このサイトについて

【正直レビュー】「Galaxy A41」はカメラの良いシンプルスマホ|Xperia 10 IIとの比較も紹介

Galaxyのコスパ重視のミドルレンジモデル「Galaxy A41」がドコモ、auから発売となります。

Galaxy Aシリーズは無駄のないシンプルな機能で、格安で買えるのが魅力です。

今回の「Galaxy A41」もシンプル&格安はそのままに、カメラが大きく強化され、さらに使い勝手がアップしています。

「安くて使えるスマホが欲しい」ということで注目していた人も多いはず。

ただいざ購入となると機種の特徴は事前にチェックしておきたいところだと思います。

そこで本記事では、Galaxy A41のスペック・特徴を詳しく解説していきます。

記事の後半では、同価格帯でのライバル機種「Xperia 10 II」との比較も紹介します。どちらを選ぶか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

Galaxy A41は自分にピッタリのスマホなのかをチェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Galaxy A41はシンプルなスペックに、そこそこ良いカメラがプラスされたスマホ

5万円以下で「使い勝手が良く、カメラがちょっと良いスマホ」が欲しい人にオススメ。

このスマホの評価
価格
(4.0)
スペック
(3.0)
カメラ
(3.5)
ディスプレイ
(3.5)
総合評価
(3.5)

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

スペックは必要十分|「シンプル&良いカメラ」が魅力

▼Galaxy A41の基本スペック

 Galaxy A41
サイズ横:約70mm
縦:約153mm
厚さ:約8.1mm
重量測定中
CPUHelio P65
RAM+ROM4GB+64GB
ディスプレイ6.1インチ 有機EL
フルHD+
メインカメラ広角:4,800万画素
超広角:800万画素
深度測位:500万画素
インカメラ約2,500万画素
バッテリー容量3,500mAh
OSAndroid™ 10

Galaxy A41はそこそこの性能に、ちょっと良いカメラを積んで、価格を3~4万円台におさえている点が大きな魅力。

機能としても「おサイフケータイ・防水」にもしっかり対応しています。

安くて使い勝手の良いスマホを求めている人には、良い選択肢になるはず。

Galaxy A41のカメラやディスプレイの特徴を詳しく見ていきましょう。

【カメラ】4,800万画素&トリプルレンズで進化

Galaxy A41のカメラの特徴としては以下の2点です。

▼Galaxy A41のカメラの特徴

  • メインカメラが約4,800画素
  • トリプルレンズ

前モデルのGalaxy A20やGalaxy A30から特に進化したのがカメラの性能です。4~5万円台のスマホながら、かなり力が入っています。

詳しく見ていきましょう。

メインカメラは4,800万画素

メインカメラは4,800万画素と超高画素です。

前モデルの「Galaxy A20」や「Galaxy A30」は1000万画素前後で、メインカメラは一気に進化しています。

▼カメラの比較

 画素数
Galaxy A20800万画素
Galaxy A301,300万画素
+500万画素
Galaxy A414,800万画素
+800万画素
+500万画素

ちなみにインカメラも2,500万画素とかなりの高画素です。自撮りもバッチリキレイに撮影できます。

カメラの画質はかなり期待ができるでしょう。

格安機ながら「トリプルレンズ」を搭載

Galaxy A41からトリプルレンズを搭載してきています。

カメラの構成は以下の通り。

▼Galaxy A41のカメラ構成

 

