【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

iPhoneの分割審査をなくしたい!通らなくても購入する方法を6つ紹介

ゴリラ

値段の高いiPhoneを分割で買いたいけど、審査が通らないんだよね。どうすればいいんだろ……?審査をなくしたりできない?

近年の日本のiPhoneの価格が上昇し続けた結果、分割払いの審査に落ちてしまう人が増えています。

この記事では「分割審査に通らなくてもiPhoneを購入する方法」をお伝えします。

みなさんが欲しいiPhoneを購入するヒントになれば、うれしいです。

正直な結論
  • 分割審査をなくすには一括で支払うしかない
  • ただし支払い額を10万円以下に抑えることで審査に通ることがある

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

2401楽天モバイル iPhone 14 割引キャンペーン

 

待ってたぞ!!遂にiPhone 14の値下げが来ました!!!楽天モバイル契約なら誰でも2万円割引!他社から乗り換えなら最大3.2万円還元を受けられます!!!

 

キャンペーンをくわしく見てみる 

分割審査に落ちる理由→支払い能力を認められていない

分割審査に通るための対処法を知るには、落ちる理由を知っておく必要があります。

分割払いは借金です。

なんで、携帯会社はユーザーに支払いの能力があるかしっかり返済してくれそうか、を見極めなければいけません。

分割払いができなかったというのは、その基準に達していなかったということです。

一括で買えば分割の審査はない

当たり前ですが、一括で支払えば分割の審査はありません。

ただしキャリアとの契約に関する審査はあるので、場合によっては契約できない可能性もゼロではありません。

MEMO

例えば短期(半年以内など)で機種購入を繰り返していると「転売目的」とみなされて、契約できないこともあります。

分割審査に落ちてもiPhoneを買う6つの方法

では、基準に達していなかったから諦めなければいけないのかというと、そんなことはなくて、iPhoneを購入する方法はあります。

  1. 分割にする価格を10万円以内に抑える
  2. 家族に契約してもらう
  3. 自分のスマホを下取りに出す
  4. 信用情報を確認する
  5. 旧モデルのiPhone/廉価版のiPhoneにする
  6. クレジットカードで支払う

正直「ダメなものはダメ」なことも多いです。それでもできる限り、ダメ元でも最善の方法を見つけるヒントになればと思います。

その1:分割にする価格を10万円以内に抑える

今回買おうとしたiPhoneは、価格が10万円以上ではなかったでしょうか。

そうであれば、分割する価格を10万円以内に抑えることで審査に通ることがあります。

日本には「割賦販売法」という後払いに関するルールを定めた法律があります。

この中には消費者が支払い能力を超えた買い物をして、生活が成り行かなくなってしまうことを防ぐ内容が含まれています。

具体的にはクレジット業者(ここでは携帯会社)が消費者と分割契約をするときは、消費者が代金を支払えそうかを信用機関に調査することが義務付けられています。

これを「丁寧審査」と言います。

その一方で、

  • 比較的少額(10万円以下)
  • 生活に必要な耐久消費財(スマホなど)

については、例外的にチェックを省略してもいいことになっています。

参照:消費者の安心・安全を守るクレジット契約の新ルール~改正割賦販売法~ | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

つまりスマホの価格を10万円以下に抑えれば、信用機関への調査を省略でき、審査に通る確率が上がるということです。

2018年以降、iPhoneの審査に落ちる人が続出?

現に2018年のiPhone XS以降、iPhoneの価格が10万円を超え出した頃から、審査に落ちる人が増えています。

ゴリラ

10万円以下に抑えるって、どうすればいいの?ただ安いスマホを買えってこと?

10万円を超える金額を最初に払い、残りを分割支払いにする

例えば11万円のiPhoneを購入したいときはポイントやクーポンで2万円を支払い、残りの9万円を分割にすることで、審査に通る可能性があります。

注意

上記の例の2万円を現金やクレジットカードで支払うことはできません。ポイントクーポンであれば可能です。

各社のオンラインショップで利用できるポイントは以下のとおり。

ちなみに各社のクーポンを手にする方法は別記事でまとめています。

その2:家族に契約してもらう(特に学生や若者)

