9/24(金)、iPhone 13が発売!

2021年の今、iPhone 11とiPhone SE(第2世代)はどちらがおすすめか改めて比べてみた

ゴリラ

ちなみに今ってiPhone 11とiPhone SE(第2世代)だとどっちがおすすめ?

2021年現在でも、iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の2機種で悩んでる人は多いかと思います。

2020年にはiPhone 12が発売されましたが、まだApple Storeや各キャリアではiPhone 11もiPhone SE(第2世代)も販売されています。

iPhone 12は正直、価格が高すぎるので、iPhone 11かiPhone SE(第2世代)で検討している人は多いです。

しかしその次には「iPhone 11とiPhone SE(第2世代)だとどっちがいいの?」という疑問が湧いてきます。

そこでこの記事では、両機を比較していきます。

2機種の違いはかなり明確で、自分のニーズと照らし合わせるとカンタンにピッタリな方が見つかるので、ぜひ参考にしてください。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、できたら最新がいいけどiPhone 12は高い、というスペック重視派はiPhone 11がよいかと思います。

 

 

できるだけコストを抑えたい人はiPhone SE(第2世代)がおすすめで、iPhone SEは他にも「指紋認証」「ホームボタン」「画面が小さい」などのメリットがあります。

iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の5つの大きな違い

iPhone 11は2019年秋、iPhone SE(第2世代)は2020年春発売で、発売時期は半年くらいしか変わりません。

しかしそれぞれの機種には特徴があり、明確にユーザーニーズが分かれています

まずは最も大きな5つの違いを紹介します。

▼iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の違い▼

  • 画面、本体の大きさが違う
  • 価格が違う
  • カメラが違う
  • 操作方法が違う
  • 認証方法が違う

一つずつ紹介していきます。

画面、本体の大きさが違う【iPhone SEは小さい】

左:iPhone 11 右:iPhone SE(第2世代)の大きさ比較画像

iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の目立った違いが「画面と本体の大きさ」です。

▼iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の画面、本体の大きさ▼

  • iPhone 11:画面6.1インチ 本体高さ150.9mm 幅75.7mm 厚さ8.3mm 重さ194g
  • iPhone SE:画面4.7インチ 本体高さ138.4mm 幅67.3mm 厚さ7.3mm 重さ148g

このように、「画面」「本体」「重さ」の全て、iPhone SE(第2世代)の方が小さいです。

特に「画面」の大きさはかなりの違いがあります。

iPhone 11はiPhone X以降のデザインが使われており、本体前面は全てディスプレイで、特に動画やSNSに適しています

iPhone SE(第2世代)はiPhone 8以前のデザインで、前面の上下のディスプレイは切れていて、ホームボタンが搭載されています。

本体の大きさ、重さにも違いがあり、重いスマホは嫌いで、軽い方がいい場合はiPhone SE(第2世代)がおすすめです。

価格が違う【iPhone SEは低価格】

iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の大きな違いは、価格です。

▼iPhone 11/iPhone SE(第2世代)の価格▼

  • 64GB 71,280円 / 49,280円
  • 128GB 76,780円 / 54,780円
  • 256GB  88,880円 / 66,880円

ご覧の通り、全てのモデルで2万円以上の価格差があります。

特にiPhone SE(第2世代)の64GBは4万円台で購入できるので、スマホ代を抑えたい人にとってはうれしい価格です。

ちなみにiPhone 11とiPhone SEには同じA13チップが使われており、処理性能は同じです。

iPhone SE(第2世代)発売時には「処理性能が同じなのにこの価格差は衝撃」と話題になりました。

MEMO
上記はApple Storeでの価格ですが、キャリアによってはさらにお得に買えます。

カメラが違う【iPhone 11の超広角は見逃せない】

iPhone 11には「超広角カメラ」が搭載されており、iPhone SE(第2世代)には「広角カメラ」が搭載されています。

「超広角カメラ」と「広角カメラ」では撮影できる範囲が違い、広大な景色、室内、大人数の撮影ではiPhone 11の方が綺麗に撮影できます

超広角と広角の違い以外にも「ナイトモード」「ズーム機能」など、iPhone 11にしか搭載されていないカメラ機能はたくさんあります。

もちろんiPhone SEでも写真は撮れますが、「ちょっとでもいい写真が撮りたい」「SNSにも写真をたくさん投稿したい」という場合は、総合的なカメラ機能が高いiPhone 11がおすすめです。

操作方法が違う【iPhone SEにはホームボタンあり】

上でも少し触れましたが、iPhone SEにはホームボタンがついており、iPhone 11にはついていません。

iPhone 11は前面ほぼ全てがディスプレイで、ホームボタンの代わりにジェスチャーで操作します。ホームに戻るときは画面の下から上へスワイプします。

引用:https://support.apple.com/ja-jp/HT208204

僕も初めてiPhoneXにしたときは違和感がありましたが、ジェスチャー操作は1週間くらいで慣れました

「ホームボタンがあった方が安心!」という方はiPhone SEがおすすめですが、正直あまりこだわる必要はないかと思います。

ホームボタンは、操作よりも次に紹介する「指紋認証」で大きな役割を果たします。

認証が違う【顔認証と指紋認証】

iPhone 11は「顔認証(FaceID)」、iPhone SE(第2世代)は「指紋認証(Touch ID)」が搭載されています。

顔認証の方が便利なイメージですが、コロナ禍でマスクを付けることが増え、顔認証は少し不便になった印象です。

外出先でもすぐに使える指紋認証に再び注目が集まっています。

「外出先でiPhoneを使うことが多い」という人は、指紋認証を決め手にiPhone SEにするのもいいかと思います。

ハイスペックiPhoneがいい人にはiPhone 11

2021年現在、iPhone 12ではなくiPhone 11を選ぶほとんどの人は「価格」が理由かと思います。

参考までにiPhone 11とiPhone 12の価格を比較します。

▼iPhone 11/iPhone 12の価格▼

  • 64GB 71,280円 / 94,380円
  • 128GB 76,780円 / 99,880円
  • 256GB  88,880円 / 111,980円

