【特集】iPhone 13が発売!

「Google Pixel 6・6 Pro」を正直レビュー|7万円台で全部盛りの「6」は完全に買い

12月31日までキャンペーン実施中
  • au⇒Pixel 6を購入でYouTube Premium 12ヶ月無料
  • ソフトバンク⇒Pixel 6・6 Pro購入でGoogle商品が必ず当たる

  • 応募方法:au・ソフトバンクで購入後、各CPサイトから応募
  • 購入期間:2021年10月28日(木) 0:00 ~12月31日(金) 23:59
  • 応募締切:2022年1月9日(日) 23:59

ゴリラ

Google Pixel 6が発売されたね!話題になってるけど、実際「買い」なのかな?

Google Pixel 6シリーズが、2021年10月28日から発売を開始しています。

今回は2年ぶりのハイエンドで、自社開発チップ「Tensor」をもとに大幅にアップデートしています。

ユーザーの評判も良好で、特にPixel 6は7万円台で全部盛りハイエンドを実現していることもあり、爆売れを予感させます。

本記事では、Pixel 6・6 Proの特徴・スペックをユーザーの評判を交えながら、詳しく解説します。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Google Pixel 6は「Tensor」搭載でカメラの画像処理、音声読み上げなどが大幅進化。

 

とくに、Pixel 6はおサイフ・ワイヤレス充電を含めた全部盛りのハイエンドが7万円台ということで、Googleブランド、先進的な機能を考えると完全に「買い」です。

このスマホの評価
価格
(4.5)
スペック
(4.0)
カメラ
(4.5)
独自の機能
(4.5)
総合評価
(4.5)

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

Pixel 6・6 Proは「Tensor」で独自進化|使いやすくて最先端なハイエンド

今回のPixel 6・6 Proは、自社開発の高性能チップ「Tensor」を搭載したのが一番の進化ポイントです。

機械学習・AIに強みのある「Tensor」をもとに、「消しゴムマジック」などのカメラ機能、超高精度な「文字起こし」など、他のスマホにない独自の進化を遂げています。

PixelシリーズとしてはPixel 4以来の2年ぶりのハイエンドで、そこからの買い替えを考えている人も多いようです。

ラインナップは「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」の2種類。

望遠カメラの有無、ディスプレイのサイズ・リフレッシュレートなどが主な違いとなります。

↓左右にスクロールできます!

 Pixel 6 ProPixel 6
サイズ縦:約163.9mm
幅:約75.9 mm
厚み:8.9 mm
縦:約158.6mm
幅:約74.8 mm
厚み:8.9 mm
重さ約210g約207g
CPU
Google Tensor
RAM12GB8GB
ストレージ128GB/256 GB
ディスプレイ約6.7インチ 有機EL
QHD+(1440 x 3120)
最大120Hz対応
約6.4インチ 有機EL
FHD+(1080 x 2400)
最大90Hz対応
カメラ広角:50MP
超広角:12MP
望遠:48MP
広角:50MP
超広角:12MP
バッテリー5,003 mAh4,614 mAh
生体認証画面内指紋認証(顔認証なし)
防水・防塵IP68 準拠の防水、防塵性能
そのほか機能おサイフケータイ
ステレオスピーカー
ワイヤレス充電
5G対応Sub6・ミリ波に対応Sub6に対応
価格Googleストア:116,600円
ソフトバンク:127,440円
Googleストア:74,800円
au:82,695円
ソフトバンク:85,680円

とくに7万円台で、おサイフケータイやワイヤレス充電まで全部盛りの「Pixel 6」のコスパが目を引きますね。

謎メーカーではなく、天下のGoogleブランドでこの価格なので、コスパは抜群です。

ここからは、Google Pixel 6・6 Proのカメラ、機能の特徴を詳しく紹介していきます。

Pixel 6・6 Proのカメラ|「消しゴムマジック」など画像処理に強み

今回、独自チップ「Google Tensor」で、Googleの強みの画像処理技術が一気にパワーアップしています。

Tensorでの画像処理をもとに、「消しゴムマジック」「モーションモード」などPixel独自の新たな撮影機能が追加されています。

さらに6 Proでは「最大20倍ズーム」もあり、望遠レンズと画像処理の組み合わせで他のスマホにないレベルの解像感となっています。

Google Pixel 6・6 Proのカメラの特徴を見ていきましょう。

「消しゴムマジック」で余計な写り込みを消せる

カメラの新機能でまず注目なのが「消しゴムマジック」。

写真に写り込んだ通行人、モノなどを、撮影後に指で囲って取り除くことができます。

処理としては完璧なものではなく、違和感が残ることもあるようですが、実用性は十分です。

デフォルトのカメラアプリでサクッとコレが使えてしまうのは、かなり便利ですよね。

「モーションモード」で躍動感のある写真が撮れる

もう一つ注目なのが「モーションモード」です。写真でも躍動感・スピード感が表現できるようになります。

撮影方法は「アクションパン」「長時間露光」の2つです。

▼「アクションパン」では被写体にフォーカスしつつ、背景をブレさせることができます。

▼「長時間露光」では、逆に被写体をブレさせて撮影が可能です。

ふつう流し撮りをしようと思うと、被写体に合わせてカメラを動かす必要があり、技術が要りますが、Pixel 6ならワンタップです。

発売当初はモーションモードはベータ版ということなので、今後もさらに使い勝手が良くなる見込みです。

Pixel 6 Proは「最大20倍」のズームに対応

Pixel 6 Proでは、4,800万画素の望遠カメラを搭載。

光学4倍ズーム最大20倍のデジタルズームに対応します。ズームの解像感は圧倒的です。

▼こちらはPixel 6 Proの20倍ズーム(右)とiPhone 13 Proの15倍ズーム(左)の比較のツイートです。

パッと見では違いが分かりにくいですが、細部を見るとiPhone 13 Proは少しボヤけていて、Pixel 6 Proはディティールを捉えていることが分かります。

