このサイトについて

「povo」への乗り換えは4ステップ|手順・費用・デメリットを詳しく解説

ゴリラ

povoへ乗り換えたいけど、手順はどんな感じ?何から始めれば良いの?

「povoが安いし、乗り換えようかな」と考えている方も多いのでは。

povoへの乗り換えでは「SIMロックの解除」「MNP予約番号の取得」など、いくつかの手続きが必要です。

ただ、とくに初めての乗り換えとなると「そのへんよく分からないし面倒かも」というのが正直なところだと思います。

そこで本記事では、povoへ乗り換えるための手続きを「4ステップ」でわかりやすく解説します。

一つずつ確実に進めれば、初めての方もしっかり手続きを完了できます。ぜひサクッと目を通してみてください。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、乗り換え手順は以下。

▼povoへの乗り換え手順

① SIMロックを解除する
② MNP予約番号を取得する
③ povoへ申し込み
④ 初期設定を行う

乗り換えのための諸々の費用は、auユーザーなら無料、他社ユーザーなら3,300~4,400円が目安です。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

 

いよいよpovoの申込みが始まりました!

 

20GBで2,728円。24時間データ使い放題のトッピング(220円)も魅力ですね!

 

関連記事:au「povo」は24時間データ使い放題が目玉|評判・注意点・いくら安くなるかを解説

 

一点、povoではスマホの販売がないんで、もし乗り換えのタイミングで機種変したいなら、事前にauオンラインショップで買っておくことをおすすめします〜(au→povoは手数料なしで変更できます◎)

 

\10,000円以上お得/

 

povoへの変更にはMNP手続きが必要

他社ユーザーと、auユーザーの手続きの違いは以下の通り。

povoへの乗り換え手続き

▼他社のユーザー

乗り換え(MNP)のための手続きが必要

▼auユーザー

乗り換え(MNP)のための手続きが必要
プラン変更の手続きのみでOK かは現状未定(2020年2月時点)

au以外を使っているユーザーの方は、乗り換えのためにいくつか手続きが必要です。

一方、auユーザーについては、プラン変更のための簡単な手続きだけでOKになる可能性があります。

これについては、今のところ情報が出ていません。

ちなみに「ドコモ⇒ahamo」の移行は、プラン変更のための簡単な手続きでOKとなっています。

auもプラン変更のみなら便利ですが、今後の情報待ちですね。

povoは乗り換えは「4ステップ」

povoへ乗り換えるための具体的な方法を見ていきましょう。

手順は以下の4ステップです。

povoへ乗り換える手続き

① SIMロックを解除する
② MNP予約番号を取得する
③ povoへ申し込み
④ 初期設定を行う

利用中のキャリアと、povoの両方で手続きが必要です。

各ステップを詳しく見ていきましょう。

① SIMロックを解除する

キャリアやサブブランドで購入したスマホは、基本的に自社回線でしか使えないようにSIMロックがかかっています。

各社のマイページから、SIMロックを解除しましょう。

▼各社のSIMロック解除の方法をまとめておきます。

マイページからのSIMロック解除方法

 

▼ドコモ

My docomoから手続き

My docomoにログイン>三本線のメニューから「サービス一覧」を選択>「SIMロック解除」>製造番号(IMEI)を入力>「SIMロック解除を申込む」「SIMロック解除の注意事項に同意する」をチェック>「手続きを完了する」

 

▼au

My au(SIMロック解除のページ)から手続き

My auにログイン>SIMロックを解除する端末のチェックボックスにチェックを入れ「次へ」>解除理由を選択して「この内容で申し込む」

 

▼ソフトバンク

My SoftBank(SIMロック解除のページ)から手続き

My SoftBankにログイン>製造番号(IMEI)を入力>「解除手続きをする」

 

▼UQモバイル

my UQ mobileから手続き

my UQ mobileにログイン>「契約確認・変更」タブ>「ご契約内容」欄の「詳細を確認・変更する」>「SIMロック解除」(下の方)>「ロックを解除する」

 

▼ワイモバイル

My Y!mobile(SIMロック解除のページ)から手続き

My Y!mobileにログイン>製造番号(IMEI)を入力>「解除手続きをする」

店舗でもSIMロック解除も受け付けていますが、3,300円の手数料がかかります。

おすすめはマイページからの手続きです。

ちなみに楽天モバイルで購入したスマホは、SIMロックはかかっていません。SIMロック解除の手続きは不要です。

② MNP予約番号を取得する

つづいて「MNP予約番号」を取得しましょう。

MNP予約番号とは

MNP予約番号は乗り換え手続きのための整理券のようなものです。電話番号を引き継いで乗り換えるために必要となります。

MNP予約番号の取得は、マイページや電話窓口から可能です。

各社でのMNP予約番号の取得方法は以下の通りです。

MNP予約番号の取得方法

▼ドコモ

My docomoから手続き

My docomoにログイン>「契約内容・手続き」>「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」>「お手続きする」>「解約お手続き」>注意事項の同意にチェックを入れて「次へ」>「手続きを完了する」

