で20,000ポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

ゴリラ

OPPO Reno3 Aなど人気機種が最大20,000ポイント還元!Rakuten Hand実質無料Rakuten Mini1円で購入できるゾ!

事務手数料も無料、〜1GBならタダで維持できるんで、本当に契約しない理由がないレベルかと!

詳細は公式サイトを確認してみてくださいね!

\本当に契約しておかないと割と損/

こんな記事もおすすめ

203