【特集】iPhone 13が発売!

iOS 15の本当に「使える」新機能5選!「集中モード」が便利!

ゴリラ

iOS 15が登場したね!今回は何がすごいの?

2021年9月24日に発売のiPhone 13に先駆けて、9月21日にiOS 15が公開されました。

なんだかんだ言って、新しいiOSは楽しみです。

しかしiOSのアップデートっていつも違いがわかりませんよね?

僕もiOSの更新にワクワクするものの、結局「何が変わったの?」と毎回思っています。

実際、iOSの変化はいつもごく小さいですが、ちゃんと調べると「便利になった!」「変わった!」と思える部分がいくつかあります。

この記事で、実際にiOS 15を触ってみて思った5つの「本当に使える」新機能を紹介します。

iOS 15になってからの変化は100個以上あるので、この記事を参考に、自分に関係のある機能を見つけてみてくださいね。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、iOS 15には「知っておかないとやばいくらいの新機能!」はありません。

 

注目は「集中モード」「天気の表示が増えた」「メモでハッシュタグが使える」などです。

スマホの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし頭金なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

iOS 15にアップデートする方法

iOS 15にアップデートするためには、iPhoneの「設定」アプリ→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」と操作します。

この画面の一番下の「iOS 15にアップグレード」をタップでアップデートが開始されます。

MEMO
iPhoneには「アップグレード」と表示されますが、「アップデート」の方が一般的に使われているので、この記事では「アップデート」と表記します。意味は同じです。

以下の条件を満たしている場合、アップデートができます。

▼iOSアップデートに必要な条件▼

  • バッテリーが十分に充電されている(電源に接続されている)
  • Wi-Fiに接続されている(モバイル通信でも可能ですがおすすめしません)
  • 内部容量が十分にある

アップデートが始まると、ダウンロードやインストール、再起動などで30分〜1時間くらいはかかります

その間はiPhoneが使えない時間もあり、使うとアップデートがキャンセルされることもあるので、寝る前などがおすすめです。

iOS 15はiPhone 6S以降に対応

iOS 15は最新だから、最新のiPhone 13でしか使えないんじゃないの!?

と思うかもしれませんが、違います。

iOS 15へのアップデートは、iPhone 6Sより新しい全てのiPhoneでできます。

  • iPhone 13 シリーズ
  • iPhone 12 シリーズ
  • iPhone 11 シリーズ
  • iPhone Xs シリーズ
  • iPhone XR シリーズ
  • iPhone X
  • iPhone 8 シリーズ
  • iPhone 7 シリーズ
  • iPhone 6s シリーズ
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

ただこれは「アップデートできる」というだけで「アップデートしないといけない」わけではありません。

新しいOSは高機能な分、iPhoneの動作速度に負担を与えることもあります。

古いiPhoneでアップデートすると「iOSをアップデートしたら動きが遅くなった!」「不具合が出た!」ということがよくあります。

正直、iOS 15は革命的に素晴らしい機能とかはないので、動作速度が不安であればアップデートしなくてもOKです。

とはいえ、アップデート後でないと対応しない機能やアプリも多いので、基本的にはアップデート推奨です。

MEMO
iPadには、iOS 15とは別に「iPad OS 15」が同時期に公開されています。

iOS 15の本当に「使える」5つの新機能

iOS 15は、今までのiOSアップデートと同じく「革命的に素晴らしく、ないと絶対ダメな新機能」とかはありません(現状のままでiPhoneもiOSも完璧に便利という意味ですね)。

とはいえ、せっかくAppleが100以上も新しい機能を追加してくれたので、たくさん実際に触ってみて、「これは使えるかも!」という機能を5つ厳選して紹介します。

▼iOS 15の個人的な「使える」新機能▼

  • 集中モード
  • 「Safari」の一番下のタブバー
  • 「天気」の表示数大幅アップ
  • ホーム画面のページ並べ替え
  • メモに「#(タグ)」機能が追加

「集中モード」は目玉機能のひとつ

iOS 15の目玉機能のひとつが「集中モード」です。

「設定」アプリ内に「集中モード」が追加されています。

集中モードは、一言で言うと「一時的に通知を制御できるモード」です。

今までは通知を制御できるのは「消音モード」「おやすみモード」「各種アプリの設定」と分かれていましたが、それら全てが集中モードとしてまとめて管理できるようになりました。

上記画像の通り、「集中モード」の中に「おやすみモード」「仕事」「睡眠」の項目があり、それぞれに受け取る通知を設定できます。さらに「パーソナル」で個別に設定できます。

各モードで設定できるのは以下の項目です。

▼集中モードで設定できる項目▼

  • 通知を許可する連絡先
  • 通知を許可するアプリ
  • 全てのデバイスでオンにする
  • 通知バッジの非表示
  • 特定のホーム画面のみ表示

「仕事モード」では、取引先からの通知と、slackのみONにし、「おやすみモード」では家族からのみの着信をONにする・・・。などの細かい設定ができます。

また、iPhoneだけでなく同期されている全てのデバイス(MacやApple Watchなど)で設定を共有したり、通知バッジの表示/非表示、特定のホーム画面のみを表示するなどの設定ができます。

