【特集】iPhone 13が発売!

5,760円から買える「OPPO A55s 5G」を正直レビュー|コスパ良好もおサイフ・指紋認証には非対応

ゴリラ

「OPPO A55s 5G」が発売されるね!安くて良さそうだけど、実際「買い」なのかな?

2021年11月26日、OPPO A55s 5Gがソフトバンク、楽天モバイルなどから発売されます。

普段使いに十分な性能ながら、2~3万円台で買えるのが魅力。

とくにソフトバンクでは27,360円で販売予定で、乗り換え特典を使えば5,760円での購入も可能です。

「手頃な価格で、十分なスペックの機種があれば買い替えたい」と注目していた方も多いのでは。

本記事では、OPPO A55s 5Gの特徴を詳しく解説していきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、OPPO A55s 5Gは2万円台で十分使えるエントリーモデル。防水・90Hz駆動・大画面&軽量など、使い勝手の良いスペックです。

 

ただし、おサイフケータイと指紋認証には非対応です。ここは人によっては致命的に感じるかも。

 

おサイフ・指紋認証が欲しいなら「Redmi Note 9T」「OPPO Reno5 A」あたりがおすすめです。

このスマホの評価
価格
(3.5)
スペック
(3.0)
カメラ
(2.5)
軽さ
(3.5)
総合評価
(3.0)

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,300円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

 

手数料3,300円が無料になりました

 

\次世代コスパモデル爆誕/


ふつうに使えて、洗えて、指紋認証もおサイフケータイもついてる万能スマホ。価格は2.7万円、 2年後に返せば1.3万円……安すぎる!


ソフトバンク arrows We 商品ページ


関連記事:arrows Weをソフトバンクで買った方がいい理由|スペックもさくっとレビュー

OPPO A55s 5Gは2万円台から買えるエントリーモデル|防水・90Hz駆動・軽量

OPPO A55s 5Gは、ソフトバンクで27,360円など格安ながら、ストレスなく使えるスマホです。

エントリーモデルゆえ目立った長所はないですが、「十分な処理性能」「軽量&大画面」など魅力も多く、安くて使い勝手の良い「普段使いのスマホ」を探しているなら候補になります。

2~3万円台のスマホとしては優秀なスペックです。

 OPPO A55s 5G
サイズ縦:約162.1mm
横:約74.7mm
厚さ:約8.2mm
重さ約178g
メモリ・ストレージ4GB+ 64GB
ディスプレイ約6.5インチ
2.400 x 1.080 (FHD+)
最大90Hz駆動
アウトカメラ広角:約1,300万画素
深度:約200万画素
インカメラ約800万画素
CPUSnapdragon 480 5G
生体認証顔認証
(指紋認証なし)
その他モノラルスピーカー
イヤホンジャックあり
FMラジオ対応
5G対応
OSColorOS 11

OPPO A55s 5Gのスペック・特徴を総チェック

OPPO A55s 5Gのスペック・特徴としては以下が挙げられます。

OPPO A55s 5Gのスペック・特徴
  • ディスプレイは90Hz駆動
  • 防水・防塵にガッツリ対応
  • 重量がわりと軽い
  • CPUは「Snapdragon 480 5G」を搭載
  • カメラは広角+深度
  • デュアルSIMでも使える
  • OPPO独自の「ColorOS」を搭載

