9/24(金)、iPhone 13が発売!

【比較】iPhone SE(第2世代)とXperia 10 IIIはどっちを買うべき?|迷ったらココをチェック

ゴリラ

iPhone SE(第2世代)とXperia 10 III で迷ってるけど、どっちが良いかな?

「安くて使いやすいスマホ」ということで、iPhone SEとXperia 10 III まで絞って、迷っている方も多いのでは。

コスパ重視となると「iPhone SE」は外せない候補ですが、新モデルの「Xperia 10 III」も対抗馬になる仕上がりです。

「ソニーならではの信頼感」でXperiaの実力を評価されている方には、この2台はかなり迷いどころだと思います。

そこでこの記事では、iPhone SE・Xperia 10 IIIで迷った時のチェックポイント3点を紹介します。

どっちが自分に合うのか、この記事を読んでチェックしていきましょう。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

正直な結論

迷った時のチェックポイントは以下の3点。

  • iPhone SE」はゲームに強い
  • カメラが良いのは「Xperia 10 III
  • サイズが違うSEは4.7インチ、Xperia 10 IIIは6.0インチ)

また機能面の違いは好みが分かれるので、合わせてチェックしておきたいところ。

 

どうしても迷ったら、Appleのサポートやリセールバリューも考えて、iPhone SEがおすすめです。

迷ったらココをチェック|SEはゲーム・Xperia 10 IIIはカメラ

iPhone SE(第2世代)とXperia 10 IIIで迷ったら、まずは以下の3点がチェックポイントです。

迷った時のチェックポイント
  • iPhone SE」はゲームに強い
  • カメラが良いのは「Xperia 10 III
  • サイズが違うSEは4.7インチ、Xperia 10 IIIは6.0インチ)

超ザックリ言うと「iPhone SEはゲームに強い」「Xperia 10 IIIはカメラが良い」ことが、それぞれのアピールポイントです。

プラスしてサイズ感もけっこう違うので確認しておきたいところです。

重要チェックポイント3点を詳しく見ていきましょう。

iPhone SEはゲームに強い

処理性能で選ぶなら、iPhone SEです。

iPhone SEは、iPhone 11(2019)と同じCPUチップを搭載し、処理性能はハイエンド並となっています。

5万円付近のスマホでは頭一つ抜けたスペックです。画面は小さいですが、最新ゲームもバリバリこなせます。

▼Skyが最高画質でプレイできています

Xperia 10 IIIもCPUが大幅に強化され、ゲームもプレイできるスペックになりましたが、やはりiPhone SEに比べるとワンランク劣ります。iPhoneでいうとiPhone X(2017)くらいの性能です。

ゲームをバリバリやるなら、iPhone SEがおすすめです。

カメラが良いのはXperia 10 III

カメラ性能については「Xperia 10 III」が上です。

Xperia 10 IIIのカメラは、超広角・望遠を加えた本格派のトリプルレンズカメラです。

それぞれの機種のカメラの概要は以下。

iPhone SE(第2世代)のカメラ

 

背面カメラ:1,200万画素

インカメラ:700万画素

 

 

Xperia 10 IIIのカメラ

背面カメラ
広角:約800万画素
・標準:約1,200万画素
望遠:約800万画素

インカメラ:約800万画素

シングルカメラのiPhone SEと比べると、Xperia 10 IIIは幅広い撮影に対応できます。

カメラが楽しいのはXperia 10 IIIですね。

▼超広角では画角の広い引きの撮影が可能。ツイートは前モデルのXperia 10 II

▼ナイトモードにも対応しています。ツイートは前モデルのXperia 10 II

サイズ感の違い

サイズはけっこう違います。

Xperia 10 IIIはタテに長い感じ。幅はむしろXperia 10 IIIの方がスリムです。

iPhone SE:71.5mm × 146.7mm × 7.4mm

Xperia 10 III:68mm × 154mm × 8.3mm

Xperia 10 IIIはXperiaシリーズの中ではコンパクト寄りですが、それでもiPhone SEと比べると全体的に大きめ。

ディスプレイのサイズについては、iPhone SEの上下のフチが大きい分、本体サイズ以上に差がつきます

▼ディスプレイサイズの違い

  • iPhone SE(第2世代):4.7インチ
  • Xperia 10 III:6.0インチ

Xperia 10 IIIは前モデルに比べると、ベゼルがさらに細くなり、6.0インチのままコンパクト化しています。

「サイズは小さい方がありがたい」という人はiPhone SE「ディスプレイが大きい方が使いやすい」という人はXperia 10 IIIがそれぞれおすすめ。

機能の違いもチェック

機能の違いもまとめて見ていきましょう。

機能の違い
  • iPhone SEはApple製品との連携が可能
  • Xperia 10 IIIは「5G」に対応
  • iPhone SEはワイヤレス充電ができる
  • Xperia 10 IIIは画面分割でマルチタスクが快適
  • Xperia 10 IIIにはイヤホンジャックがある

iPhone SEはApple製品との連携ができるほか、ワイヤレス充電も使えます。このあたりハズせない方も多いはず。

Xperia 10 IIIも、5Gでの通信、画面分割、イヤホンジャックなど、iPhone SEにない機能をいくつも搭載しています。

機能の違いを詳しくて見ていきましょう。

Apple製品との連携を考えるならiPhone SE

Apple製品との連携を考えるなら「iPhone SE」です。

Apple製品にはiPhoneとの連携機能が多数あります。

「Mac」の連携機能をまとめてみると以下の通り。

▼「iPhone」と「Mac」の連携

  • iPhoneでコピー&Macでペーストが可能
  • iPhoneの通信でMacをネット接続(Instant Hotspot)
  • サクッとファイルを送受信できる「AirDrop」
  • iPhoneの着信をMacで受け取り&通話できる
  • シームレスに作業を引き継げる「Handoff」

