このサイトについて

【答え合わせ】iPhone 14が発表!事前の噂、実際はどうだった?

ゴリラ

ついにiPhone 14が発表されたな!発売前にいろいろ噂されてたけど、実際当たってたのか?

2022年9月、iPhone 14シリーズが発表されました。

毎回のことではありますが、iPhoneの発表前にはたくさんの「噂」で盛り上がっていました。

発表された後はそんな噂のことは忘れてしまいますが、発表後に振り返ってみると、噂は当たっていたのでしょうか?

この記事で、iPhone 14発表前の噂と実際の発表内容を検証し、改めてどんな人にiPhone 14はおすすめなのか?を解説していきます。

後から振り返ってみると、噂は案外好き勝手言ってるものだなぁと思えます。純粋に読むだけでも楽しいかと思うので、ぜひ、参考にしてください!

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、iPhone 14の発表前の噂は、当たっているものもあれば、外れているものもありました。

 

iPhone 14シリーズはProかPro Maxがおすすめで、13や12が値下げされた点も注目です。

スマホの機種変更/乗り換え(MNP)は、頭金なし、来店なし、待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

iPhone 14の発表前の7つの噂と答え合わせ

2022年9月8日にiPhone 14の発表がありましたが、それ以前にも情報、噂はたくさんありました。

主に海外のリーカー(情報リークを専門とする方)がまことしやかに「iPhone 14はこうなる!」という情報を公開していました。

発売前に噂されていた以下7つの情報を検証してみます。

▼発表前の7つの噂▼

  1. ラインナップは4種類
  2. 下位モデルにも大型サイズがある
  3. アウトカメラがフラットになる
  4. ノッチがなくなり、パンチホールカメラになる
  5. ライトニングポートのまま
  6. Touch IDが搭載される
  7. A16チップが搭載される

噂①iPhone 14ラインナップは4機種?→噂通り

iphone 14 14plus2iPhone 14発表前、iPhone 14は以下の4モデルで発売されると噂されていました。

  • iPhone 14
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Max
  • iPhone 14 Pro Max

「mini」がなくなり、代わりに「Max」が登場すると言われていました。

この予測は、「Max」が「Plus」という名前ではありましたが、正解でした。

iPhoneは12と13も4モデルだったので、14も同様になる、という予測はさほど難しくありませんでしたが、「mini」がなくなる点を当てたのは、あっぱれです。

噂②下位モデルにもMAX(大型)が登場か?→噂通り「Plus」として登場

iPhone 14

「Max」という名称が予想されていましたが、実際には「iPhone 14 Plus」でした。

Maxは「最大、最高」という意味があり、今回の大型iPhoneには適さなかったのかもしれませんね。

Plusには「加える」という意味があり、iPhone 14に画面サイズを加えたiPhoneという意味でピッタリの名称です。

いままでは、サイズの大きなiPhoneを買おうとすると、選択肢は「Pro Max」の最高級モデルしかありませんでした。

低価格で大きいサイズのiPhoneが欲しい方にはうれしい発表でした。

噂③アウトカメラがフラットになる?→ただの噂でした

iPhone 14 カメラ フラット

iPhoneの背面カメラは、数ミリ飛び出ており、本体と完全にフラットではありません。

カメラ部分が出っぱることで、テーブルなどに置いた時に傷がつきやすかったり、ケース、カバーのデザインが限定されるなど、不評でした。

実際、Androidスマホのカメラはフラットになっているものもあり、iPhone 14もそろそろ対応するだろうと予想されていましたが、実際には飛び出たままでした。

以下が噂されていたリーク画像です。

出典:iPhone 14 – HERE YOU GO! EXCLUSIVE FIRST LOOK! No notch! New TITANIUM design! Don’t buy iPhone 13! – YouTube

iPhone 14は13と比べて特にカメラ性能が進化しているので、複数のレンズを格納するためには飛び出たデザインが必要なのかもしれません。

噂④ノッチがなくなり、パンチホールカメラになる?→ただの噂でした

iPhone 14 噂 パンチホールカメラ

上:iPhone 14(噂)/下:iPhone 13

iPhone 14は上の写真のように、フロントカメラのノッチ(画面上部の黒い切り抜き部分)がなくなり、ピンホールカメラになると予想されていましたが、実現しませんでした。

実際には以下のデザインです。

iPhone 14 Pro

その代わり「iPhone 14 ProとPro Max」には画面上部に「Dynamic Island(ダイナミックアイランド)」という名前の新しい機能がつきました。

ダイナミックアイランド

ノッチをなくせなかったことを逆手に取り、通知やiPhoneの状態を表示させる機能が備わりました。

一部のユーザーはノッチがなくなることやピンホールカメラにこだわっていますが、多くのiPhoneユーザーはあまり気にしていない印象です。

噂⑤USB-Cに対応せず、ライトニングポート採用→残念ながらその通り

左: USB-C(タイプC)、右:ライトニング(画像:エレコム)

左: USB-C(タイプC)、右:ライトニング(画像:エレコム

USB-C(タイプC)ケーブルは、デジカメやAndroidスマホ、Macパソコンなど、多くの電子機器で使われています。

一方のライトニングケーブルは、iPhoneと一部のiPad、Air Podsなど、Apple製品でしか使われていません。

多くのユーザーから「iPhoneもUSB-Cになればいいのに」と言われていましたが、噂の段階でも、iPhone 14もどうせライトニングケーブルだろうと言われていました。

そして、残念な噂ほど当たるもので、iPhone 14もライトニングケーブルです。

長年使っていると不便を感じませんが、iPhoneもUSB-Cになった方が便利だと感じる人は多いです。

MEMO

EUでは2024年秋以降にEU圏内で発売されるすべてのスマートフォンにUSB-Cを搭載することが義務付けられます

 

iPhoneは期限ギリギリまで、ライトニングが搭載されると予想する声もあります。

  • 2023年秋:iPhone 15
  • 2024年春:iPhone SE(第4世代)
  • 2025年秋:iPhone 16←USB-C搭載か?