ディスプレイは90Hz駆動に対応

ディスプレイは90Hzのリフレッシュレートに対応

1秒間に90コマの映像が表示でき、ヌルヌル滑らかな操作感を実現してくれます。格安機だと60Hzが多いので、ワンランク上ですね。

最近では120Hz対応のモデルも増えていますが、90Hzについては操作感とバッテリー持ちを両立でき、良い塩梅です。

ちなみにタッチサンプリングレートは180Hzに対応。1秒間に180回タッチ検出ができ、こちらも快適な操作感に貢献してくれます。

エントリークラスのモデルながら、ストレスない操作感で使えるのはうれしいポイントですね。

防水・防塵にガッツリ対応

OPPO A55s 5GはIP68の防水・防塵に対応です。

ガッツリめな防水・防塵で、OPPOの格安ラインナップである「Aシリーズ」としては初めての対応です。

auで2021年6月発売した2万円台のコスパモデル「OPPO A54」も非対応でした。

先代と比べると、このあたりは少しアップグレードされています。

重量がわりと軽い|6.5インチながら178g

重量が軽いのも、OPPOが推しているポイントです。

6.5インチの大型サイズながら重さは178gに抑えています。OPPOが2021年に日本で発表したスマホの中では最軽量とのこと。

ちなみに正直なところ、最近の「軽量」を推しているスマホと比べると、「そこまで軽いかな?」というのはあります。

▼軽量推しのスマホの比較▼

ただ、6.5インチクラスのゴリゴリのハイエンドモデルに比べると、十分軽いのは間違いないです。ともかく、持っていて手が疲れないというのはグッドですね。

CPUは「Snapdragon 480 5G」を搭載|普段使いに十分

CPUは「Snapdragon 480 5G」を搭載。

普段使いに十分なスペックです。Webブラウジング、アプリの操作など問題なくこなせます。

Snapdragonの400番台でも、今回の「Snapdragon 480 5G」といった最新チップは、ミドルレンジの700番台と差がなくなってきています。

たとえば、同じSnapdragon 480 5Gを搭載したOPPO A54 5GのAnTuTuスコアが24万点(Ver.8)などです(最新のVer.9では28万点程度)。

「スマホは不便なく使えればOK」という方なら、このぐらいのスペックがあると、かなり満足できるはず。

▼こちらも「Snapdragon 480 5G」のOPPO A54に関するツイート。ゲームもわりと動作できるようですね。

カメラは広角+深度|超広角・望遠はなし

カメラは広角(1,300万画素)+深度カメラ(200万画素)のデュアルレンズです。望遠カメラや超広角カメラはありません。

ウルトラナイトモード、ポートレートモード、AIシーン強化など各種の撮影モードにも対応しています。

カメラ性能はやや弱めで、まさにエントリーモデルのスペックとなっています。カメラはそこそこ撮れるというレベルに収まりそうです。

デュアルSIMでも使える|eSIMに対応

OPPO A55s 5GはnanoSIM+eSIMなどデュアルSIMで使えます。

OPPO公式サイトのスペック表を確認すると、以下に対応していることが確認できます

▼OPPO公式サイト|製品カタログより▼

  • SIMカード専用のスロット一つ
  • SIMカード/microSDカードスロット一つ
  • eSIMにも対応

ただし、ソフトバンクや楽天モバイルのスペック表を確認すると、
「nanoSIM / eSIM」という書き方です。

▼ソフトバンクの場合

キャリア版は、スペック表からはSIMカードスロットが一つ潰されているのかは不明でした。

ただし少なくともnanoSIM+eSIMのデュアルSIMが使えることは確かそうです。

OPPO独自の「ColorOS」を搭載|慣れると便利

OSはAndroid 11をベースとしたOPPO独自の「ColorOS 11」を搭載しています。

Androidをもっと便利に使えるように、OPPOがカスタマイズしたOSです。

独自機能として「アプリクローン」があり、LINEやTwitterなど対応アプリは複製が可能です。

そのほか、ColorOS 11ではバッテリー残量5%になると「超省エネモード」に移行する機能もあります。

iOSやAndroidOSからの乗り換えとなると、少し慣れが必要な部分もありますが、かなり便利に使えそうですね。

OPPO A55s 5Gのここはイマイチ

OPPO A55s 5Gでイマイチだと感じる点は以下。

OPPO A55s 5Gのここはイマイチ
  • おサイフケータイには非対応
  • 指紋認証はなし
  • ストレージが64GBで少ない

おサイフケータイ・指紋認証がないのは、人によっては致命的に感じるかも。

このあたりは格安のモデルであっても、最低限欲しい人は多いはず。

そのほかストレージは64GBと少なめです。アプリをたくさん入れたり、動画・写真をたくさん本体に保存すると足りなくなるかもしれません。

ただし、SDカードで最大1TBまで追加は可能です。

「おサイフケータイ・指紋認証は絶対に欲しい!」という方は、

あたりが代わりの選択肢になりそうです(記事の最後で詳しく紹介します)。

OPPO A55s 5Gの価格|ソフトバンクで5,760円~

OPPO A55s 5Gはソフトバンク、楽天モバイルなどで販売予定です。価格は以下の通りです。

▼OPPO A55s 5Gの価格

↓左右にスクロールできます!

