このサイトについて

【2020年最新】キャリアで買える「国産スマホ」を目的別に紹介

ゴリラ

国産スマホで選びたいけど、どの機種を選ぶか迷ってる。後悔しないように自分に合ったスマホを選びたい

という人向けの記事です。

最近ではコストパフォーマンスに優れた海外製スマホも増えてきています。

一方で、日本人の好みに合わせて作られていて、実際使いやすいのは国産スマホだったりします。

「ソニーやシャープのスマホは使いやすい」と感じている方も多いのではないでしょうか。

本記事では国産スマホの中でイチオシの機種を、目的別に1機種ずつ紹介します。

自分にピッタリの国産スマホをチェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、目的別のおすすめの国産スマホは以下の機種です。

迷ったら、予算5万円以下なら「Xperia 10 II」、10万円以上なら「AQUOS R5G」がおすすめです。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

コスパが高いスマホなら「Xperia 10 II」

「Xperia 10 II」のおすすめポイント
  • コスパ◎|全てのスペックがそこそこ良い
  • 縦長ディスプレイで使い方の幅が広がる

コスパ重視なら、ソニーモバイルの「Xperia 10 II」がおすすめです。

3~4万円台ながら、カメラもディスプレイもかなり良いものを搭載しています。使い勝手は抜群です。

Xperiaでおなじみの「縦長ディスプレイ」も注目ですね。

コスパ◎|全てのスペックがそこそこ良い

全体にバランスの良いスペックが魅力です。

カメラはメインカメラに、超広角カメラ・望遠カメラを加えた実用的なトリプルレンズカメラ

ズームも、画角を広げた撮影もバッチリです。

ナイトモード対応で夜景がクッキリ撮れる点も注目ですね。

CPUには「Snapdragon 665」を搭載。

ゲームは厳しいけどふだん使いとしてはOK」ぐらいのレベルの性能です。ゲームをたくさんしない人なら、不便なく使えます。

縦長ディスプレイで使い方の幅が広がる

ディスプレイは約6.0インチの有機ELです。大きすぎないサイズで「コンパクト&スリム」をキープしています。

特に注目なのが、かなり縦長のデザインを採用していること。

画面分割しての「マルチウィンドウ」が快適なのは、縦長ディスプレイならではです。

他のスマホの画面分割と比べると、それぞれの画面を自然なサイズで表示できます。

動画を見ながらTwitter」「地図を見ながらLINEで会話をする」など使い方の幅がグッと広がります。

ドコモauワイモバイルで購入できます。

スペック重視なら「AQUOS R5G」

「AQUOS R5G」のおすすめポイント
  • ゲームに強い。「最高スペック」&「放熱設計」
  • カメラは「8K動画」も撮れる4眼カメラ

スペック重視の人やゲームに強いスマホが欲しい人は、シャープの「AQUOS R5G」がおすすめ。

最新CPUの「Snapdragon 865」、「4眼カメラ」、「5G対応」などスペックは最高クラスです。ゲームも写真も不満なく、思う存分使い倒せます。

ゲームに強い|「最高スペック」&「放熱設計」など

AQUOS R5Gは「ゲームに強い」のが大きな特徴です。

AQUOS R5Gは「ゲームに強い」
  • 処理性能が最高クラス
  • 放熱設計を採用
  • 高速表示ができるディスプレイ

CPUチップは「Snapdragon 865」、RAMは12GBと処理性能は最高クラスです。高負荷の最新ゲームもサクサク処理してくれます。

また放熱設計を採用している点もゲーム向き。

ゲーム中にスマホ内で発生した熱もスムーズに外に逃がし、処理速度の低下を防ぎます。

さらにディスプレイの表示速度も最高クラスです。1秒間に120コマの表示が可能。多くのスマホの2倍の表示速度です。

動きの激しいゲームもヌルヌル滑らかにな映像で楽しめます。

10万円クラスのハイエンドスマホでも、ここまでゲーム向きの機能が盛り込まれることは多くありません。

スマホで最新ゲームを快適にプレイしたい人におすすめですね。

カメラは「8K動画」も撮れる4眼カメラ

カメラも10万円クラスのハイエンドスマホのクオリティです。トレンドの4眼のカメラに対応しています。

▼「AQUOS R5G」のカメラ

  • 望遠カメラ:1,220万画素
  • 超広角カメラ:4,800万画素
  • 標準カメラ:1,220万画素
  • TOFカメラ(深度測位用カメラ)