噂⑥Touch IDが搭載される→実現せず

Touch IDとは指紋認証機能のことで、iPhone SE (第3世代)など、ホームボタン付きのiPhoneに搭載されています。

指紋認証の方が安心するというユーザーは一定数いますが、残念ながらFace IDのみ搭載となりました。

ただ、決して「iPhone 14はTouch IDが搭載されるらしいぞ!」という情報が出ていたわけではなく、ユーザーの「願望」に近い噂でした。

MEMO
ちなみに「iPad Air」や「iPad mini」では、電源ボタンにTouch IDセンサー(指紋認証)が搭載されています。

iPad Air touchid

噂⑦A16チップで処理性能アップ!?→Proモデルのみ実装

iPhoneの新機種といえば、何はさておき、チップ(CPU)がバージョンアップし、新しい「A●●チップ」が搭載されるのが慣例でした。

しかしiPhone 14は、13と同じA15チップに据え置かれ、GPUが4コアから5コアに変化したのみでした。

これは地味に大きなニュースです。

そして新しいA16チップはiPhone 14 ProとPro Maxのみに搭載されました。

iPhoneの心臓部分であるチップが同じということは、iPhone 14(無印)はほぼiPhone 13と同じ性能ということ。

iPhone 14の本命はProシリーズというAppleのメッセージのようにも感じられます。

iPhone 14がおすすめなのはどんな人?

以上がiPhone 14の「噂」と「実際」の比較でした。

結論としては「噂は思ったより信用できない」「今回のメインはPro」と言う結論が出ました。

iPhone 14は「Pro」がおすすめ

iPhone 14に関する最重要ポイントは「iPhone 14(無印)とiPhone 13は同じA15チップが使われている」という点です。

それに対して、iPhone 14 ProとPro MaxはA16チップです。さらにProとPro Maxはカメラ性能も一段上で、かつ「ダイナミックアイランド」の新機能もあります。

ただなんとなくiPhoneを新しくしたいだけなら、後述するiPhone 13や12、iPhone SE (第3世代)がおすすめです。

一方でせっかくiPhone 14にするなら「Pro」か「Pro Max」にしないともったいないです。

iPhone 14 Plusは動画好きにおすすめ

iPhone 14シリーズの主な特徴に「Plus」の存在があります。

いままで、6.7インチの大画面のiPhoneは「Pro Max」シリーズしかなく、必然的に10万円台後半の最高級モデルを買う必要がありました。

しかし今回、「Pro」ではない大型iPhoneの登場により、13万円ほどで買えるようになりました。

「Pro」ほどのスペックは不要、だけど大きいiPhoneが使いたい、という動画や映画好きな人には朗報と言えます。

【注目】iPhone 13と12が値下げされました!

iPhone 14の影に隠れて目立っていませんが、iPhone 14が発表された日に、iPhone 13と13 mini、12の3機種の価格が約1万円値下げされました。

上述のように、iPhone 13と14のチップはほぼ同じで、14の違いはカメラ性能が主です。

とは言え、iPhone 12と13のカメラ性能も十分に高いので、この機会に値下げされたiPhone 13、13 mini、12を買うのはアリな選択です。

▼各iPhoneのApple公式価格(最低容量)▼

  • iPhone 14:119,800円
  • iPhone 13:107,800円
  • iPhone 13 mini:92,800円
  • iPhone 12:92,800円

「mini」が欲しいならiPhone 13 miniも狙い目

ゴリラ

iPhone 14に「mini」がなくなったのは悲しい……。小さいiPhone好きだったのに。

小さめのiPhoneが好きな人は一定数いて、iPhone 12も13も「mini」は人気でした。

しかし「mini」の人気を支えていたのは、主に日本人であって、海外では大きい画面の方が需要が高かったようです。

その結果、「mini」がリストラされ、「Plus」が登場しました。

しかし「mini」好きなユーザーに13 miniが残されたことは、朗報と言えるのではないでしょうか。

さらにコスパ重視のiPhone SE (第3世代)もおすすめ

iPhone SE (第3世代)

さらにコスパのいい「iPhone SE (第3世代)」もおすすめです。

iPhone SE (第3世代)はApple公式の最低価格が62,800円で、iPhone 12や13の約3分の2の価格で購入できます。

iPhone 14とiPhone SE (第3世代)は同じA15 Bionicチップを使っており(GPUの数がひとつだけ違う)、ほぼ同スペックと言えます。

ホームボタンもついているので、iPhone 7や8を使っていた方にはおすすめのコスパのいいiPhoneです。

まとめ:iPhone 14は「Pro」がおすすめ。値下げiPhoneにも注目。

iPhone 14に関する噂と、実際を比べてみました。

総じて「発表前のiPhoneの噂は、当たることもあるし当たらないこともある」という普通の結論になりました。

今後も、噂はエンタメとして楽しむくらいがよさそうです。

iPhone 14シリーズはハイスペックのProシリーズがおすすめ。

それに加えて、値下げされたiPhone 13や13 mini、12、コスパのいいiPhone SE (第3世代)などのラインナップがあります。

何も考えず最新に飛びつくのではなく、自分にピッタリのiPhoneを選ぶ時代になったと言えますね!

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(来店・待ちなし)も大きておすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

2276