■ 電話窓口:0120-800-000
(ドコモ携帯電話からは局番なしの151)

受付時間:9時~20時(年中無休)

 

▼au

My auから手続き
受付時間:9時~20時(年中無休)
My auにログイン>「スマートフォン・携帯電話」>「ご契約内容/手続き」>「お問い合わせ/手続き」>「MNPご予約」

■ 電話窓口:0077-75470
受付時間:9時~20時(年中無休)

 

▼ソフトバンク

My SoftBankから手続き
受付時間:9時~20時(年中無休)
My SoftBankにログイン>「設定・申込」>「契約者情報の変更」>「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」>「番号ポータビリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」

■ 電話窓口:0800-100-5533
(ソフトバンク携帯電話からは*5533)
受付時間:9時~20時(年中無休)

 

▼楽天モバイル

my 楽天モバイルから手続き

my 楽天モバイルにログイン>右上の三本線メニューから「my楽天モバイル」>「契約プラン」>「各種手続き」>「他社への乗り換え(MNP予約番号取得)」

 

▼UQモバイル

UQ mobileお客さまセンターで電話手続き

0120-929-818
受付時間:9時~21時(年中無休)

 

▼ワイモバイル

My Y!mobileから手続き
受付時間:9時~20時(年中無休)

My Y!mobileにログイン>「携帯電話番号ポータビリティ」から手続き

■ 電話窓口:0570-039-151
(ワイモバイル携帯電話からは151)

受付時間:9時~20時(年中無休)

店舗でMNP予約番号を取得することもできます。電話やWeb手続きが不安な方は、ショップを利用しましょう。

③ povoへ申し込み

SIMロックの解除・MNP予約番号の取得が済んだら、povoの公式ページから、申し込みを進めていきましょう。

povoはオンライン専用プランのため、店舗での申し込みや相談は受け付けていません。

必ずWebページから申し込みを進めていくことになります。

2月の執筆時点では公式ページに申し込みのボタンやリンクはありませんが、プラン開始後に設置されるはずです。

(先行エントリーはすでに始まっています。au PAY残高3,000円分がもらえるキャンペーンも開催中です。)

④ 初期設定を行う

povoへ申し込みすると、後日、自宅にSIMカードと契約書類が届きます。

あとは、

  • 回線を開通するための手続き
  • povoの電波を掴むためのスマホ側の初期設定(APN設定)

をすれば、povoの利用を開始できます。

それぞれの手続き方法は、SIMカードと合わせて届く書類などで確認できるはずなので、そちらを参照しましょう。

なお無事に開通すれば、元のキャリアは自動的に解約されます。別途、解約の申込みなどは不要です。

povoへの乗り換え費用|au⇒povoなら0円

povoへの乗り換え費用をまとめると以下の通りです。

povoへの乗り換え費用

他社⇒povo:基本3,300円〜4,400円
(契約事務手数料0円だった場合)

au⇒povo:0円

他社からの乗り換え費用は3,300〜4,400円

他社からpovoへの乗り換えでかかる費用のトータルは、基本的には3,300〜4,400円です。

povoの契約事務手数料は、今のところ情報がないですが、ahamoに合わせて0円になる可能性が高いと考えられます。

そうなった場合、他社からpovoに乗り換えるための費用の内訳は以下の通りです。

▼他社⇒povoへの乗り換えでかかる費用(契約事務手数料0円の場合)

 費用
元の契約の
解除料
0円〜1,100円程度
※最新プランの場合
MNP転出手数料3,300円
povoの
契約事務手数料
0円
合計3,300円〜4,400円

契約解除料(違約金)については、各社とも最新プランの場合、

  • ソフトバンク、UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイル…0円
  • ドコモ、au…1,100円