注目は8K動画の撮れる超広角カメラ

広い風景を画角におさめながら、8Kの超高画質で撮影が可能です。

8K動画で撮影しておいて、撮影後に「使いたい部分だけ切り取る」といった使い方も可能です。

何気なくカメラを向けておけば、決定的な瞬間をバッチリ捉えてくれるでしょう。

ドコモauソフトバンク楽天モバイル、4キャリア全てで購入できます。各社のR5Gに対する期待と自信が伺えます。

カメラにこだわるなら「Xperia 1 II」

「Xperia 1 II」のおすすめポイント
  • 「ZEISSレンズ」搭載のカメラ
  • 4Kの超高画質ディスプレイ

カメラを重視するなら、ソニーモバイルの「Xperia 1 II」がおすすめです。

レンズブランドで有名なZEISSレンズを搭載。ソニー独自のカメラ技術にも注目です。

「ZEISSレンズ」搭載のカメラが自慢

Xperia 1 IIの最大の売りがカメラです。

レンズブランドの「ZEISS(ツァイス)」とタッグを組んだZEISSレンズ

レンズのところにも「ZEISS」のロゴが入っています。特別感があって良い感じです。

ソニー独自のカメラ技術がいくつも盛り込まれています。

▼Xperia 1 IIのソニー独自の機能

  • 最高20コマ/秒の「高速連写」
  • 瞳AF・リアルタイム瞳AF
  • 独自の「低照度撮影」

特に注目は「リアルタイム瞳AF」ですね。

リアルタイム瞳AFは、AIによって被写体の瞳を瞬時に検出して、正確にピントを合わせてくれる機能です。

テクニック不要で上級者のような写真が撮れます。

元々はソニーのミラーレス一眼カメラなどで搭載されているものですが、これをスマホに持ってきたのが凄いところですね。

4Kの超高画質ディスプレイ

ディスプレイは4K解像度のディスプレイを搭載。

海外のスマホも含め、4Kディスプレイのスマホは「Xperia 1 II」ぐらいです。

画面のキメ細かさについては、他の10万円クラスのハイエンドスマホと比べても頭一つ抜けている感じです。

ソニーのスマホならではの、クオリティの高いディスプレイも「Xperia 1 II」を選ぶ大きな理由の一つになりそうです。

ドコモauで購入できます。

初めてでも使いやすい「arrows Be4」「GRATINA」「シンプルスマホ5」

初めてでも使いやすいスマホが欲しいなら、キャリアごとにおすすめ機種は以下の通りです。

  • ドコモ「arrows Be4 」
  • au「GRATINA」
  • ソフトバンク「シンプルスマホ5」

【ドコモ】耐久性◎の「arrows Be4」

ドコモで初めてでも使いやすいスマホが欲しいなら、富士通の「arrows Be4」がおすすめ。

文字やアイコンが大きく表示される「シンプルモード」、ケータイと同じ感覚で文字入力できる「ケータイキーボード」などスマホデビューも安心の機能を搭載。

泡ハンドソープで洗える」という点も富士通のスマホならではです。ウィルスや雑菌が気になる人も安心ですね。

【au】見やすい・使いやすい「GRATINA」

auで初めてでも安心スマホが欲しいなら、京セラの「GRATINA(グラティーナ)」がおすすめ。

アプリのアイコンはタイル状に表示できます。シンプルでわかりやすい操作画面です。よく使う連絡先もワンタッチボタンで3つまで登録できます。

そのほか耐久性の高さは京セラスマホの強みです。

ディスプレイには、画面割れに強い強化ガラス「ドラゴントレイルスター」を採用。

落下時の耐衝撃性はかなり期待できます。

【ソフトバンク】親切設計の「シンプルスマホ5」

ソフトバンクで初めてでも安心のスマホが欲しいなら、シャープの「シンプルスマホ5」がおすすめ。

「大きなアイコンのホーム画面」「電話・メールの専用ボタン」「困った時のサポートボタン」など充実の親切設計です。

シャープ製の他のスマホでも評判の高い「長時間バッテリー」も魅力です。最大1週間のバッテリー持ちを実現しています。少ない充電で便利に使っていくことができます。

まとめ

おすすめの国産スマホは、あらためて以下。

迷ったら、予算5万円以下なら「Xperia 10 II」、10万円以上でもOKなら「AQUOS R5G」がおすすめです。

キャリアで予算5万円以下の国産スマホだと、実は選択肢は絞られていて、「Xperia 10 II」かシニア向けスマホの2択です。

Xperia 10 IIならコスパ抜群なので安心して選べます。

10万円以上のハイエンドスマホだと、Xperia 1 IIも普通に良いスマホですが、どちらかというと価格が2万円ほど安く、スペックも抜群な「AQUOS R5G」の方が推しです。

ぜひ、この記事を参考に自分に目的に合った国産スマホを選んでみてくださいね。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料がかからない(ドコモ)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

精神的メリット(来店なし・待ちなし)だけでなく、金銭的メリットも大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくドコモ・au・ソフトバンク直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

142