元々ズームでの画像補正はPixelシリーズの強みでしたが、「Google Tensor」によってさらに進化しているようですね。

レコーダーは日本語での「文字起こし」に対応

Google Pixel 6・6 Proのレコーダーアプリは、超高精度な文字起こしに対応しています。これも今回の目玉機能です。

ほとんど同時にも思える速度での文字起こしが可能です。

ちなみに文字起こしは、Youtubeなどスマホ内で再生される音に対しても使えます。ポップアップでリアルタイムに表示が可能です。

音が出せない場所で動画を見る時など便利ですよね。

リアルタイム翻訳機能も

リアルタイム翻訳をして文字起こしもできます。精度はそこそこで内容がざっくり理解できるレベルのようです。

海外のYoutube動画などの翻訳も可能で、海外の学習コンテンツ、実況動画、エンタメなども大まかに理解できるようになります。

将来的に翻訳技術が進んで海外コンテンツも普通に楽しめるようになるという話もありますが、一足先に到達してしまった感がありますね。さすがGoogleのスマホという感じです。

Pixel 6・6 Proの注意点|指紋認証・発熱など

Google Pixel 6・6 Proについて、ユーザーの間で話題に挙がっている注意点としては、以下の2つです。

注意
  • フィルムを貼ると指紋認証がしづらい
  • デモ機で発熱多め⇒「買ってみたら問題なかった」の声

フィルムを貼ると指紋認証はしづらくなるようです。発熱の問題はデモ機特有のものだったようですが、少し触れておきます。

フィルムを貼ると指紋認証がしづらい

画面に保護フィルムを貼ると、指紋認証が通らない・通りづらいという口コミが多数あります。

執筆時点では、根本的には解決されておらず、フィルムなしで使うのが一番良い解決策という状況のようです。

Pixel 6・Pixel 6 Proのディスプレイにはゴリラガラスでも最強の「Gorilla Glass Victus」が採用されているので、100%ではないにせよ、かなり信頼はできます。

もしフィルムを貼るのであれば、現状口コミを見ながら使えそうなのを買ってみるという感じになりそうです。今後のアップデートにも期待したいところですね。

デモ機で発熱多め⇒「買ってみたら問題なかった」の声

Google Pixel 6・6 Proのデモ機を触った人の間で「発熱がすごかった」という声があり、不安要素の一つになっていました。

ただ、実際に購入したユーザーの間では、「発熱については全く問題なかった」という評判が多くなっています。

詳細は不明ですが、デモアプリなどが原因だったということが一つ原因として推測されています。

いずれにせよ、発熱はあまり不安を感じる必要はなさそうです。

Pixel 6・6 Proの価格|キャリアの割引も検討

Pixel 6・6 Proの価格は以下の通りです。カッコ内は各キャリアの購入サポート適用時の実質負担額です。

▼Pixel 6の価格

↓左右にスクロールできます!

 128GB256GB
Googleストア74,800円85,800円
au82,695円
(43,815円)
ソフトバンク85,680円
(42,840円)
99,360円
(49,680円)

▼Pixel 6 Proの価格

↓左右にスクロールできます!

 128GB256GB
Googleストア116,600円127,600円
ソフトバンク127,440円
(63,720円)
141,120円
(70,560円)

Pixel 6は、Googleストア、auソフトバンク、Pixel 6 ProはGoogleストア、ソフトバンクで購入が可能です。

価格はGoogleストアが安いですが、au、ソフトバンクでは各キャリアの購入サポートで、実質負担は半額ほどで購入できます。

au「スマホトクするプログラム」

スマホ返却で負担額が約40〜50%に

 

ソフトバンク「トクするサポート+」

スマホ返却で負担額が最大半額

そのほか、乗り換えとともに購入すれば2万円を超える大幅割引もあります。キャリアにこだわらないなら、Pixel 6・6 Proの購入を機に乗り換えも検討してみると良いかも。

  • au「au online shopお得割」:最大2.2万円割引
  • ソフトバンク「web割」:最大2.16万円割引

Pixel 6のカラーは、Stormy Black、Kinda Coral、Sorta Seafoamの3色です。

6 Proのカラーは、Stormy Black、Cloudy White、Sorta Sunnyの3色です。

Pixel 6のSorta Seafoam(パステルブルー)は特に人気のようですね。執筆時点ではGoogleストアで在庫切れでした。

まとめ

Pixel 6・6 Proは、画像処理に磨きのかかったカメラ、音声読み上げなどGoogleらしい進化を遂げています。

新機能の陰に隠れていますが、Pixel 6が7万円台なのに全部盛りのハイエンドなのは安すぎです。

フラッグシップモデルだと10万円前後でも安いぐらいになってきているので、その中で7万円台はやはり目を引きます。

iPhone 13が98,800円ということなので、強力なiPhoneキラーになりそうです。

そろそろ機種変更という方は、ぜひ候補に検討ですね。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を考えているなら、オンラインショップがお得なので、最後にかんたんに説明しておきますね。

理由は以下3点です。

  1. 頭金・事務手数料がかからない
    (auは事務手数料はかかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリットだけでなく、精神的にも楽ちんで普通にお得です。

また、各社とも直営の公式オンラインショップなので安心して契約できます^^

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

2729