【特集】iPhone 13が発売!

iPhone12でeSIMを使ってみた感想を初心者向けに解説します

ゴリラ

iPhone12ってさ「イーシム」とか「デュアルシム」が使えるらしいんだけど、これ、なに?

iPhone12発売から少しずつ「eSIM(イーシム)」や「デュアルSIM(デュアルシム)」という言葉が話題に上がっています。

とはいえ、まだ「eSIMってなに?」とか「デュアルSIMってなんの役に立つの?」という人は多いと思います。

僕もつい最近まで全く同じで「eSIM」などという謎の言葉は見えないフリをしていました。

しかし日進月歩で進化するIT業界で「見てみぬフリ」はできないので、ちゃんと調べて、実践してみました。

この記事で、eSIMやデュアルSIMについてわかりやすく説明し、実際にiPhone12でeSIMを使ってみた感想も紹介します。

eSIMとデュアルSIMについての基礎的な知識が得られ、自分にとって必要かの判断ができると思うので、ぜひ最後まで読んでみてください。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、eSIMは本体に埋め込まれているSIM、デュアルSIMは1台のスマホで2枚のSIMを使うことです。

 

iPhone 12などの機種、楽天モバイルなどのサービスで契約できます。

ちなみに…

 

楽天モバイルではプラン料金(最大3,278円)が3ヶ月無料、誰でも5,000ポイント&スマホを買って最大20,000ポイントの還元キャンペーンをやってます!

 

〜1GBならタダで使えて、電話もかけ放題なんで、契約しない理由はないかと!

 

(当サイトのライターは全員、楽天モバイル契約してます^^)

 

\1GBまでならずっと無料/

 

\iPhone 13が発売/


楽天モバイルではiPhone 13が9/24(金)に発売しました!


当初は品薄が予想されるので、気になっている人は、とりあえず予約だけでもしておくことをおすすめします!


楽天モバイル iPhone商品・予約ページ >

そもそもeSIM/デュアルSIMとは

「eSIM(イーシム)」とか「デュアルSIM(デュアルシム)」はかなり新しい言葉なので、ちゃんと説明できない人も多いと思います。

ものすごく簡単に説明すると以下のようになります。

  • 【eSIM】スマホ本体にすでに埋め込まれているSIMのこと
  • 【デュアルSIM】1台のスマホで2枚のSIMが使えること

それぞれについて詳しく紹介します!

eSIMは【スマホに埋め込まれてるSIM】

普通、SIMはスマホと別に用意されていて、スマホの側面や裏面に差し込んで使用しますが、eSIMは最初からスマホのいちパーツとして組み込まれているSIMです。

ちなみにSIMには、以下のような情報が記録されています。

▼SIMに記録されている情報▼

  • 携帯電話会社との契約状況
  • 電話番号情報
  • インターネット接続のための情報

eSIMは、SIMを抜き差ししない替わりに、QRコードなどで上記の情報を読み込むことで、携帯電話会社と契約できます。

eSIMを使うメリットはたくさんあります。

▼eSIMのメリット▼

  • 契約時にSIMの受け渡しが不要になる
  • 海外でも現地のSIMを購入しなくて済む

eSIMは普通のSIMと比べてデメリットはなく、メリットしかないので、少しずつ世の中はeSIMメインに移っていくものと思われます。

ただセキュリティ面などで不安があり、急激にeSIMの普及はされていませんが、時間の問題かと思われます。

MEMO
こういう時の「e」は、だいたい「electric(電気の)」の「e」で、「電気的なSIM」と思われがちですが、eSIMは違います。

eSIMの「e」は「Embedded(組み込み式の)」の「e」なので、「組み込み式のSIM」という意味です。

デュアルSIMとは【スマホ1台にSIM2枚】

ちなみにiPhone12(と、iPhoneXS以降の全てのiPhone)はデュアルSIMにも対応しています。

デュアルSIMとは「スマホ1台にSIMを2枚挿せる」機能です。

eSIMと比べるともっと昔からデュアルSIM対応端末はありましたが、いずれも「通常SIM2枚」のデュアルSIMでした。

しかしiPhoneXS以降のiPhoneは「eSIM1枚、通常SIM1枚」のデュアルSIMです。

1台のスマホに2枚のSIMが挿せるということは、2つの携帯会社と契約できます。(同じ会社で2契約でもOKです)

