【特集】iPhone 13が発売!

au「G’zOne TYPE-XX」をレビュー|20周年記念モデルは「タフネス」と「武骨なデザイン」が魅力

ゴリラ

「G’zOne TYPE-XX」が発売されるみたいだね!どんな機能やスペックになってるの?

G’zOne TYPE-XXが2021年末にauから発売します。

G’zOne TYPE-XXは、G’zOneシリーズの20周年記念モデルで、auのラインナップとしては久しぶりのタフネスケータイとなります。

往年のG’zOneシリーズのファンの方も、今回初めて知ってピンときたという方も注目の一台です。

本記事では、G’zOne TYPE-XXのスペック・特徴を紹介します。

自分にとって「買い」の一台なのか、ぜひチェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、G’zOne TYPE-XXは、G’zOneシリーズの20周年記念モデル。最新機能を盛り込んで復活しています。

 

抜群のタフネス性能と、ゴツゴツした武骨なデザインが魅力で、アウトドアでの利用価値やデザインにピンときたら買い。

このスマホの評価
スペック
(2.5)
カメラ
(2.5)
耐久性
(4.5)
総合評価
(3.0)

ちなみに…

auで契約するなら

  • 頭金(3,000~1万円)なし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

auオンラインショップがおすすめです!

 

\10,000円以上お得/

 

\iPhone 13が発売/

 

auでもiPhone 13シリーズが人気です!

 

商品によっては在庫少なめみたいなんで、気になっている人は、とりあえず予約だけでもしておくことをおすすめします!

 

関連:auのiPhone 13の予約ページ

「G’zOne TYPE-XX」はG’zOneシリーズの20周年記念モデル

G’zOne TYPE-XXは2000年~2012年に販売していた「G’zOneシリーズ」の20周年記念モデルです。

G’zOneシリーズは、カシオ計算機の超耐久ケータイのラインナップで、腕時計「G-SHOCK」をもじって「G-SHOCKケータイ」などと呼ばれていました。

カシオ計算機は既にスマホ・ガラケーから撤退していますが、2014年以降には京セラ「TORQUEシリーズ」へauのタフネススマホは引き継がれています。

今回はKDDIの企画担当者が間に入り、カシオ計算機がデザイン京セラが製造という形で、G’zOne TYPE-XXが実現したとのこと。スペックが最新のものに一新され復活しています。

ユーザーの前評判を見ると、G’zOneシリーズのファン、タフネススマホが好きな人、単純にガジェット好きなど広く話題になっています。

ニッチに見えるモデルですが、デザイン・コンセプトから欲しくなっている人は多いようですね。

ここからは、G’zOne TYPE-XXの特徴を詳しく見ていきましょう。

G’zOne TYPE-XXの「タフネス性能」|MIL規格クリア

タフネス性能としては、米国国防総省規格基準「MIL-STD-810H」の19項目に準拠した規格をクリアしています。

タフネスケータイ・ガラケーでおなじみの規格です。見た目だけでなく、タフネスな実力もお墨付きです。

▼G’zOne TYPE-XXがクリアした規格(抜粋)

↓左右にスクロールできます!

準拠する項目試験内容
耐振動3時間(3方向各1時間20~200Hz)の振動試験を実施
耐衝撃高さ1.22mから鋼板に製品を26方向で落下させる試験を実施。
衝撃試験機に端末を取り付け、40Gの衝撃を6方向から3回与える試験を実施。
塩水噴霧連続24時間の5%塩水噴霧後、24時間乾燥させる塩水耐久試験
耐日射連続20時間1,120W/m2の日射後、4時間オフを10日間繰り返す試験を実施
温度耐久動作環境:-21℃/50℃で各連続3時間、保管環境:-30℃/60℃で各連続4時間。
-21~50℃の急激な温度変化で連続3時間の温度耐久試験を実施
低圧対応連続2時間(57.2kPa / 高度約4,572m相当)の低圧動作 / 保管試験を実施
耐氷結-10℃で結露や霧を発生させ1時間維持し、25℃95%RHで動作確認。
さらに-10℃の冷却水で6mm圧の氷が張るまで氷結させる試験を実施