学生や若い人は、比較的収入が少ないので、どうしても分割審査では不利になります。

なんで少し面倒なんですが、親や家族などの成人名義で契約してもらうのも、現実的な方法です。

ドコモauソフトバンク楽天モバイルいずれも、端末のみ購入できます。

その3:自分のスマホを下取りに出す

大手キャリアは「下取りプログラム」を行っています。

機種変更のときに、今使っているスマホを下取りに出すことで、下取り額を購入代金から差し引いてもらえます。

差し引いた後の金額が10万円を下回れば、審査も通りやすくなります。

▼各社の最新の下取り額(公式サイト)▼

注意

各社のオンラインショップを利用すると、郵送での下取りになります。その場合、端末の割引ではなく、ポイントや電子マネーでの還元になってしまいます。

または買取店などで古い端末を下取りに出し、それを原資にして新しいスマホを一括で買う、というのもひとつの方法です。

その4:信用情報に傷がついていないか確認する

分割審査に落ちてしまった理由として、信用情報に傷が付いている可能性があります。

もし信用情報に傷がついているなら、その履歴が無くなるまで待つ必要があります。

信用情報とは

信用情報とは、簡単に言うと、これまでのクレジットカード支払いや、分割払いの履歴などで、きちんと支払いができているかどうかを判断するための情報です。

引用:信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。(出典:CIC)

携帯会社は「きちんと分割代金を払い切れるのか」ということを知りたいわけです。

ですから、この信用情報に以下のような記録が残っていると、分割審査に落ちやすくなります。

  • クレジットカードの返済日を3ヶ月以上延滞している
  • 破産宣告をしたことがある
  • 複数回クレジットカードの申し込みに落ちている

こうした状況を「信用情報に傷が付いている状況」といいます。

現在の自分の状況は、こちら(CIC)から確認することができますので、気になる方はやってみましょう。

1,000円ほどかかりますが、今の自分の状況を把握しておくことで、対応策を練りやすくなります。

注意
信用情報に傷が付くと、その履歴が消えるまで5年前後かかります。万が一、こうした状況だった場合は、分割払いは諦めて他の方法を考えましょう。

その5:旧モデル/廉価版/認定中古品のiPhoneにする

旧モデルのiPhoneにすればiPhoneを購入できるかもしれません。

各キャリアとも、最新のiPhoneが発売する秋(9〜11月)に、型落ちになった旧モデルを値下げすることがあります。

実は、最近のiPhoneは性能が飛躍的に向上しているわけでもありません。

iPhoneはいくつか前のモデルでも十分使えますし、コスパよく買えます。

もしくは最新のチップを搭載したiPhone SE(第3世代)なら、全キャリア10万円以下で購入できます。

↓左右にスクロールできます!

iPhone SE
(第3世代)
64GB128GB256GB
ドコモ
24年1月改定
73,370円
(37,730円)
(22,154円)
82,280円
(42,680円)
104,500円
(53,020円)
au
23年12月改定
70,935円
(38,295円)
(22,047円)
82,190円
(44,390円)
(26,600円)
103,415円
(55,775円)
ソフトバンク73,440円
(22,008円)
81,360円
(26,784円)
99,360円
(52,560円)
楽天モバイル62,800円
(31,392円)
69,800円
(34,896円)
84,800円
(42,384円)
UQモバイル70,935円82,190円103,415円
ワイモバイル73,440円81,360円99,360円
Apple公式62,800円69,800円84,800円

また、2022年頃から各社がこぞって力を入れ始めた「認定中古品」を狙うのもいいですね。

ただし型落ちや認定中古品は在庫が少ないので、気になっているなら早めの決断がおすすめです。

その6:クレジットカードで分割払いをする

iPhoneの分割審査が通らなくても、クレジットカードで分割払いをすることは可能です。

  1. 一括で購入手続き
  2. クレジットカードで分割払いにする

ただし、クレジットカードの分割払いは「借金」です。基本的にはおすすめしません。

分割審査に通らなくてもiPhoneを買う方法まとめ

この記事では、「分割審査に通るための方法」についてお伝えしました。

要点をもう一度確認すると、

  • 分割にする価格を10万円以内に抑える
  • 家族に買ってもらう
  • 信用情報に傷がついているなら、履歴が無くなるまで待つ

という方法によって、分割審査に通りやすくなる可能性があります。

そして、そもそも分割審査をしない方法が

  • 自分のスマホを下取りに出す
  • 旧モデル/廉価版/認定中古品のiPhoneを購入する
  • クレジットカードで分割払いをする

という方法です。

この中で一番おすすめなのは、分割にする価格を10万円以内に抑える方法です。

まずはこれから試してみましょう。

分割審査に通るため、少しでもお力になれれば幸いです!

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
iPhoneを安く買う方法