▼デュアルSIMの代表的な活用法▼

  • 仕事用と個人用の電話番号を分ける
  • 海外に旅行した時に現地の契約ができる
  • 音声プランとデータプランを別々にする

以上のように「ちょっとワケあり」「ちょっと特殊」な使い方ができるのがデュアルSIMの特徴です。

普通に生活してる分にはデュアルSIMは不要です。

iPhone12×楽天モバイルでeSIMデビューできる!

便利なeSIMですが、eSIMを使うには「eSIMに対応した端末」と「eSIMに対応したキャリア」が必要です。

まだまだeSIMに対応したスマホもキャリアも少ないですが、「iPhone12×楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT V)」で、eSIMを使えます。

eSIMに対応してるスマホはiPhoneとGoogle Pixelだけ

現在、日本で流通してるスマホでeSIMに対応しているものは少ししかありません。

  • iPhoneXS以降のiPhone
  • Google Pixel4以降のGoole Pixel

どちらも大手キャリアからも買えますが、これ以外のスマホだと「eSIM」とは無縁の生活となります。

eSIMに対応してるキャリアは楽天モバイルやIIJmioなど

現在、ドコモもauもソフトバンクもeSIMサービスには消極的です。

主な理由はセキュリティ面と言われていますが、3キャリアともeSIMサービスは提供していません。

国内でeSIM契約できるキャリアは以下など。

▼eSIM契約できる国内キャリア▼

  • 楽天モバイル
  • IIJmio(アイアイジェイミオ)
  • ビックカメラSIM
  • SORACOM(ソラコム)

中でも「楽天モバイル」は、ドコモ・au・ソフトバンクに並ぶ4つ目のキャリアになるべく盛り上がっています。

以下で「楽天モバイルでeSIMを発行する方法」を紹介します。

MEMO

2020年12月にソフトバンクから発表された「LINEMO」もeSIMに対応する予定です。

楽天モバイルでeSIMを発行する方法

楽天モバイルでeSIMを発行するには2種類の方法があります。

  • 新規契約時にeSIMを発行する方法
  • 契約後にeSIMに変更する方法

です。以下で紹介します。

新規契約でeSIMを発行する方法

楽天モバイル(楽天UN-LIMIT)の申し込み時に、「通常SIM」と「eSIM」を選べる画面があるので、そこで「eSIM」を選びます。

すると、SIMが送られてくる替わりに手続き用のQRコードが書かれた紙が送られてきて、受け取り時に本人確認を求められます。

受け取ったQRコードをeSIM対応スマホで読み取ると、SIM情報が書き込まれ、eSIMでの契約が完了します。

ゴリラ

せっかくeSIMで物理的なSIMが要らないのに、結局郵便で受け取るの?Web上だけで手続きできないなら意味ないんじゃない?

本当にその通りなのですが、そんな声にいち早く対応した楽天モバイルでは「eKYC」といいう本人確認サービスを開始しました。

すでにeSIM対応スマホを持っている人は、my楽天モバイルアプリからeSIMを申し込むことで、5分程度で本人確認が完了して開通します。

my 楽天モバイル

my 楽天モバイル

Rakuten Mobile, Inc.無料posted withアプリーチ

 

注意
eSIM対応のスマホを持っていない場合は、eSIM発行してはいけません。通常SIMにしましょう。

契約後にeSIMを発行する方法

僕はこちらの方法でeSIMへ移行しました。

既に楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT V)を通常SIMで契約している状態で、「my楽天モバイル」のメニュー内の「契約プラン」を選択します。

