このサイトについて

au「OPPO Find X3 Pro」は最高スペックの変態フラッグシップ|60倍の顕微鏡・65W充電は注目【レビュー】

ゴリラ

OPPO Find X3 Proってどんなスマホ?すごいスペックが高そうで、ちょっと気になるかも

「OPPO Find X3 Pro」は、どれをとっても超一級品のOPPOの最上位モデルです。カメラ、ディスプレイ、CPUなど最高レベルのスペックを積んでいます。

最大65Wの急速充電」「本体が190g台で軽い」など、iPhone・Galaxyより優れている点も多く、最上位モデルで迷っているなら候補に加えたい一台です。

ただいざ購入を考えると、メリットと欠点をそれぞれ確認しておきたいところだと思います。

そこで本記事では、

  • Find X3 Proの注目ポイント3点
  • 実際どんな写真が撮れるのか
  • Find X3 Proの注意点

について詳しく紹介します。

自分に合うスマホなのかぜひチェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、OPPO Find X3 Proは最高スペックの高級スマホ。

 

誰もが満足するスペックに、オリジナルな要素がいくつもプラスされています。最大65Wの急速充電、60倍の顕微鏡カメラ、最大120Hz駆動のディスプレイなどは注目です。

 

実力重視なら、間違いなく「買い」の一台です。

このスマホの評価
価格
(3.0)
スペック
(5.0)
カメラ
(5.0)
ディスプレイ
(4.5)
総合評価
(4.5)

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

auで契約するなら

  • 頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

auオンラインショップがおすすめです!

 

また、他社からpovoへ乗り換えるなら、まずはauと契約した方が、最大22,000円分おトクに契約できます!(↓↓その理由を解説)

 

関連記事:「povo」は24時間データ使い放題が目玉|評判・注意点・いくら安くなるか解説

 

\10,000円以上お得/

 

\Galaxyの新作が発売/


auからGalaxy S21S21+(プラス)が発売されました!


前作からデザインが一新。


最大30倍ズーム8K動画など、カメラは相変わらずのトップクラスです!


関連記事:【正直レビュー】auのGalaxy S21はバランス感◎なハイスペックモデル

OPPO Find X3 Proの「注目ポイント」は3つ

OPPO Find X3 Proでとくに注目したいのは以下の3点。

OPPO Find X3 Proの注目ポイント
  • 60倍の「顕微鏡」を搭載したカメラ
  • 充電が早い|有線65W・ワイヤレス30W
  • 最高クラスのディスプレイ

iPhoneやGalaxyと比較して、プラスアルファなのが上記3点です。「10分で40%の充電ができる」「本体が軽い」など実用的なスペックが魅力となっています。

注目ポイントをそれぞれ見ていきましょう

60倍の「顕微鏡」を搭載したカメラ

カメラはiPhoneやGalaxyと並び最高クラスです。

とくに注目なのが最大60倍の顕微鏡モードです。

いわゆる「マクロ撮影」の接写での撮影が、今までにないレベルまで強化されています。

他のフラッグシップモデルだと「最大50倍」などズームに力を入れることが多いですが 、Find X3 Proはズームはほどほどに、マクロの倍率にこだわっています。

Find X3 Proの発表会によると、5倍以上のズームは使用頻度が低いため、ハイブリッドズームは5倍に抑えて他の機能に投資したとのこと。

「顕微鏡もそんなに使わないのでは?」って気もしますが、ともかくココはFind X3 Proのオリジナリティの強い部分です。

充電が早い|有線65W・ワイヤレス30W

有線での充電は最大65Wで、10分で40%の充電が可能です。充電し忘れた朝でも身じたくの間に十分な充電ができます。

またワイヤレス充電でも30Wと高水準で、こちらも他のスマホの急速充電レベルの速度が期待できます。

ちなみにiPhone、Galaxyと充電の出力を比較すると以下。

↓左右にスクロールできます!