です。

ただし古いプランの場合は、契約解除料が10,450円がかかる場合があります。

そのほか、スマホの分割払いの残り(残債)がある場合は、継続して支払いが必要です。もちろん一括で支払ってしまうこともできます。

au・UQモバイルユーザーなら費用はかからない

au、UQモバイルユーザーがpovoへ変更する際には費用はかかりません。

MNP転出手数料、契約解除料、事務手数料など諸々の費用は全て0円です。

povoの公式サイトを見ると、以下の記載があります。

Q:「au」「UQ mobile」「povo」間の移行手続きにあたって、手数料がかかりますか?
A:手数料はいただきません。
※「au」「UQ mobile」「povo」間の移行手続きにおいて、当面は「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料 (UQ mobileでは、SIMパッケージ料金)」を一度請求させていただきますが、翌月以降の移行先のご利用料金から割り引きします。

しばらくの間はpovoへ乗り換えるのも、逆にpovoからau本体に戻るのも0円ということですね。気軽に試せそうです。

povoへ乗り換えるデメリットも確認

料金が大幅に安くなるし、au回線が使えるし、良いこと尽くしに思えるpovoですが、デメリットもあります。

povoのデメリット
  • 店舗でのサポートはない
  • スマホのセット販売はない
  • キャリアメールは使えない
  • 「家族割引」「固定回線とのセット割」はない

それぞれ確認していきましょう。

店舗でのサポートはない

povoの申し込みやサポートは、Webまたは専用アプリのみで行われます。店頭での対応はありません。

とはいえ契約できるプランは一つだけなので、店舗のサポートが必要なケースは少ないはずです。

スマホのセット販売はない|事前に機種変更も

povoでは、サービス開始当初はスマホのセット販売は予定していないとのことです。

当面は、povoでスマホを買って、機種変更することはできません。

もし、手持ちのスマホが古くなってるならauを経由してスマホを入手する」という方法がお得です。

つまり「auにいったん乗り換える⇒スマホを買う⇒povoに変更する」という流れです。(au⇒povoへの移行の費用は0円です)

auでスマホを買えば、最大22,000円の割引が受けられます。

  • 5Gスマホおトク割(5Gスマホが対象)
  • au Online Shop お得割(4Gスマホが対象)

とくに乗り換え時のセット購入においては、割引額が大きく設定されています。ぜひ賢く活用していきましょう。

>「5Gスマホおトク割」の解説記事
>「au Online Shopお得割」の解説記事

キャリアメールは使えない

povoでは、キャリアメールが使えません。

▼大手キャリアのキャリアメール

  • ドコモ:~@docomo.ne.jp
  • au: ~@ezweb.ne.jp
  • ソフトバンク:~@softbank.ne.jp

「LINEしか使わないからOK」という人は問題ないですが、まだキャリアメールも使ってるという人は注意が必要です。

GmailやYahooメールなどのフリーメールを使うか、LINEで済ませてしまう、などの対策が必要になるでしょう。

「家族割引」「固定回線とのセット割」はない

povoでは、au本体のプランのように家族割引で安くなることはありません。

au本体から切り離されたWeb専用プランのため「割引はなし」ということですね。

ただし、家族割の頭数としてのカウントには「前向きに対応していきたい」とのこと(決算会見より)

割引はないけど、家族としてカウントの対象にはなる可能性はあるということですね。

また、povoでは、auひかり(固定回線)とのセット割もありません

povoにするなら、auひかりにこだわる理由はなくなるので、光回線の見直しも検討ですね。

>「ドコモ光の代理店比較」の記事
>「ソフトバンク光の代理店比較」の記事

まとめ

povoへの乗り換えは、

  1. SIMロックを解除
  2. MNP予約番号の取得
  3. povoへの申し込み
  4. 初期設定

の4ステップです。

初めての方も、1ステップずつ確実に進めれば、乗り換えを完了できるはずです。

povoの注意点としては、スマホのセット販売がないこと。スマホが欲しい方は、au本体を経由して契約を進めましょう。

ぜひ参考にpovoへの乗り換えを進めてみてくださいね。

ちなみに:povoで使うスマホはauオンラインショップで買うのがおすすめ

povoではスマホの販売がないので、機種変更するならauオンラインショップで買うのがおすすめ。

  1. 頭金がかからない(最大10,000円くらいお得)
  2. 待ち時間がない
  3. 店員から営業を受けない

などメリット多めです。

また、これ裏ワザ的な方法なんですが、au以外の他社からpovoに乗り換えるなら、直接povoを契約するよりも、いったんはauと契約した方がお得になりそうです!

ちなみに、au→povoへの変更は手数料がかかりません。

ゴリラ

auの特典でお得にスマホを買いつつ、povoで毎月の料金も抑えられて、いいとこ取りだね!

povoを契約するときは、ぜひ、参考にしてくださいませ!

\10,000円以上お得/

 

こんな記事もおすすめ

2344