 価格
ソフトバンク通常:27,360円
MNP:5,760円
(オンラインショップ)
楽天モバイル通常:32,800円
MNP:実質12,800円
IIJmio通常:29,800円
イオンモバイル通常:33,880円
OCNモバイルONE通常:24,668円
MNP:10,368円
Fiimo34,100円

ソフトバンクが通常価格、乗り換え(MNP)での割引価格ともに最安値です。

他社からソフトバンクに乗り換えつつ、オンラインショップで購入すれば「web割」の適用で5,760円で購入できてしまいます。

楽天モバイルについては、乗り換え特典で楽天ポイント還元があり、実質12,800円で購入できます。

そのほか、OCNモバイルONEも10,368円での購入が可能です。

購入の際は乗り換え特典を狙ってみると良さそうですね。

おサイフケータイ・指紋認証が欲しいなら「Redmi Note 9T」「OPPO Reno5 A」

「おサイフケータイ・指紋認証は絶対に欲しい!」という方は、ソフトバンク、楽天モバイルだと以下の機種がおすすめです。

  • ソフトバンクなら「Redmi Note 9T
  • 楽天モバイルなら「OPPO Reno5 A

ソフトバンクなら「Redmi Note 9T」がおすすめ

ソフトバンクで2万円台でおサイフケータイ・指紋認証搭載の機種を買うなら、「Redmi Note 9T」がおすすめです。

2021年9月に128GBモデルが追加され、まだオンラインショップで在庫が残っています。

ソフトバンクのラインナップで「安く良いスマホが欲しい」となると、いまだに「Redmi Note 9T」がコスパ最強です。

▼Redmi Note 9Tの特徴▼

  • 21,600円で買える
  • おサイフケータイ・指紋認証に対応
  • CPUは「Dimensity 800U」(OPPO A55s 5Gより上)
  • ストレージは128GB(+SDカード最大512GB)
  • メインカメラは4,800万画素

おサイフケータイ・指紋認証に対応しているだけでなく、スペックも全体的に「Redmi Note 9T」が上です。それでいて価格も安いので、やはりコスパで見るとこちらが上回ります。

防水は残念ながら非対応なので、その点だけ注意してください。

楽天モバイルなら「OPPO Reno5 A」がおすすめ

楽天モバイルでおサイフケータイ・指紋認証が欲しいなら、「OPPO Reno5 A」がおすすめですね。

▼OPPO Reno5 Aの特徴▼

  • おサイフケータイ・防水・指紋認証に対応
  • 6,400 万画素を含む4眼カメラ
  • CPUは「Snapdragon 765G」(OPPO A55s 5Gより上)
  • 価格は42,980円(MNPなら実質17,980円)

おサイフケータイ・指紋認証に対応しているだけでなく、スペックも「OPPO Reno5 A」が上です。価格帯は少し上がりますが、それ以上にスペックアップが望めます。

まとめ

OPPO A55s 5Gは2万円台で十分使えるエントリーモデル。防水・90Hz駆動など使い勝手の良さは魅力です。

ただし、おサイフケータイと指紋認証には非対応です。ここが惜しいところですね。

もし、おサイフ・指紋認証が欲しいなら「Redmi Note 9T」「OPPO Reno5 A」あたりが候補になります。

ぜひこの記事を参考に機種変更を検討してみてくださいね。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,300円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいのですが、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)も無視できず、普通にオススメです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

手数料3,300円が無料になりました

 

こんな記事もおすすめ

116