「集中モード」は設定アプリでなくともコントロールセンターでON/OFFが切り替えられるので、スピーディに操作できます。

正直、集中モードは「誰にでもおすすめのモードです!」というよりは、細かく設定して、自分好みにカスタマイズしたい、ガジェット好きで、効率重視の人におすすめの機能です。

Safariの一番下に「タブバー」が出現

「集中モード」の説明が長くなったので、ここからはサクサク紹介していきます。

デフォルトのブラウザ「Safari」の下部に、URLの書かれた「タブバー」が出現しました(これまでは画面の上にありました)。

タブバーを左右にスワイプで別のタブに切り替わり、上にスワイプすると今まで開いたタブがすべて表示されます。

複数のページを順番に閲覧したい時などに便利な機能です。

「天気」の表示項目アップ

「天気」アプリのデザインが変わり、スクロールすると今までよりもずっと多くの情報が表示されるようになりました。

  • 10日間予報
  • 空気質
  • 体感温度
  • 湿度
  • UV指数
  • 気圧

など、今までは表示されていなかった項目が表示されるようになりました。

情報だけでなく、この先10日間で「暑い日はあるか?」「寒い日はあるか?」という温度表示が見やすくなったのはうれしいです。

「空気質」は空気中の汚染物質の割合です。日本ではあまり大気汚染は身近ではないですが、参考にはなるかと思います。

「ホーム画面のページ並べ替え」は地味に便利

iOS 15の新機能の中で個人的に好きな機能はこちらです。

「新機能」ではあるのですが「なんでいままでできなかったの!?」という気持ちです。

これはホーム画面のページごとの移動機能で、ホーム画面を自分好みにデザインしようとすると、なぜかiOS 14まではページの順番を入れ替えたり、空白を作ることができませんでした。

なので、今までは「空白のページを作りたい」と思ったら、24個のアプリをエッホエッホと移動させないとできませんでした。

「壁紙をよく見えるようにしたいので空白のページを作りたい」のはあるあるだと思うので、この機能は地味にうれしいです。

方法は「ホームの何もないところを長タップ」→」「画面下の「・・・」をタップ」→「動かしたいホーム画面を長タップで移動」です。

ホーム画面を編集するときは「ショートカット」や「ウィジェット」機能も便利なので、関連記事もどうぞ!

メモに「#(タグ)」機能が追加

これも「今までなぜなかったの!?」という気持ちになる機能です。

「メモ」内で、「#」をつけてタグをつけておくと、メモのトップページからタグごとの検索ができます。

僕はメモをかなり多くの用途に使っていて、フォルダ分けだけではゴチャゴチャしていました

フォルダ分けに加えてタグもつけておくと、必要なメモにすぐアクセスできるようになり、地味に便利です。

iOS 15には他にもたくさんの新機能が!

上記5つが、個人的な「使える!」新機能ですが、それ以外にも100以上の新機能があります。

正直、全く使ってないiPhoneの機能はたくさんあるので、「自分には関係ない」と思う機能は多いと思います。

しかし、ザーッと見てみて気になる機能はチェックしてみると、1つか2つくらいは便利な機能を見つけられると思うのでチェックしてみてください。

▼iOS 15の新機能▼

  • FaceTimeの強化(特定の映像を一緒に見られるSharePlayなど)
  • メッセージの強化(添付URLが扱いやすくなった)
  • ミー文字の追加(ファッション、ヘアスタイルの追加)
  • 通知の変更(デザインの変更)
  • マップのデザイン変更(ガイド機能強化、歩行案内モードの追加)
  • 画像のテキスト認識表示
  • Spotlightの検索範囲増大
  • 写真の「メモリー」画面のデザイン変更
  • 「ヘルスケア」アプリにトレンド分析機能追加
  • その他プライバシー強化、Siri強化、などなど・・・

このように、とても書ききれないほどのアップデートがされています。

僕は「ホーム画面のカスタマイズ」や「メモ機能」を多く使っていたので「ページのカスタマイズ」や「タグ機能」が気になりましたが、みなさんはどうでしょうか?

ぜひ、上記から自分の興味のありそうなiOS 15の新機能を見つけてくださいね。

まとめ:iOS 15は革新的な新機能はないが要チェック

冒頭から何度か書いていますが、iOSのアップデートはもうずっと「革新的で驚くような新機能」は出ていません。

それはスマホ/iPhone業界全体に言えるので仕方ないですが「自分にフィットしたちょっと便利な新機能」なら見つかるかと思います。

本当はiPhone 13が欲しいけど今回は見送る人は、iOS 15をチェックしてみてOSだけでも新しいiPhoneを楽しんでくださいね!

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(来店・待ちなし)も大きておすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

315