このサイトについて

ついに廃止!楽天モバイルは0円でいつまで使える?いま契約するメリット/乗り換え先候補まとめ

ゴリラ

楽天モバイルが0円で使えなくなるって話題になってるね。これから契約しようと思ってるんだけど、辞めたほうがいい?

2022年7月から楽天モバイルは新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ(セブン)」を提供すると発表しました。

このプランでは、これまで1GB以下は0円で使えた料金体系を改め、最低でも1,078円がかかるようになります。

この記事では今回の改定の概要を説明した上で、「これから契約する人」「いま契約している人」が、どのような選択をすべきなのか、提案します。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、これから楽天モバイルを契約する人は、リスクは少ないので契約してもOK(むしろ、今のうちが◎)。

 

現在契約している人で、特に3GB以下に収まっている人は、乗り換えの余地あり。

ちなみに…

 

楽天モバイルでは端末を買って最大2.4万ポイント還元の還元キャンペーンをやってます!
対象iPhone / 対象Android

 

7/1から1GB以下でも1,078円がかかるようになりましたが、10月分までは実質無料で使えるので、逆に言えば、今が契約のチャンス。

 

\10月までは0円〜で使える/

 

iPhone 14

 

楽天モバイルのiPhone 14は大手キャリアの中で最安&新規でも大量ポイント還元のキャンペーン中です!

 

関連 今回も楽天モバイルのiPhone 14がお得でした

 

ちなみに最新の在庫、入荷待ち状況は在庫状況一覧ページで確認できます!

楽天モバイルが0円廃止|いつまで無料で使える?

2022年5月、楽天モバイルが7月から提供する新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」を発表しました。

これまでのRakuten UN-LIMIT Ⅵと変わらず、使ったデータ通信量で月額料金が決まるプランです。

以下はRakuten UN-LIMIT Ⅵ(現行)のプラン。

これまでは1GB以下は0円で利用できることが、楽天モバイルの大きなウリでした。

しかし新しいプランでは、最低でも1,078円がかかり「0円運用」ができなくなります

「改悪」なのは0円運用をしていた人のみ

今回の発表を受け、「改悪」という言葉が独り歩きしています。

確かにこれまで0円で使っていた人にとって、今回のプラン改定は「改悪」です。

しかし今1GB以上使っている人は、新プランでもこれまでと全く同じ条件で利用することができます

逆に1GB以上の人には実質「値下げ」

6月以降、楽天のポイントプログラム「楽天SPU」の条件が改定されることも発表されています。

楽天SPU 2022年7月から

楽天モバイルユーザーはこれまでも、楽天市場での買い物で+1倍(税抜100円で1ポイント)のポイント還元がありましたが、今後はさらに1倍分が追加されます。

楽天モバイルはもらったポイントでの支払いもできるので、つまりは実質的な値下げになります。

楽天市場で毎月2万円の買い物をしているなら、6月から無条件で200ポイント多くもらえます。

【検討中のユーザー】いま契約してもリスクは少ない

ゴリラ

楽天モバイルが気になってたところで、今回のニュースだったから、どうしたらいいのか迷ってる……。

ゴリラくんのような人もいると思います。

結論、いま楽天モバイルを検討しているなら、そのまま契約しても問題ないと考えます。むしろ、いま契約するのが最もお得でメリットがあると言えます。

そのように言える理由は以下の3点。

  1. 10月利用分までは実質無料で使えるから
  2. 今はまだiPhoneやAndroid購入でポイント還元があるから
  3. 11月までに内容が改定される可能性もあるから

1. 10月利用分までは実質無料で使えるから

すべての楽天モバイルユーザーは、7月から新プランに自動で移行します。

しかし、いきなり0円が廃止されるわけではなく、10月までは「移行期間」がもうけられています。

Rakuten UN-LIMIT Ⅶ

新プランは7月から始まりますが、8月31日まではこれまでのプランの料金が据え置かれます。つまり、1GB以下なら、8月利用分までは料金が発生しません。

その後、9、10月利用分については、1GB以下に収まった場合は、かかった分の月額料金相当(1,078円+ユニバーサルサービス料など)がポイントで還元されます。

まとめると、10月利用分までは実質タダで使えるということです。

今回、楽天モバイルを初めて使う人にも、十分なお試し期間が用意されています。

注意1

9、10月が1GB以下に収まった場合のポイント還元は、該当月の翌々月末日に行われます。

 

つまり10月分のポイント還元は12月末に行われます。仮にその時点で楽天モバイルを解約していても、楽天会員であれば、ポイントを受け取れるようです。

注意2

9、10月利用分のポイント還元を受けられるのは、1GB以下に収まった場合のみです。

 

それ以上使うと、そもそもポイント還元はありません。

2. 今はまだiPhoneやAndroid購入でポイント還元があるから

楽天モバイル 激トク

執筆時点では、楽天モバイルではおなじみの「端末のセット購入で大量のポイント還元」のキャンペーンを行っています。

今回のプラン改定によって、楽天モバイルはコストを減らして、収益を改善する方向にかじを切りました。

今後も今のようなポイント還元が続くかは不透明な状況です。

欲しい端末で高還元が受けられる内に契約しておくのが賢い行動かもしれません。

3. 11月までに内容が改定される可能性もあるから

「楽天 解約」がTwitterのトレンドに入るなど、今回のプラン改定による市場からの反発は、楽天モバイルとしても予想の域を超えていた可能性があります。

今後、数ヶ月内に、再度、プラン内容を改定する可能性もゼロではありません。

今、検討している人は、とりあえず契約だけはしておいて、今後の動向を注視しておくのが良いかもしれません。

【既存の楽天ユーザー】の対策

先述のように、これまで1GB以上のデータ通信を行っていたなら、今後も負担が増えることはありませんし、逆に楽天SPUの条件が良くなります。

とくに50GB、100GB、200GB……と、大量にデータ通信を行うほど、楽天モバイルの料金のコスパの良さが際立ってきます。

▼他社のデータ無制限プランとの比較▼

またRakuten Linkの通話はこれからも無料で使えるので、それだけでも十分、元が取れる人もいるでしょう。

逆に以下のようなときは、楽天モバイルから他社への乗り換えを含めて、検討しても良いかと思います。

  • これまで0円で使っていた
  • 1GB〜3GBに収まっている

3GB以下の人が検討すべき乗り換え先候補

今回、ケース別に3つの乗り換え候補を提案します。

①通話をたくさんする人

ゴリラ

Rakuten Linkで通話しまくってたお!

という人におすすめの候補先は

  • povo2.0:550円
    基本料金(0円)+5分かけ放題(550円)
  • LINEMO:990円
    ミニプラン(3GB/990円)+5分かけ放題(550円→1年間0円!)
  • 日本通信 合理的シンプル290:990円
    基本料金(1GB/290円)+70分無料(700円)

②少しでも0円運用に近づけたい

ゴリラ

少しでも負担を少なく、最低限のデータ通信をしたい!

という人におすすめの候補先は

povo2.0の基本料金0円を活かしつつ、他の格安SIMのデータSIMを組み合わせるのが、最安で使うためのコツです。

③できるだけシンプルに契約したい

ゴリラ

SIMの組み合わせとか面倒だから、できるだけシンプルに契約したいゾ!

という人におすすめなのが、

ただし、今回の件を受けて、今後も各社が「対楽天モバイルプラン」を打ち出してくる可能性が高いため、しばらくは最新の情報にアンテナを張っておくのが良さそうです!

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(来店・待ちなし)も大きておすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

1462