とくに耐衝撃では、高さ1.22mからの鋼板への落下試験、40Gの衝撃試験などをクリア。落下、衝撃には抜群に強いです。

そのほか、-21℃~50℃の急激な温度変化、-10℃で1時間保持、20時間の日射など、過酷な環境でも動作します。

雪山や真夏の海でも、気兼ねなく使えますね。

もちろん防水、防塵にも対応。防水はIPX5/IPX8、防塵はIP5Xとハイレベルです。

G’zOne TYPE-XXはハンドソープで洗える

G’zOne TYPE-XXは泡ハンドソープで洗えます。

(一般的に防水スマホでも、劣化や浸水の可能性からハンドソープはNGとされています。)

外で使って汚れた時や、普段使いで雑菌など気になる時など、ハンドソープで丸洗いして清潔に保つことができます。

G’zOne TYPE-XXの「アウトドア機能」|コンパス・気圧など

コンパス、気圧・高度の表示など、アウトドア向けの機能もあります。

加速度・地磁気・気圧・温度の4つのセンサーと連動し、各種の情報を教えてくれます。

▼G’zOne TYPE-XXのアウトドア向け機能▼

↓左右にスクロールできます!

機能概要
天気登録した地域の天気を表示
温度センサーで測定した温度を表示
コンパス・現在の方角を表示
・水平器での傾斜の測定
気圧・高度・現在地の気圧・高度の目安を表示
・時刻ごとの変化をグラフで表示
気圧・天気予想・現在地の気圧の変化を表示
・天気予想も表示
歩数歩数や消費カロリーの記録、目標歩数の設定など
潮汐指定した各地点の潮汐情報を表示
魚の活性度指定した地点の魚の活性度を表示

なお、上記の情報は、サブディスプレイにも表示が可能です。「コンパス」「気圧」「日の出/日の入り」など表示できます。

設定で常時表示が可能で、閉じたままポケットからパッと取り出して、必要な情報を確認することもできます。

野外で便利なサポート機能もある

サポート機能として「定刻での気温などの読み上げ」「4G LTEの切り替わりを音声でお知らせ」などもあります。

▼G’zOne TYPE-XXのサポート機能

↓左右にスクロールできます!

機能概要
音声読み上げ通知機能毎時0分と30分に気温などのリアルタイム情報を読み上げ
簡易ライト点滅や輝度調整、点灯時間変更が可能
圏内・圏外通知機能電波の有無をケータイを取り出さずに確認
ブザー音ホイッスル音やクマ鈴など

ポケットに入れたまま情報を確認できるのは、アウトドアでの使用を考えると便利ですね。

ホイッスル音やクマ鈴の機能もあり、万が一の時の備えにもなります。

G’zOne TYPE-XXの「デザイン」を詳しく

G’zOne TYPE-XXのデザインは、G’zOneシリーズを踏襲しつつ、最新のアレンジが施されています。

六角形状がデザインのテーマモチーフで、全体の形状、カメラリング、ボタン周りなど、六角形状が意識されています。

サブディスプレイには、G’zOneシリーズでおなじみの丸形ディスプレイを搭載。カバーレンズ表面には低反射コートが施されています。見やすい背面液晶は魅力ですね。

ダイヤルキーはカップを設けた凸形状で、軍手やグローブをつけていても操作しやすくなっています。

ダイヤルキーの下には欲しい機能を呼び出せるカスタマイズキー(F1・F2)もあり、よく使う連絡先を登録しておくことも可能です。

スクリーンの表示もG’zOneらしいこだわり

スクリーン表示にも、プロダクトデザインにマッチしたこだわりが盛り込まれています。G’zOneのカシオペンギンも隠れキャラとして登場するようです。

ベルトホルダー・ストラップホールあり

閉じた時の上部にはベルトホルダーがあり、左右にはストラップホールもあります。このあたりも持ち歩きや、仕事での使用を考えると便利ですね。

G’zOne TYPE-XX用の「アクセサリー」も発売予定

G’zOne TYPE-XX用の「アクセサリー」も別売りで発売されます。

▼卓上ホルダ

本体を挿すだけで充電が可能

▼2WAYストラップ&マルチケース

カラビナとロングの2種類のストラップセット。変換ケーブルと予備電池が収納できる専用ポーチ付き

 