「各種手続き」内の「SIM交換」を選択します。

理由をどれか選んで(その他の理由でいいと思います)、「eSIM」を選び、「再発行する」ボタンを押します。

手続きが完了すると、登録しているメールアドレスにメールが送られてきて、メール内のリンクを開くと以下のようにQRコードが表示されます。

(申込番号とQRコードは編集で隠しています)

このQRコードをスマホで読み取ると、契約に必要な情報が自動でダウンロードされ、契約が完了します。

契約が完了すると、ディスプレイ左上の契約回線の表示が上のように「主回線」「副回線」の表示がされます。

この写真では、「主回線」がeSIMの楽天回線で、「副回線」が楽天の通常SIMが入ってますが、契約が移ったので「圏外」表示となっています。

iPhone12をデュアルSIMで使う場合、上記写真の「主回線、副回線」部分にそれぞれのキャリアの名称が表示されます。

iPhone12をeSIMで使ってみての正直な感想

iPhone12をeSIMに変更して1ヶ月ほど使ってますが、正直な感想は「通常のSIMと全く違いはない」です。

当然と言えば当然ですが、eSIMと通常SIMは契約の方法が違うだけで、役割は全く変わりません。

普通に電話もできるしネットもでき、通常SIMのときと何も変わりません。

むしろ「主回線」「副回線」を切り替えるのが手間

一箇所だけ不便を感じたのは、電話をするときに「主回線で電話するか?副回線で電話するか?」を選ぶ必要があることでした。

使っている方の回線を選べば問題ないのですが、なぜかRakuten Linkという電話アプリでは選択画面が出ず、電話ができなくて不便したりしました。

その対策として、通常SIMを本体から外すと不便なく使えるようになりました。通常SIMはもう使わないので、外してしまって問題ありません。

今後デュアルSIMで利用する場合に便利

iPhone12をeSIMに変更してもメリットはほぼなにも感じませんでしたが、可能性としては「今後、特殊な使い方ができる」という点です。

  • 海外に行った時、現地SIMを挿せる(楽天eSIMはそのままで)
  • 仕事用の回線としてSIMを挿せる
  • なにかの理由で2回線目に通常SIMを挿せる

普通に生活をしている分にはデュアルSIMは不要ですが、上記のような特殊な使い方をする場合、「楽天回線はeSIMで、通常SIMは空いている」状態が助かる可能性は大いにありえます。

この記事でデュアルSIMに興味を持たれた方は以下の記事も参考にしてくださいね。

まとめ:iPhone12のeSIM/デュアルSIM活用法は未知数

以上、iPhone12のeSIMとデュアルSIMについて紹介しましたが、まとめると以下のようになります。

  • eSIMが使えるのはiPhoneXS〜、Google Pixel4〜のみ
  • eSIMは契約の手間が少ない
  • デュアルSIMは普通の生活でのメリットは少ない

正直、いまの時点ではeSIMもデュアルSIMもメリットは大きくないですが、知っておくといざというときに役立つので、理解しておくのは損しないかなと思います。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

↓左右にスクロールできます!

キャンペーン内容
①プラン料金
3ヶ月無料
3,278円×3ヶ月
=9,834円割引
②誰でも
5,000ポイント
5,000ポイント還元
③iPhone 13シリーズ
購入でポイント還元
15,000ポイント還元
④Androidスマホ
購入でポイント還元
最大20,000ポイント還元

ゴリラ

iPhone 13、Apple公式とほぼ同じ値段でポイント還元もあるんだ!型落ちのiPhone 12もめっちゃお得になってるね!!

事務手数料も無料、〜1GBならタダで維持できるんで、本当に契約しない理由がないレベルかと!

最新の価格や在庫は公式サイトを確認してみてくださいね!

\本当に契約しておかないと割と損/

こんな記事もおすすめ

1228