また、iPhoneだけで使えるAir Podsとの連携機能もあります。

▼「iPhone」と「AirPods」の連携

  • 着脱時の自動停止/自動再生
  • ケースの開閉によるペアリング
  • バッテリー残量をiPhone上に表示
  • Air Podsをダブルタップで操作(再生・次へ など)

そのほか、Apple Watchの機能をフルに使えるのもiPhoneだけです。

Apple製品を揃えているなら、このあたりの連携機能が大きなポイントになるはずです。

Xperia 10 IIIは5Gに対応

Xperia 10 IIIは、5Gの通信に対応しています。

エリアは少しずつ確実に拡大してきています。

Xperia 10 IIIの販売キャリアのドコモ、auの5Gエリアは以下の通り。

▼タップで開けます

生活する地域や通勤・通学先で5Gが使えるなら、Xperia 10 IIIを選ぶメリットは大きいでしょう。

▼5G(Sub 6)の速度は200~800Mbpsほど。ツイートはXperia 1Ⅱ

iPhone SEはワイヤレス充電ができる

iPhone SEはワイヤレス充電に対応しています。

充電器を購入すれば、置くだけ充電が可能です。日々の充電でコードの抜き差しがなくなるのはやはり便利です。

~6万円あたりのコスパスマホとなると、ワイヤレス充電に対応している機種は貴重な存在といえます。

Xperia 10 IIIは画面分割でマルチタスクが快適

Xperia 10 IIIは画面を上下に分割してマルチタスクができます。なお、iPhoneには画面分割の機能はありません。

Xperia 10 IIIは他のスマホと比べて、ディスプレイはかなりのタテ長となっています。タテ長のディスプレイは、最近のXperiaシリーズではおなじみの特徴です。

タテ長ゆえに、画面分割をしてもそれぞれの画面がつぶれることなく、正方形に近い形になります。

マルチタスクでも窮屈なく快適に使えます。

▼画面分割でブラウザとアプリを同時に起動。ツイートはXperia 1

Xperia 10 IIIにはイヤホンジャックがある

多くの人が購入のチェックポイントにするところを比較してみると以下の通り。

↓左右にスクロールできます!

 iPhone SE
(第二世代)
Xperia 10 III
おサイフ
防水・防塵
指紋認証
顔認証
イヤホンジャック

どちらもおサイフ・防水など、基本的なところは押さえています。

その中でも違いとして、Xperia 10 IIIはイヤホンジャックが使えます。イヤホンジャックは欲しい、という方は地味に多いはず。

なお生体認証はどちらも「指紋認証あり・顔認証なし」です。

Xperia 10 IIIは側面の電源ボタンが指紋センサーになっています。iPhone SEはホームボタンが指紋センサーですね。

▼Xperia 10 IIIの側面のボタン。左から順に音量ボタン、指紋センサー、アシスタントキーとなっています。

▼iPhone SEはおなじみのホームボタンです。感圧式で軽く触ると反応してくれます。物理式のホームボタンに比べると、壊れにくいのがメリット。

価格を比較|大きな差はなさそう

iPhone SEの価格は以下。

↓左右にスクロールできます!

 ドコモauソフトバンク
64GB57,024円55,270円57,600円
128GB62,568円61,250円64,080円
256GB75,240円75,215円78,480円

2021年5月執筆時点では、Xperia 10 IIIはドコモが51,480円で発売すると公表しています。au、ワイモバイルは未定です。

ちなみにメモリは6GB、ストレージは128GBとなります。

仮に過去のモデルと同じくらいの価格設定だとすると、各社4~6万円の間に収まりそうです。

※発売当時の金額です

▼Xperia 10 IIの価格(前モデル)

  • ドコモ:41,976円(2020年6月)
  • au:49,990円(2020年6月)

 

▼Xperia 8の価格(前々モデル)

  • au:59,040円(2019年10月発売)

カラーの違い|Xperia 10 IIIはポップな色が選べる

iPhone SE(第2世代)はベーシックな3つのカラーです。

Xperia 10 IIIのカラーはドコモでは以下の5色。イエローはドコモオンラインショップ限定。明るめでポップな感じです。

Xperia 10 IIIのauでのカラーは以下の4色。

まとめ

iPhone SEとXperia 10 IIIで迷った時のチェックポイントはあらためて以下の3点。

迷った時のチェックポイント
  • iPhone SE」はゲームに強い
  • カメラが良いのは「Xperia 10 III
  • サイズが違うSEは4.7インチ、Xperia 10 IIIは6.0インチ)

「iPhone SEはゲームに強い」「Xperia 10 IIIはカメラが良い」が、それぞれアピールポイントです。

プラスしてサイズの違い、機能面の違いも好みが分かれるところなので合わせてチェックしておきたいところ。

iPhone SEにはApple製品との連携、ワイヤレス充電があり、Xperia 10 IIIはマルチタスク、5Gなどに対応しています。

もしどうしても迷ったら、iPhone SEがおすすめです。

処理性能が高く、スペック不足にならずに長く使えます。

Appleでのサポートが受けられたり、中古でも高く売れたりと付加価値は高め。コスパが良く、人気があるだけのことはあります。

ぜひこの記事を参考に、次のスマホを選んでみてくださいね。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料がかからない(ドコモ、ソフトバンク)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

精神的メリット(来店なし・待ちなし)だけでなく、金銭的メリットも大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくドコモ・au・ソフトバンク直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

4776