超広角カメラ:約800万画素

標準カメラ:約4,800万画素

TOFカメラ:500万画素

メインの標準カメラに「超広角カメラ」と「TOFカメラ(深度測位用)」を加えたトリプルレンズです。

超広角カメラは前モデルのA30でも搭載されていたものです。魚眼のようなに通常より広い画角で撮影ができます。

広い風景の撮影のほか、大人数での集合写真や、大きな建造物の全貌を撮る時など、使えるシーンが多いのが魅力ですね。

ライブフォーカスにも対応

Galaxy A41は「ライブフォーカス」にも対応しています。

ライブフォーカスは、背景ぼかしの具合の調整したり、ぼかしの種類を変更したりできる機能です。

「Galaxy A41」には、ぼかし撮影に役立つTOFカメラがあるので、このライブフォーカス機能では力を発揮してくれそうですね。

こちらはGalaxy S10のライブフォーカスの写真です。

背景ぼかしの「ポートレート機能」があるスマホは多いですが、こうしたちょっと面白い機能となると貴重な存在です。

インパクトのある写真を撮ることができるでしょう。

【ディスプレイ】6.1インチ「有機EL」を搭載

ディスプレイは6.1インチの有機ELです。

解像度も、フルHD+(2,400×1,080)と3~4万円台の格安機としてはかなりの高解像度となっています。

前モデルのGalaxy A30でもフルHD+の有機ELディスプレイを搭載していました。かなり評判の高かった部分です。

ディスプレイはGalaxy A41の売りの一つで、ハイエンドの機種と比べても大きく見劣りしません。

とくに液晶が古めのスマホから乗り換えれば、ディスプレイのキレイさにはちょっとした感動を覚えるはず

Youtubeなど動画を見る機会が多い人には特にオススメですね。

【CPU】MediaTek製の「Helio P65」を搭載

CPUはMediaTek社の「Helio P65」を搭載しています。

Galaxyのスマホとなると、Qualcomm社の「Snapdragon」や自社製の「Exynos」を搭載することが多かったりします。

Galaxy A41では少しマイナーなチップを搭載することでコストを抑えているようです。

ちなみに「Helio P65」の性能については、ゲームは厳しいですが、ふだん使いなら困らないレベル。

最新ゲームをよくプレイする人でなければ、満足に使っていくことができるでしょう。

「画面上での指紋認証」&「顔認証」に対応

ロック解除は「画面上での指紋認証」&「顔認証」の両方に対応しています。

「画面上での指紋認証」が格安の機種で使えるのは注目したいところですね。

まだまだ専用のセンサーで指紋認証する機種が多い中、レアな存在です。

特別に便利なものではありませんが、新しもの好きには嬉しいポイントですね。

イヤホンジャック&ラジオ機能がある

Galaxy A41にはイヤホンジャックがあります

最近のハイエンド機では、ワイヤレスイヤホンを前提にイヤホンジャックが省かれるのがふつうになっています。

ただ「有線のイヤホンの方が便利」と感じている方も実際には多いはず。

イヤホンジャックが使えるのは、少し価格の安いスマホを選ぶことならではのメリットといえます。

音ゲーをやる人も重宝するでしょう。

そのほかラジオが聴ける点も注目。Galaxy A41はFMラジオチューナーを搭載しています。

Galaxy A20以来のラジオ搭載となります。

なお受信アプリではradikoとFMラジオの両方を聴くことができます。

A20と同じであればバックグランド再生も可能です。スマホをいじりながらラジオを聴けるのは、他のスマホにはない魅力ですね。

「Xperia 10 II」と「Galaxy A41」を比較

Galaxy A41を検討している人の中には「Xperia 10 II」と迷っている方も多いはず。

▼Xperia 10 II

価格抑えめの5万円以下で新しいスマホを購入しようとなると「Xperia 10 II」「Galaxy A41」の2機種が候補になることが多いでしょう。

そこで2機種のスペックや特徴を比較してみましょう。

基本スペックはそれぞれ以下の通り。

▼基本スペックの比較

 Galaxy A41Xperia 10 II
CPUHelio P65Snapdragon 665
RAM+ROM4GB+64GB4GB+64GB
ディスプレイ6.1インチ 有機EL
フルHD+
約6.0インチ 有機EL
フルHD+
メインカメラ広角:4,800万画素
超広角:800万画素
深度測位:500万画素
広角:1,200万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
インカメラ約2,500万画素800万画素
バッテリー容量3,500mAh3600mAh
OSAndroid™ 10Android™ 10

基本スペックとしてはザックリ同じくらいです。

特徴の違いをまとめると以下の通り。

▼特徴の比較

 

◆Xperia 10 II

縦長スリム」のデザインが個性的

見た目にちょっとした高級感がある

撮影に「ナイトモード」がある

 

◆Galaxy A41

価格が5,000円~1万円ほど安くなりそう

4,800万画素の広角カメラ・TOFカメラが使える

ラジオが使える

「Xperia 10 II」を選ぶメリット⇒縦長スリム・ナイトモード

Xperia 10 IIの大きな特徴が縦長スリム」のデザインです。

縦長ゆえに、画面分割しての「マルチウィンドウ」での操作が快適にできます。「動画を見ながらTwitter」といった使い方が捗ります。

外観もXperia 10 IIはハイエンドのような、ちょっとした高級感があります。ココも魅力の一つですね。

そのほかカメラでは、ナイトモードが使える点も注目です。ミドルレンジのスマホながら夜景がクッキリ撮れます。

Galaxy A41と比べると価格は少し上がりますが、このあたりに魅力を感じるならXperia 10 IIがおすすめですね。

縦長スリム、高級感、ナイトモードといったポイントに魅力を感じたら「Xperia 10 II」がおすすめ

関連記事:【買い】「Xperia 10 II 」は4万円台で中華スマホに負けないコスパ|スペック・特徴を正直レビュー

「Galaxy A41」を選ぶ⇒価格が安い・4,800万画素カメラとラジオが使える

Galaxy A41のメリットはやはり価格が安いことです。

スペックはGalaxy A41もXperia 10 IIも同等で、どちらもふだん使いならバッチリなレベルの性能を備えています。

どちらを選んでも不便を感じることはないでしょう。

なので、特にこだわりがなく最終的に価格も重視して選びたいなら「Galaxy A41」がおすすめですね。

そのほか細かいところでは、Xperia 10 IIにはない4,800万画素の広角カメラやTOFカメラ、ラジオが使えるのはGalaxy A41ならではの特徴です。

ふだんスマホをいじりながらラジオが聴けるだけでなく、災害時にも役立つ機能です。

ココもGalaxy A41を選ぶ理由の一つになるでしょう。

「同じくらいスペックなら安い方を選びたい」という人は「Galaxy A41」がおすすめ

まとめ:「シンプル&良いカメラ」にピンときたら買い

Galaxy A41はシンプルな基本性能に、そこそこ良いカメラがプラスされたスマホです。

特にメインカメラは4,800万画素とかなり期待できます。

格安のスマホですが、Galaxyならではのクオリティで安心して使っていくことができるでしょう。

ぜひ、この記事を参考にGalaxy A41を検討してみてくださいね。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料がかからない(ドコモ)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

精神的メリット(来店なし・待ちなし)だけでなく、金銭的メリットも大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくドコモ・au・ソフトバンク直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

10566