▼電池パック

電池は取り外し式で交換が可能。予備電池は長時間の野外活動で便利

 

▼京セラ3.5φTypeC変換ケーブル

有線イヤホンを挿すためのケーブル

電池パックは交換が可能です。長年使ってバッテリーがヘタってもすぐに復活できます。

G’zOne TYPE-XX以降にタフネスガラケーが発売されるか分からないので、長年使うのを見越してセットで買っておくと良さそうですね。

また、予備の電池パックは、野外で長時間活動する時にも重宝しそうです。モバイルバッテリーと違って充電する煩わしさがないのが便利ですね。

G’zOne TYPE-XXのスペック一覧

G’zOne TYPE-XXのスペック一覧です。

↓左右にスクロールできます!

 G'zOne TYPE-XX
サイズ縦:115mm
幅:55mm
厚み:23mm
重量183g
CPUQM215(1.2GHz/4)
RAM/ROM2GB/16GB
画面サイズ3.4インチ
カメラ1,300万画素
バッテリー容量約1,500mAh
Wi-FiIEEE 802.11b/g/n
そのほか防水・防塵
USB Type-C 端子
FMラジオ

RAMが2GB、ストレージが16GBとガラケーとしては余裕のある容量を積んでいます。

機能面でいうと、おサイフケータイは非搭載です。ここは少し残念ですね。

auのケータイ向けプラン

ちなみにG’zOne TYPE-XXを利用するためにはauの4G LTEケータイ向けのプランへの加入が必要です。

↓左右にスクロールできます!

 月額料金データ容量通話
ケータイ
シンプルプラン
1,507円
※2年契約で1,320円
100MB
300MB
(2021年10月18日〜)
22円/30秒
ケータイ
カケホプラン
3,465円
※2年契約で3,278円
1GBかけ放題
VKプランS(N)1,977円〜6,047円~2GB
ダブル定額
27分の
無料通話
VKプランM(N)2,662円~6,732円65分の
無料通話
VKプランE(N)817円〜5844円〜2.5GB22円/30秒

最も安く運用できる「ケータイシンプルプラン」は、2021年10月にデータ容量が100MB→300MBに増量されています。

300MBあれば

  • LINEメッセージ:15万回
  • LINE音声通話:13時間

くらいはできるので、基本的に動画やネットには接続しない「ガラケーの使い方」をすれば、足りる量と言えるでしょう。

「TORQUE 5G」タフネススマホも販売中

auではタフネス”スマホ”も販売しています。最新モデルは、2021年3月26日発売の「TORQUE 5G」です。

こちらは、88,885円と「スマホ価格」になりますが、TORQUEシリーズの5代目とあってかなり磨きがかかっています。

アウトドア向けの記録機能「Action Overlay」があり、Bikeモードでは、外部センサーと連携して、走行中の心拍数、ケイデンス、パワー、勾配など記録できます。

▼TORQUE 5Gの「Bikeモード」

アウトドア情報をカード形式で表示できる独自アプリ(Outdoor Portal )もあります。

▼TORQUE 5Gの「Outdoor Portal」

そのほか、5G対応ワイヤレス充電などスマホとしての機能も優秀です。G’zOne TYPE-XXがきっかけで、タフネスケータイに興味を持った方は、こちらも合わせて注目ですね。

ちなみに:契約するならauオンラインショップがお得です

auで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりもauオンラインショップで契約した方がお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下4点です。

  1. 頭金がかからない(最大10,000円くらいお得)
  2. オプションに加入する必要がない
  3. 待ち時間がない
  4. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的なメリット(10,000円以上お得になる)だけじゃなく、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)もあり、普通にオススメです。

また、代理店ではなくau直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのも◎

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

ぜひ、オンラインショップでお得に契約してくださいませm(_ _)m

\10,000円以上お得/

 

こんな記事もおすすめ

 

720