 有線での充電ワイヤレス充電
OPPO Find X3 Pro最大65W最大30W
iPhone 12 Pro Max最大20W最大15W
Galaxy S21 Ultra 5G最大25W最大15W

ひとことに急速充電と言っても、レベルはiPhoneやGalaxyのさらに上です。充電が速いとやはり便利ですね。

なおau版でも、急速充電の充電器は同梱されます。

iPhone、Galaxyの上位モデルでは充電器が同梱されなくなりましたが、Find X3 Proではしっかり付属されます。

最高のディスプレイ|5~120Hzの可変式に対応

ディスプレイは最大120Hzのリフレッシュレートで、解像度はWQHD+(3,216 x1,440)です。

ディスプレイも、スペックもりもりで最高クラスです。

リフレッシュレートは1秒間に画面表示できるコマ数です。数値が大きいほどカクつきが減り、滑らかな映像になります。

Find X3 Proのリフレッシュレートは5~120Hzの可変式です。

ゲームはコマ数多め、SNSはコマ数少なめという具合に、リフレッシュレートを最適化し、バッテリー消費を抑えてくれます。

Galaxy S21 Ultra 5Gで話題の機能でしたが、Find X3 Proは当たり前のように搭載してきています。

【デザイン】カメラ周りの曲線が美しい

カメラ周りの洗練された美しいデザインにも注目です。

背面パネルとカメラユニットが一体化し、曲線で繋がっています。モチーフは「未来的な曲線を描く宇宙船」とのこと。

最近のスマホの傾向としては、カメラが背面にデカデカと座るものが多い中、Find X3 Proはスッキリです。

auでのカラーは「グロスブラック」

auではグロスブラックのカラーが発売予定です。光沢感のあるミラー仕様となっています。

本体はとにかく軽い

「本体が軽い」のも地味にうれしいところです。6.7インチの大型サイズながら、200gを切る重さ(193g)です。

「iPhone 12 Pro Max」や「Galaxy S21 Ultra 5G」と比べると30g以上軽いです。

▼「重さ」の比較

  • OPPO Find X3 Pro(6.7インチ):約193g
  • iPhone 12 Pro Max(6.7インチ):約226g
  • Galaxy S21 Ultra 5G(6.8インチ):約228g

フラッグシップのスマホは重量級のモデルが多いですが、OPPO Find X3 Proはかなり抑えています。

30g違うと明らかに違いが分かるので、他機種と迷っているなら、ここもポイントになるはず。

OPPO Find X3 Proの「カメラ」をチェック

OPPO Find X3 Proのカメラで「実際どんな写真が撮れるのか」を詳しく見ていきましょう。

レンズは広角、超広角、望遠、顕微鏡の4眼です。

▼OPPO Find X3 Proのカメラ

↓左右にスクロールできます!

 画素数詳細
広角約5,000万画素f/1.8絞り値
ソニーIMX766
1/1.56インチ センサーサイズ
OIS
全画素全方位 PDAF
超広角約5,000万画素ソニーIMX766
1/1.56インチ センサーサイズ
全画素全方位 PDAF
望遠約1,300万画素ハイブリット5倍光学ズーム
20倍デジタルズーム
顕微鏡約300万画素60倍の拡大
FHD動画撮影
インカメラ約3,200万画素f/2.4絞り値
画角 81°
5枚レンズ

カメラの性能は、現行トップクラスです。昼間の写真も夜の写真もめちゃめちゃキレイに撮れます。

ちなみにカメラのベンチマーク(評価)で有名な「DxOMarkスコア」を見てみると以下の通りです。

▼DxOMarkスコア(カメラのベンチマーク評価)

  • OPPO Find X3 Pro:(未実施)
  • OPPO Find X2 Pro:126
  • iPhone 12 Pro Max:130
  • Galaxy S21 Ultra 5G:123

前モデルのFind X2 Proが、iPhoneやGalaxyの最上位と同じくらいのスコア(Find X3 Proはベンチマークは執筆時点ではまだ実施なしです。)。