全てのモデルで2万円以上の価格差があり、ハッキリ言ってiPhone 12は高すぎると感じるかもしれません。

実際にiPhone 12とiPhone 11の性能差はそれほど大きくなく、「5G対応」「フォルムが四角い」くらいです。

その他にも細かい違いはありますが、iPhone 12と11は価格差ほどの性能差はないというのが正直なところです。

iPhone 11とiPhone 12の違いは詳しくは以下をどうぞ。

一方、iPhone SE(第2世代)よりはiPhone 11の方がスペックが高い部分が多く、「ハイスペックで新しいスマホがいいけど、iPhone 12は必要ない」という人に、iPhone 11はピッタリでおすすめできます。

MEMO
スマホの画面が大きいと「動画」「映画」「電子書籍」「雑誌」が見やすいので、これらを楽しみたい方にもiPhone 11はおすすめです。iPhone SE(第2世代)では少しもの足りないかもです。

コスパ重視な人はiPhone SE(第2世代)がおすすめ

iPhone SE(第2世代)を検討している人のほとんどは「価格」「サイズ」が理由だと思います。

第1世代のiPhone SEは小さめなサイズが人気の理由でしたが、第2世代は第1世代よりは大きいです。

左からiPhone 11、iPhone SE(第2世代)、iPhone SE(第1世代)

とはいえ、iPhone SE(第2世代)は、iPhone 11よりは小さく、片手でも扱いやすいです。

カバンやポケットにも入れやすい面も人気で、大画面よりはコンパクト重視の人に、iPhone SE(第2世代)はおすすめです。

また64GBなら4万円台という価格面も魅力です。スマホにかけるお金を抑えたい人はiPhone SE(第2世代)を選びましょう。

iPhone SE(第2世代)は、価格が安いからといってスペックが低いとか、安物、というわけではありません。

むしろこの価格でもiPhone 11と同じCPU(A13チップ)が使われているので、とてもコスパのいいiPhoneです。

iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の細かい違い

ここまででiPhone 11とiPhone SE(第2世代)の違いをかなり説明しましたが、さらにいくつかの「細かい違い」を紹介します。

どれも購入の決定的な要因にはならないかと思いますが、念のためにサッとチェックしておきましょう。

どちらも防水【iPhone 11の方が性能高い】

iPhone 11とiPhone SE(第2世代)は、どちらも防水スマホです。

▼iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の防水性能▼

  • iPhone 11 IP68等級 (水深2mに30分間OK)
  • iPhone SE IP67等級 (水深1mに30分間OK)

どちらもかなり高い防水性能で、差は小さいです。

ちなみにいくら防水と言っても、水中に沈めるのは推奨されません。あくまで「念のため」の防水なので、水にはできるだけつけないようにしましょう。

バッテリー【iPhone 11が少し上回る】

バッテリー容量は正式には公開されていませんが、大事なのはバッテリー容量よりも「連続使用時間」です。

▼iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の連続使用時間▼

  • iPhone 11 ビデオ再生最大17時間
  • iPhone SE ビデオ再生最大13時間

iPhone 11の方がディスプレイが大きいので電池消費は激しいはずですが、連続使用時間は長いです。

「いつも電池の残量が少ない」という人は、iPhone 11の方がいいかもしれません。

カラバリ【イエロー、グリーンなどがiPhone 11にある】

iPhone 11には以下の6種類のカラーバリエーションがあります。

  • ブラック
  • グリーン
  • イエロー
  • バープル
  • レッド
  • ホワイト

iPhone SE(第2世代)は以下の3色のみです。

  • ブラック
  • レッド
  • ホワイト

iPhone 11にしかない「グリーン」「イエロー」「パープル」は、いずれも派手すぎず使いやすい色で、好評です。

カラーは購入してしばらくすれば気になりませんし、ケースやカバーでいくらでも変更できますが、ベースカラーは気に入った色の方がいいです。

iPhone 11/iPhone SE(第2世代)が買えるキャリア

最後に2021年夏現在、iPhone 11、iPhone SE(第2世代)が買えるキャリアを紹介しておきます。

端末の購入が目当てなら楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイルなどが維持費も抑えられるので良いですね。

まとめ:ハイスペックなiPhone 11/コスパ重視のiPhone SE第2世代

iPhone 11とiPhone SE(第2世代)を比較してみました。

発売時期は半年しか違わなく、そもそもの発売コンセプトも違うので、自分の目的によって明確にどちらがいいか分かれる機種です。

以下にまとめてみます。

▼iPhone 11がおすすめな人▼

  • 画面が大きい方がいい人(動画、読書多い人)
  • カメラの性能が高い方がいい人
  • 顔認証が欲しい人

▼iPhone SE(第2世代)がおすすめな人▼

  • スマホ代を抑えたい
  • コンパクトで軽いiPhoneがいい人
  • 指紋認証が使いたい人

型落ちのiPhoneはワイモバイルやUQモバイルなどが安いです。端末目当てならおすすめですね。

352