スマホのカメラはiPhoneやGalaxyが強いですが、「Find Xシリーズ」のカメラスペックはそれに肩を並べるレベルです。

Find X3 Proのカメラを詳しく見ていきましょう。

「顕微鏡カメラ」で目に見えない世界が撮れる

機能として注目なのは、先にも挙げましたが、まずは「顕微鏡」ですね。

至近距離からの最大60倍ズームで、目に見えない世界の写真が撮れます。マニアックですが楽しいカメラです。

光学ズームでは30倍、デジタルズームでは60倍で撮影が可能です。2つの倍率を切り替えて撮影できます。

超広角レンズでもキレイに撮れる|5,000万画素

超広角レンズで画角の広い撮影も可能です。

超広角レンズは5,000万画素と高画素で、メインレンズと同じくらいキレイに撮れます。

超広角がここまで高画素なのは珍しいですね。他の多くのスマホより超広角の写真がキレイに撮れます。

ズームはハイブリッド5倍・デジタル20倍

ズームはハイブリッドズームで5倍、デジタルズームで20倍まで撮影できます。

前モデルの「Find X2 Pro」ではペリスコープレンズを採用し、高倍率に対応していました。

  • Find X3 Pro:ハイブリッド5倍、デジタル20倍
  • Find X2 Pro:ハイブリッド10倍、デジタル60倍

今作では顕微鏡の写真が撮れる半面、ズームの楽しみは少し減りました。

とはいえ実用面では、Find X3 Proの倍率も十分すぎるので、不便を感じることは少ないはずです。

▼ハイブリッド5倍ズーム。クッキリ撮れることが分かります

▼5倍(左)、10倍(右上)、20倍(右下)で撮った月の写真

OPPO Find X3 Proの「注意点」は3つ

OPPO Find X3 Proの注意点としては以下の3点。

OPPO Find X3 Proの注意点
  • おサイフケータイがない
  • バッテリー持ちが良くない?
  • 「ColorOS」は少し慣れが必要になるかも

おサイフケータイがない

海外版と同様にauから発売される「OPPO Find X3 Pro」にはおサイフケータイは搭載されません。

前モデルに続き、今回も搭載なしです。

おサイフケータイはどうしても欲しいという人には、ここはマイナスポイントになるでしょう。

ちなみに防水・防塵にはしっかり対応しています(防水はIPX8 、防塵は IP6Xとしっかりめです)。

バッテリー持ちが良くない?

重量が軽いのと引き換えに、バッテリー容量は4,500mAhと6.7インチの大型スマホとしては気持ち抑えめです。

バッテリー持ちはあまり良くないという評判、レビューもけっこうあります。軽さとトレードオフなところもありますが、ここはひとつ注意点になりそうです。

「ColorOS」は少し慣れが必要になるかも

OSは、Android 11をベースに作られたOPPOの独自OS「ColorOS 11」です。

ベースはAndroidなのですが、使用感はiPhoneの「iOS」に近いと言われます。

基本の設定だとiOSのように、インストール済のアプリはホーム画面にどんどん並べられていきます(Androidのような「ドロワーあり」に変更も可能です。)

iOSでもAndroidでもない点には少し慣れが必要になるかもです。

OPPO Find X3 Proの価格・発売日

OPPO Find X3 Proはキャリアではauから発売されます。そのほかSIMフリー版も発売予定です。

OPPO Find X3 Proの価格・発売日

▼auでの発売日・価格

発売日:2021年6月下旬以降

価格:未定

▼SIMフリー版の発売日・価格

発売日:2021年7月下旬以降

価格:118,000円(予定)

執筆時点ではSIMフリー版の価格が発表されていて、11.8万円となっています。auでもこれに近い価格で購入できるはずです。

Galaxy S21 Ultra 5G(ドコモ)が151,272円iPhone 12 Pro Max(128GB)がauで141,900円です。

他のフラッグシップモデルよりも数万円安く購入できそうです。

まとめ

OPPO Find X3 Proは最高スペックにオリジナル要素が加わった魅力あるフラッグシップスマホです。

誰もが満足するスペックに、顕微鏡カメラなどのFind X3 Proならではの要素も追加されています。

優等生なだけではない使って楽しいスマホです。最上位モデルで検討中なら、ぜひ候補に検討したい一台ですね。

ちなみに:契約するならauオンラインショップがお得です

auで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりもauオンラインショップで契約した方がお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下4点です。

  1. 頭金がかからない(最大10,000円くらいお得)
  2. オプションに加入する必要がない
  3. 待ち時間がない
  4. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的なメリット(10,000円以上お得になる)だけじゃなく、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)もあり、普通にオススメです。

また、代理店ではなくau直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのも◎

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

ぜひ、オンラインショップでお得に契約してくださいませm(_ _)m

\10,000円以上お得/

 

こんな記事もおすすめ

 

573